ETUDE

~美味しいお酒、香り高い珈琲、そして何よりも素敵な音楽。
これが、私(romani)の三種の神器です。~

スクロヴァチェフスキ&読響 ブルックナー:交響曲第7番ほか(10/16) @サントリーホール

2010-10-19 | コンサートの感想
相変わらず多忙を極める毎日です。
その間、愛する虎はついに冬眠から醒めなかったし、私にとって正直グッドニュースが少ない中、先週末にサントリーホールで聴いたブルックナーは数少ない感動的な出来事だった。

<日時>2010年10月16日(土) 18:00開演
<会場>サントリーホール
<曲目>
■シューベルト/交響曲第7番 〈未完成〉
■ブルックナー/交響曲第7番
<演奏>
■スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮
■読売日本交響楽団

前半は「未完成」。
いつになく読響の音色が美しい。
聴きなれている東京芸術劇場ではなく、サントリーホールということもあるのだろうか。
とくに弦楽器の美しさは、今まで聴いた中でも出色だった。
音量の変化という点では、むしろ控え目。
しかし、すべてのピースがぴたりと填まったときのジグソーパズルのような爽快感が、何とも言えず心地よい。
詩情豊かなシューベルトに、体の芯に残っていた疲れが解き放たれていくような気がした。

後半は、いよいよお目当てのブルックナー。
春に聴いた8番があまりに素晴らしかったので、「夢よもう一度」ではないが、聴く前からいささか興奮気味の私。
マエストロが登場し、例によって明快なアウフタクトから弦楽器のトレモロが静かに始まる。
そして、あの美しい第1主題が優しくそして伸びやかに奏でられる。
続く最初のクライマックスで、早くも鳥肌がたつ。
弦のみならず、この日は木管の表情もまさに魅惑的だ。
大きなうねりを伴いながら、美しく舞い続けるオケの素晴らしいサウンドに酔いしれているうちに、あっという間に第一楽章が終わった。

ブルックナーの7番といえば、数年前に聴いたパーヴォ・ヤルヴィ&フランクフルト響の演奏が、今もって印象に残っているが、この日の第1楽章を聴きながら、ひょっとしたらヤルヴィたちの演奏を超えるかもしれないという予感がする。
そして、その予感は第2楽章アダージョで、まさしく現実のものとなった。
「神々しい」という言葉は、まさにこのような演奏にこそ相応しい。
息の長いクレッシェンドを果てしなく繰り返しながら、圧倒的なクライマックスを構築してみせるマエストロ。
クライマックスでシンバルの一撃があった後、2度登場するファンファーレのような音型が、強烈なインパクトをもって聴き手に迫る。
ワーグナー追悼のコーダでは、不覚にも涙がこぼれてきた。
いま思いだしても、ため息が出そうだ。
また、この日の読響も最高の演奏でマエストロに応えていたと思う。
この第2楽章が終わった直後のオケのメンバーの幸せそうな顔が、何よりの証左だろう。

類まれな見通しのよさと、音の隅々にまで注がれた深い愛情。
そして、深い淵を覗き込むときのような緊張感を味わわせた後に導かれる雄大なクライマックス。
これぞブルックナー。これでこそブルックナーだ。
もう言葉はない。
この大きな感動から比べたら、第三楽章冒頭でトランペットが少々トチッたくらいは、本当に些細なことだ。
大袈裟な言い方ではなく、スクロヴァチェフスキのブルックナーは、現在聴ける最高のブルックナーのひとつではないだろうか。
スクロヴァさん、そして読響のみなさん、本当にありがとう。
コメント (2)   トラックバック (1)