アイヌ民族情報センター活動日誌

日本キリスト教団北海教区アイヌ民族情報センターの活動日誌
1996年設立 

2013年度「北海道アイヌ生活実態調査」(概要) 

2014-05-23 14:09:50 | インポート
過日のアイヌ協会総会の資料の中に、昨年実施された「北海道アイヌ生活実態調査」(概要)がありました。
インターネットで調べたところ、以下のサイトでPDF版をダウンロードできました。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ass/ainu_living_conditions_survey.pdf
概要はこちら  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ass/ainu_living_conditions_survey_digest.pdf

この調査の実施主体は北海道で、実際の調査は市町村が行い、世帯調査、アンケ ート調査は対象市町村から推薦された調査員が行っています。今回の実態調査は、1972年、1979年、1986年、1993年、1999年、2006年に次いで7回目。
この調査におけるアイヌ民族の人数は、「地域社会でアイヌの血を受け継いでいると思われる方、また、 婚姻・養子縁組等によりそれらの方と同一の生計を営んでいる方」について、各市町村が把握することのできた人数なので、把握できていない方もおられるという意味で「道内に居住するアイヌの人たちの全数とはなっていない」と、ただし書きがされているのでしょう。あるいは、法務省が出している薄い冊子『アイヌの人々と人権』のただし書きには「アイヌの血を受け継いでいると思われる方であっても、そのことを拒否している場合は調査の対象としていません」とありますので、そのような方も含まれているのでしょうか。

調査対象とした世帯数及び人数は、66市町村に6,880世帯、16,786人。前回調査と比べると、6市 町村1,394世帯、6,996人減少しています。7年のうちに約2割の世帯で3割の人口の減少とは驚きです(比較するものがないので、単に数だけ見ての感想ですが)。はて、道外に出られたのでしょうか。減少の原因の分析までは書かれていませんが、調査してもいいように思います。
生活状況の目安として生活保護家庭の比率が出ていますが、前回に比べて1,2倍の44,8‰。ただし、アイヌのみなさんが居住している地域のアイヌ以外の人びとの生活保護家庭の比率は前回に比べて1,3倍と高くなっており、その結果アイヌ以外のみなさんとアイヌのみなさんとの比率は前回の1,6倍から1,35倍と低くなっているものの、いぜんとその差があるのがわかります。ちなみに第1回目の1972年調査結果での比率はアイヌの皆さんのほうが6,6倍も高い数字が出ています。

また、高校への進学率も前回に比べて0,9ポイント減り、92,6%に、大学進学率は8,4ポイント増えたものの、25、8と低い状態が続いています(アイヌ以外は4,5ポイント増えて43%)。

差別経験の有無に関しては、差別を受けたことがあると回答したのは前回の16,8%より多くなり、23,4%に。約4人にひとりは差別を受けたと回答しています。受けたことがないと答えたのは前回の44,9%に比べて減り、35,5%に。まだまだ格差も差別も残っているのです。

ウェブ上で見られるニュース記事は毎日新聞(2014年05月20日)のみ。重なる部分は省略し、抜粋を張り付けておきます。
アイヌ生活調査:生活保護1.3倍 低い大学進学率
 ・・・また、「世帯の年間所得が200万円未満」「生活がとても苦しい」と答えた人の割合がともに全体の約3割を占めた。
 今回の調査対象は1万6786人で、前回より6996人減った。激減した理由について、道は、対象者が高齢で亡くなった▽都市部への転出で連絡先が不明となった▽個人情報保護の意識の高まりで協力してもらえなくなった▽地域のアイヌ協会の会員数が減った--などの理由を挙げている。
 対象は、地域社会でアイヌの血を受け継いでいると思われる人や、婚姻・養子縁組などでそれらの人と同一の生計を営む人のうち、過去に就学資金や住宅資金の助成制度を利用したり、地域のアイヌ協会に会員登録したりした履歴があるなど、市町村が把握できた人たち。
 道環境生活部の川城邦彦部長は「今回の調査結果を踏まえ、アイヌの生活向上のために、生活の安定や教育の充実、地域の産業振興などを推進していきたい」と話している。【袴田貴行】
http://mainichi.jp/select/news/20140521k0000m040058000c.html

ところで、前回に書いた、自由学校「遊」の講座の講師である竹内渉さん(アイヌ協会事務局長)に、会員数について質問をしたところ、現時点2400人とのことでした。先ほどの全道調査では道内のアイヌ民族のみなさんは16786人。その中の2400人ということは、14%の方しか会員になっていません。会員条件に18才以上とあるので、18才未満の2335人をのぞいても、14451人中の16,6%というのは低く感じます。その原因はなんでしょうか。
道内では旭川アイヌ協議会のように積極的にアイヌ協会に入らずに別組織をつくっている組織もあります。

明日は、旭川の嵐山で午前10時より第39回チノミシリ カムイノミが行われますので参列してきます。6月6日 9時45分より 北門中学校にて知里幸恵記念祭。




「遊」講座「アイヌ民族のエンパワーメントと連帯」第1回

2014-05-22 16:24:28 | インポート
昨日は、さっぽろ自由学校「遊」の新連続講座「アイヌ民族のエンパワーメントと連帯」 に参加してきました。
第1回は、北海道アイヌ協会事務局長の竹内 渉(わたる)さんより「アイヌ協会とは? Part1」でした。
旭川・近文での解平社や、十勝アイヌ旭明社の結成、そして、全道アイヌ青年大会に関しては金倉義慧著『旭川・アイヌ民族の近現代史』に書かれていたので読みましたが、アイヌ協会の歴史を書いた文章を読んだことも聞いたこともなく、新たな学びが出来ました。ふと、榎森進さん著『アイヌ民族の歴史』に書いてはいまいか、と調べたところ、「第10章 立ち上がるアイヌー戦後編」に書いてありましたので昨日のおさらいが出来ました。加えて、結城庄司研究会編『北海道アイヌ(ウタリ)協会史?研究2ノート』が会場で配られていたので、それも参考になりました。
なんと、うれしいことに初代理事長の向井山雄さんや2代目の森久吉さん、また、小川佐助さん、野村義一さんの演説をテープで聞くことができました!

1946年2月24日に静内町公会堂にて設立総会開催。この案内状も公会堂の写真も見せて頂きました。
名称は向井山雄仮議長が「どういう名称つけたらいいでしょう」と会場に聞くと、鹿戸才斗さん(初代副理事長)が「はいっ」と手をあげて、「アイヌのことだから、アイヌでいいんでしょ」と言ったことから決まった、と。
アイヌ協会設立時の大きな柱は、新冠御料牧場の解放(なんと琵琶湖よりも広かった!!)と、旧土人保護法による給与地返還。いずれも詳しくは榎森進さんの『アイヌ民族の歴史』に詳しく書かれています。
北海道長官(いまでいう知事)の選挙や、代議士選挙に出るも落選が続き、上記の二つの運動も挫折。「敗戦直後という社会全体の混乱期、厳しい民族差別状況などもあって、ほどなく活動も停滞し、開店休業状態に陥った」(レジュメより)とのこと。
しかし、1958年に内閣にて「同和問題閣僚懇談会」が設置され、全国的に「不良環境地区改善事業」が展開される中、「市町村と道が全道のアイヌの状況を一斉調査した。そんなことから市町村のテコ入れもあり、それが再建への一つの動機となった」(貝沢正「対談 白老にて」)と。アイヌ協会は1960年に再建総会を行い(翌1961年にウタリ協会へと名称変更)、それ以降、福祉対策が中心となっていきます。

この後、後半も書き残したいところですが、多忙のため省略します。ひとつだけ、ウタリ協会は1979年に「新法特別委員会」を設置し、5年の月日をかけて1984年の総会に「アイヌ民族に関する法律(案)」を提案し、満場一致で可決されたというのです。では、今回の国の動きに対してアイヌ協会内でそのような特別委員会を立てて話しているのかを質問で伺いました。答えは、理事会がその役を担っているとのこと。
他の方が、いま国がアイヌ政策推進会議で話し合っている内容を多くのアイヌの方は知らないというがどうなのかとの質問をされました。答えは、常時、各支部(現在は各協会)に文章で知らせているし、17名の理事は各地域から選出されているので、各地の意見をちゃんと聞いて理事会にて審議し、その決議をアイヌ側の推進会議のメンバーが持って行っているので、聞いていないというのはおかしいとのこと。

次回はアイヌ協会の現在と今後を阿部ユポさん(アイヌ協会副理事長)に伺います。6月18日(水)午後7時より。
「遊」が同じビルの2階から6階に移転していて迷いました。みなさんもお間違いなく。


山が山菜でいっぱいです!
今回は字を少し大きくし、短めにしてみました。


2014年度公益社団法人北海道アイヌ協会総会の午前の部を傍聴

2014-05-22 15:46:47 | インポート
さる、5月16日に開催されていた2014年度公益社団法人北海道アイヌ協会総会を午前中だけ傍聴しました。
議案第1号の昨年の事業実績報告に関して、おふたりの質問がありました。

わたしなりにまとめて書くと、ひとつは、アイヌ政策推進会議にアイヌ協会のメンバーが出席しているが、どれだけ会員から意見を聞いて反映させているのか(聞いていないではないか)というもの。これに対し執行部は、理事たちは各地から選出されており、各々要望や意見を聞いて理事会で審議して、アイヌ政策推進会議で意見を言っている、だから直接的ではないにしろ聞いていることになっている、と回答。

もう一つは、釧路から持って行ったアイヌ遺骨をすぐにでも返還してもらいたいが、北大に直接電話してもいいものなのか協会としてどういう道筋をかんがえているか、というもの。執行部は、基本的には返還できるものは返還してもらうが、同じ地域でAの団体に返したところ、他の人から自分の先祖だとトラブルにならないように、しかるべき人へ返還する手順を討議中だ。保管されている大学に直接聞くと言うのもありかと思いますし、協会が窓口になっているので協会と連携して問い合わせて行くというほうが北大として混乱しなくていいかと思います、と回答。

午後にもう一度遺骨返還に関する質疑があったと聞いていますが、各地域で遺骨返還に関する疑念は膨らんでいるようです。

当日、小川隆吉さんは北大開示文書研究会のメンバーのひとりと共に、パンフレット『アイヌの遺骨はアイヌのもとへ』を一人ひとりに手渡しされました。会場外の配布許可を得たので、開会1時間前から入口に立って200部ほど配布されたとのこと。これらの影響は大きいと感じます。


今年も別の場所でオオウバユリの群生を見つけました。楽しみです。


アイヌ人骨返還等訴訟は浦河の3名と紋別の1名に加え、次回より浦幌アイヌ協会も加わります。
次回の第8回意見陳述は5月30日(金)午後2時より、札幌地裁8階805号法廷にて行われます。
その前の13:00より、浦幌アイヌ協会の記者会見(司法記者クラブの予定)
14:30過ぎより、弁護士会館の5階B室で裁判報告会を行います。
多くの傍聴をお願いいたします。


やっと春らしくなりました。

2014年度 アイヌ民族の権利を回復する運動の推進決議に関する件

2014-05-02 09:46:12 | インポート
さる、4月29~30日に札幌北光教会にて日本キリスト教団北海教区第74回定期総会が行われ出席しました。
総会にて今年度の推進決議を提案し、可決されました。これを受けて、この一年も活動を行います。
わたしたちのセンターのホームページに毎年、この推進決議をUPするのですが、更新をして下さる方がこのところ多忙ゆえ、下記にUPいたします。

「2014年度 アイヌ民族の権利を回復する運動の推進決議に関する件」
議 案
アイヌ民族の権利回復と差別撤廃の運動を推進するために、以下の事項に取り組む。
1.学習・研修・交流・連帯活動
 (1)アイヌ民族の権利回復と差別撤廃のため、関連する運動や学習会を支援し連帯する。また、集会等に積極的に参加する。
     ・アイヌ遺骨返還等裁判の協力
 (2)アイヌ民族関連の諸資料を収集し、提供する。機関誌(ノヤ)、ホームページ、Eメール、Facebook等を通しての広報。
 (3)アイヌ民族の歴史と現状を学ぶ現地研修の企画・実施。原稿執筆等の協力。
     ・後志地区アイヌ民族フィールドワーク実施 
     ・アイヌ民族の若い世代の声を聞く会を準備する
 (4)講師派遣による学習活動支援
2.台湾基督長老教会のディヴァン・スクルマン宣教師を支援し、世界の先住民族に関する課題を共有する。
 (1)国家形成や植民地支配により、日本・台湾で行われてきた先住民族差別について、その歴史認識を深め、新たな関係作りを目指した学習・啓発活動の実施
 (2)台湾基督長老教会の教会が培ってきた信仰や、先住民族宣教のあり方を学ぶ学習会等の開催。原住民族の讃美歌翻訳の準備
 (3)カナダ合同教会ロンドン教区との交流における、相互研修の実施
 
提案理由
北海道と呼ばれているアイヌ・モシリ(人間の大地)は、もともとアイヌ民族が自然と共に生きてきた土地です。しかし、日本近代天皇制国家による侵略によって、アイヌ民族は土地も森も川も、自由に狩猟することも、さらに文化や言葉も奪われ、多くのいのちも奪われました。そしてその苦難の歴史は十分に省みられることなく、現在にいたってもアイヌ民族は厳しい差別にさらされています。そのアイヌ・モシリに宣教活動を行なったキリスト教会もまた、アイヌ民族の存在に無関心であるばかりか、アイヌ民族としてのアイデンティティを尊重せず、明治政府の同化政策に協力さえしてしまいました。わたしたち日本基督教団北海教区は、教会が侵略者・抑圧者の側に身をおいて歩んできた歴史を反省し、1985年にアイヌ民族の権利回復の働きを共にする目的でアイヌ民族委員会を、1996年に「アイヌ民族の権利回復と差別撤廃を教会が宣教課題として取り組むことを目的」(センター規約3条)としてアイヌ民族情報センターを開設し、ささやかながら連帯の取り組みを進めてきました。
一昨年より、浦河在住のアイヌ民族三名が盗掘された先祖の遺骨の返還等を求めて北海道大学を告訴しました。今年に紋別アイヌ民族の一名が裁判に加わり、さらなる先住権を争う裁判が続いています。この裁判協力を含めて今後も権利回復のための働きの手を休めることなく、アイヌ民族の皆さんに連なっていきたいと願います。
恒例となったアイヌ民族フィールドワークは後志地区で計画が進められています。各地域に出かけていって、そこに住むアイヌ民族の皆さんと出会い交流することによって課題を共有して行くことを望みます。そのことによってセンターの活動報告も各地で共有頂けることを願います。
また台湾基督長老教会からお迎えした原住民の教師、ディヴァン・スクルマン宣教師はアイヌ民族情報センター一員として、より積極的な活動を展開され、多くのアイヌ民族の皆さんと関係を深めています。その働きを支援することを願いつつ、さらに今年も台湾原住民族の皆さんの来道に伴い、交流と学びが出来るよう企画・実施します。加えてカナダ合同教会ロンドン教区の皆さんとの交流と先住民族への権利回復の働きに関する相互研修も計画中です。これらのことにより、アイヌ民族だけにとどまらない、世界の先住民族と共に歩む教会として、私たちは成長することができるでしょう。
以上の理由から、今年度もアイヌ民族の権利回復と差別撤廃、先住民族に関わる諸課題を教区・教会の宣教課題として、積極的に取り組むことを提案します。


まだ暑寒別岳の山道は雪でうまっています。早く、雪が溶けてトゥレップ(オオウバユリの根)を採りにいきたいです。

総会を時々、抜け出して大通りビッセ2F YUIQで開催中のToyToy屋アイヌ文様プロダクト販売会をのぞきに行ったり(5月6日まで)、浄土真宗西本願寺教務所にパンフレット「アイヌの遺骨はアイヌのもとへ」を1,000部届けに行ったりしました。
総会でも議員分200部を配布。パンフレットが有効に使われることを願っています。