超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エゴコロトイロ 第2話「義妹との時間」 感想

2013-05-24 17:59:27 | 漫画(雑誌感想)















予想不可能な彼女。













初回の時点では個人的にもみじの方が可愛いかな~、って思ってたんですけど
2話目を読むと一気にダブルヒロインの魅力が均等になった気がするから不思議ですね
何を考えてるのか分からない麦、
しかしその本質はあの頃と変わらない天真爛漫な姿がそこにあって・・・
そういうやりとりを見ているだけでも面白い本作品、
早くも修羅場が生まれそうでもあり(笑
次号を読むのも楽しみです

麦ちゃんはあれですね、若干天然の気があるというか
ちょっと我々の思考とはかけ離れた考えの持ち主のようで
でもそのちょっと不敵で堂々とした態度に可愛さを感じるのもまた事実
「だって兄妹じゃん」のシーンは個人的にちょっとゾクゾクもしたんですけど(笑
彼女にとってはあくまで義兄の役に立ちたいだけなのか
それとも彼との関係に懸けている部分もあるのか
その辺はこれから描かれるんでしょうけど、それも含めて今後の変遷には期待しています

にしても良い所でチャイム鳴りやがったな~
折角グラマラスボディを拝めるチャンスだったのにな。
でもそういう過度に無防備なあたりが彼女の魅力でもあり
この漫画の面白さでもあります
女性の不思議でちょっと小悪魔な目配せを楽しむ漫画というか・・・
個人的にはすっごく面白く読めてますね。
麦ちゃん、ただ翻弄してるだけのようで
根底には健気な気持ちも垣間見られたので今回でもみじと同じくらい好きになれました
まあ元々初回の時点でももみじに劣れどある程度お気に入りではあったんですけどね
薄い下着で果実が見えているっていうシチュが良いですよね。
良いですよね、というか
ちょっとアレな記述なんですけど(笑
結果的には主人公もまた一歩進めたようでお話的にも手応えがありました
ここからどんどん過去を捨てて新しい境地を拓いていってくれればいいですね
勿論もみじとの絡みも期待しつつ(笑)。


そんなもみじが家に来たのはやっぱりどこかで主人公を気にしてるからなんだろうな・・・と思いつつ
さり気に女性らしいルックスを気にする仕草が健気でこれまた可愛かったです
こういうラブコメの場合、
誰かが飛び抜けてツボだったりすると
中々作品自体には感情移入し難いものでもあるんですが
この漫画の場合は既に両ヒロインの魅力を余さずにアピール出来てるので
安心して感情移入出来る良さがあるなあ、と思います
だから読者も一緒に迷える訳でね(笑

しかしまあ、いっても年頃の男女なわけですからね
彼女がどういう反応を取るのか、にも注目しつつ・・・
次回はセンターカラーらしいので期待して3話を待ちたいと思います
今回もまた鉄板に近い面白さで個人的には満足でした。
アンケートも出しますね。










しっかしまあ超ムチムチと超スレンダーってバランスはやっぱ見てて面白いなあ、と
両方の良さを感じられるのが個人的にツボですなあ(笑)。




コメント   この記事についてブログを書く
« グランドジャンプPREMIUM VOL... | トップ | 望郷/cinema staff »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

漫画(雑誌感想)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事