岳と百姓と

会社定年、第二の人生で新たな世界を!農業、登山と旅行と趣味三昧のブログ

真冬に逆戻り

2016年04月11日 | 百姓
平成28年4月11日(雪)

今日は1日中、雪で真冬に逆戻りです。とても寒いです。
朝はこんな状況で夜半に雪が降ったみたいで薄いですが積雪があります。

今日はお天気予報でも雪だったんですが、予報通り雪で風も強くて超寒い。今年のお天気は日替わりで超おかしいです。




お願いしてあった、田んぼに土譲改良資材と堆肥の散布をJAがで今日、散布に来ました。何もこんな日に来なくても!予てより本田が土地が痩せている感があって、土譲改良と食味向上で堆肥も入れていただきました。自分で食するお米なので美味しいお米を作りたいのです。自分も、家族も、親戚もお友達にも美味しいお米を食べていただきたいんで投資しました。JAは食味を上げても買い入れに差別化はしないので無駄な事だと言いますが、少なくても自分と関係者が美味しいと言っていただける米をつくりたいですね。



夕方になったら、雪が凄くなってきて景色が真っ白になってきました。1昨日、車のタイヤを夏タイヤに替えたばっかりなのに、この雪では危なくて出かけられなかった。



今日の農作業はお天気も悪いので午前中はズッキーニの播種していました。カボチャの苗も良い加減で芽出しが出来ていて芽出器から排出したり、楽しい農作業でした。百姓は楽しいね。

午後からは次の葱の播種するための準備しようかと思っていて、準備していたら先輩諸氏が来て鉢合わせです。いずれも雪で作業できないからということで自分とこに寄ったみたいです。

来るものは拒まずですが、先輩諸氏が性格的に真反対で合わないんですよ。先輩A(70歳)は常に前向きで疑問があれば自分に良く聞きに来るんですね。今朝も7時前に電話して来て肥料の散布方法を質問してきました。
先輩B(66歳)はとにかく愚痴が多くて最初から愚痴のオンパレードで若干、取りとめも無い話や自慢話も入るもんだからA氏的には性格的に合わなくて相談もあったみたいですが、30分程で帰ってしまいましたね。B氏は延々、自分の歴史からいろいろと話して、都合2時間30分程居て帰って行きました。自分と同じで遠くに家族をおいて実家を守るために単身戻って来て農業を頑張っているので同胞感があると言ってましたね。

どちらも良いとか悪いということも無いんですが、性格が真逆が何故か同時に訪問してくる。こちらも応対に凄く気を使うんですよね。

でも、一人百姓の自分ところに人が集まってくるのは寂しさ感を解消されて嬉しいですね。有難いことです

ただ、自分としては一人農業も好きで周りの人達は「一人で農作業するのは超大変で辛いでしょう」というんですが、自分は黙々と作業するのも好きなんで全く苦にしていないんですが、皆さん、自分のレベルで判断して苦労していると思って言ってくるんですが、心の中では「全然苦にしていないんだけどな」と思っていても、そこは大人なんで「一人で大変なんですよ」と心無いことを言ってますね。(笑)


あっ、晩酌したらクドくどくなって、書き過ぎましたね。書き過ぎていたら酔っ払っているんでごめんなさい。

明日は、ハウス内を片づけて苗の展開スペースを確保します。

一人農業を明日も頑張るか!また、だれか来るかな?

頑張っているんで、プチットお願います。
 ↓↓↓
百姓の場合はこちら




登山の場合はこちら

人気ブログランキングへ






コメント