邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

加山雄三&前川清「新にっぽんの歌」

2017-10-10 | ★TV番組

最近BSが面白い。

新・BS日本のうた「夢の共演!加山雄三×前川清 若大将が演歌を熱唱!

数日前のYahooのニュースで

加山さんが「演歌」に挑戦という記事を読んでいたので

興味がありました。

 

加山雄三と演歌って何?

 

オープニングは「そして神戸」

続いて「噂の女」と前川ナンバーが続きます。

「うわさぁ~~~あぁ~~~の おんんなぁあ~~~!!!」♬

びっくり!

すごい声量&表現力です。

この、「~」と「あ」にも演歌って、音階があるじゃないですか。

絶妙でした。

「演歌は若いころから大好き!カラオケはいつも演歌。前川さんの唄!」と、キッパリ。

 

前川清とのデュエットでの「東京砂漠」も良かったです。

女性がひとりつぶやいているようで、導入部はとても静かなんですね。

そして女性の気持ちが高ぶってくるように、徐々にテンションがあがっていき

サビで大盛り上がりがくるドラマのような歌です。

 

「あなたがいればぁ~~あなたがいればぁ~~~」♬

大迫力!

 詩が大好きだという

「奥飛騨慕情」。こぶしもまわって絶好調の加山さん。

NHKホール?が巨大なカラオケホールに!!

 会場大喝采。

 

若大将と演歌ってイメージが合わないじゃないの?という危惧も消え。。

不思議と

歌詩がぐいぐい頭に入ってくる。

 

さすがクリエイター。作詞作曲家でもあるせいか

俳優としてのキャリアもあるせいか、

表現力がずば抜けていると感じました。

35年前に作ったという「嘘よ」は、前川清が歌い、

このたびシングル化されるそうです。

お母さん(小桜葉子)が作詞したという「りんどう小唄」は可愛い歌でした。

 

聴きなれていたはずの唄が

加山雄三を通ると化学変化を起こす。

 

何度も何度も聴きたくなる味わいがあり

今日も朝から、録画した

加山版「そして神戸」を聞いてしまいました。

 

石坂さんといい加山さんといい、

ダ・ヴィンチのような人って実在するんですね。

◎ 新にっぽんの歌

今日も良い日でありますように。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「石坂浩二のニッポン凄い人... | トップ | 「バラキ」の、秀逸な吹き替え »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (愛)
2017-10-18 19:02:18
いつでしたか、ラジオかなにかの招待券が当たり
菅原洋一氏のコンサートに行ったことあり
にこやかなトークで

  杉良太郎さん、加山雄三さんのコンサートに行く
  と、いうと不機嫌になる旦那さんがたが
  私のコンサートだと、なると
   あ~~行っておいで、、、
  と、こころよく送り出してくれてるようです。

と、話されて笑いを取ってたことありました。

前川清さん、声量おとろえない方ですね。
TVの公開芝居で、梅沢富美男さんと共演デビューの頃

前川清さんが途中で、忘れて フリーズしてたら
会場は、クスクス。。。 

そこで梅沢さんが
 前川さんのセリフと動きを、見事にこなしてから
 
 》あなたが、こうしないと、先に進まないでしょ!!
と、言ったので会場は、大爆笑でした。

加山さんは、何でもおできになるのですね。
小さい頃から、部屋の整理整頓や、掃除を
親から厳しく徹底させられたと、語っておられますね。
愛さんへ (ブラボー)
2017-10-19 06:40:25
菅原さん 
そんなことおっしゃったんですね笑

昭和のスターたちが今なお活躍されていて
嬉しい限りです。
楽しませてくれますよね~~~笑

コメントを投稿

★TV番組」カテゴリの最新記事