瀬崎祐の本棚

http://blog.goo.ne.jp/tak4088

詩集「ラベンダー狩り」 大西久代 (2022/10) 七月堂

2022-11-25 22:40:56 | 詩集
105頁に28編を収める。

「燃えあがる」は、のうぜんかずらになってしまった話者のモノローグ。話者は鮮やかな朱色で次々に咲き続け、我が身を燃えあがらせている。落下していく分身の花も、「燃やしたものをとり込んで/再生を予感する」のだ。

   のうぜんかずらとなった私の転変
   針を含んだ口先さえ愛(いと)おしい

誰にでも大なり小なりの変身願望はあるだろう。何ものかに絡まりつきどこまでも空の高みに向かおうとする意志がこの変身にはあるようだ。鋭く尖った針も、我が身を守るというよりも、他者を攻撃することも厭わないという心根であるのだろう。

「ふね」は、浜に置き去りにされひっくり返っている、おそらくは朽ちようとしている古い木造船を詩っている。かつては女や男の物語もこのふねでくり広げられたのだろう。

   砂にめりこんだおもては
   とおい記憶を腐敗させてしまった
   幻の夏のさびしさを
   知るものだけがふねを痛める

どこかで我が身と重ね合わせた風景を見ていると読み取るのは、穿ちすぎか。

「ラベンダー狩り」では「一気に殺れ!」という「夜の声に促され」て話者は紫花を刈り取る。何があったのか、刈り取らなければならなかった説明はないのだが、そこにはやむに已まれないものがあったのだろう。根は鉢の中で細り、花は衰えていたのだ。

   その夜
   ないラベンダーの葉がひっそり
   震え続けた
   あの世の果てで
   くずれおちる微かな おと

詩集に収められたどの作品でも閉塞した状況が感じられる。そんな中で一生懸命に言葉を紡ぐことで耐えているような雰囲気があった。

詩集の最後近くには95歳で亡くなられたお母様を詩った作品4編も収められていた。ご冥福をお祈りします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩集「出会う日」 唐作桂子 (2022/10) 左右社

2022-11-18 20:08:19 | 詩集
第3詩集か。84頁に19編を収める。

日常のどこにでもあるような光景が言葉で捉えられて、ここだけの作品世界に変容している。たとえば、「朝の手順」は再開発が進んでいる駅前の喫茶店の、何気ない朝の光景である。店主はモーニング・サービスのトーストを焼き、バタを塗っている。

   窓ぎわの席に角砂糖がつみあがり
   地響きによってほんのわずかずつ
   ずれていく
   ふるい朝刊のむこう側

   別珍張りの椅子の
   擦り切れたところをなでている
   ほかに行く場所がない常連客の
   杖がすべりやすい

こうして言葉で選び取られて記録されることによって、その光景は、時間のなかに消え去ることなく、いつまでも留められるものになった。言葉の持つ力は素晴らしいと思わされる。

「青猫はうなる」は、意味を求めようとすると呆気にとられる作品である。最終バスは行ってしまったのか、それともまだなのか。そんな焦燥感があって、うなる青猫は剥製なのである。

   墓地のあいだにわたしたちは
   かろうじて住んでいる
   気流がかわると
   空白が散乱しはじめ、

「来るもの」は、2行ずつの5連が3組集まった作品。午すぎなのに空がくらくなり、何かがおとたてて来るのだ。個人の連絡手段は途切れ途切れで、代わりに何かが来るのだ。世界の規律も崩れはじめていくようなのだ。

   手紙は書かれるだろう
   むしろ大半はあてどなく

   あすのおおよその南中時刻
   確率的に空はあかるい

1連が2行で終わるために、文字並びの見た目はとても軽い。表出されるものも短く途切れているために、跳んでいくような趣もある。しかし、そこに孕まれているものは存外に重く、現実の社会不安を背後に抱えながら、オカルトのような非現実感もともなっている。あすの正午近く、やって来るものは話者を明るくしてくれるようなものだろうか。

詩集表紙カバーの、水族館で魚の群れを見ている男の子の後ろ姿のシルエットが好いなあ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩誌「詩素」 13号 (2022/11) 神奈川

2022-11-15 22:33:37 | 「さ行」で始まる詩誌
今年7月に亡くなられた小柳玲子氏を追悼して、吉田義昭、坂多瑩子、野田新五の3氏が文章を寄せている。どれも、現実と非現実の境界を自在に往来し、時間軸をひとつの風景として捉えて作品を書かれた小柳氏の作品、人柄がよく伝わってくるものだった。
私(瀬崎)は小柳氏からきれいな手作り封筒での手紙をいただいたりもしていたのだが(この貴重な封筒については坂多氏の文章が触れている)、実際にお会いしたのは2度である。夢人館シリーズの画集で欲しいのがあったらあげるわよとの言葉にあまえて、精密な水彩画を描いたリチャード・ダッドの画集をいただいたのだった。また、亡くなられた友人の蔵書から希少な詩集を分けてもらったこともあった。
小柳氏の作品には、柔らかく包みこまれるようでいて、それなのに背中の方が薄ら寒くなってくるような、不思議な感触があった。詩誌「きょうは詩人」に連載されていた愛憎入り混じった友人詩人についての連載エッセイには、そうか、エッセイというのはこういう風に書くものかと感じ入ったものだった。合掌。

「暗渠通信」海埜今日子。
幾度となく会っているのに連絡する手段を知らない彼。暗渠となった川の両岸にわたしたちは暮らしていたようなのだ。そして、わたしが育ってきた風景にはいつも川が流れていたのだ。川が隔てていたものは何だったのか。暗渠によって「ふさがれた、さけび」があり、最終部分、

   この日、彼を見つけたのは小さな一軒家の二階。窓辺から、わかれのように手を振ってい
   る。つかのまだったか、永遠だったか。今住んでいる家の近くには、小さな川があるの。
   遊びに来てね、またね。

最後の「遊びに来てね、またね。」の言葉は、もう決して実現されないことを知っているかのようで、切ない。

「詩集をよむ」のコーナーで、小島きみ子氏が拙詩集「水分れ、そして水隠れ」について四章立て、2頁半にわたって評を書いてくれている。詩集のあちらこちらに出没する”小さい人”や”眼球”が担っているものを的確に捉え、<光を失うところへ出かけた女将>から<庭をおおう大いなる翅>へとつづく大円団を分析してくれていた。感謝。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

猫まち 山崎るり子 (2022/09) ふらんす堂

2022-11-11 18:10:43 | 詩集
折り紙のような矩形の判型の388頁。カバーにはさかたきよこの猫のイラストが使われている。ブログに1年間毎日書いたという1行から8行程度の猫の作品366編が、日付とともに収められている。

     晴天
   猫が寝ている
   おばあさんが寝ている
   洗濯物が乾いていく
   どちらかがこのまま
   永遠に寝たままでも
   洗濯物が乾いていく

毎日が、猫。いつも、どこかに、猫。犬や猫にはほとんど関心がない私(瀬崎)には想像しがたいのだが、猫とともにある日常はそんなことになるのだろう。猫がいることによって風景が完成し、猫と交流することで思いも湧いてくる。猫の存在によってはじめて世界が存在しているかのような気持ちにもなるのだろう。

中には連作の形を取っているものもある。「ヨモタさんちの猫」は12日間にわたって書かれている。それは猫を捜して、待っているヨモタさんのお母さんの話である。月夜の晩にヨモタさんが帰ってこないお母さんを捜しに行くと、公園では猫が踊っていたのだ。

   その中の一匹 まるくなってしまった背中は
   猫に見えるけれどお母さんだ
   「そろそろ帰りましょう」ヨモタさんが手を引くと
   「あんたは冷たい手をしているねぇ」お母さんが笑う
              (「ヨモタさんちの猫 8」より)

毎日書かれた作品がそれぞれ一頁に印刷されているので、分厚い詩集は日めくりカレンダーのような趣もたたえている。

     外
   くびわもいらない
   なまえもいらない
   もうだれのものでもない
   あしのうらがざくざくする
   風、ああ
   においにおいにおいにおい

このような作品が作品として成立するためには、(私のように)猫に興味のない人にとっても作品として読まれる何かを孕んでいるか、ということになるのだろう。そうでなければ、作品は単に猫好きの人の独りよがり、自己満足、になってしまう。猫好きという立場を離れた地点でも立っていられるかどうか、それが問われるだろう。そういった意味では、本書に収められた作品はきちんと作品になっていた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩集「祝祭明け」 草野早苗 (2022/09) 思潮社

2022-11-08 22:22:05 | 詩集
第3詩集。107頁に33編を収める。

作品の契機は実際に作者が触れていることから始まっている。たとえば「渡る」で詩われるのは愛猫の死である。しかし作品はすぐに幻想的なたたずまいとなっていく。話者は、七日目の夜明けに川を渡る舟に乗りなさい、と愛猫に話しかける。最終連は、

   夕方 窓硝子が一瞬揺れた
   舟が出て行ったのだ

「満月」では、話者が草刈り道具を持って墓地に出かけると、「墓誌に名のあるらしい六名が石段に座って待っていた」のだ。家で夜まで過ごすと、「そろそろおいとまする」といなくなる。実は墓仕舞いの話が出ていたのだ。その墓地からの彼らの最後の訪れだったのだろう。このように作者の思いは譚の形を取って印象的に表出されている。

「ひび割れ」。線路にひび割れが見つかり電車が運休となっている。紫木蓮は線路に沿って咲いていて、

   昨夜は急に大気の温度が上がったので
   列島の卵という卵がひび割れる
   卵を孕んだながむしに触れた線路もひび割れる
   もうすぐ紫木蓮もひび割れて
   魂が蒼穹に舞い上がる

今まで隠されていた、あるいは押さえつけられていたものが、思わぬ間隙からここぞとばかりに露わになってくるのかもしれない。ひび割れから溢れてくるものを感じるそんな日が、話者にもあるのだろう。舞い上がった魂はどうなるのかというと、「蒼ざめた成層圏まで昇ってゆく」のだ。

「神田川聖橋」。「橋を渡り始めて七番目の者に合図せよ」と灰色の影に指令を受けるのだが、橋にやって来るのは仔羊ばかりなのだ。

   聖橋を引き返す
   仔羊を捧げて過去を抹消するのだ
   一生一緒に生きるとの宣誓書が
   近くの教会の地下倉庫にあるはず
   行方知らずの元同居人との署名
   あれは果たして人だったのか

なぜに仔羊? そんな混乱が悔恨や脱力感、そんなものとない交ぜになって話者に押し寄せてきているようだ。

「傘の行列」「観覧車」については詩誌発表時に簡単な紹介記事を書いている。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩集「初めあなたはわたしの先に立ち」 花潜幸 (2022/09) 土曜美術社出版販売

2022-11-04 18:44:17 | 詩集
第4詩集。94頁に37編を収める。

詩集タイトルにもある”あなた”とは、「幼時母を亡くした後、姉と慕った従姉」のこと。第一章の作品はその”あなた”へのオマージュなのだが、美しい情感に溢れている。
タイトル詩「初めあなたはわたしの先に立ち」では、あなたは「意地や窪んだ夏雲の冷たい陰を引き寄せてくれ」て、やって来た水の淵では「さあ飛ぶならいまですよ と笑いかけ」てもくれたのだ。少し大げさな言い方をするならば、この世で美しく生きていくための手順をあなたは指し示してくれたのだ。最終連、果たされなかったわたしたちの硬い望みを想い出すことがあるという、それが、

   (略)いまでも、祈りとなって空を渡ることがある。
   何処(どこ)へ行くの、とあなたは躊躇いながら十月の空を見上
   げて尋ねてみたが、その鳥はまだ行く先を まったく知
   らなかったのだ。
 
こうした、何ものにも代えがたいあなたとの日々は、あなたの病によって限りあるものとなり、いよいよその密度を増していったようだ。

「続きの夢」では、「昨夜夢を見ましたか」と問うあなたがいる。すでに「病があなただけを染めて」いるのだ。「ええ、ぼくも続きの夢を見ました」と嘘を云いかけると、「あなたは唇に指を立て、大きくなったらきっと教えてください」と云ったのだ。ここには、交わされた言葉やその時の仕草を包みこんださらに大きな心の触れあいのようなものが感じられる。最終部分は、

   それから幾度か、さらに続きの夢を見ることがあったが、
   あなたに話す機会はなかった。

もしかすれば、続きの夢を語ってしまえば、そこであなたとの触れあいのある部分が終わってしまうことを怖れていたのかもしれない。しかしそれでも「白い夏の花束をあなたの胸に置」く日はやって来てしまったのだった(「宵の明星」より)。

あとがきによれば、第二章には「神々との対話」をおさめたとのこと。生きている人がいて、逝ってしまった人がいる。それらの人達との関わりを大事にすることで日々が作られていく。
そんな日々が積みかさなって、寂しい時の窓にはもうひとりの自分が映る。

   昔、小さな部屋の窓には、
   震えるぼくたちがいて
   まるく炎になり眠っていたのだ。
                 (「消灯時間」最終連)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩誌「something」 35号 (2022/10) 東京 

2022-10-28 17:09:06 | ローマ字で始まる詩誌
女性が25人集まり、それぞれが4頁を使い、詩作品とエッセイを載せている。作品は既発表、未発表にかかわらないとしている。また、別刷として4人の作品が1編ずつ紹介されていて、編集人の一人の鈴木ユリイカが短い評を載せている。

「対岸の人」和田まさ子。
川の街であるリバプールではじめての人と会う。川岸の観覧車はだれも乗せずに回っていて、そこをカモメが抜けて行ったりする。はじめての人と会うことは、これまでの自分をふりかえったり、これからのことを考える契機になるのかもしれない。

   だれだって
   オーバーを着れば
   昔の人になる
   ほんとうに生きたのだろうか
   男といて
   ほんとうににんげんなのだろうか

この生きることへの原初的とも根本的ともいえる疑問の感覚には立ち止まらさせられる。おそらく冷たい川風が吹いているのだろう。会った人は対岸へ帰っていくのだ。この作品は詩集「よろこびの日」に収められていた。

「窓辺」野木京子。
窓辺では時間がねじれるのだろう。昔のひとや未来のひとが訪れてくるのだが、そのひとたちはかつての、あるいはこれからのわたしなのかもしれないのだった。雲の隙間に窓があるようで、「その窓から 声が落ちてくるような気が」したりもするのだ。窓は今のわたしがいろいろなときのひとたちと会う扉口でもあるのだろう。最終連は、

   窓からおりてくるひとたちも
   わたしのまわりに集まってきて
   やはり 身の置き所をきちんと知っているのだ
   空に窓があったら
   その向こうがわたしの身の置き所かもしれないと思う日もあり
     ーー思わない日もある

柴田千晶が「鶴見」というタイトルで1頁のエッセイを載せている。11年前に亡くなられた馬場先生を偲んでいる。鶴見には先生の仕事場があったのだ。その鶴見の鰻屋で「いつになったら私は、これでいいんだって、思えるようになるんでしょうか?」と訪ねた時の先生の答えは、「そりゃあ柴田、一生無理だ」「一生、納得なんかできないよ」だったという。その答えに私は妙に気持ちが楽になったという。なるほどなあ、と思う。素晴らしい先生だったのだな。最終部分、

   無性にさみしいけれど、いつかもう一度、
   先生のいない鶴見を歩いてみたい。先生は
   もういないんだなぁと思いながら、ただ歩
   いてみたい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩誌「イリプスⅢrd」 1号  (2022/10)  大阪

2022-10-24 11:17:08 | 「あ行」で始まる詩誌
今号から第三次となり、季刊体制になった。通巻としては57号となる。

「惜別」渡辺めぐみ。
作品は「角を折れてゆく車が僕を見た」とはじまる。やがて死んでしまった犬への思いが渦を巻き始める。「存在値という言葉が嫌い」だったり、食べ残されて「炊飯器の中に残っている米粒になりたい」と思ったりする。喪失感が存在する命への苛立ちにもつながっていくようなのだ。犬は車に轢かれたことが明かされる。そして最終部分は、

   僕の胸の中を
   轢き逃げ犯を乗せた車が
   何度も通り抜けてゆく
   音は聞こえない
   身体が振動するだけだ
   ナンバープレートがどうしても見えない

「操車場」永井章子。
夜の操車場には車両の群れが静かに並んでいるのだが、「同じ頃私のなかに最終列車が到着する」のだ。その列車からはその日に感じた気持ちが降り立ってくるのだ。このイメージは新鮮で、頷かされるものがあった。そして、

   近頃 かならず
   向こうから煙をまとった列車がやって来る
   遠い戦いの国から来るのだ
   様々に入り混じった臭いや轟音を引き連れて
   他の列車たちに君臨する

今、遠い地で起こっている戦いが我が身の感情に乗り込んでくるのだろう。その感情を乗せた列車は、戦地に赴く兵士を乗せた列車、そして負傷兵を乗せた列車のイメージと重なってくる。他人事とせずに、我が身に引きつけた地点での発語が重さを持っていた。

「タクシー運転手」細見和之。
雨の降る夜に濡れた女を乗せたタクシーの怪談めいた話は時折り耳にする。そして今はもう無い目的地に着くと、女の姿はない・・・。小咄めいた語り口の作品なのだが、この作品の愁眉は最終3行である。さすがの作品となっていた。

   女の姿がないねん
   「万歳、万歳(マンセー、マンセー)いう声が四方から聞こえて
   わしの車は深い深い海の底にあるみたいやねん
   ほんでいまもうあんたもその海の底におるで
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩集「夏の終わりの俯瞰図」 北沢十一 (2022/09) 創風社出版

2022-10-20 11:37:30 | 詩集
92頁に21編を収める。

冒頭の「ブルー・スカイ・ブルー」はカヤックで仁淀川を下った折りの思いなのだが(表紙カバー絵も瀟洒なその水彩画)、話者の背後には「故郷に置いてきたわが家の娘一家失踪事件」があるようなのだ。話者の背後にはそんな大変なことが何か起こっており、それを背負った状況での発語なのだ。遠い地でのけじめをつけた、いや、一生懸命にけじめをつけようとしている、そんな思いの発語のようなのだ。最終連は、

   うすい虹が下流の町の空に架かる
   亡くなった友も生き延びた輩も
   もう忘れ物をさがす必要はない
   問えばまたうなずく問いがあるばかりだ

「川遊び」。川でぼくたちは流されていき、「近くを流れていたものは/気がつけばなにもない」のだ。川遊びという言葉には楽しい行楽のイメージがあるはずなのだが、ここにあるのは、死に繋がりかねない不穏なものを感じさせる。

   こどものころ抱いた質問は
   今のわたしには届かなかったが
   イズレシヌトワカッテイテモ
   ナゼイキテイケルノデスカ
   あの問いが向けられていたのは
   やはり未来の自分だった

川を流されていくぼくたちの様は、過ぎていく時の中で抗うこともできずに変貌していくおのれの姿なのだろう。最終部分は、「それから橋の上を/知らない人ばかりが/乗ったバスが渡っていった」。なんの繋がりを持つこともできないそれらの人々に見下ろされた水面で、ぼくたちはもっともっと下流まで流れていくのだろう。ここには、ぼくたちに注がれる他者の冷ややかな視線がある。そしてそれを感じてしまう話者がいる。

「雨の降る庭」。古い店でコーヒーを飲んでいるのは「一人娘をなくしたわたしの父と/農場に嫁ぐわたしの妹/それからわたし」なのだが、会話も絶えているのだろう。

   わたしたちはまだ生きているため
   どんな言葉にも傷つかない
   ありがとう
   いなくなった人たち
   何をしてほしいか訊ねれば
   少し息苦しくなる

いなくなった人の事を思えばば、生者であるわたしたちはどんなことにも耐えなければならないわけだ。それだけのことを、いなくなった人たちは置いていったのだ。そして残されたわたしたちはここから歩き始めるのだ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩集「源流のある町」 草間小鳥子 (2022/10) 七月堂

2022-10-16 12:00:45 | 詩集
第3詩集か。127頁に18編を収める。

巻頭のタイトル詩「源流のある町」は150行近い作品。鉢に水をやると、「土が水を吸うささめき/水が土を通るさざめき」があるのだ。ここはとても繊細で美しい。展開される町の一部として生きる「わたしたちにも川は流れて」いて、「切実で儚いものが流れてゆく」のだ。

   そつなくこなしたふりをして
   そうやってうそぶいて
   ひまわり
   なりたいものにいつまでもなれない
   わたしの文字列は潔くない
   ひまわり ひまわり
   ひまわり 鉄塔だ
   遠くにあるからおまえらより低い

外部世界とつながろうとして紡ぎ出すこの言葉感覚が心地よい。真剣なようでいて、どこか醒めた冷ややかさも感じられる。それがわたしの立ち方なのだろう。きみや姉はわたしの風景としてとらえられ、世界は水に潤されている。最終部分には「春だから 春だから 春だから/けだるい風」と、毅然とした潔さがある。

このように、作品を提示された者はいきなり状況の中に取り込まれる。何も説明されないままに、困惑しながらその作品世界を彷徨うこととなる。しかし、緊張感に満ちたその彷徨いは大変に魅力的なのだ。

「開墾地」。私(瀬崎)は”開墾地”という言葉からは、人々の喧噪から遠く離れて何かから変容した地を想起する。そこは、隠されたもの、失わされたものが堆積しているような場所ではないだろうか。この作品の地にも「やがて仕舞われてゆく墓/草の伸びる緑地/洗われない毒」があるのだ。話者はそこに立って茫漠たるものを受け取っているのだが、最終連の力強さが見事だった。

   水脈は絶たれたまま
   崩れた盛り土から
   息を吹き返した羽虫が飛び立つ
   風向きは変わる
   気まぐれに
   ときに大胆な意思で

集中には「役に立たないものについて」、「ハセガワマートの爆発」という2編の長めの散文詩がある。掌編小説のような物語を孕んでいて、その巧みな語りに身を任せて黒澤さんや今川さんのいる町を彷徨うのは楽しいことだった。

生きるものがあるところ、そこにはいつも水の流れがある。この詩集では、収められたどの作品の根底をもうるおすように、静かに水が流れていた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする