アイヌ民族情報センター活動日誌

日本キリスト教団北海教区アイヌ民族情報センターの活動日誌
1996年設立 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

200体?20体?

2012-11-28 20:39:34 | インポート
手元に今日(28日)の北海道新聞、朝日、毎日の各紙面があります。
昨日(27日)の午後4時に北大が「記者懇談会」を開き、公開した内容が記事になっています。
朝日の記事を紹介します。以下、引用。

アイヌ遺骨問題 20体分を個人特定 北大来春までに報告書
(朝日新聞 2012年11月28日) 
北海道大学が昭和初期から戦後まで、研究目的としてアイヌ民族の墓地から遺骨を掘り起こしていた問題で、北大は27日、保菅する遺骨約1千体のうち約20体分について個人の特定ができたと発表した。今後、親族らに返還する考えで、具体的な返還先や返還方法について検討を進める。残る遺骨も特定作業を続ける。
遺骨をめぐっては、9月にアイヌ民族の子孫3人が返還を求めて札幌地裁に訴えを起こし、30日に第1回口頭弁論が予定されている。三上隆副学長は「遺骨を受けるべき人であれば返還したい。裁判所の判断に従う」と話した。
三上副学長と玉木長良医学部長によると、遺骨収集の経緯を含めて来年3月までに報告書をまとめて公表する予定だ。
北大は遺骨の取り扱いについて、1982年に北海道ウタリ協会(現・北海道アイヌ協会)の要請に応じる形で納骨堂を建設。35体分を協会側に返還したが、その後は研究者不在で、そのまま保管されていたという。遺骨掘り起こしについては、「(遺族から)何らかの承諾を得たと考えられる」とした。
2008年にアイヌ民族を先住民族とする決議が衆参両院で議決されたことを受け、北大は2年前から、保管する遺骨と副葬品の整理を進めている。三上副学長は、「返還可能な状況を整えることを目的にしている」と話した。
 遺骨約1千体のうち、約200体の頭骨と四肢骨が一致し、約20体が残存資料などから個人が特定されたという。副葬品は刀や漆器、首飾りなど80種類あり、総数は数百点から数千点に上るという。



台湾夜店のフルーツ屋台


記事内容からいくつもの疑問が沸いてきます。
盗掘して持ち去った先祖の遺骨を返してほしいと遺族が訴えているにも関わらず、まるっきり無視ししてきた大学側が、「返還可能な状況を整える」ために、「2年前から」、「保管する遺骨と副葬品の整理を進めている」と、よく言えたものです。そうであるならなぜ返還要求をしている方たちにその説明をしなかったのでしょうか。
また、遺骨掘り起こしについて、「(遺族から)何らかの承諾を得たと考えられる」と、「盗掘」を否定するニュアンスの発言をしていますが、それらを裏づける資料や根拠があるのでしょうか。「考えられる」ではすまされないことです。
2年の年月をかけて、1000体弱の遺骨のうち、「約200体の頭骨と四肢骨が一致し」た、ということは、うわさでは聞いていましたが、頭骨と四肢骨をバラバラに「保管」していたということなのか? 
そうであるなら保管・管理責任問題も発生するのでは? 当時の研究に必要な頭骨のみを別にし、あとはばらばらに箱に放り込んだということなのか?(まさに研究「材料」としか考えていない)。
200体、20体ではなく、すべてを丁重にお預かりしていなければならないはずです。
それをどのように一致させたのか?これも噂の通り、やはりDNA鑑定をしたのか? 
(そうであるなら極めて個人情報であるDNA鑑定の認可は遺族にきちんととったのか?少なくとも返還要求している遺族に説明と同意が必要ではないか)。
さらにその頭骨と四肢骨が一致した200体の内、「約20体が残存資料などから個人が特定された」というがその「残存資料」とは何か? 
今まで開示文書研究会の開示請求によってすでに開示された情報の中にそれがあるのか? 
「副葬品は刀や漆器、首飾りなど80種類あり、総数は数百点から数千点に上るという」というのも、今まで公開されていた資料以外の、「副葬品」がそんなに多数点でて来たということか? それはどこから出てきたのか? 
それらの「副葬品」資料をなぜ北大は今まで開示してこなかったのか?

確か北大は国から大学内に保管されているアイヌ人骨を調査し報告するように要請を受けています。その締切は朝日新聞記事(2011/11/15)では今年の12月。その報告も待つばかりですが、北大内の遺骨収集の経緯のまとめもどのように仕上がるのか。

最後にもう一つ。「今後、親族らに返還する考えで、具体的な返還先や返還方法について検討を進める」とありますが、過去の「遺骨返還」は、直接にご遺族に訪ねず、任意団体のウタリ協会に訪ねただけです(しかもその組織のひとり一人に確認を得なかったケースもあるのではと危惧します)。そして、返還に伴う補償もなく、ただ返すよというだけだったと聞きます。ですから、20体は遺族が認定されているのですから速やかに遺族に連絡し、遺骨収集(承諾済?盗掘?)や保管の経緯、そして、返還に伴う補償を提示するべきです。

ところで、北大から開示された2種類のアイヌ民族人骨発掘台帳を精査して遺骨数の違いが見つかりましたが、遺骨数がそうとう膨れ上がるのでは? 
これらを裁判の中でも明らかにしていく必要があるでしょう。いよいよ第1回口頭弁論は明後日。
みなさんの傍聴をお願いします。

アイヌ遺骨返還訴訟の第一回口頭弁論
11月30日(金)1:30から7階701号室にて(城野口ユリさんの意見陳述)
2時10分頃より3時頃まで、弁護士会館5階Aの部屋(北1条西10丁目)にて、裁判の報告会
ぜひ傍聴をお願いします。

参考・さまよえる遺骨たちブログ http://hokudai-monjyo.cocolog-nifty.com/blog/


留萌は連日雪です。


アイヌ遺骨返還訴訟の第一回口頭弁論 傍聴のお願い

2012-11-27 05:37:01 | インポート
アイヌ遺骨返還訴訟の第一回口頭弁論
11月30日(金)1:30から札幌地方裁判所7階701号室にて(城野口ユリさんの意見陳述)
2時10分頃より3時頃まで、弁護士会館5階Aの部屋(北1条西10丁目)にて、裁判の報告会
ぜひ傍聴をお願いします。

参考・さまよえる遺骨たちブログ http://hokudai-monjyo.cocolog-nifty.com/blog/

近日中に大きな動きがあるようです。裁判も含めて注目です。


今年1月に結成したアイヌ民族党(萱野志朗代表)の代表代行兼女性局長の島崎直美さん(札幌市在住)が衆院選道9区への出馬を表明したという報道が各紙に出ています。苫小牧民報(2012年 11/26)記事を紹介します。
 今年1月に結成した政治団体「アイヌ民族党」(萱野志朗代表)の代表代行兼女性局長の島崎直美氏(53)=札幌市南区在住=は25日、平取町二風谷の同党本部で記者会見し、衆院選道9区への出馬を表明した。アイヌ民族の権利回復を柱に、「次世代にとって生きやすい社会を」と環太平洋連携協定(TPP)参加反対や脱原発、消費増税反対を訴えた。
 同党として初の国政選挙挑戦。島崎氏は9区を選んだ理由に、むかわ町出身であることに加え、アイヌ民族問題への理解を示していた鳩山元首相の引退表明を挙げて「9区はアイヌ民族の比率も多い地域。自ら立つ意義は大きいと考えた」と説明。アイヌ語で話し合いの意味の「チャランケ」を紹介し、「今の政治は党を守るのに力点を置き、本当に国の未来につながるのかと不安だった」とも続けた。
 むかわ町汐見出身、富山県立雄峰高卒。道アイヌ協会札幌支部副支部長や札幌ウポポ保存会事務局長などを務め、今年5月から同党事務局員に。同党の党員・サポーターは現在約500人。
http://www.tomamin.co.jp/2012t/t12112602.html



マカイ宣教師像 淡水

さる11月1日から6日に、台湾にて台湾原住民族と北海道アイヌ民族の交流研修会議を開催しました。 わたしたちアイヌ民族情報センターと台湾基督長老教会総会原住民宣教委員会との共催で、両国の先住民族が置かれている状況や課題を相互に理解し、共に先住民族の権利回復のために学ぶこと、そして、教会訪問ならびに相互交流を行うことを目的としました。
原住民のための牧師養成機関である玉山神学大学院と原住民族諸教会の協力を得、アイヌ民族情報センタースタッフ5名とアイヌ民族の若手2名でたいへん意義深い学びと交流をして来ました(近く機関紙ノヤに参加者の報告を掲載します)。

はじめに花蓮にある玉山神学院にて共同研修を開催。台湾原住民の紹介と課題を聞き、わたしからはアイヌ民族の現状と課題、そして、アイヌ民族のお二人から「アイヌとして生きて」をテーマに自己紹介を兼ねた話をして頂きました。差別の体験、アイヌとして生きようと決意されたことなど、原住民の皆さんがたはたいへん共感、感銘を受けたと感想を語られました(わたしたちにとってもよかったです)。
翌日は、「観光」と称して花蓮県アミ中会総幹事(希僕文幸蓋さん)の運転で地区を一周訪問(寿富卿、風林鎮、光復卿、瑞穂卿、玉里鎮、富里郷、富濱卿、吉安卿、花蓮)。
翌日は、重光教会(タロコ)、馬太鞍教会(アミ)、馬遠教会(ブヌン)、そして、台北の都会にある原住民教会の4つに分かれて礼拝奉仕とアイヌ民族の紹介をし、豊かな交流を持ちました。

わたしは馬遠教会でお世話になり、午後は南安遊客展示館、抗日英雄記念碑、玉山麓の滝、ブヌン教会(谷楓教会、太平教会)を牧師に連れられて訪ねました。
近く、日本でも上映される「セディック・バレ」は、セジャク民族の村で起こった霧社事件の歴史を映画化したものですが、今回の訪問でブヌン民族も同じように日本軍によって虐殺された歴史があることを知らされました(1895年 大分事件)。後日にもう少し詳しく調べて紹介します。

最終日は台北に戻って観光をしました。228記念公園に行き、101ビルにもはじめて登りました。また、淡水ではカナダの宣教師マカイ(前回紹介)の記念像を見学に行きました。淡水で名物の梅ジュースを飲み、船で向こう岸(八里)に行って、そちらの名物アヒル卵を試食し、さらに士林夜市を見学して美味しいものをたくさん食べてきました。


九族文化村 プユマ民族の伝統的な家