秋田マニア愛好会 (秋田県が好きであり、川反を元気にする団体)

一日一日を大切にし、暮らしや経済を活性化させることを1つの目的とする。

青函トンネル内の最高速度が210㌔へ

2020-01-06 04:41:25 | 日記
 北海道新幹線の青函トンネル内の最高速度が年内に210㌔へ引き上げられることとなった。これにより、同トンネル内の所要時間は3分短縮されることとなる。

 青函トンネル内の走行実験が進められていて、最高速度を210㌔へ引き上げられても、問題がないという結果が出たことを受け、JR北海道は引き上げることを決めた。年内には年末年始に運転を開始し、本格的には2021年に実施することとなる。

 JR北海道は31年春に同新幹線の新函館北斗-札幌が開業予定であり、合わせて、東京-札幌を4時間半で結ぶ計画を策定している。新青森-札幌も最高速度を320㌔に引き上げることを国土交通省に要請している。JR東日本は同新幹線につながる新青森-盛岡の最高速度を320㌔に引き上げることを検討している。

 新幹線の最高速度の引き上げられれば、東京-札幌が4時間半で結ぶことが現実的となり、航空からのシェアを奪うことで、鉄道利用のシェアを引き上げることは可能である。現在、同区間の移動では航空が99%であり、鉄道利用はわずか1%である。
コメント