アイヌ民族情報センター活動日誌

日本キリスト教団北海教区アイヌ民族情報センターの活動日誌
1996年設立 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第43回嵐山チノミシリ カムイノミに参列

2018-05-27 05:09:20 | 日記

春の山菜の季節が終わると、旭川の嵐山の山開きの日になり、嵐山アイヌ文化の森伝承のコタンにて開催されるチノミシリ カムイノミに参列し、6月8日には北門中学校にて知里幸恵さんの誕生日を記念する銀の滴・降る日、そして6月第3土曜日に江別で行われる樺太移住殉教者墓前祭に参列することが恒例行事のようになっています。

毎年、ひとりで参列しますが、今年から旭川星光教会の牧師がセンタースタッフに加わって下さり、Sさんファミリーが同行くださっています。

午前11時より修復されたチセの中で儀式が始まりました。開会にあたり、祭司の川村シンリツ・エオリパック・アイヌさんは、旭川アイヌの歴史にふれて強制移住や強制労働をさせられた時代があったこと、雄弁家偉大な村長クーチンクル(「弓を射る人」の意)は函館奉行所に乗り込みチャランケ(議論)をして、石狩に連行され強制労働をさせられた旭川アイヌ30人を連れ戻したこと(そのおかげで旭川アイヌコタンが維持できた)などを紹介。

チセの儀式のあとに、クーチンクレ顕彰碑にて祈り、さらに、旭川アイヌの熊彫りの原点となる松井梅太郎の碑にお酒をそなえました。

さいごは、踊りや歌の披露があり、みんなで輪になって踊りました。

 

先日、上川アイヌ文化が日本遺産に認定されたことをここでも書きました。このような地道な活動を川村カ子トアイヌ記念館(1916年開館)が中心となって継承してきたからこそ、今回の認定がなされたのでしょう。

長年、アイヌの儀式や舞踏、アイヌ家屋チセを含む伝統文化を継承し続けるにはたいへんな努力がいったこととおもいます。そして、和人の負の歴史も忘れてはいけません。

旭川市や富良野市など大雪山系周辺の上川、十勝地域の2市10町(事務局・上川町)が「カムイと共に生きる上川アイヌ~大雪山のふところに伝承される神々の世界」として申請しましたが、2市10町は認定後、ますますアイヌ民族の伝統文化、そして権利を守るために資するべきですね。決して功労者であるアイヌ民族をないがしろにしないよう(利用するだけして無視しないよう)にと、強く願います。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 上川アイヌ文化が日本遺産に... | トップ | 2017年度「北海道アイヌ生活... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事