山スキーと山歩き みやぶろぐ

山スキーと登山など、きままに書いてみます

浅草岳北岳

2019-03-14 | 2018-19山スキー
山域山名:越後・浅草岳北岳
期  日:2019年3月9日(土)
参 加 者:みやぶー、どくたーQ、はしけん
行動記録:浅草山荘500m(6:40)→ムジナ沢610m(7:10)→930m(8:05/8:15)→滝1090m(8:40)→北岳北西尾根1252m(9:05/9:10)→北岳1472m(9:35/10:05)~滝1090m(10:25/10:30)~800m(10:40)→810m(10:50)~浅草山荘(11:15)
<天候:快晴>

久しぶりの寒の戻りで昨晩から国境稜線では30㎝以上の降雪。
パウダー!と大斜面に飛び込みたくなるが、こんな雪崩リスクが高い日はセルフセーフティを優先して、オープンバーンやスキーヤーが集中するルートを避けるのが鉄則。
おまけに日中はかなりの高温になる予報なので、半日で下山できるムジナ沢からの浅草岳北岳を選択しました。


冬季休業中?の浅草山荘を出発。




ムジナ沢下部は完全に流れが出ていた。




きわどいブリッジ。







800mあたりから埋まっていた。







滝下から左岸尾根に取り付く。







快適な登高。







嘉平代ボッチと前岳。




北岳。







守門をバックに北岳北西尾根を登る。




山頂斜面はシュカブラが発達。










浅草岳主峰を見ながら最高のアプローチ。




北岳山頂からの鬼ヶ面山。




尾瀬から奥利根、越後三山。







Go!







沢状斜面は素晴らしいパウダー!



















アッという間にムジナ沢へ。




登りの時にはなかったデブリ。一気に気温が上がってきた。







危ういブリッジを回避するために少し登る。







小尾根を巻きながら。










浅草山荘へ到着。




雪もあまり腐らずにドンピシャでした。誰にも会わずムジナ沢はもはや忘れられたルートになったようだ。




守門浅草に来たら小松家さんへ。




越後三山の雪解けも早そうだ。




『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 宝川源流ナルミズ沢周回(大... | トップ | 山スキー訓練・蓬沢 »

コメントを投稿