岳と百姓と

会社定年、第二の人生で新たな世界を!農業、登山と旅行と趣味三昧のブログ

カカアにゴシャかれるので家に帰りたくない

2018年09月15日 | 旅行
平成30年9月15日(当地は多分晴れかな?)

山形はにわか雨!

今日は皆さんがお勧めするねぎの匠(山形県 天童市)のところに行ってきましたが、14日の夜半に出発したんで途中、山形の尾花沢の道の駅で車中泊したんです。今回は山装備を積んでいかなっかったのでFITでもゆっくり体を伸ばして寝れたんで朝は気分爽快でした。



自宅からは約300kmほど距離なんですけど、この程度の距離はそんなには苦労ではないのでドライブ気分で行きました。
山形は何処へ行っても松尾芭蕉が祀られていて奥の細道のメッカなんでしょうね。



道の駅でトイレや洗顔していたら異様な光景が見えたんで早速、野次馬根性で見てきました。軽トラにキャンピングカーもどきを積載しているのがあります。ボートもけん引してあります。



オーナーに見学と写真を撮っていいかと聞いたら自由にどうぞという事なんで根掘り葉掘り聞いてみました。
千葉でイベントがあって行って帰ってきたところだそうです。イベント用にこのキャンピングカーは1週間でくみ上げたそうです。凄いね。



自宅には同じような設備が2台あるそうです。前のものを持っていったらよいんじゃないかと思ったのですが、作るのが好きだそうです。
今朝も高速で走っていたらドアがバタバタしたんで修繕していたとのことです。工具や修繕材料も積んであるんですね。本当に手際よく修繕していましたね。70歳位の爺さんで自分にそっくりなんですがTシャツが人生観を表していますね。



軽トラの後ろにはボートがけん引されています。このボートもご自分の手作りだそうで思い立ったら海や沼に浮かべて釣りをしたり、食料調達もするそうです。ボートのけん引の法的許可は得てるそうです。船にも車検みたいな検査があるそうで、船は材料費は1割でそれ以外が9割と言ってましたね。
ボデイはご自分の設計で特注ということです。エンジンもカスタマイズしていて充電なんかもできるということです。エンジンを2基搭載しているんで結構なパワーですね。
軽トラは見た目よりパワーがあってボートをけん引しても山道も登れるので特に問題ないそうです。農作業で1トンほどの荷物を載せても走りますからね。



オーナーはこの人です。物作りが大好きでほとんど自分で設計し作っているとのこと。
この家はジャッキで持ち上げて軽トラが移動すれば簡単に着脱できるそうですし、けん引のボートは専用のジャッキを作ってあって港の岸壁から船を下ろしたり、回収が簡単にできるそうです。キャリーにタイヤが付いているので漁港では簡単に海に下ろせるそうですが、漁港では100%下ろす許可が出ないそうです。なので波けし岸壁から海に下ろすそうです。想像がつかないね。如何するんだろう?
あと、トローリングは各県の許可制らしく、青森、秋田県はトローリングは許可されていないそうです。



色々と話を聞いていたら、二人ほど人が寄ってきました。なんか木の専門的な話をしていて構造体は赤松でぼデイは軽量の杉を使ってるというような話をしていました。
赤松は強度が高いが重いので、構造だけに使い、壁なんかは軽い彬にしているということを二人の人と話していましたね。組み立てに鉄釘ではなくて、木の釘みたいなのを使っているし、木の目地に何か塗装材料なものを使ってこの建物は雨漏りもせず完璧らしい。
自分が木に詳しいですねと言ったらこの人たちは地元の木工家具職人で木や木の組み立てはプロなんだけど、ここまで素晴らしい建物は素人ではできないね。と言ってました。プロも驚く見識と技術を持っている爺さんでしたね。屋根はソーラーを乗っけているし、この狭い空間にも必要な機能はきちんとつけているなんて凄い爺でした。



この後どうするのか聞いてみたら、これから宮城県と山形県、岩手県の県境にある栗駒山に登ってキャンプするそうです。ボートに住所が書いてあったんで見たら、由利本荘市の人で1時間30分ほどで自宅なんですが自宅に戻らないでキャンプに行くそうです。
左側にいる人は共感してついてきた人で栃木ナンバーでしたね。「山」というTシャツを着ていたので山の話をしたら乗ってきたのでしばらく山の話をしていましたが、共感だけで付いてくるのは世の中、普通なんでしょうかね?



自宅に帰らないのかと聞いたら、カカア(奥さん)が怖いそうです。年金暮らしで趣味に金をかけ過ぎで帰ると小言の嵐と悪態の嵐で家での居場所が無いらしい。それでまた、旅に出るとか!秋田弁で怒るは「ごしゃく」と言います。


何か、他人事とは思えなくて!自分を見ているような!  ただ、この爺さん、羨ましいな!

↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらをお願いします。

人気ブログランキングへ

コメント

お江戸下町散歩 その2

2018年04月09日 | 旅行
平成30年4月9日(霙)

今日も朝から雨や霙で超寒い。今日の最高気温が8度ですって。寒いよ!
圃場が乾かないんで外仕事ができないのが辛い。

なので今日も先日の東京散歩を揚げておきます。今回は千駄木周辺と根津神社です。

千駄木周辺を散歩していたら、名前的に良く知っている団子坂がありましたので登ってみましたが、団子屋さんは1軒もありませんでしたね。
昔だったら団子屋さんがあったのかな?



では、根津神社がありましたので寄ってみました。住宅街の一角にありました。



中へ入ってみると桜が終わっていて、つつじ山のつつじが咲き始めていました。来週からつつじ祭りだということで準備していましたね。
なんか中途半端な時期にきてしまいましたね。



楼門が厳かですね。根津神社は今から千九百年余の昔、日本武尊が千駄木の地に創祀したと伝えられる古社です。



こちらは神楽殿です。古い建物ですね。



こちらは唐門です。国指定重要文化財に指定されています。



脇に稲荷神社に行く参道がありました。



こちらは乙女稲荷神社ですが行きませんでした。



こちらが社殿です。宝永三年完成となっており、この社殿は拝殿の奥に幣殿・本殿と一宇に続く、総漆塗りの華麗な権現造建築で江戸の神社建築としては最大の規模を誇る。観光客も多かったですね。




この奥に駒込稲荷がありましたが、この時は知らなくて行きませんでしたね。それにしても落ち着いた雰囲気の良い神社でしたね。

千駄木周辺は下町なんですけど、結構賑わっていました。
その後、谷中に戻ってきました。

倉庫を改造したようなカフェがありましたが、中がなんか高級感があってお客さんも外人さん中心で雰囲気が良かったですね。



谷中銀座がお客さんが多くなって賑わってました。



このような小さなお店が多かったですね。



谷中の鬼子母神に寄ってみました。中に入ってみましたが看板だけで神社が何処にあるかわかりませんでした。残念でした。



谷中はお寺や神社が沢山ありましたが、やはりここは霊園が多いところでしたね。

今回はこの辺で!東京散歩はこんなところで終わりにします。

頑張っているんでるんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらをお願いします。

人気ブログランキングへ
コメント

お江戸下町散歩 その1

2018年04月06日 | 旅行
平成30年4日6日(雨)

今日は朝から雨で昨日夜半に雪が降っていて朝には雪化粧だったんですが、夕方には全て溶けましたね。
今日はJAのねぎ担当者、スナップエンドウ担当者が来て苗の状況診断に突然来たんでびっくりですが、ねぎは順調だし、スナップエンドウは今年は栽培をやめようかなと思っていたんですが、担当者が今年も栽培すると勘違いして話がドンドン進むので、まあ、今年も2~3アール程栽培するかなと心の底で思ってしまいましたね。自分て優柔不断ですね。

昨日はJAの「役員候補者推薦委員会」で参加したんですが、何をやるのかも分からないで参加したんですが、結局、役員を地域で推薦するためだけの委員会で手順を踏んでいるだけの会で全く茶番でがっかりでしたね。役員候補は事前に地域から推薦で決まっているし、此の会の運用も議長なんかも事前に決められてあってJAのシナリオ通りで進むんですが、事前に根回ししておいたメンバーが発言のタイミングを間違って、議長選任や副議長選任がドタバタで何のための会?と思ってしまいました。この会は20分で終わりました。
自分は最近、いろんな会の総代や委員に選出されていろんな会合に出席するが運営の仕方が皆同じで事前に根回しがされてあって、何か新しいことなどの意見が出ることもなく、本当に茶番だな思っています。いずれ、いろんな会について内容的に分かったので次期改選時には全て役員や総代を辞退するつもりです。茶番に付き合ってられないですからね。

さて先日、ヤボ用で東京に行って空き時間に下町散歩をしたので今日はこれを揚げます。

4月2日のことで、東京は朝から物凄く暑くて、予想して春の装いで行ったんですがそれでも暑くて半そでの夏の装いで行きたかったね。

先ずは上野駅から出発です。上野駅の正面口です。桜の造花が綺麗でしたね。本物の桜は既に散り始めていて1週間遅かったのですが、バイトもあったし、風邪気味だったのでこの時期の訪問は止む得ませんでしたね。
上野駅はいろいろと改修はされていますが、この正面出口は50年前と全く変わっていませんね。就職で初めて降り立ったのがこの上野駅で屋根の鉄骨が50年前と同じです。東北人のあこがれの東京の第1歩が上野ですから歴史を感じますね。広場の大きさも変わらないが、昔は靴磨きさんが沢山いたけど今は一人もいません。そこが時代の変遷ですかね。



今日は谷中中心に歩こうと思っていましたんで上野公園を谷中に向けて歩いていきます。クジラの等身大のオブジェがあります。デッカイ!国立科学博物館です。特別展「人体―神秘への挑戦―」という催しをやってましたが、時間が早くて行列はありましたが、まだ開館していませんでした。



こちらは上野寛永寺ですかね。東南アジアの団体客が沢山いましたね。バスの駐車場も満杯で凄い人数でしたね。団体客が切れた瞬間を見て撮りました。桜も結構残っていました。



さらに入谷方面に向かって歩いていたら、「日本鳩レース協会」のビルがありました。小学生のころ伝書鳩を飼っていてレースに出したかった思い出がある。ちなみにここでは鳩は飼っていませんでした。



鶯谷駅に降りて、さらに根岸に回って見ました。そこで林家の三平堂に寄ってみました。前にこの近くまで行って場所がわからなくて訪問できなかったので今回は上野駅で地図をもらって今回は間違いなくたどり着けました。3階建ての立派な家でしたね。



定期的に落語会をやってるみたいで、切符売り場もあって、小さな寄席のようでしたね。今日は会が無い様でした。



次に谷中墓地を散策しました。ものすごく広くて何故か大きなカメラを持っている西洋人の観光客が多かったですね。墓なんで何が珍しいんでしょうか?墓地の中には桜並木通りがあるのでそこを目当てかもしれませんが、半分以上は散ってましたね。
そこには徳川慶喜の墓がありました。葵の御紋が庶民の墓の一角にあるとはびっくりです。門前には家来らしき名前の墓が多かったですね。



中には入れませんでしたが、左側に徳川慶喜の墓、右側に奥さんの墓があります。前に武田信玄の墓に行ったときは奥さんの墓が1kmほど離れているところにありましたが。最後の将軍はお隣に奥さんが祀られているというこのシチュエーションは良いですね。



そこから谷中銀座に回って見ました。夕焼けだんだん(階段)から商店街を見ます。東京レトロな有名な景色です。
雰囲気は良いですが、時間が早かったみたいで最初は開店前の店が多かったですね。お客も観光客もあまりいませんでしたが、帰りはお昼ごろでお店が皆、開店していて外国の観光客も多くて、下町の風情が外国の人には何が面白いですかね。



街並みは趣がある小さなお店が沢山並んでます。観光向けのお店もありますが、ほとんどは地域の生活用のお店が多いです。八百屋さんとかお米屋さん、食器屋さんとかありますが、観光客向けの飲食店や小物のお土産屋さんもたくさんあります。
こちらは百姓なんでお米屋さんをじっくり観察です。新潟米、山形のつや姫は人気ですよね。北海道の夢ピリカも有名どころですね。
秋田米は?あきたこまちは?扱っていません。なぜ???



違うお米屋さんにも回って見ました。やはり新潟米が中心ですね。宮城のササニシキはありますね。福島の会津米もありますが秋田米は?あきたこまちは?扱っていません。なぜ???ここでも秋田米を扱っていません。秋田こまちは県南産で特Aだし、自分ところでもAですから味も良いし粘りもあるし良いお米なんですよ。
千駄木でもお米屋さんを覗いてみましたが、そこにも秋田米はありませんでした。下町は秋田米が嫌い?JAの営業がここまで来ない?JAの営業力不足?秋田米って何処に卸しているんでしょうかね?銀座にもお米屋さんがあるのでいつか行ってみましょうかね!



ということで、今回はここまでにしておきます。それにしても暑かったね。汗びしょびしょで辛かったね。

次回は千駄木からまた入谷に戻って日暮里から帰ります。

頑張っているんでるんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらをお願いします。

人気ブログランキングへ

コメント

旅の寄り道「熊野三山 熊野本宮大社」

2018年03月28日 | 旅行
平成30年3月28日(晴れ)

今日も朝からお天気が良くて、留守にするのが怖い。ハウスは側面も入り口ドアも開け放してバイトに出かけました。トンネルの農ビも剥いでね。
案の定、今日も当地は気温が20.8度まで上がったとニュースで言ってました。3月の観測史上最高で県内一番だし完全に夏ですね。記録的に3月のこの暑さは127年ぶりだそうです。
高温の影響で苗が心配でバイトから急いで帰ってきましたが、風もあったみたいでハウス内は何とかセーフでしたね。
ねぎの苗がよい感じですが、トレイの表面が乾いてしまっていて大急ぎで冠水しました。



野菜苗も元気です。トマト苗は発芽時にモヤシになった苗が一寸、死んだ苗もありますが、予想して多めに播種しているんで問題ないですが、生育が遅れていますね。あと1週間で鉢上げはできそうもないですね。ナスは綺麗に発芽していて無駄がないですね。オクラは発芽率が悪いんですが、ほぼ、全部発芽しました。良い想定外でしたね。



さて今日は熊野三山の最後で「熊野本宮大社」です。

昨夜は新宮市で近くのホテルに泊まったので朝早くから参拝しました。新宮市から車で40分位でしたけどね。
駐車場では一番乗りでしたね。ただ、バスが超低姿勢なのには驚きましたね。



まずは「大斎原」の大鳥居です。明治22年までは熊野本宮大社はここにあったようです。今まで見た鳥居では一番の大きさですね。



旧熊野本宮大社跡地ですが、奥には広場がありまして雰囲気はありますね。近くには熊野川が流れていて洪水で移転したのかな?



大鳥居は熊野川の土手から見ても大きすぎますね。圧倒されます。



さて、本宮に向かいます。ここが参道の入り口です。入り口前はかなり広いです。ここから石段を登っていきます。



参道脇に幟が沢山立ってますが、これは新年にある程度のお布施?をすると幟を立てられる様ですね。社務所で受け付けているようでした。



かなりの石段を登っていくと神門があります。実はここから内側は撮影禁止だったみたい。撮影するには許可が必要ということでしたが撮っちゃいましたね。ごめんなさいです。



こちらは結宮(第一殿、第二殿)です。第一殿は熊野牟須美(むすび)大神(本地仏は千手観音)、第二殿には速玉之男神(本地仏は薬師如来)を祀る。熱心にお参りしている人がいました。長い時間をかけて拝んでいますし、各殿にお賽銭を全て奉納していましたからね。



こちらは証誠殿(第三殿)は主祭神・家津御子大神(素戔嗚命すさのおのみこと)を祀る。奥には第四殿(天照大神を祀る)も見えますね。



本殿の左側に拝殿があります。当神社は朱塗りは一切なく、古さも雰囲気も良い神社ですね。落ち着きますね。



拝殿の前に黒いポストがあります。これはもともと赤いポストを黒く塗ったもので上に八咫カラスを載せていて八咫ポスト言います。
実際に使えるということでした。ここの神社も八咫烏ですね。



ということで、これで熊野三山巡りは終了です。良い神社ばかりだったね。わざわざ和歌山まで来たかいがありました。
今回はここまでです。

次に、熊野古道の一部を歩きましたのでこれを揚げます。

頑張っているんでるんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらをお願いします。

人気ブログランキングへ
コメント

旅の寄り道「熊野三山 熊野速玉大社」

2018年03月27日 | 旅行
平成30年3月27日(晴れ)

今日は午前中は濃霧で暗かったが、予報では晴れでハウスの温度が上がりすぎると苗が焼けるんでハウスは側面やドアは開け放って出かけました。
午後になるとピーカンなお天気で予報以上の気温19.7度で初夏の陽気でバイトして居て超心配だったけど、帰ってきたら何とか大丈夫でしたね。

芽出器は電気を止めていったんだけど、36度になっていて慌てて換気しました。日中はどこまで上がったのやら?ただ、まだ種子なんで影響は少ないよね。
明日も心配だな。

今日も又、旅の寄り道で熊野速玉大社です。

一寸、夕方に行けたんだけど、彩の鮮やかな神社でしたね。
入り口は意外とこじんまりして居ます。下馬橋の奥には大鳥居が鮮やかに立っています。右奥の駐車場から入ったほうが広々としていますけどね。



境内に入るとすぐに八咫烏神社があります。熊野はどこの神社も八咫烏を祀っておりますね。



こちらは神宝館です。時間が遅かったので入ることはしませんでした。歴史観も無かったしね。



こちらは拝殿です。朱塗りの社殿で鮮鮮やかでとても綺麗です。



中もとても綺麗です。参拝者が誰もいないんでゆっくり拝観します。



こちらは上三殿です。神門をくぐった正面にあります。家津御子大神を祀る証誠殿、天照大神を祀る若宮、高倉下命を祀る神倉宮の相殿。



こちらは小さなお社です。新宮神社・熊野恵比寿神社です。



こちらは神門です。こちらも朱門で綺麗ですね。




境内には御神木のナギの大木がありました。旅の安全を願って植えられたと説明があります。自分の旅も半ばで無事に帰りたいものですね。



ナギの木の説明看板がありましたが、世界平和を願ってと書いてありましたね。ここは世界遺産ですからね。



それにしても熊野速玉大社境内は各社とも朱に塗られていてとても綺麗でした。近年、塗り替えたんだと思いますね。

本当に綺麗な神社でしたね。これで終わりです。

明日以降は熊野本宮大社を揚げてみたいと思います。

今日の百姓はバイトから帰ってきてからねぎの播種を8トレイ程しました。未だ、50トレイは播種したいんですが進まないね。
頑張るしかないね。

頑張っているんでるんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらをお願いします。

人気ブログランキングへ



コメント