ETUDE

~美味しいお酒、香り高い珈琲、そして何よりも素敵な音楽。
これが、私(romani)の三種の神器です。~

武満徹 フォリオス

2012-12-31 | CDの試聴記
今年も、あと12時間あまりになった。
今、帰郷の新幹線の車中で、一向に言うことを聞いてくれないiPhoneを使って記事を書いている。
2012年は、東日本大震災の爪痕も十分に癒えない中、山中教授のノーベル賞受賞等の明るい話題はあったものの、我が国全体としては非常に厳しい試練の年だったと思う。
しかし、ボクシングと同じで、相手のパンチを怖がって目を瞑った瞬間に負けが決まる。苦しくても必死にガードを固めて相手の動きを見ないことには勝機はない。
常に考え抜くこと、次を読もうと懸命に努力すること、どんなに小さなことでもチャンスだと思えば果敢に攻めること、これしかないように思う。
その為には、感性を研ぎ澄ますことも非常に大切かもしれない。

偉そうなことを書いたが、ついつい怠慢と怯懦に負けてしまう自分に向けた叱咤激励のつもりです。

さて、年末最後にエントリーする音楽は、武満徹のフォリオス。
ご存じない方も多いかもしれないけど、このフォリオスは、武満さんが最初に手掛けたギターの為の作品で、1974年にギタリストの荘村清志のために書かれている。
フォリオとは二つ折りの紙くらいの意味で、フォリオスは3つのフォリオからできている。

音楽全体は、決してわかりやすいものではないが、不思議な魅力を備えている。
不協和音が支配する中、独特の色彩感と間合いが、私を虜にする。
楽譜も買い、自分でも一生懸命さらってみるのだけど、残念ながらアマチュアのギター弾きには到底手に負えない。
でも、諦めて目を瞑ってしまったらそれまでなので、いつの日か、この曲を人前で弾けるように夢を持ち続けていきたい。
ところで、フォリオ3の最後には、マタイ受難曲の受難のコラールがほんの一瞬登場する。
全体が混沌とした響きの中で突然登場するだけに、そのインパクトは非常に大きい。
武満徹という偉大な作曲家が、ギターという楽器を愛してくれたこと、そして珠玉のような作品を遺してくれたことに、私は心から感謝したい。

このフォリオスには、10種類以上の名手たちの録音があるが、私が最も好きなのは佐々木忠さんの演奏。
佐々木さんは長くドイツで教授活動をされていた方で、このフォリオスに対する深い愛情が感じられる。
20年以上前の録音だけど、その透明で温かい質感に満ちた演奏は、今も色褪せることはない。

自分を厳しく律しつつ、媚びることなく自分の思いをしっかり表現し、しかもその背後に知性と愛情が感じられる。
佐々木忠さんの音楽は、まさにそんな感じだ。
来年は、私も佐々木さんを見習って、少しでもそんな生き方ができるように努力していきたい。

皆様、よいお年を。

<曲目>
■バリオス:
バルカローレ,ワルツOp.8-4,アイレ・デ・サンバ,マシーシェ
■トゥリーナ:
ファンダンギーリョ,セビリャーナ(ファンタシア)
■佐々木 忠:
日本民謡による印象(会津磐梯山,山寺の和尚さん,八木節)
■バーチ:遭遇
■武満 徹:フォリオス

<演奏>佐々木忠(ギター) 
<録音>1989年
コメント (4)

秋に聴いたコンサート (その2)

2012-12-30 | コンサートの感想
続けて第二弾。

◎マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団
<日時>2012年11月12日(月)19:00開演
<会場>サントリーホール
<曲目>ベートーヴェン
■交響曲第4番変ロ長調
■交響曲第3番変ホ長調「エロイカ」
⇒掛け値なしに現在聴ける最高のエロイカ。バイエルン放送響もまさに超一流だった。
そして何と言ってもヤンソンス。このマエストロはやっぱり凄い。
今まで生真面目さが少し気になっていたが、完全に一皮向けた印象。
この日のエロイカは、総じてテンポが速い。特に第1楽章と第2楽章が速い。
しかし、テンポは速いのに間の取り方と呼吸感が抜群だった。
だから、聴きても一緒に呼吸しながら音楽に浸ることができる。3拍子ではなく1拍子で生き生きとフレーズが描かれると言えば、少しわかっていただけるかしら。
第1楽章の最初と最後の音の表情が全く同じであることに、思わずドキっとした。
第2楽章は、フルトヴェングラーのような、慟哭の中を息も絶え絶えになりながら少しでも前に進もうとするような緊迫したドラマ性はない。その代わり、音楽そのもののもつピュアな力は圧倒的だ。これがヤンソンス流。
スケルツォは三連符のリズム感が際立って素晴らしい。トリオのホルンも実に見事。
フィナーレは前に進む推進力よりも、変奏曲であることを大切にした演奏。各バリエーションの描写が本当に上手い。それでいてラストに向けての盛り上げ方も圧倒的で、こんな演奏を聴かされたらたまらない。
エロイカのことばかり書いたが、4番も躍動感溢れる快演。
第1楽章の序奏から主部に入るところの見事さを聴くだけで、レベルの高さが分かる。
ちなみに、この日はどちらの曲も対抗配置。そして、4番のティンパニはベルリンフィルのゼーガースというサプライズ付き。


◎マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団
<日時>2012年12月1日(土)19:00開演
<会場>サントリーホール
<曲目>ベートーヴェン
■交響曲第8番ヘ長調
■交響曲第9番ニ短調「合唱付」
<演奏>
■指揮:マリス・ヤンソンス
■クリスティアーネ・カルク(S)
■藤村実穂子(A)
■ミヒャエル・シャーデ(T)
■ミヒャエル・ヴォッレ(Bs)
■バイエルン放送交響楽団
■バイエルン放送合唱団
⇒一音たりとも気持ちのこもらない音はなかった。あれだけぎゅっと中身が詰まっているのに、響きは温かい。
不思議なことに涙は出なかったが、こんなに充実感に満たされた第九は滅多に聴けないと思う。
特に第二楽章のホルンは絶品。オンエアされたら是非聴いて下さい。
独唱者のレベルも非常に高い。とくにアルトの藤村さんの歌唱は最高。
また、たった2回の第九の公演の為だけに来日したバイエルン放送合唱団も素晴らしかった。
ブラーヴォ!ブラーヴォ!


◎ケフェレック ピアノリサイタル
<日時>2012年12月4日(火)19:00開演
<会場>王子ホール
<曲目>
■スカルラッティ:ソナタ より 5曲
  イ短調K54,ヘ短調K481,ニ長調K33,ロ短調K27,ニ長調K96 
■モーツァルト:ピアノソナタ第12番 へ長調 K332
■ラヴェル:鏡
■ドビュッシー:喜びの島
(アンコール)
■セヴラック/古いオルゴールが聞こえるとき
■モーツァルト/トルコ行進曲
■ドビュッシー/月の光
⇒我が最愛のピアニストであるケフェレック。春はラ・フォル・ジュルネ、夏は草津でも聴いたので、今回の王子ホールは3回目。
1年に3回もケフェレックのピアノが聴けるなんて、なんて幸せなことだろう。
前半は、意外なくらいテンペラメントに富んだ演奏だった。スカルラッティはそれが吉と出て、モーツァルトはやや粗く感じられた。
後半は草津と同じ選曲。まさに文句のつけようのない名演だ。
今聴ける最高のラヴェルじゃないだろうか。エレガントでいてかつ大胆、そしてファンタジーに溢れてる。
ドビュッシーの喜びの島も絶品。
毎年ケフェレックの素敵なピアノを、その素敵な笑顔とともに当たり前のように聴かせてもらっているが、この幸運に心から感謝しなければいけないとつくづく思う。


◎ツィメルマン ピアノリサイタル
<日時>2012年12月12日(水)19:00開演
<会場>すみだトリフォニーホール
<曲目>
■ドビュッシー/版画より
1.パゴダ 2.グラナダの夕べ 3.雨の庭
■ドビュッシー/前奏曲集第1巻より
2.帆 12.吟遊詩人 6.雪の上の足跡 8.亜麻色の髪の乙女 10.沈める寺 7.西風の見たもの
■シマノフスキ/3つの前奏曲(「9つの前奏曲 作品1」より)
■ショパン/ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 作品58
⇒実演のツィメルマンの凄さは数年前の横浜のコンサートでよく知っている筈だったけど、この日も驚愕の演奏。
特に後半が凄い!
シマノフスキも彼の手にかかると第一級の音楽になる。
ショパンは第三楽章の後半あたりからフィナーレにかけて涙が止まらなかった。
ショパンのソナタのフィナーレを、これ程ドラマティックに表現したピアニストがいただろうか。
ツィメルマンのピアノは、音の芯が常に明確であるとともに響きが絶対に痩せない。
中低音の豊かさが、音楽の豊かさに結びついていると思う。
私と同学年のツィメルマン。今回も大きな刺激と勇気を私にくれた。
よし、私も頑張るぞ!


◎カンブルラン&読響
<日時>2012年12月22日(土)18:00開演
<会場>東京芸術劇場
<曲目>ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」
<演奏>
■指揮:シルヴァン・カンブルラン
■ソプラノ=木下美穂子
■メゾ・ソプラノ=林美智子
■テノール=小原啓楼
■バリトン=与那城敬
■合唱:新国立劇場合唱団
⇒今年最後のコンサート。改修後の芸劇も初めてだし、読響を聴くのも1年半ぶり。
カンブルランの第九はとにかくテンポが速い。特にスケルツォの中間部あたりは記録的な速さだ。アダージョも速めのテンポだったが、音楽が実にいい感じで横に流れるので、とても心地よい。
終楽章は器楽のフガートで空中分解しそうになるが、寸前のところで踏みとどまり合唱へ。この合唱が圧倒的に素晴らしかった。
生命力に溢れた力強い歓喜の歌が、全てを救ってくれた。新国立劇場の合唱団って、こんなに凄かったのか。
「第九は合唱で決まる」とつくづく思い知らされる。
オケの団員が退場した後、合唱団が続いて退場する時に、客席から改めて大きな拍手が起こった。
やはり、この日の聴衆は同じ印象を持っていたんだ。
コメント

秋に聴いたコンサート (その1)

2012-12-30 | コンサートの感想
今年も残すところ、あと1日あまり。
ブログも書きたいことは沢山あったのに、またまた生来のサボリ癖が出て殆んど書けずじまい。
ただ今年の10月以降聴いたコンサートは素晴らしい名演ばかりで、これは自分の備忘録としても書いておかねばと思い、まとめて書くことにした次第。
まず第一弾。

◎ウィーン国立歌劇場日本公演
リヒャルト・シュトラウス 歌劇「サロメ」
<日時>2012年10月14日(日)15:00開演
<会場>東京文化会館
<出演>
■サロメ:グン=ブリット・バークミン
■ヨカナーン:マルクス・マルカルト
■ヘロデ:ルドルフ・シャシンク
■ヘロディアス:イリス・フェルミリオン
■ナラボート:ヘルベルト・リッペルト
■小姓:ウルリケ・ヘルツェル
<指揮>ペーター・シュナイダー
<演出>ボレスラフ・バルロク
⇒歌手はほとんど知らないし、その上、指揮者もウェルザー・メストから急遽交代。
しかし、ウィーンのサロメはびくともしない。「これぞサロメ!」というかけがえのない濃密な世界を体験させてもらった。
やはりサロメはオケが主役なんです。
加えて、シュナイダーはウィーンで何度もサロメを手掛けてこのオペラの真髄を知り尽くしているし、サロメ役のバークミン以下歌手たちも、私が知らないだけで皆実力派揃い。
今まで私が観た中で、文句なく最高のサロメだった。


◎ティーレマン&ドレスデン・シュターツカペレ
<日時>2012年10月26日(金)19:00開演
<会場>サントリーホール
<曲目>
■ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲と愛の死
■ブルックナー:交響曲第7番ホ長調
⇒なぜティーレマンが当代きっての人気指揮者と言われるのか、それを思い知らされたブルックナーだった。
極めて丹念に彫刻された音楽に耳を傾けているうちに、次第に速いのか遅いのかすら分からなくなってくる。
やがて自分の体がふわりと空中に浮きあがり、あとはティーレマンのなすがままといった状態に・・・。
そして気がつくとフィナーレが終わっていた。
彼の音楽がこれほど強い陶酔感をもたらしてくれるとは想像もしていなかった。フルトヴェングラーの実演は、ひょっとしたらこんな感じだったのかもしれない。
かつて、アバドのマーラーを聴いて、同じように空中浮遊に近い感覚を味わったことがあるが、決定的に違うのはアバドの音楽には絶対毒がないと信じられたこと。
ティーレマンの場合は、ひょっとしたら毒饅頭かもしれないと思いつつ、それで死ねたら本望と感じさせる魔力があった。
ウィーンフィルが、いま最も一緒に演奏したいマエストロとしてティーレマンの名前を挙げていたことも頷ける。
凄いものを聴いてしまった。


◎小菅優&シェレンベルガー
<日時>2012年11月2日(金)19:00開演
<会場>すみだトリフォニーホール
<曲目>モーツァルト
■歌劇「イドメネオ」序曲
■ピアノ協奏曲第21番ハ長調
■ピアノ協奏曲第23番イ長調
■交響曲第41番ハ長調「ジュピター」
<演奏>
■小菅優(ピアノ)
■シェレンベルガー(指揮)
■カメラータ・ザルツブルク
⇒凄い体験をさせてくれたティーレマンのブルックナーからちょうど一週間後に聴いたコンサート。
大好きな小菅さんのピアノと、これまた大好きなシェレンベルガーが組んでモーツァルトを演奏すると聴いたら放っておけない。
小菅さんのピアノは、いつもに増して多彩な表現と即興性で楽しませてくれた。
一方のシェレンベルガーたちの本領発揮は、最後のジュピター。
第二楽章のテンポは史上最速じゃないかと思うくらい速かったけど、せかせかした感じは皆無。細かなリズムに捉われずに大きな塊で音楽を捉える感性が実に魅力的。そしてフィナーレがこれまた見事。
聴き終わって、とても幸福感に浸れた。


◎ドニゼッティ:歌劇「ランメルモールのルチア」(コンサート形式)
<日時>2012年11月12日(月)19:00開演
<会場>サントリーホール
<出演>
■ナタリー・デセイ(S) ルチア
■ウラジスラフ・スリムスキー(Br) エンリーコ
■エフゲニー・アキーモフ(T) エドガルト
<演奏>
■ワレリー・ゲルギエフ(指揮)
■マリインスキー歌劇場管弦楽団
⇒コンサート形式のルチア。しかし、あのデセイのルチアが聴けるんだから、贅沢は言えない。
心ときめかせて開演を待っていた。
コンサート形式のオペラで、前から2列目の席をゲットできたメリットは計り知れない。
息遣いもはっきり聴こえるような近いところで、デセイがルチアを歌ってくれている。
それだけでドキドキしたが、この日のデセイは文字通り鬼気迫るものがあった。
彼女の声がピークを過ぎたとかいう人もいるが、ルチアになりきったその迫真の歌唱を聴かされたら(演技の力を借りれないにも関わらず)、デセイこそ当代随一のルチアと認めざるを得ない。
メトの来日公演で、ダムラウの清純なルチアに涙した私だが、やはり本家はここに居た。
コメント