ETUDE

~美味しいお酒、香り高い珈琲、そして何よりも素敵な音楽。
これが、私(romani)の三種の神器です。~

ショパン:マズルカ第13番イ短調 Op.17-4 by キーシン(P)

2010-08-07 | CDの試聴記
帰省ラッシュが始まった。
そういえば、甲子園では高校球児たちの真夏の祭典も始まった。
暑い暑いというばかりでは能がない。
高校球児たちを見習って、自分自身を熱くするような時間の使い方をしたいものだ。
でも、これが実に難しいのですね(汗)。

今日は、トリノ歌劇場のオリジナルTシャツを着て、自宅で年金の問題集の改訂作業をやっている。
まだ締め切りまで2週間くらいあると思うと、あまりピッチがあがらない。
おまけに、好きな音楽をあれやこれやと聴きながらやっているので、はかどるはずがないか。
でも、この問題集を使って多くの受験生が勉強するのだと思うと、気合いを入れなきゃ。
さあ、明日は頑張るぞ。
えっ?「明日といわず、今日やらんかい」とおっしゃいましたか?
ハイ。まさに御意にございます。

さて問題集の改訂のことはいったん横に置いて、最近私がハマっている音楽といえば、ショパンのマズルカです。
中でも私が気に入っているのが、このイ短調で書かれたマズルカ13番。
本当に不思議な音楽だと思う。
決してひとつの場所に留まることなく、刻々と微妙に色あいを変えながら進んでいくメランコリックな響き。
ようやく安心感を感じたと思った瞬間、もう憂いを帯びた次の表情が忍び寄ってくる。
聴きながら、どんどん深みに引き込まれていきそうだ。
中間部は長調に転じるが、その明るさも全体からみれば蜃気楼のような儚さを感じる。
こんな音楽、ショパンが書いた作品の中でも異色のものではないだろうか。
あえて言えば、サティの音楽と共通の匂いがする。

私のお気に入りの演奏は、キーシンのカーネギホールのライブ録音。
メランコリックでありながら、常に瑞々しい感性を失わないところがいい。
他では、ルービンシュタイン盤が中間部が神業としかいいようのない素晴らしさだし、アシュケナージ盤は知情意のバランスのとれた完成度という点では一番かも知れない。
ホロヴィッツも名演だと思うけど、私には前奏部分がいささかそっけなさすぎる。
大好きなサンソン・フランソワも、このマズルカは私の感性に合わない。(他のマズルカがあれほど素晴らしいのに・・・)

ところで、いま、宮本輝さんの「月光の東」という小説を読んでいるが、この作品に登場する魔性のヒロイン塔屋米花のイメージが、このイ短調マズルカの雰囲気にぴったりなような気がしてきた。
今日は妻も娘も家にいないので、問題集の改訂作業が一区切り付いたら、お気に入りの珈琲を淹れて、この曲をエンドレスで流しながら、「月光の東」を最後まで読み切ってしまおう。
コメント (2)

トリノ王立歌劇場来日公演 「ラ・ボエーム」(7/28) @東京文化会館

2010-08-06 | オペラの感想
昨日は日帰りで福岡出張だった。
往復ともに、搭乗した便は満席。
機内を見渡すと、子供連れやカジュアルな服装の若者が多い。
あらためて、世の中、夏休みなんだと実感した次第。
この時期にスーツを着てネクタイを締めるなんて、ほんとクレイジーの一言ですね。
そんな中、行きの羽田空港でちょっぴり嬉しいことがあった。
機内からぼんやり外を眺めていると、整備を終えた整備員の人たちが、一礼した後、とびきりの笑顔で手を振ってくれている。
マニュアルどおりなのかもしれないが、炎天下の中、彼らのみせてくれた笑顔がとても素敵だった。
思わず「皆さんありがとう。行ってきます。」と心の中でつぶやきながら、私も少しだけ頭を下げた。
何気ないことだけど、大いに元気をもらったような気がした。

さて、最近精神的に元気をもらったといえば、トリノ歌劇場の来日公演だ。
「椿姫」のことは前回書かせてもらったが、ナタリー・デセイのヴィオレッタに涙した翌々日、今度はフリットリのミミを聴くべく再び東京文化会館へ向かった。
フリットリの舞台を観たのは2回しかないけど、彼女は既に私の中で絶対的な存在だ。
ウィーン国立歌劇場来日公演のフィオルディリージ、ミラノ・スカラ座来日公演のエリザベッタ、いずれもフリットリが登場するだけで、大袈裟ではなく場の空気が一変する。
そしてフリットリが歌い出すと、まるで催眠術にかかったかのように彼女の世界に引き込まれてしまう。
ミルキーボイスと呼びたくなるような磨き抜かれた声の美しさ、とりわけ弱音の美しさが本当に魅力的だ。
今回演じたミミでも、フリットリの存在感、そしてミルキーボイスは健在だった。
第1幕、屋根裏部屋にノックして彼女が入ってくるだけで、何だかドキドキする。
アルバレスの瑞々しい「冷たい手」に続いてフリットリが「私の名はミミ」を歌い出すと、「ラ・ボエームの魅力、ここに極まれり」という感じがして、思わずジーンときてしまった。

そして、この日感動的だったのは第3幕以降だ。
それにしても第3幕の雪の情景は美しかったなぁ。
「花咲く頃に別れましょう」と歌うミミに、ぴったりと優しく寄り添うヴァイオリンとハープ。
一方で、「雪解けの最初の太陽は私のものだ」と語るほど春を愛してはずのミミが、「冬が永遠に続けばいいのに」とつぶやくいじらしさ。
フリットリの歌を聴きながら、ミミの抱きしめたくなるような可愛らしさと優しさに、私は涙が止まらなかった。


第4幕は、もう涙なしには観れなかった。
「朝の光のように美しいよ」と励ますロドルフォに対し、「ちがうわ、夕暮れのように美しい」でしょうと答えるミミ。
このよく知っているはずのやりとりも、この日は特別のものに感じた。
そして、ミミが天に召されるあのラストの場面まで、息もつかせぬくらいの濃密な時間を与えてくれた。

フリットリのことばかり書いてきたが、彼女の大ファンなので何卒お許しください。
この日「ラボエーム」は、上演に関わったすべての人が本当に素晴らしかった。
アルバレスは、歌も容姿も今最高のロドルフォかもしれない。
詩人ロドルフォを、単なる「好青年」ではなく、「生身の人間」として、瑞々しくかつ人間的に歌ってくれたと思う。
森麻季さんのムゼッタは、第4幕がとても良かった。彼女の透明感のある声は、「祈り」の表現にふさわしいと思った。
ただ、第4幕の素晴らしさと比べると、第2幕の方は少々無理をして演じていたか・・・。
それから、忘れてはならないのが、マエストロ・ノセダ。
「椿姫」も素晴らしかったが、ノセダの統率力のお陰で、「ラ・ボエーム」ではさらに完成度が高いオペラになっていたと思う。
強引にドライヴする場面は、ほとんどない。
にもかかわらずというか、だからこそ、オペラそのものの魅力そして歌手たちの素材としての魅力が、よりストレートに出てきたのではないだろうか。
この日、第1幕が始まってすぐに感じたのは、驚くほどの軽さと柔らかさだった。
これこそが「椿姫」と根本的に違う部分だと常々思っていたのだが、この日の上演は、まさにそういった「ラ・ボエーム」の性格が明確に表現されていたと思う。
加えて、トリノのオーケストラも、この日は実に素晴らしかった。
やはり「ラ・ボエーム」が初演された歌劇場であるという伝統の強みもあるのかなぁ。

トリノ歌劇場の来日公演、チケット販売当初は何故かあまり話題にならなかったようだが、両方の演目を実際に聴いてみて、きわめて水準の高い感動的な公演だった断言できる。
チューリッヒ歌劇場もそうだったけど、トリノ歌劇場のもつ「家族的な暖かさ」が、この素晴らしい成果を生んだ原因のひとつかもしれない。
「椿姫」が5階中央の天井桟敷席、この日の「ラ・ボエーム」が1階6列目中央という絶好のロケーションに恵まれたこともあり、本当に感慨深い想い出をプレゼントしてもらった。ただただ感謝あるのみです。

最後に、ノセダが「ラ・ボエーム」について興味深いコメントをしていたので、ご紹介させていただく。
「『ラ・ボエーム』ではミミが病に倒れて幕となるが、プッチーニの思いはすべてこの最終部に凝縮されていると思う。ただ、ミミは当然のこと、ミミを看取るほとんどの人々に明日はないだろう。改善しようのない各々の性格、ボヘミアンの厳しい生活を考えた場合、そのような発想こそ相応しいように思えてくる。(中略)しかし、すべてを不幸の底で絶望的に表現するわけにはいかないので、ほんの少しの希望、僅かな喜びを控え目に音に表すために、極力、抑揚をつけずに音を紡いでいきます。(以下略)」

うーん、なるほど。思い返すと、まさにマエストロの言葉どおりの音楽でした。


プッチーニ:オペラ《ラ・ボエーム》
<日時>2010年7月28日(水)18:30開演
<会場>東京文化会館
<出演>
■ミミ:バルバラ・フリットリ
■ロドルフォ:マルセロ・アルバレス
■ムゼッタ:森麻季
■マルチェロ:ガブリエーレ・ヴィヴィアーニ
■ショナール:ナターレ・デ・カローリス
■コッリーネ:ニコラ・ウリヴィエーリ
<指 揮>ジャナンドリア・ノセダ
<管弦楽>トリノ王立歌劇場管弦楽団
<合 唱>トリノ王立歌劇場合唱団
<演 出>ジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ
コメント (4)

トリノ王立歌劇場来日公演 「椿姫」(7/26) @東京文化会館

2010-08-01 | オペラの感想
少し遅くなりましたが、先週観てきたトリノ歌劇場の来日公演の感想を。
幸い今回は「椿姫」「ラ・ボエーム」の2演目ともに観ることができた。
いずれも甲乙つけがたい感動的な上演で、本当に幸福な時間を過ごさせてもらった。
それでは、まず26日に観た「椿姫」の感想から。

「椿姫」といえば3年前の9月に観たチューリッヒ歌劇場の来日公演が忘れらない。
エヴァ・メイのヴィオレッタを聴きながら、私はその可憐さに思わず涙した。
現在聴ける最高のヴィオレッタだと確信しながら・・・。
そして、その感動も覚めやらぬ11月、東京オペラシティのリサイタルでナタリー・デセイが歌った「そは彼の人か~花から花へ」を聴いて、私の心は揺れた。
「最高のヴィオレッタが何人いてもいいじゃないか。せめて一度でいいから、デセイのヴィオレッタをオペラの中で聴きたい、いや観てみたい・・・。」と。

そんな夢が、トリノ歌劇場の初めての来日公演という形で早くも実現した。
そして、実際の舞台は、私の夢をはるかに上回るものだった。
ローラン・ペリの演出も、デセイをはじめとする歌手陣も、全体を見事にまとめあげたノセダもお世辞抜きに最高。
加えてこの日の席はD席ながら、東京文化会館の5階1列目中央という、音の良さと見やすさを兼ね備えたまさに垂涎の天井桟敷席。
こんな素晴らしい席で、夢にまでみたデセイのヴィオレッタを観ることができたのだから、神様のプレゼントと言わずして何と言えばいいのか。
ただただ、感謝するのみでございます。

第1幕
幕が上がると、その舞台の暗さに驚く。
前奏曲直後の華やかなサロンのイメージを我々が知っているだけに、そのうす暗さは一層衝撃的だ。
しかし暗いのも当然。ローラン・ペリは、冒頭の場面をヴィオレッタの葬儀として描いたのだ。
「ひとりの薄幸の女性が天に召された。今日は彼女の葬儀だ。」と考えると、逆にこの前奏曲の哀しいまでの美しさも納得できる。
そして、これから続く物語はヴィオレッタ・ヴァレリーを偲ぶお話なんだというペリーの演出には、大きな説得力があった。

前奏曲が静かに終わり、鮮やかなピンクのドレスを着たデセイが登場するところから華やかな夜会が始まる。
小柄ではあるがデセイの演技力と歌唱力は、やはり桁違いだ。
歌と演技がともに素晴らしいというよりも、彼女の場合、もはや二つの要素が別物ではなく完全に一体のものとなっていることが凄い。
「エ・ストラーノ(不思議だわ)・・・」とつぶやく場面も、寝た状態からくるっと半身を起こし、これしかないという絶妙の間で表現してみせる。この自然な呼吸感をともなった歌と演技こそがナタリー・デセイの真骨頂。
だから、続く有名なカヴァティーナとカバレッタも、ヴィオレッタの揺れ動く心理としてしっかり聴き手に伝わってくるのだろう。

第2幕
さきほど歌と演技が完全に一体のものになっていると書いたが、歌だけとっても、やはりデセイは超一流だ。
歌唱の安定感、歌詞の内容を完璧に聴き手に伝える表現力、そして何よりも滑らかで伸びやかな声、いずれをとってもディーヴァの名にふさわしい。
ジェルモンとの長い二重唱の場面、「一度堕落した哀れな女は、幸せになれないのね」と歌うデセイに、もう目がうるうるしてきた。
そして「美しいお嬢さんに伝えてください・・・」と歌い出す弱音の何と美しいこと!
ヴェルディがアンダンティーノ・カンタービレの美しい音楽に込めた思いを、デセイは十全に表現して見せる。
それにしても、同じ8分の6拍子でありながら、第一幕のカバレッタ「花から花へ」の雰囲気とこれほどまでに違うことに、あらためて愕然とさせられた。
聴きながら、ちょっぴり8分の6拍子の気まぐれさに恨めしさを感じた次第。
その後、ト短調で4拍子に転じたあと、ヴィオレッタが決然と歌う「私は死んでいきます」のテンポが異常に速い。
少しでもテンポが緩んだら、また別れる決心が崩れると思っているかのようだ。
またジェルモンについては、いつも「このオヤジ、何を理不尽な言いがかりをつけて可愛いヴィオレッタを泣かせているんだ」と勝手に腹を立てているのだけど、この日は不思議にそう思わなかった。
デセイの夫君であるナウルの存在感ゆえかもしれない。

第2場で印象に残ったのが、最後のほうで夜会の参加者がヴィオレッタに向かって、「我々はみんな貴女の味方よ。涙を拭いなさい」と口々に言う場面。
そんな優しい言葉とは裏腹に、誰もヴィオレッタに近寄ってはこないのだ。
結局、道を外したヴィオレッタは一人ぽっちなんだということを暗示していたのかもしれない。
そして、その孤独感を漂わせたまま、舞台は第3幕のヴィオレッタの寝室へと変わる。
この間、女性たちがヴィオレッタを取り囲み、デセイが衣装替えをするシーンも印象に残った。

第3幕
この第3幕は、いつも涙なしには見れないのだけど、この日も涙が止まらなくて大変だった。
ヴィオレッタの手紙朗読の場面は、決して大げさな表情をみせないのに胸にぐさりとくる。
やはりオペラ女優だ。
続くアリア「さようなら、過ぎ去った日よ」は、聴き手の心にひたひたと迫ってくるような圧倒的な名唱。
「ラ・トラヴィアータ(道を外れた女)」という言葉の重みを、デセイは見事に表現してくれた。
オーボエのソロも絶品。
そういえば、この素晴らしいアリアも8分の6拍子だ。
ヴェルディは、このオペラの中で重要な部分にこの拍子を使っているように感じる。

そして、衝撃のラストが待っていた。
美しいヴァイオリンソロに導かれるようにヴィオレッタが「エ・ストラーノ・・・」と歌い出した後、ジェルモンもアルフレードも、みんなヴィオレッタから静かに離れていくのだ。
照明も徐々に暗くなっていく。
そんな中、ひとり寂しく死んでいくヴィオレッタ。
こんな結末は見たことがなかった。
あまりに可哀そうじゃないか。
でも、結局のところ、「さようなら、過ぎ去った日よ」の中で彼女自身が歌った「(道を外れた)私のお墓には十字架もない、花もない・・・」ということなんだろうか。
悲しすぎる結末だけど、人生の厳しさというか私たちに強烈なメッセージを伝えてくれた舞台だった。

夢にまでみたナタリー・デセイの「椿姫」。
本当に大きな感銘を与えてくれた。
きっと、一生忘れないことだろう。

最後にナタリー・デセイが語ったメッセージを・・・。
~ヴィオレッタは技術的にもソプラノ歌手にとって最大の難関。
その難役を自分の意見を最大限に採り入れた演出で挑戦できる。
私の仕事の到達点であり声の極限。これ以上先には進めない~


ヴェルディ:オペラ《椿姫》
<日時>2010年7月26日(月)18:30開演
<会場>東京文化会館
<出演>
■ヴィオレッタ:ナタリー・デセイ
■アルフレード:マシュー・ポレンザーニ
■ジェルモン:ローラン・ナウリ
■フローラ:ガブリエッラ・スボルジ
<指 揮>ジャナンドリア・ノセダ
<管弦楽>トリノ王立歌劇場管弦楽団
<合 唱>トリノ王立歌劇場合唱団
<演 出>ローラン・ペリ
コメント (2)