二葉鍼灸療院 院長のドタバタ活動日記

私が日頃行っている活動や、日々の臨床で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

健康経営の取り組みについて 鍼灸師からのご提案~序章~

2019年12月21日 | 鍼灸

写真提供:鹿児島よかもん再発見!(←ご興味のある方はクッリクしてね)

 

 これまたお久しぶりの更新です・・・いつの間にか年末になりました

 本日は当院の取り組みについて、少しお話させていただき、地域において ”これは とひらめいた、心が動かされた企業の皆様におきましては、ご連絡いただければ嬉しいなと思っております。

 では、何に力を入れているかと申しますと、『企業の健康経営を鍼灸で応援』ということです。

 

 ではまず健康経営とは何でしょうか

 健康経営とは 

  従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践すること。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等、組織の活性化をもたらし結果的に業績向上につながる。

 

 上記のようなことを健康経営と言い発祥はアメリカです。

 国においても現在、働き方改革などが行われています。現状の企業における従業員の健康につきましては、職場環境の様々な要因や原因が重なり、うつ病うつ状態を発症し休職を余儀なくされているケースも多く、また、その後の職場復帰についても厳しいケースもあるようです。

 国としても多くの社会問題・課題を抱えており、医療費抑制=健康はその代表の一つとなっております。そのような中で、今後の未来を考慮し”日本再興戦略として位置づけられる国策として『国民の健康寿命の延伸』があります。

 健康経営は、それに関する一つの取り組みとして、国を挙げて、各省庁の枠組みを越えて政策が打ち出されております。

 

 近年、そのような国の方針もあり、中小企業などを中心に、従業員やその家族の健康に投資し、健康の好循環をつくることで企業の業績も上げ、皆が幸せになれる職場環境づくりを推進されている企業も多くあります。

 そんな中、鍼灸は古代中国から医療技術の一つとして伝来し、約1400年間、日本という風土のもと熟成され継承され、今も利用され国民の皆様の健康保持・増進、疾病改善、疾病予防に貢献させていただいております。

 この提案が企業や従業員の皆様の、何に鍼灸貢献できるのか
 それは、養生であり予防です
 症状や病気が重症化する前に、疲労こりという状態の軽いうちに取り去ってしまうことです
 また、その生活習慣のアドバイスもさせていただきます。

 そんな鍼灸を、さらに企業の中において活かしていただければ、企業、従業員、その家族、地域が元気で、活力あふれ、幸せと充実感、安心感に満たされた職場環境づくりのお手伝いができるではないかと確信にも満ちた思いを持ちながら、今回、提案させていただくに至ったわけです。

 元気があれば何でもできる 有名なプロレスラーの言葉ではありませんが、従業員が元気であれば、仕事の効率が上がり、企業の利益につながり、評判も上がり、企業、従業員すべての家族に安心と信頼が生まれます。その源である元気を回復させるサポートを鍼灸施術でお手伝いさせていただきたいと考えております。

 

 概要は次の投稿に書かせていただきます。

 どうぞ、経営者や会社役員の方で、鍼灸健康経営に取り入れてみようと思い立った皆様は、是非、ご連絡いただきたいなと思っております。質問でも何でも結構ですので、ご興味を持たれた方はお気軽にご連絡いただければ嬉しく思います。

 

 『健康経営の取り組みについて 鍼灸師からのご提案~概要~』

 

 最後までお読みいただき、まことにありがとうございます

 

 二葉鍼灸療院 (金沢)


コメント   この記事についてブログを書く
« 最新医療と鍼灸でガッテン!... | トップ | 健康経営の取り組みについて... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

鍼灸」カテゴリの最新記事