アイヌ民族情報センター活動日誌

日本キリスト教団北海教区アイヌ民族情報センターの活動日誌
1996年設立 

「第8回口頭弁論での畠山さんの意見陳述」

2014-04-28 10:16:22 | インポート
アイヌ人骨返還等訴訟でこの度、4人目として原告となられた畠山敏さんは、1月に訴状を書き、4月4日の第8回口頭弁論にて、意見陳述をされました。その全文は訴状抜粋と共に北大開示文書研究会のサイトにあります。以下。
http://hmjk.world.coocan.jp/trial/trial.html

畠山さんはモベツコタン(紋別)に生まれ育ったアイヌ民族の漁師。祖父は1875年(明8)の紋別場所の戸籍簿に、幌内から湧別までの海岸筋・川筋・山奥までの10ヶ村92戸361人を統率したコタンコロクル(村おさ)キケニンパの血を引く先住民族の漁師であり、北海道ウタリ協会の初代の紋別支部長。その漁業経営と道アイヌ協会支部長の要職を引き継ぎました。また、紋別のアイヌ遺骨の保管、管理を紋別市から委ねられ、アイヌプリ(アイヌの習慣・方法)で毎年イチャルパ(先祖供養)を行っておられます。
この度、返還を訴えているのは、被告が保管を認めている紋別市から「寄託」されたとする5体。「“寄託”とは、第三者が何らかの理由によって遺骨を取得し、それを被告に預けたもの」(訴状)ですが、どのような経緯で“寄託”されたのかを被告は明らかにしていません。経緯、理由などいっさい明らかにしないのか出来ないのか、“寄託”そのものも疑わしい(やっぱり盗んだ?)わけです。そこを明らかにしない限り、疑いは晴れませんし、ご遺骨5体を所有している被告北海道大学は「所有権」がないことになります。
加えて、原告側はアイヌ民族の先祖の遺骨管理は、各家に継承されていくものではなく、コタンという集団に属するものと捉え、コタンの権限の継承者である原告に返還するべきだと主張。
畠山さんは今回、返還を求めるに当たり、ご遺骨が自分たちの手元に存在しないこと自体が耐えがたい異常事態だ、目的や経緯はどうであれ自分たちの了解を得ずに持ち去られたことは事実だと意見を述べ、早急の返還と納得できる謝罪を求めています。
自分の身内の遺骨が、経緯も分からずに大学に研究目的で持ち去られ、それぞれバラバラに研究室にほって置かれていたことを知らされたらどうでしょう。自分に引き寄せて考えることが必要だと思います。

小川隆吉さんが北大に開示請求をし、開示された資料の中に『アイヌ人骨台帳』があります。北大開示文書研究会の資料頁(http://hmjk.world.coocan.jp/materials/list.html)から閲覧可能で、以下のPDFです。
http://hmjk.world.coocan.jp/materials/ogawarequests/01.pdf
後ろから8頁のところに紋別の5体の遺骨が記されてあります。



アイヌ文化振興・研究推進機構(札幌)による3期目のアイヌ文化伝承者育成事業が始まりましたね。
苫小牧民報 (2014年 4/21付)によると、20歳から36歳までの5人。お友達の名前もあってうれしくなりました。これから3年の学びにエールを送ります。ただ、卒業後に学びを活かした働きに就けるかが心配です。働き場の保障もほしいですね。
苫小牧民報の記事はこちら http://www.tomamin.co.jp/20140411930
アイヌ民族・先住民族関連ニュースのストックBlogはこちら http://blog.goo.ne.jp/ivelove


『アイヌの人々に対する相談のあり方に関する 調査研究事業報告書』

2014-04-25 09:46:39 | インポート
「政策推進作業部会」第14回会合(2月28日)と、15回(3月27日)会合の議事概要が以下のウェブサイトにUPされています。http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ainusuishin/meetings.html
前回blogにてほんの少し書きましたが、わたしよりはるかにしっかりと読み、細かく意見を言われているblogや文章がすでに色々なところで出ていますので、続けて書くことはやめて、今後、関連することがあれば触れることにします。


北大開示文書研究会パンフレット「アイヌの遺骨はアイヌのもとへ」

今回は、公益財団法人人権教育啓発推進センターが『アイヌの人々に対する相談のあり方に関する 調査研究事業報告書』(2014年3月)を作っているのを見つけましたので、内容を紹介します。実物は以下で閲覧可能です。
http://www.jinken.or.jp/wp-content/uploads/2014/04/ainu_soudan_h25_houkokusho.pdf
これは、「アイヌの人々の民族としての誇りの源泉であるその文化や伝統は、 江戸時代の松前藩による支配や、維新後の「北海道開拓」の過程における同化政策などにより、今日では十分な保存、伝承が図られているとは言い難い状況にあり」
「アイヌの人々の経済状況や生活環境、教育水準等は・・・アイヌの人々が居住する地域において、他の人々となお格差があることが認められるほか、結婚や就職等における偏見や差別の問題があ」
ることから、
「人権に関する取り組みに関する調査・研究」の視点から、アイ ヌの人々を対象として専用電話や面談による相談窓口を設置し、全国に居住しているアイヌの人々から、普段生活している上での悩みや困りごとについて直接把握することを企画」(以上、報告書より)したものの報告のようです。

2013年9月20日午前10時から相談受付を開始し、当初、2014年1月半ばに終了予定だったのが、「多くのアイヌの人々から生活に関する悩みや行政への意見、要望が寄せられたばかりでなく、本相談窓口を是非とも継続してもらいたい旨の要望が寄せられ」、期待に応えるべく、3月末まで相談受付を延長したようです。

この報告書で集計・分析対象とした相談件数は、受付開始日から2014年2月28日の間に受けた相談、計327件。一日当たり平均2~3件。毎日二名以上もの方が相談の電話をされたのです。報告書には相談者の年齢層、性別、職業、居住地域など詳しく分析しています。
相談類型としては、「暮らし向き=生活が苦しい、疲れている、淋しい」(25.4%)、「金銭の給付=差別のせいで年金がもらえるような正規の職につけなかったなど」(19.3%)、「歴史教育等=教育の徹底など」 (19.3%)、「人権・差別」(19.3%)、「電話事業への要望=継続要望など」(15.3%)、「政府に対するもの=国の基本政策に関する不満、差別改善」 (11.9%)、「アイヌのための施設の設置」(11.6%)など、多くあげられたようです。

ここで、注目したいのは「人権・差別」の19,3%。主な内容としては、「子どもの頃から差別を受け続けてきたこと、今でも差別や偏見に苦しんでいることなどが語られた」と。これが、居住地域別で見ると北海道内では32.5%と、道外(14.3%)と比べて倍以上になっています (報告書図表67)。
また、「類型」はそれぞれ関連していることも指摘されています。たとえば、先に記した「金銭の給付」では、差別のせいで年金がもらえるような正規の職につけなかったとか、「暮らし向き」の25.4%には、「差別を受けて育った等の生活歴を背景に社会とのつながりを持つことができず、孤立感、孤独感を感じている者も少なからずいるのではないかと推察」しており、根底に差別があることが触れられています。



もう、何年前になるでしょうか。モーガン・スパーロック監督が撮ったドキュメンタリー『30ディズ』というのが、シリーズでレンタル店に並んでいたので、借りて観ました。たいへん、興味深かったのは「敬虔」なキリスト者の青年が同性愛者の家庭で30日間ホームステイした『ゲイと一緒に30日間』。「敬虔」な彼は、オープニングで「殺人と同じで同性愛は罪だ」と聖書を根拠に語ります。そして、30日間、同性愛者と共に暮らし、出会い、たっぷりと語りあうのです。時に言いあいになり、ケンカになることも。自分の正当性を曲げず、レッテルを貼って相手を認めません。しかし、彼らと生活するうちに多くのことに気付いていきます。そして、徐々にレッテルがはがれ、「心を開き、別の視点で見ること」ができてきます。圧巻は同性愛者の両親を支援する会との会話のところ。自分の娘が同性愛者である両親が戸惑いと苦悩したことを振り返りつつ、最後に「娘はわたしがイメージしていたゲイとは全然違った。娘は敬意をもって扱われるに値する人間だ」と語ったことばに、彼のこころが動きます。自分の兄弟がゲイだったら、ぼくは兄弟を否定したくない、と。30日間の出会いは人を変えると言うこころが暖かくなるドキュメンタリー映画です。
差別、偏見は自分のこととして考えられる時に、その壁は越えられるのでしょう。

なかなか更新できず残念です。次回は、アイヌ人骨返還訴訟の意見陳述を扱います。


第14回政策推進作業部会議事概要とアイヌ遺骨返還等訴訟

2014-04-09 21:07:43 | インポート
さる2月28日に第14回「政策推進作業部会」が行われ、先日、ウェブ上にその議事概要が公表されました。
以前から指摘していますが、どのような理由なのか、この議事概要には議場での発言者名が公表されていません。そのために、それぞれの発言がどのような立場で、どのような意図のもとで語られているかが分かりません。
議事にはわたしたちが支援しているアイヌ人骨返還等訴訟(以下、返還訴訟)に関係する遺骨の問題も審議されています。
どなたの発言なのかが不明な限り、真意がわかりませんが「民族共生の象徴となる空間」の整備及び管理運営の基本方針のアイヌ遺骨の返還集約保管の基本的な考え方について、ある方が以下の発言をされています。
「北海道大学は、この2年間にわたって他大学から先生を呼び、時間と費用をかけてきちんとした保管状況とした。素晴らしい状況で私は感動したところで、ここまでやるのであればアイヌの未来のために研究も必要であると思った。」
 この発言の前に(おそらく)同人物が北海道アイヌ協会として、アイヌ遺骨を保管している12大学について厳しい批判をされています。遺骨を「どこから持ってきたか、いつ収集したか、男か女か、大学がどのように手に入れたかなど不明という部分が多く非常に驚いており、保管状況についても、倉庫にあるなど大学が人の遺骨をこのように保管してよいのだろうかと怒りで本当に心が震えており、人間として扱っていただきたいと考えている。(略)…こうしたことから、北海道アイヌ協会は、残りの10 大学の保管状況を見せていただくよう国に強く要請する。」と。

はて、北海道大学(以下、北大)は2年間でこの方の言われる「ここまでやるのであればアイヌの未来のために研究も必要」と思わせるほど「素晴らしい状況」に変わったのでしょうか。
北大のその「素晴らしい状況」下で、判明しているのはご遺骨が個体ごとに特定できるのは1027人。その内、故人名とご遺骨が一致しているのはたったの18人。さらに、個体として特定できない=すなわち、どなたのご遺骨かわからないものが、ごちゃまぜに入れられているのが「484箱」もあります(文部科学省調べ)。
故人名とご遺骨が一致していない1005人のご遺体と、何名になるかわからない「484箱」のご遺骨は、象徴空間への集約対象となるのでしょう。

北大は『北海道大学医学部アイヌ人骨収蔵経緯に関する調査報告書』を出しました。
http://hmjk.world.coocan.jp/archives/hokudai_report2013.pdf
しかし、返還訴訟の原告側の第2準備書面でも指摘されていますが、「平成13年当時の文書の作成経緯や資料が不明」などというのは学術研究機関としてはあり得ないはずです。もっと誠実な調査や開示を願います。
第2準備書面を含む諸資料は北大開示文書研究会ウェヴサイトの「資料室」ページにあります。第2準備書面は以下。
http://hmjk.world.coocan.jp/trial/jyunbisyomen/jyunbisyomen002_20130826.pdf
作業部会のこの議事概要に関しては、後日にも触れます。

さる4月4日に札幌地裁で遺骨訴訟第8回口頭弁論が行われ、モベツコタン(紋別)の畠山敏さんが原告として意見陳述されました。畠山さんの訴状(抜粋)も「資料室」に置いています。
なお、北大開示文書研究会のメンバーで作成したパンフレット『アイヌの遺骨はアイヌのもとへ』が完成し、北海道新聞と朝日新聞が取り上げて記事になりました。



原告の三人と完成ほやほやのパンフレット

アイヌ遺骨問題「本質を知って」返還訴訟の支援団体が啓発冊子  朝日新聞 2014.4.5
アイヌ民族の遺骨が墓地などから発掘され、北海道大など全国各地で保管されている問題を一般にもわかりやすく伝える冊子を、遺骨返還を支援するグループが作った。「墓地から掘り出された遺骨は誰のものか」など、大学教授や弁護士らがQA方式で説明する。
タイトルは「アイヌの遺骨はアイヌのもとへ」。日本各地にアイヌの遺骨が1636体、個体として特定できない遺骨515箱分が保管され、特に北大には千体以上がある、と冊子は説明する。2012年9月にはアイヌ民族の子孫3人が返還を求めて札幌地裁に提訴しており、訴訟を支援する北大開示文書研究会が冊子を作った。
なぜたくさんのアイヌの骨が大学にあるのか。遺骨を持ち去るのは犯罪ではないか。遺族はどんな気持かなど、10の視点から説明し、子供たちも読めるように漢字にふりがなをつけ、外国人にも分かるように英文の解説も併記した。
「多くの人に読んでもらうことで遺骨問題の現実、本質を理解してもらい、裁判を勝ち抜くための力にしたい」と研究会の殿平善彦・共同代表。訴訟の原告たちは「裁判をしてもなかなか決まらない。とにかく返してほしい」「副葬品などアイヌが『あの世』に行って使う物まで持ち去り、『盗んだ』という言葉が当てはまる。速やかに返還して欲しい」と語った。
冊子は千部作製。1部100円。問い合わせは同研究会事務局長の三浦忠雄さん(0164-43-0128)へ。


北海道新聞記事(4/5)はこちら
http://blog.goo.ne.jp/ivelove/e/1367b43f1547e0c3ea72335b53b7e582
次回の裁判は5月30日(金)午後2時より 札幌地裁にて


長らくご無沙汰しておりました。Blogのアップのしかたも忘れるほど。にもかかわらず、連日、多くの方が見て下さって感謝いたします。つたないものですが、今後も少しづつ、活動報告を再開していきますので、よろしくお願いいたします。
近く、BroachのBlogサイトも閉鎖するようなので、引っ越しも考えようと思います。
留萌は明日も雪予報です。しかし、春です!


留萌の海岸