瀬崎祐の本棚

http://blog.goo.ne.jp/tak4088

詩集「ねじれた空を背負って」 たかとう匡子 (2024/03) 思潮社

2024-04-12 22:32:43 | 詩集
124頁に27編を収める。

巻頭に置かれた「よるべない地図に誘われて」に、「わたしはすなおに/そのまま混迷を行こうと決めた」とある。頼るものを失ったところから始まる歩みを書きとめようとする決意、それがこの詩集を支えている。

しかし不穏な空気はそこかしこに漂っている。
「転々」。光はくだけ散り、「親指と人差指のあいだ/赤い魚/跳ねる」のだ。正体不明の粒子も我が身に迫ってくる。助詞を省いた叙述が小気味よい。

   人はいつだって
   孤独
   多事多難
   渇きにあおられ
   ひたすら心臓の鼓動をおさえようと
   あせればあせるほど引きずり込まれていく

「爆/撃/音」がこだまして、話者はこの世界を浸蝕してきている異形のもの、それはそのまま異形の事態と言ってもいいのかもしれないのだが、に立ち向かおうとしている。

「ごく小さな事件簿」では、「空耳/かもしれない」ノックが聞こえ、話者は枇杷の木の葉についた虫を順次殺していく。すると「空はすこしずつ変化」して「何かの/壊れる音/乾いた頭蓋」があらわれ、倒壊した家の「基礎の土台があらわになっている」のである。日常生活に起こった”小さな事件”というのだが、ここには戦禍のイメージが色濃く漂っている。私達の日常も戦禍と無縁ではいられないのだ。

詩集タイトルにもなっている”ねじれた空を背負う”というイメージは、こうした否応なく不穏な世界の空気と結びついている私達の覚悟でもあるだろう。この言葉は作品「遁走曲(フーガ)」にあらわれる。妹に似た幼なごが走り去っていき、話者の「胸のうちがわでは/古傷が口をひろげていた」のだ。何かから逃げようとしていたのか、それは逃げ切れるようなものなのか。いや、逃げるという行為、その意思表示が必要だったのかもしれない。最終連は、

   予測できない時間にむしばまれて
   滑り落ちてきた観覧者のなか
   ひょっとしてあれは
   ねじれた空を背負ったわたしの妹
   と見えたが
   眼を凝らすと無人
   走り去っていったのは誰

困難な世界の中に在ることを確かめ、見事に背筋を伸ばしているような詩集だった。

「吊されて」は詩誌発表時に簡単な紹介をしたのだが、大幅に推敲がなされていた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩集「花下一睡」 秋山基夫 (2024/04) 七月堂

2024-04-09 18:41:40 | 詩集
111頁に12編を収める。

作品「ほととぎす」は、「ほととぎす鳴くやさ月のあやめぐさあやめもしらぬ恋もするかな 読人しらず」を作品の頭に置いている。そして死ぬ人のたましいをくわえて飛び去ろうとする鳥や、わたしをかきいだく夢のなかでやってきた人がいる。あなたを待ちわびるわたしをあやかしの世界がとりかこんでいるようなのだ。

   わたしはどうなってもこうなってもあやめぐさの
   根のように深く深く思いつめ待ちつづけこわれてしまった
   わたしには何の望みもありません 思いがとどまっているだけです
   なにも見えず聞こえずただ運ばれていくだけの破れたたましいです

このように本詩集では古の物語を契機にして新しい独自の絵巻物を描き上げていく。

その次の「花」では小野小町の歌五首を作品中に取り入れているし、他の作品では和泉式部、西行法師、俊成卿などの歌もあらわれる。それぞれが描がいた世界をどのように捉え、どのように踏まえてそこに新たな世界を構築するかに挑んでいる。
それらの作品の話者はときに古の歌や句の作者がのりうつった者であり、またそれらの歌や句の世界の住人であったりする。そして作者はそれらの話者を自分の世界構築のために作品の裏から自在に繰っているのである。ときにはひょっこり顔を覗かせて芭蕉の句を引用したあとに「あきれるくらい/うまいねえ」などと言わしめている。

最後に置かれた「春夏秋冬」はそれぞれが4連の17行詩の4編から成る。各作品のはじめの2連は連歌、うしろの2連は連句となっており、各連の冒頭音をつなげればタイトルとなる。作品「のむべし」の前半、連歌部分の2連を引用する。

   除け者の毛もの物の怪花の闇
   病み上がりです木瓜でよろしく
   四苦あれど菜種畑に筵敷く
   詩句に由なしカエルの嫌味

   胸元の薄き香りや夏衣装
   少年老いて氷菓したたる
   樽酒をぜんぶ燗する柳多留
   タルタルソースはだか往生

1行目、4行目の「やみ」は脚韻を踏み、それは2連目の頭韻にもなっている。さらに2行目、3行目の脚韻「しく」は3行目、4行目の頭韻になっている。よくぞここまで遊んだなあ(!)というほどに凝っている。
たしかに連歌、連句は知的な遊び事の面を持っており、作者は方策を楽しんで世界を作っている。方策に自らを閉じ込めることによって新しく生まれてくるものを探り当てようとしている。そのようにして書かれた作品は読み手にとっても大変に緊張感に富んだものとなっている。作品はその緊張感の先にあるものを見せているのだ。

「あとがき」で作者は、「〈うた〉は人の心が言葉の形で外に出たものだ」ということから「いったい人は言葉の根拠に何を求めるのか。自分の心にか。ではその心の根拠は何なのだ」との認識を新たに問い直している。
現世から離れた世界に我が身をふわりと置いて、ひとときを過ごしてきたかのような詩集だった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩集「もこもこ島」 岩井昭 (2024/04) なずき書房

2024-04-02 17:26:57 | 詩集
第12詩集か。B6飯、65頁に15編を収める。

詩集タイトルの”もこもこ島”は冒頭の作品「空をおよぐ」に出てくる。この作品は、みあげた空にヒトがおよいでいる、というもの。そして話者は「あのヒトは/夢のなかを/およいでいるのだろう」と思うのだ。そんなヒトが空の高みに見えるという世界はクレパスで描いた童画のようで、心がさまざまな制約から解き放たれた優しさがある。

   夢をみることは
   想像することに
   にているね
   なんだかよぶんに
   いきたようで
   とくした気分

なるほど、そう言われればそんなものかもしれない。そしてむこうにある雲が”もこもこ島”なのだ。空をおよぐヒトを見ているのも、また夢のなかでなのだろう。

前詩集は実に233編を納めたものだったが、本詩集は平仮名を多用した平易な語り口の作品をそっとまとめました、という風情になっている。作品はとげとげしたものを気持ちから取り去って書かれていて、読む人をやわらかく包みこんでくれる。

「きおくのなかにすんでいる」では、夜が明け明るくなってきた世界のどこに自分は存在しているのだろうという素朴な疑問に話者はとらわれている。

   きのうときょうとあしたのくらしが
   みみのよこを通り過ぎていく
   だれのきおくのなかにいるのだろう
   ぼくは

おそらくそれはなんでもないことの顔つきをしてそのあたりに転がっているようなことなのだろう。ぼくのことを覚えていてくれる他者は確かにいるはずなのだ。そしてそう思えたならば、自分のいる世界が満ちたりたものになるのだろう。最終連は「ぼくはここにいるよ/と/感じられる/ぼくだけのあさ」。気持ちにふと訪れるかすかなものをそのままの形で掬い上げようとしている作品だった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「主題と変奏 -ポエジーの戯れ-」 日原正彦 (2024/03) ふたば工房

2024-03-28 18:50:14 | 詩集
第21詩集か。119頁に32編を収める。

「まえがき」には「本詩集では結構横着なポエジーとの戯れもやってみた。まじめな詩をお望みの方には不向きなので、閉じていただいて構わない。」とあった。しかし、叙情的な光景から抽象的な物理学の概念までもを言葉で捉える作者なので、”横着”で終わっているはずはないだろう。

「四季・恋」は、春夏秋冬の季節それぞれが恋をしているかのような洒落た作品だった。

「風」も遊び心から始まったような作品となっている。注釈に拠ればビューフォート風力階級表というのがあり、風の強さは13階級に分けられているとのこと。作品は「たいらでおだやか」から「うずまくものすごいかぜ」までの13章から成っており、それぞれの風が吹く世界を捉えている。8等級の「すばやくてつよいかぜ」は、

   ふうがわりなふうていのふうらいぼうがふっとんでくる
   かおが左右にねじれて 首の骨が外れそうだ
   肺のなかの無数の微少な風船が 一斉に爆発する

作者はかつて「降雨三十六景」というさまざまな雨を詩った作品を集めた詩集も作っていた。

「路上」には(本詩取り詩編)との副題が付いている。短歌の本歌取りのようなことをを試みたということだろう。島崎藤村「初恋」や高村光太郎「道程」などの有名作品15編を俎上に載せている。どの作品ででも、よく覚えている本詩のリズムから触発された作者の言葉を探し当てている。定型詩は決められた形式に当てはまるように自分の中から言葉を探してくるのだが、それと似たような世界の広げ方があるわけだ。
八木重吉の「素朴な琴」に拠ったとする「非望の椅子」を紹介しておく。

   この淋しさのなかへ
   立ち去らせし非望の椅子をおけば
   春の雨を思はず呼びいだし
   椅子は力なく濡れるだろう

思わずニヤリとしてしまう楽しさがある。作者はこの楽しさを読む人にも味わってもらいたかったのだろう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩誌「交野が原」  96号  (2024/04) 大阪

2024-03-21 11:38:41 | 「か行」で始まる詩誌
金堀則夫編集/発行の詩誌。102頁に27人の詩作品、16編の書評などが載る。

「かんにん」八木忠栄。
「ならぬかんにん するがかんにん」という言葉から奈良と駿河の神主さんが登場してくる。こういう自由奔放な、それでいて作者の息づかいがちゃんと感じ取れるイメージの連鎖が楽しい。世界がぐんと広がる。

   やぶれたら 縫え
   と和尚はくりかえす
   門前の小僧たちも
   ただ それをくりかえす
   ながい参道も感情の崖っぷちも
   あぶない足もともそっくり
   やぶれたら 縫え
   それがはじまり

この世のしがらみや思惑といったものを超越したような爽快さがある作品だった。

「道の分岐」中本道代。
道の分岐点に家があり、「子供をくれんさい」と言って出て行く人がいたのだ。もらわれてきた子供と遊び、お嫁さんになってねと言われたのだが、

   その子は出奔して遠くへ逃げ
   婚約は果たされぬまま
   集落であまく匂っている

その地の怪しい習わしが話者の記憶にこびりついている。記憶があるので、話者はいつまでも分岐点に取り残されているようだ。分岐から別の側の道に行った子もいたのだろう。その子はどうなったのだろうか。

「思い出」たかとう匡子。
投げ出されて戸口が外れた鳥かごにはもう生きものの気配はなかったのだ。傷ついてやってきて棲みついたヒヨドリは、稲妻と同時に「野鳥の/記憶と回路を/とりもどしたのかも」しれなかったのだ。

   おぼつかない足取りで
   目のさきをぐるっとひとまわりして
   今はわたしのなかにあって
   迷彩の彼方
   消えかねている軌跡

落雷と同時に話者を襲った喪失。日常の一部になっていたものを失った感覚が陰影のある叙述で巧みに表現されていた。

瀬崎は「鱗粉」を発表している。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩誌「Down Beat」 22号 (2024/02)  神奈川

2024-03-17 15:20:05 | ローマ字で始まる詩誌
この詩誌、毎号さっぱり訳のわからない作品が少なくない。しかし、とてつもなく面白いのだ。

たとえば「とうぶつ屋」廿楽順治は、「見も知らぬ「かたち」が売られていたのだ」と始まる。タイトルからして謎めいているが、おそらくは”唐物屋”、つまり舶来品を商っている店、ということなのだろう。「犀の襞のようなもの」や「死んだ唐人の記憶のなかの毛布」が売られているようなのだ。

   格子状になっている場所に、外国人の眼の模型が埋めら
   れている。遠い眺めのなかにわたしたちはいる。

売られているものが話者にお前自身は売り物になるのかと迫ってくるようだ。

つづいて「ヒルガエシ」今鹿仙。このタイトルになると、もう思いつくものもない。触れたり見たりするという感覚が言葉を連れてきている。それらは理屈が追いつく前にとっくにどこかへ走り去っている。

   馬だけが河原にあがる世界で
   主観はただ湯気を
   出したりして
   交信することを望むのみだ

言葉をまき散らしておきながら話者は素知らぬ顔をしている。だから読む者も勝手に素知らぬ風を装うのだ。

さらに「家族」小川三郎では、「窓辺に顔が咲いている」のだ。部屋の隅では裸体が眠っていて、夢のなかで裸体を鏡に映している。理屈は通らないまでも、この作品のイメージは伝わりやすいものとなっている。買い物先のスーパーは顔と裸体でいっぱいだったのだ。この作品の最終連は、

   買い物を済ませ
   家に戻ると
   顔と裸体は
   ちょうどひとつに重なっており
   仏具のような見栄えであった

訳のわからないものの面白さとは一体何なのだろう。訳がわからなければ、面白さも判らないのではないか。いや、そんなことはないのだ。作者の言いたいことに律儀につきあおうとするから判らなくなるわけで、そんなことは投げ棄ててしまえばよいのではないだろうか。提示された作品から勝手に自分の光景を見ればよいのであって、今まで描くことのできなかった光景を連れてきてくれる作品が、とてつもなく面白いのだ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩集「ひかりのような」 栁川碧斗 (2023/07) 七月堂

2024-03-12 17:11:46 | 詩集
91頁に18編を収める。

言葉はその役割として事物と結びついている。たとえば”犬”という言葉は当然のことながら生物としての犬そのものではないのだが、生物としての犬の属性を引き受けている。“犬”という言葉を読んだ人は実際の犬の属性をそこにみているわけだ。したがって、作品で言葉が使われる時、その言葉は指し示すものの属性をどのように引き受けているかを考えなければならないだろう。

「行方のために」。他者が存在することによって街は形成される。そこは「痛みを抱きしめられるように/髪がはためくための空間」なのだが、この町にいるはずの他者はまるで顔を持っていないようだ。話者がただ一人で彷徨っているようなのだ。

   漏れていく、街そのものが、
   溶けだした過去が不揃いに滴り階段を降りていく、部屋から出る、ぽつねんと佇む、光源、共振する、こちら、行く先を照らすように、
   遠くの人、だから、わたしたちの声を連れていき、一緒に過ごそう、と、手を繋ぐ、
   身体が震える前に、世界が侵される前に、過去をそうして思い出し、世界は、
   風でそれを純朴にする、シェルターが透き通る、市場が栄える

この詩集の作品では、言葉をただ言葉として機能させようとしているように感じられる。言葉が約束事として引き受けている実際の事物の存在は希薄なのだ。言葉は、その言葉が指し示す実際のものには頼らずに、言葉が担っている概念だけを利用しているようなのだ。言葉に纏わり付く余分なものをふるい落としているのかもしれない。

「親密さ/巡る」では、都会の摩天楼が一個の生命体のように話者に迫ってくる。

   平衡を犯す
   働きを始める
   突如雪が舞う
   わたしは涙袋の体躯を崩しつつ
   その運動をとりとめ
   わたしは背骨のずれていることを思い出し
   肩のしこりが
   神経を刺激する手が痺れる

作者は大学を卒業したばかりのようだ。若い感性が操る言葉の鋭利な角がいたるところにあり、大変に魅力的であった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩誌「ガーネット」  102号  (2024/03)  兵庫

2024-03-08 22:16:17 | 「か行」で始まる詩誌
神尾和寿が、担当している「詩誌時評」の中で細田傳造の詩に関連して「真面目さに耐えられないほど深刻なので、ふざけてみせるしかない」ような詩が好きだといった意のことを書いている。なるほど、と思う。
そしてその神尾和寿の詩「毒のリンゴ」である。白雪姫に材をとりながら苦笑を抑えられない不気味な情景が差し出されてくる。リンゴを食べて「お姫様が倒れ込むのを/ぼくたちは待っている」のだ。額に脂汗を浮かべながらでも、お姫様の「本当の秘密は/まだ明かされていない」のだ。最終連は、

    待っている
    お姫様が淫らになるのを
    世界中が待っている

悪だくみの隠微さが愉快な作品なのだが、先に引いた神尾の言葉がこの作品に重なってくる。

「若桜町まで」漆谷正雄。ゆるやかに曲がりくねった田舎道には風にあおられた綿毛が舞っている。たどり着いた味噌造りの作業場では繊細な菌が好い仕事をしているのだ。「ちいさないのちだからこそどこへでもいける」ということを感覚として受け取っている。

   ここにくるまでのあいだに
   生まれ変わってしまったような気がした

最近出版された詩集「風を訪うまで」もそうだったのだが、以前に比して作品の感触が好い意味で生々しさを増してきている。

「変な顔」嘉陽安之。鉄棒の練習をしている娘を父親の話者は見ている。すると娘は「なんでパパ/私が回る時/変な顔してるの」と笑う。でも、きみが人生の冷たい鉄棒をまわらなくてはいけなくなったときにもパパはこんな顔で君の傍にいるのだよ。

   パパの変な顔
   それこそ
   きみに勇気を与え
   すべり落ちてしまっても
   きみを全力で受け止める
   父親の顔だよ

なんの説明も要らない無償の父親の愛情がここにある。こんな風に素直でまっすぐな作品を書けるのも、父親の自覚としての強さがあるからだろう。

同人のエッセイが並ぶ「ガーネット・タイム」に、大橋政人が「テレビの観方、詩の書き方」を書いていた。後半の「詩の書き方」についてでは、「早稲田文学」「詩学」からの原稿依頼事件(?)から学んだ教訓としての”詩のストック用ノート”についてが書かれていて、大変に面白かった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩集「魂の物差し」 橋本和彦 (2023/09) ふらんす堂

2024-03-05 17:03:45 | 詩集
第3詩集か。137頁に42編を収める。

この詩集の作品の多くでは、対象物の観察、その性状の説明、そしてその奥に広がる普遍的なものへの考察が述べられている。冷静な理知的な”物”の記述でありながら、その記述が進むにつれて物は人間の存在のあり方を問い直す物へと変化していく。
たとえば「皿の役割は受けとめることにある」と始まる作品「皿」では、さまざまな食材を載せられるのだが「皿は厭うことがない。拒むこともない。」とする。そして、すべてのことに受け身でありながらも、「自らを失うことはない」としている。最終部分は、

   皿は日々食卓の上にある。皿は床の上にある。涙で滲んだ視界、そ
   の先にもある。

対象物である皿に対する話者のその態度はフランシス・ポンジュの「物の見方」を想起させる。対象物を言葉で捉えることにより、単なる外側にある物から自分の中に取り込んだ物になるのだ。

「鍵と錠」は「鍵は永遠性を帯びている」とはじまる。鍵をかければ中に収めた秘密は永久に保たれる、あるいは確実に独占できたような気がするのだ。しかし鍵も錠も年月と共に摩滅する。

   鍵と錠も、やはり、
   日々失われてつつ在るもののひとつなのだ

   鍵は永遠性を帯びている
   鍵を掛けたきり
   永遠に開かなくなることもある

この作品も、ものを閉じ込める役目を担ったものを面白い着眼で捉えている。もしかすれば、閉じ込められたものたちは鍵と錠に復讐することを考え始めるかもしれない。そのために密閉された空間の中の時間が歪むかもしれないと、思ったりもしてしまう。

詩集終わり近くに置かれた「階段」は、日暮れ前の公園で見つけた階段を上っていく話。階段は十段ほどのはずだったのに、上るにつれてどこまでも伸びていくのだ。そして大地がはるか下方になったころ、

   こちらよりもやや低いと思われる階段が、五六百メートルほど先に
   あり、若い男がやはり、一心に上り続けているようなのだ。目の焦
   点を変えて見渡すと、驚くべきことに、その右にも左にも、同様の
   階段が見えるのだった。

幻想的な絵画が描かれている作品だった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

詩集「廃屋の月」 野木京子 (2024/03) 書誌子午線

2024-03-01 18:07:21 | 詩集
第6詩集か。113頁に32編を収める。

どの作品の話者も、自分が立っている地点に確かなものを求めているのにどこか不安定なのだ。そんな風に追い詰められたわたしに西日のなかで来てくれるものがいたり(「西日の神様」)、空の河原かどこかで逢ったことのある小さな子が話しかけてきたりする(「空の河原」)。こちらの世界にいるはずの話者なのだが、向こうの世界とも通じるものを持ってしまっているのかもしれない。向こうの世界を繊細に感じてしまうために、こちらの世界にいることが少しだけ不安なのかもしれない。

「翳りの息」にもそんな畏れの感覚がある。「渡っていくものから/翳りの破片が流れ出た」とはじまるのだが、その破片はどこかとの往還を繰り返すのだ。親を亡くした小さな子どもの声が聞こえ、

   亡くなったそのひとの姿かたちは
   わからないまま後の世へ流れ
   遺された子のなかで
   見えていたもの聞こえていたものも
   やがては消えてしまう

「廃屋の月」。夢の中で話者は詩を書くことの意味を問われ、答えを考える。迷ったあげくの答えは、「詩を書く意味とは/知らない廃庭か廃屋に入っていくことです」。そこから作品はふいに具体的な光景を差し出してくる。居酒屋浜秀は廃屋となっていて秀子さんももういないのだ。話者は、裏庭の古い井戸に落ちたものや落ちそうになっているものを拾いあげたいと思い、その最終部分は、

   人目があるので 新月の夜がいい
   井戸の深さがどれほどなのかも知らないけれど
   水面に落ち込んだかつての月明かりの断片なども
   秀子さんが昔飼っていた犬の鳴き声なども
   そこに沈んでいるような気がする

見事に美しい作品である。作品が美しいのは言葉が美しいからなのだが、それは美しい意味の言葉が使われているとか、言葉によってあらわされた作品の内容が美しいとかいうこととはいささか異なる。美しさはもっと根本的な部分にあって、言葉が正しい位置に置かれているといったようなことである。書かれた言葉の陰には書かれなかった言葉もあるわけだが、言葉から作品へと構造を持つ時に、それらの言葉は正しい位置になければ作品を支えることができない。正しい位置の言葉たちが正しく絡み合って作品が構築された時に、作品としての美しさがあらわれるのだろう。

「棄てられた声 裏山を越えたところ」、「窓辺」については詩誌発表時に簡単な紹介を書いている。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする