ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

美しい土 梶浦聖子 彫刻展 開催のお知らせ

2018-10-06 | 企画展情報


型に金属を流し込む鋳造作品を制作する梶浦聖子さん。
意識とか、繋がりとか、
ひとつの作品にも様々な想いを込めて
深く永く、土の中に閉じ込められていた
美しい想いを表現する。
 
--------------------------------------
 
美しい土
梶浦聖子 彫刻展
2018.11/9(金)- 11/18(日)
11:00-18:00 火・水休み
作家在廊日11/9・11・16(16時迄)・18
 
--------------------------------------
 


【イカ】鋳造体験
講師:梶浦聖子
 
甲イカの骨を削って型を作り 金属を流し込み 小さなオブジェを作ります
ペンダントトップやキーホルダーにも

日時:11/11(日)
Ⓐ10:00~ Ⓑ14:00~

費用:2,500円(材料費・税込)

時間:2~3時間を予定

定員:各回 8名様(小学生も参加可)

※ 汚れても大丈夫な服装 又は 前掛けをご用意ください
※ 会場はギャラリー樟楠の座敷スペース(椅子とテーブル)にて行います
 
--------------------------------------
 
申込・問合せ:ギャラリー樟楠

TEL 048-641-9156

mail : info@alpinoginka.com

その他、SNSのDM・メッセージにて
instagram
Facebook
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町 1-147


コメント

鳥居明生・小峰美省 陶展 開催のお知らせ

2018-10-06 | 企画展情報



AkioのAと MiyoshiのMで 屋号AM陶工房で活動してきたふたり。
ここ数年のソロ活動により、良い作品やうつわが誕生してきました。
 
明生さんが作り続けたweight、風合いや質感を突き詰め、独自の世界を作りだし
その佇まいをボトルやうつわでも表現されます。
 
美省さんの動物たちも仕草や表情がイキイキして
空間の使い方も良くより動物たちが引き立っています。
 
満を持してのふたり展。同じ素材の異なる表現がひとつの空間で喧嘩する?仲良くする?
どうぞ ご確認ください。

--------------------------------------

鳥居明生・小峰美省 陶展
2018.11/9 (金) - 11/19(月)
11:00-18:00(最終日16:00)火・水休み
作家在廊日11/19他 作家instagramにて

instagram
鳥居明生
小峰美省

--------------------------------------

あるぴいの銀花ギャラリー
さいたま市大宮区北袋町 1-130-9
TEL 048 647 2856


コメント

Banri Yoshioka Exhibition BLUE&SHISA

2018-09-10 | 企画展情報
8月初旬、台風の過ぎた奈良県、濁ったダムを通り過ぎ、有名なお寺のそばに着く。
ゆっくりと鼻から深呼吸をする。嗅ぎなれた緑の香りとは違う、野性的な深い緑の香りを胸にいっぱい吸い込んだところで
「おーおー着きましたかー」と、暑さも疲れも吹き飛ばすスプライトのような爽やかな笑顔が迎えてくれた。


 
吉岡萬理(ばんり)さんは、とても嬉しそうに、演技かもしれないが、たまに真剣な表情も見せながらシーサーを製作している。



「これは八咫烏(ヤタガラス)ゆうて 勝利や幸せへ導く三本足の神のなんですよ↗」と活き活きと話す。
工房の二階へ行くと、緑に囲まれた空間に青い世界が広がる。
「今年は青です」勢いのある轆轤に 数種類の青で描かれた動物やカルロス君は、さっきまで話していた萬理さんの表情や仕草が乗り移り、見ているこちらを笑顔にさせてくれる。





演技ではなく、真剣に考え、深く向き合あい、つくる喜びを爆発させた、しあわせを運ぶうつわ。そして守り神。
 

 

 
吉岡萬理 陶展
青い器とシーサー
2018.10/13(土)-10/28(日)
11:00 ~18:00(最終日16時) 
火・水定休
作家在廊日 10/13・14・27・28
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1-147
TEL 048-641-9156
www.alpinoginka.com
 
 
コメント

井野英二 木版画集80号展 開催のおしらせ

2018-09-06 | 企画展情報



1987年の第1号発刊以来31年。
今年の80号、宮城紀行で東日本を制覇する木版画文集。
一枚一枚に込められた旅の感動、土地の匂い、生活感、、、
そして、井野さんの旅はさらに西へと広がっていきます。
全80巻の壮大な作品の中、たとえ知らない土地であっても、
懐かしい誰かに会えたような、心の原風景がきっとあるはず。
全ての作品が並びます、圧巻です!
ぜひじっくりご覧いただきたい展示です。
(秋本利恵子)
 
----------------------------------------------------
 
井野英二 木版画集80号展
10/26(金)~11/5(月)
11:00-18:00(最終日16:00)火・水休み
作家在廊日
10/2528・29・11/1・3・4・5
赤字は13時より在廊となります(その他11時より在廊)。
 
あるぴいの銀花ギャラリー
さいたま市大宮区北袋町1-130-9
TEL 048-647-2856
 
 
 
コメント

織とうつわ展 椋本 淑 ・ 新田つぎ ふたり展開催のおしらせ

2018-09-06 | 企画展情報



それぞれの道を歩いた姉妹の織りと磁器
福岡から二回目の展示となります。
洗練された染と織は 姉の椋本淑さん。
手にとるとふわりと温かく 身と心を優しく包みます。
ストール類だけでなく、新作のバッグ、テーブルセンター等も登場します。
 
普段使いの器作りにこだわる妹の新田つぎさん。
柔らかな曲線の白磁に爽やかな絵付け、伸びやかな線刻が、日々の暮らしに優しく寄り添います。
秋の一日、お楽しみください。
(東海林るり子)
 
----------------------------------------------------
 
織とうつわ展
椋本 淑
新田つぎ
 
10/5(金)~10/22(月)
11:00-18:00(最終日16:00)火・水休み
作家在廊日 10/5・6
 
あるぴいの銀花ギャラリー
さいたま市大宮区北袋町1-130-9
TEL 048-647-2856



コメント

木工房 ナガリ家より 愛を込めて 開催のおしらせ

2018-08-30 | 企画展情報
「愛してる」とか、「祈ってる」とか、簡単に言葉にするのは恥ずかしいと思っていた。
ダニーさんや かほるさんと会って話していると、言葉として発していなくても
表情や仕草、そして暮らしに愛情があふれ、平和を祈る気持ちが あたりまえのことだと気づかされる。
作品にメッセージや思いが表現されることもあるが
普段使いの家具やアクセサリー、暮らしの道具たちにも たっぷりの愛がこめられている。
使いやすく、座りやすく、丁寧に、丈夫に、まだ会ったことのない あなたに向けて。
在廊日、お話し会、時間が合えば、本当の笑顔に会いにきてください
愛のこもった椅子に座りにきてください。
 








ダニーネフセタイ 吉川かほる
木工房 ナガリ家より 愛をこめて

9/21(金)~10/1(月)
11:00 ~18:00(最終日16時) 火・水定休
作家在廊日(各日午後より)
9/21・22・23・24・28・30(夕刻)・10/1
 
---------------------------------------

ダニーネフセタイ トーク
「愛ある社会を求めて」
―イスラエル人からの考察として―

日時:9/28(金) 14:00~
樟楠 座敷スペースにて

※どなたでもご参加いただけます
※座敷ですが椅子もご用意しております

---------------------------------------

あるぴいの銀花ギャラリー
さいたま市大宮区北袋町1-130-9
048-647-2856


コメント

游~ゆらゆら~  関井一夫・ひろみ 金工展 9月7日(金)から

2018-08-14 | 企画展情報
 


美しい万華鏡とともに関井一夫さんのレリーフを久しぶりに見た。
儚げでありながら、しなやかな強さを併せ持つ女性の姿のなんと美しいことか。
エッチング技法と鏨と金槌と当金…
彫鍛金技法の融合は、金属板材を鎚起するという原点に立ち
絵画と工芸と彫刻の狭間を彷徨う関井さんのドローイングスタイル。
傍らに寄り添う浩美さんの作品は上品で軽やかなシルバーのアクセサリー。



奇しくも還暦を過ぎてなお、ゆらゆらとどこに行くのか
行き着くのかは、この先のお楽しみ。と関井さん。
じっくりと楽しませてもらいます。
(木村昭子)



游~ゆらゆら~
関井一夫・ひろみ 金工展
9/7(金)~ 9/17(月)
11:00 ~18:00(最終日16時) 火・水定休
関井一夫 9/14・15・16在廊
ひろみ 会期中13時~在廊予定
 
 
あるぴいの銀花ギャラリー
さいたま市大宮区北袋町1-130-9
TEL 048-647-2856
www.alpinoginka.com
コメント

杉本義訓 陶展 開催のおしらせ

2018-08-14 | 企画展情報
 

 
出会いと覚悟、そして自分の生きてゆく道を決め、まっすぐに歩き続ける 鳥取県 牧谷窯の杉本義訓さん。
はなしをしていると よく笑い よく驚き、知らないことに
「ふんふん」と興味を示す姿は、爽やかな サーフィン好きのお兄さんなんですが
手間と時間をかけた仕事、エッジをたてて仕上げた 練り込みのうつわに 杉本さんの思いが感じられる。
こんな書き方をしてしまったが、肩 ひじ 張ったり、かしこまったりしている訳ではなく
ヘルシーで普段使いに向いたうつわです。
新しい色や柄にも期待して。

-----------------------------------------

杉本義訓 陶展
9/22(土)- 10/8(月・祝)
11:00-18:00(最終日16時まで)火・水休み
9/22・23作家在廊

-----------------------------------------

ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1-147
048-641-9156
 
 
コメント

鍛鉄 -WROUGHT IRON-  西田光男&PAGE ONE展開催のおしらせ

2018-08-14 | 企画展情報




 
【インテリア・エクステリア・暮らしの道具】
熱して 叩いて 切って 削って 鍛えて 磨きをかけて 素材から作品へ
ゆっくりと時間をかけて制作される鍛鉄
逞しく あたたかく 大切な暮らしの時間を より豊かなものへ
鉄のある暮らしを 自慢したくなる家へ ステップを踏んで
 

 
【鍛鉄作品のオーダーもお気軽に】
門扉やポスト、手摺、あかり、鍛鉄の作品に憧れているけど費用や製作時間、屋外に設置しても大丈夫? 
他にどんな物が作れるの。等々、気軽なご質問から正式なご注文まで。
 

 
鍛鉄 -WROUGHT IRON-
西田光男&PAGE ONE
9/1(土)~9/17(月)
11:00 ~18:00(最終日16時) 火・水定休
会期中作家在廊

-----------------------------------------



松田幸一 ハーモニカ ライブ&ディナー

9月8日(土)18:00(受付17:30~)
会場:フランス料理アルピーノ
会費:10,000円(ライブ・食事代・税込)
予約・問合:048-641-9489(アルピーノ)

日本を代表するブルースハープ プレーヤー松田幸一さんのライヴとフレンチ ディナー会。
西田光男さんのトークショーも。
鍛鉄作品 おみやげ付

-----------------------------------------
 
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1-147
048-641-9156
 
 
コメント

夏の高知展開催のお知らせ

2018-06-25 | 企画展情報
隔年恒例 夏の高知展開催のお知らせ





2018.8/4(土)- 8/19(日)
11:00-18:00(最終日16時)火・水休み

土佐めしイベント企画中。
詳細が決まりましたら お知らせいたします。
 
 
あるぴいの銀花ギャラリー
ギャラリー樟楠
2会場同時開催

さいたま市大宮区北袋町1-130
TEL 048-647-2856
 
 
コメント