撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

9月にはメキシコ独立記念日があります!

2022年09月15日 | 国際交流員から

あっという間に9月になりましたね!まだ残暑を感じますが、元気でお過ごしでしょうか?今年の年末まで、残り3ヵ月と少しですね!私は12月にある「クリスマス」お祝いが大好きですから一生懸命年末を持ち望んでいます!メキシコ出身の国際交流員クラウディアです。今年の8月で箕面市役所で勤務して、満3年間経ちました!時間が一瞬で過ぎたように感じます。
前回のブログでは、「メキシコで人気のスポーツといえば?」を紹介しましたので、まだ読んでないなら是非読んでみてください。
独立記念日についてのブログを書き始める前に、メキシコについて、大事なことを一緒に学びましょう!

・まず、メキシコはアメリカ大陸に位置し、北の方はアメリカで、南の方は南米の間にあります。

・国旗は3色旗で、それぞれ色が意味があります。緑は独立、白は民族統一、赤は国民的英雄が流した血を象徴していると言われています。真ん中にある国章は、サボテンの上で鷲が蛇を食べている姿が描かれています。この国章には、古代の伝説があります。

・メキシコでは最も話されている言語はスペイン語ですが、2番目は、ナワトル語です。全部で69言語あり、そのうち68は先住民族の言語で、また、約350の方言も存在しています。

・メキシコの人口は、ほぼ日本と一緒です。世界の人口ランキングでメキシコは10位で、日本は11位です。

それでは、独立記念日について、ブログを始めましょう!9月16日にメキシコで最も盛大で大事な祝祭として、Día de la Independencia「独立記念日」があります。ちなみにメキシコでは、9月~2月上旬まで、いっぱい祭りがあって、美味しい料理を食べられる季節なので、メキシコ人はダイエットするのは、絶対無理です。2月末に主な祭りが終わるので、皆がダイエットをスタートします!(笑)

Día de la Independencia「独立記念日」には、メキシコの歴史が深く関係しています。古代文明からスペインによるアメリカ大陸の征服、そしてメキシコ独立まで数百年の長い歴史があります。今回は、スペイン人たちがメキシコに来てからどんな影響を与えたか少しお話します。

イタリア人の船員クリストファー コロンブスが1492年、ヨーロッパから航海し、今日の南アメリカ諸島に到達しました。当時この地域には、すでに3万年も前から先住民族が住み着いていましたが、ヨーロッパの人々にはほとんど知られていませんでした。コロンブスたちは、島に上陸した途端に、アラワク族と呼ばれる先住民族に出会いました。そして、スペインに帰国後、スペインの王たちに新しい豊かな場所を見つけたと報告に行きました。それを聞いたスペインの王はその後多くのスペイン人を連れてアメリカ大陸に渡り、そこをスペインの一部として、領土を支配しました。

コロンブス

コロンブスたちの上陸は、先住民族にとって良いことではありませんでした。理由は、先住民族の生活の進路を変え、最終的には彼らを絶滅寸前にまで追い込み、その文化を破壊してしまったからです。そして、エルナン コルテスによってメキシコにあったアステカ帝国が征服されてしまいました。

スペインから来た人々は、いろいろな違反をしたり、強奪をしたりしました。先住民族たちは、このような恐ろしい状況をもう我慢出来ず、戦う計画を考えました。そして、1810年9月16日にメキシコの歴史的かつ最も重要な戦い「独立戦争」が始まりました!この恐ろしい戦争は11年間続き、1821年9月27日に終結しました。メキシコは、立憲君主国として独立を達成しましたし、1824年には共和政となりました。

メキシコ独立の立役者
https://www.mexicodesconocido.com.mx/la-independencia-de-mexico-1810-1821.html

そのような歴史から、Día de la Independencia「メキシコ独立記念日」は、メキシコ人にとって、とても重要な日となり、毎年メキシコ中で最大の盛り上がりで祝っています。また、国内だけではなくて、世界中にいるメキシコ人も祝っています。メキシコでは、独立記念日が行われる前に、様々な準備を行っています。各州によるいろいろなイベント等が行われています。例えばメキシコシティにある「国立宮殿」の壁には、メキシコの歴史的な絵が描かれて、イルミネーションが付けられたり、町のあちこちが緑、白、赤の「メキシコの国旗の色」で装飾されています。また、メキシコのお土産、飾り物、国旗などをたくさん露店で見つけられるし、夜に屋台で美味しいメキシコ料理を味わえます。

上:メキシコシティの国立宮殿のイルミネーション
下:露店でメキシコの物を販売

独立記念日にどんな料理を食べるか決まっていませんが、多くの人が下の写真にある料理を食べます。ポソレ(トウモロコシスープ)(一番大きい写真)や、ケサディーヤ(左下)、いろいろな種類のタコス(左下から2番目・4番目)、焼きトウモロコシ(左下から3番目)等です。

メキシコ料理

毎年、9月15日午後11時にメキシコシティにある国立宮殿の広場で、メキシコ大統領が、またそれぞれの各州・各地区の首長が簡単な挨拶をした後、Grito de Independencia「独立を叫ぶ」を行います。大統領は、広場に集まった人たちと一緒に、!VIVA MEXICO!「メキシコ万歳!」や「独立戦争で活躍した立役者万歳!」と叫びながら、1810年に独立を知らせるために使った鐘を鳴らし、群衆は熱狂します。

メキシコシティの国立宮殿

大統領が独立万歳を叫び終わってから、夜中まで様々なコンサートやパフォーマンスを行って、次の日の9月16日にはメキシコの軍隊が巨大なパレードのパフォーマンスを行います。

メキシコシティの軍隊パレード
(https://www.flickr.com/photos/presidenciamx/20853581443/)

メキシコ独立記念日は、とてもにぎやかな記念日です。メキシコに行く機会があれば、是非参加してください。また、テレビでも見られますので、楽しんでください!メキシコの歴史について、もっと興味を持つ方は、是非歴史の本やインターネットの情報を読んでください。様々な面白い出来事とかがありますよ!
最後にお知らせがあります!毎月、国際交流員(クラウディア、トレース)がメキシコやニュージーランドのブログでそれぞれの国の魅力や歴史、食べ物、知らないことなど等を発信していますので、是非読んでみてください。

<メキシコの独立記念日に参加したい!
  !VIVA  MEXICO!モミ~!

箕面市では、9月1日から11月30日まで、統一キャンペーン「子どものSOSサインに1つでも気づいたら迷わずにお電話を!」を行っています

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« あの天然記念物も登場!?箕... | トップ | 東小地区の元気はつらつ頑張... »
最新の画像もっと見る

国際交流員から」カテゴリの最新記事