『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[ネガティブな午後(後編:『お前も俺と同じ虐げられし民(たみ)…』の巻!)]

2019-04-03 16:11:02 | 新・街を行く

☆・・・(プロローグ)
 お客さんで、私が心の中で「オタク君」と呼んでいる青年がいる。
 直近の2回の来店時、どちらも偶然にリトミちゃんの来店と重なった。
 リトミちゃんとは後から、「背も高いし、顔も悪くなくて、ビジュアル系っぽいのに、話し方や挙動が不審で、惜しいよね」と言い合った^_^;

   (本編)
 いつも行くスーパーマーケットのレジには、色んなキャラクターが揃っている。
 個々の人物を描写しても楽しいのだが、今回は1人だけ。
 年の頃10代後半と思われる女の子がいる。
 外見は可愛い。
 だけど、私はこの娘が苦手で、いつも、この娘のレジを避けている。
 何故か?
 私を蔑ろにするからだ。
 いつもツンとしていて視線を向けてこない。こっちが「領収書お願いします」と言っても無視、聞こえなかったのかなと繰り返しても答えない。
 でも、領収書は用意されるので、聞こえてはいたのだ!
 なんか、いつものことで腹立たしかった。
「少し…っちゅうか、かなり可愛いからってお高くとまりやがって!」
 と、ムカつくのだが、無視されるので、その人のレジは、空いてても並ばないことにした。

   (終章)
 ある日、私はまた、あの娘とは別のレジに並んでいた。
 あの娘のレジには誰も並んでいなかった。
 そこに男が入ろうとした。
 だが、男は急に回れ右して、あの娘のレジから遠ざかった!
 私は、あの娘のレジから逃げる、その男の顔を見た!
「オタク君」だった!
 ま、まさか、お、お前も、お、俺と同じ、「虐げられし民(たみ)」だったのか……っ!^_^;

   ◇
 リトミちゃんから頂いたきんつば。
 店で、はやみね作品を読んでいたサッキーにあげる、姪っ子がかつて読みあさっていたはやみねかおる作品。
 昔は良かった…、坊主写真で「いいね!」が103っ!!

     

                                         (2019/04/03)

コメント

[ネガティブな午前(前編:『無差別〇〇』の巻!)]

2019-04-03 09:20:04 | 新・街を行く

☆・・・今、母親を病院に連れて行ってるのだが、はじめ行こうと思っていた病院が休みだったので、別の病院に連れて行った。
 母親が『「行こうと思っていた病院が休みだったからここに来た」と伝えればいいかしら?』と言うので、
「そこの病院の先生がいい思いしないから、それを言うのはやめとけ!」と私は言った。

 私も、うちの店に来たお客さんが「俺ら、どこでも良かったけど、ここがガラガラだったから、ここに入った。両隣の店は混み混みだった」とか言われると、心にチクっとくる^_^;

 落語家の三遊亭鬼丸師匠がラジオで言っていた。
「落語会を催され、主催者に、自分を選んで貰ったことを感謝すると、主催者曰く、『いやぁ、誰でも良かったんだよ!(^-^)』と言われると、めげる…」と。
「そんな、犯罪者(通り魔)みたいな言い方しなくったって…^_^;」と。
     ◇
 写真は、月曜日の#ポスティングバイト 時。in国分寺

     

                          (2019/04/03)

コメント

[早朝の心源院の枝垂桜]

2019-04-03 06:45:16 | 新・街を行く

☆・・・この間(十日前)、彼女と来たときは、全く咲いていなかった。
 今朝、送り迎えのついでに観に来た。
 今年の咲きほこりはいまいちだけど、
 朝の澄んだ大気のなか、鳥のさえずりを聴きながらのお寺の境内散策は心地よい。

                          (2019/04/03)

コメント