岳と百姓と

会社定年、第二の人生で新たな世界を!農業、登山と旅行と趣味三昧のブログ

男の料理教室に行ってきました

2011年11月23日 | 生活
平成23年11月23日 勤労感謝の日

男の料理教室に行ってきました。

先生も男です。でも、素人さんですが、料理にとても詳しく丁寧に教えてくれます。





最初は超簡単に出来て、美味しいお好み焼きです。小麦粉溶きから始めます。





キャベツ、鰹節、生姜など具材すべて入れてかき混ぜます。




豚バラ肉は塩こしょうで軽く炒めて入れます。



ようくかき混ぜて、あとは焼くだけです。




実はテレビ局と新聞社1社が取材に来ました。
カメラ向けられると緊張しますね。





ホットプレートで焼きます。超簡単です。
美味しく頂きました。





次は豆腐の簡単料理です。酒のおつまみですね。
豆腐の上になめたけ、納豆、のりなどを載せて、カイワレでアクセント。
これも超簡単です。ビールが欲しいです。





次はサツマイモを使ったスイーツです。サツマイモを蒸かして、ミキサーに牛乳と入れて攪拌します。
それを器にいれて、生クリームを載せると出来上がりです。
これも超簡単です。





出来上がったスイーツです。美味しそうでしょ!



イヤー、楽しかったね。料理も簡単だったので自分でもできますね。

今日の夕方のローカルニュースで紹介されて、一寸、照れ臭いですね。
インタビューもされたんですよ。

ただ、自分が猫背だったのが判った。直さなくては!

今日も良い1日だったね。


本当に頑張っているんで、プチットお願いします。
 ↓↓↓
人気ブログランキングへ

日記@BlogRanking
コメント

青森 八甲田山系高田大岳に登りました

2011年11月13日 | 岳と登山
平成23年11月12日(晴れ)

人間ドックを終って、即座に移動して高田大岳【1552m】に登ってみました。
お天気が最高です。自分のおんぼろカメラでも良い色出てます。
睡蓮沼から高田大岳です。奇麗な山です。登る前からワクワクします。





谷地温泉の前から登ります。
でも気になることが、人間ドックで一緒の人が道が非常に悪いよ。登山道がほとんど直登だよって言ってたのが気にかかる。




谷地温泉の前の登山口です。12;25分スタートです。





最初は、ブナ林を30分ほど登ります。こんな道ですが時間も遅いので急ぎます。





アドバイス的中です。登山道に水が溜まっています。ここから500M程平らなんですが、
道悪で、登山道を避けて歩くんですが、それでもシューズがドロドロです。




どろんこ道が終わったと思ったらササ藪の藪こぎです。道が整備されていないんですよ。
ササ藪を行かなければならないので、途中、3~4回道に迷いましたね。




藪こぎや這松の中を漕いで行くので登る以上に枝などを押しのけていくんで体力勝負です。
たまに藪から頭を出して周りを見ます。南八甲田方面ですね。




また、藪の中をもぐって登るんですがまた、頭を出して景色を見ます。七戸方面です。この山の名前はわかりません。




登ってきた谷地温泉の方ですが、温泉は見えません。広葉樹は葉が全く付いていませんね。




頂上が見えてきました。前の這松を漕いで行くんですよ。それも今まで全部、直登ですから、この山の登山道、ありえねーー!




頂上到着です。14;20 1時間55分で到着です。大した山ではないんですが、登山道が道悪で、直登なため急登でササ藪と這い松の藪こぎのため体力と時間がかかるんですね。





頂上には雪もあります。晩秋なんですね。
これで八甲田山系はすべての山を登りました。後は南八甲田で登れる山があったら登りましょうかね。






八甲田の山々も奇麗に見えています。午前中に登ったらもっと、奇麗に見えたでしょうね





意外ともう一つピークがあったので言ってみましたが、大して代り映えもしませんし、三角点のありません。





寒くなってきたので、着替えをして菓子パンを1個食べて下山としましょう。





一昨年前に登った雛岳です。意外と低く見えますね。高田大岳の影になっています。






七戸方面ですが、雲が出てきましたね。暗くなると道に迷う可能性があるんで急いで下山です。




山は景色も良くて、手ごろな山で「☆☆☆」ですが、このコースは登山道が最悪なのでお勧めできません。
登山道が藪こぎだけでなく、雨水でえぐれているところが数か所あって、自分の背丈ほどえぐれているので、女性は乗り越えるだけでも大変です。
小岳からの縦走路も整備されているようで、時間が片道1時間ほど多くかかるようですがこちらをお勧めします。
自分は、タイツで登ったんですが、タイツがぼろぼろになってしまいました。

帰りは谷地温泉(日帰り500円)に入って帰りました。温泉はぬるい透明温泉(38度)と熱い乳白色の温泉(42度)があって、交互に入って癒して帰りました。

良かった。







本当に頑張っているんで、プチットお願いします。
 ↓↓↓
人気ブログランキングへ

日記@BlogRanking

コメント

十和田観光電鉄に乗ってみました

2011年11月12日 | 旅行
平成23年11月10日(晴)

青森の人間ドックに行く途中に寄り道して、来年3月、廃線になる十和田観光電鉄に乗ってみました。

若干、乗り鉄なんで機会があればローカル線を乗っています。

路線図です。11駅しかありません。十和田市駅と三沢駅以外は全て無人駅です。




発券所です。ローカル線っぽいですが、ビルの2階にあって改札も2階にあります。





料金は十和田市駅から三沢駅まで片道 570円ですが、戻って来なくてはなりませんので往復を購入です。





本数も概ね、1時間に1本ですね。




改札口も2階にあるので電車は見えません。ひなびた感じもありません。




もう暗いので、こんな感じでしか写真は取れませんでした。




行き先表ですが,取り替えなくていいですね。




とわだし駅、始発兼終点ですよ。




車内です。車輌は古くないんですよ。
ローカル線といったら、ディーゼルでしょう!ここは電車ですからね。




東急電鉄の払い下げでした。道理で乗ったことあるような気がしてましたよ。
東横線と同じ車輌です。




ワンマンですので、料金箱がついています。
ここで超びっくりしたんですが、ドアの開閉が9秒ですよ!お客さんがいないとプシューといって開き終わると直ちに閉まる。まるでバスですね。




切符です。記念に頂いてきました。




古くないので電光盤がついています。




夕方で通勤時間帯ですが、お客さんはほとんど高校生でした。高校生が車内でトランプをやっています。ローカルですな。



あっという間に三沢駅に到着です。全工程25分です。
駅間は1分から5分で歩いても行ける距離感ですね。





三沢駅の改札の先は横丁になっています。ここだけはローカル線という雰囲気です。




一応、三沢駅の看板が左端にあります。これが無ければ駅と判りません。



訳のわからない商品が売ってあります。「家出のするめ」???。中身は裂きイカのようでした。訳判らん????



三沢駅のひなびた発券所です。



全工程、これで終了です。暗い中、乗ったので風景の写真はありませんが、周りは田んぼと畑です。
明るいときに、2回ほど周りを走っているんで判っているんですが、幹線道路に沿って走っているんで、バスに変わるのも判る気がする。

十和田観光電鉄よ、さようなら!記念でした。




本当に頑張っているんで、プチットお願いします。
 ↓↓↓
人気ブログランキングへ

日記@BlogRanking


コメント