リフトアップ 石垣島 エコツアー OpenPlace2 

沖縄は石垣島から元報道カメラマンが送る、海・空・山、自然が大好きな方へ! ツアー参加は「リフトアップエコツアー」で検索!

石垣島ローカル 「でいご食堂」の野菜ラーメンと塩ラーメン

2018年10月29日 | 美味しいもの

前から美味いと聞いていた「でいご食堂の塩ラーメン」を食べてみました。超さっぱり味で、そう言うのが好きな人には良いかも。優しい味です。餃子も美味いですよ。

友達のあっさんが食べていて美味しそうだった「野菜ラーメン」を後日食べに行きました。ボリュームたっぷりで味は醤油ベースかな? オイラにはこっちの方が好みです。前回来た時に感じた通り、やっぱり量が多く食べ応えあります。この値段でこの量は物凄い満足感! おすすめの餃子付けたらさらに満足度UP! 

同じ価格帯は満足のいくメニューが多いので今度また他のに挑戦して来ます。餃子も美味いですよ。 チャーハンはオイラには合いません。 お昼時から夕方4時か5時で終わったはずだから、昼食に行くのが懸命かも。

2011/9/24にBBS「けっけっけのページ」に掲載した記事です。当時と内容が違っていたらごめんなさい。「でいご食堂」は今でもお昼に行くと何時も混んでいて、相変わらず人気のお店です。

コメント

石垣島ローカル 「パーラー・あんぶれら」のソバ 

2018年10月01日 | 美味しいもの

最近気になっているのが「パーラー・あんぶれら」です。 見た目はキタナトランに出てきそうな感じなんですが(失礼)、石エコ会の副会長2人が連れて来てくれて「若い頃からあり、いまだに食べにくる」と言ってるくらいで、単純計算でもう30年(当時)くらいは営業してると言う保障付きです。オイラのファーストコンタクトは、まずは基本のソバから。画像はソバの小(当時)400円(おにぎり付き)です。

 

朝に沢山食べてきたので食べれないと思い「小」にしたんですが、やはり足りませんでした(笑)。おにぎり付きなんですがオイラの胃袋は若い頃のままのようです。汁はトンコツ醤油で美味しい!毎週金曜日ソバの日は50円引き。

2011/10/17にBBS「けっけっけのページ」に掲載した記事です。細かい数値、値段など間違いがあるかも知れないので下調べしてから行ってね! 各種定食や氷ぜんざいもあったはず。牛汁が人気だそうですが、オイラはそばが好きです。

コメント

ジーマミー豆腐

2018年09月24日 | 美味しいもの

ん、豆腐の写真? そうです、豆腐の画ですがジーマミー豆腐です(下っ手くそな画だなぁ)。ジーマミーは落花生(ピーナッツ)で作った豆腐で、甘辛いタレをかけて食べる、おやつみたいな豆腐です。わざわざお店で食べなくてもスーパーなどで売ってて、大抵100円(タレ付き)。そのまま食べても良いですが、お皿に移して電子レンジでチンして食べるのがオイラは好き。

でももっと美味しいのは揚げ出し豆腐にした時です。揚げるのが面倒な時はフライパンでやればお手軽。さらに手抜きしたければ麺つゆで食べて下さい。ちなみにオイラが好きなジーマミーの製造元は、お餅なども美味しい「玉城もち屋」の物です。ここのは大福も美味しいです。石垣のスーパーで見かけたら幾つかの製造元があるので食べ比べて見て、自分の好みの一品を見つけてみてください!

コメント

ビギンの上原ベーカリーのバターロール

2018年09月14日 | 美味しいもの

撮影ツアーはチョットお休みで、以前やっていたBBSの記事を少しづつ紹介していこうと思います。

ビギンの歌に出てくる「上原ベーカリーのバターロールパン」です。先輩ガイドのTさんが仲良しで、用事で一緒に行った時に頂きました。石垣島で1番古い老舗パン屋さんで、オイラが行ったのは製造所ですが、小売もしてくれます。もちろんあちこちのお店に卸してるので、製造所まで行かなくても買えますががここで買って食べた方が美味しいような気がするのは何故? 

味のタイプはヤマザキパンのナイススティックと同系ですが、バターロールのパン生地は「フワッフワのコッペパン」と言えば良いのかな? とにかく「フワッフワ」で凄く美味しいです! 他に「あずきパン(アンパンと書かない所が良い)」も人気です。

「リフトアップ石垣島エコツアー、けっけっけっのぺーじ」2013年10月21日の記事。

コメント

アーサー採りに行って来ました。

2018年03月19日 | 美味しいもの

アーサ(標準和名・ヒトエグサ、ヒトエグサ科)の季節なので数年ぶりに収穫に行って来ました。今年は出来が良くて豊作です。石垣の中でもキレイな場所で採らないと臭みが強いので、何時も行く北部の方まで足を延ばしました。ちなみにアオサ(青のりの原料、アオサ科)とアーサーは別種です。

この場所は採りに来る人もいないし潮通しも良いので上物が採れます。かつ、なるべく海中に浸かってる時間が長い位置の物を採った方が柔らかいし臭みも無く、爽やかな風味で味も良いです。問題は海水中の物はもちろん、湿ってるのを採ろうとするとヌルヌル滑って全然つまめません。物凄く採り辛いので確実にそういうのを収穫したい時は、滑り難いグローブなどをしないと厳しいでしょう。結局なかなか採れず面倒臭くなって来て、採り易い乾き気味のに手を出し後から「臭いなぁ、これは上の方に生えてた奴だなぁ」と思いながら渋々食べます。

でっかいザルにこれくらい採れました、数ヶ月分はあるでしょう。と思ったら「失敗した~!」、最後に砂やゴミを取る為に海水で洗って帰るんですが、久し振りだったのでちょうど砂が落ちる程度の目のザルを持って来るのを忘れてしまいました。その為にあまり砂が取れず、帰ってからまた水道水で洗い直す羽目に・・・。 本当はキレイな海水で洗ったらもうそのまま冷凍するなり乾燥させて、そのまま料理に使うのが美味しいんです。水道で洗ってしまうと風味が飛んでしまうのだ。 考えた末このままの状態で小分けにして冷凍、その日使う分だけ直前に水道水で砂を取り調理する、と言う事で解決。

美味しいアーサ入りの味噌汁や、すましを頂いていますが、やっぱり手抜きで採ったアーサーも混じっていて臭味を感じる時も。佃煮にすれば大丈夫かな? 気を取り直して近いうちに天ぷらも作りましよう、これが最高に美味い!

コメント

オイラのリクエスト通りのアンダギー!

2018年02月14日 | 美味しいもの

沖縄のお菓子と言えば「サータアンダギー(砂糖天ぷら)」が有名ですが、どれをとっても素朴な味でもちろんオイラも大好きなんですが、何でもっとこうしないんだろう?と思う部分が沢山あります。

もうちょっと甘くすれば良いのに、中にあんこ入れれば良いのに、あげる時に割れた所に砂糖の溶かしたの塗れば良いのに、などです。実は内地にはアンダギーとしては売ってないけどもうチョッとシットリしてて甘い生地で、割れた所に砂糖の溶かした奴が塗ってあるお菓子が既にあります。とっても大きくて美味しくて子供の頃、母親が出かけた時にデパートか何かで買って来て良く食べていました。石垣に住むオイラとしてはそれに負けて欲しくないのです!

そしてふと、地元のスーパー・サンエーの総菜コーナーを見るとオイラが思ってた餡入りが置いてあったんです。ただ普通のアンダギーより小さく、そのくせ単価も高いのでそのうちと思って随分経ち、ようやく今回食べて見る事にしました。

大きさはスーパーボールの大きい奴くらい、生地は少しシットリしてて甘く、沖縄ならではの紅芋の餡子が入っていっます。紅芋の餡子なので上品な甘さがとっても美味い! 割れた所に砂糖は塗っていませんが十分な美味しさです。ただオイラ的には値段が高い、紅芋が入っているので単価が高くなるのは分かるんですが、税抜き58円は高く感じます。せめて10個まとめて買う時だけでも500円くらいにして~!

スーパーの総菜コーナーの一角に売ってるので地元の人も存在をあまり知りません、ましてや観光客が知る由も。タイ焼きとか焼きそばとかソフトクリーム見たいにイートインコーナーとか観光地の売店で、あげたて1個50円で売っていれば凄く売れると思いませんか? と言っておきながら売れると高くなるのが世の常だから、無くならない程度にスーパーの片隅でひっそりと、でも確実にと売れてくれれば良いんでしょうね。

さらにこれ、高いのでこちらも躊躇してまだ食べた事ないんですが、黒糖味のモチモチ生地に黄粉?がかかり餡子が入っています。間違いなく美味しいはず! ただし大きさは同じくらいで単価もご覧の通り、税抜き88円。 単純にオイラがせこいから高く感じるだけだと思いますが、良かったら食べて見て下さい。オイラも内地にいた頃や、旅行先だったら食べてるはず。

コメント

美味しい柿

2018年01月10日 | 美味しいもの

先日買って来た柿なんですが、こんな柿をオイラは初めて食べました。それは決して高い柿ではなく、B級品、格安コーナーにあった柿です(笑)。オイラが好きな柿は半透明なゼリーみたいな見た目になった状態の柿で、普通の人が好きなカリカリした柿は好きじゃありません。と言うかそう言うのを食べるのが普通だと思っていた時は嫌いでした。それが数年前に富有柿の良いのを貰った時に「良い柿は半透明な熟々のを食べるんだよ」と教えられて食べて見たら目から鱗!「あぁ、柿って美味しかったんだ」。

気持ち悪く見えたらごめなさい、ブログに載せようとか関係なく、たまたま画像に撮っておいただけなんですが、この柿がかつてない美味しさをオイラにくれたご奉仕コーナーにあった柿です(笑)。上に書いたように半透明のゼリー状の様な何時もの甘い柿だと思っていたんですが、それだけじゃありませんでした。カプッと食べて見るとこの半透明の中に何と「栗きんとんの様な感触と味が!」。栗きんとんの栗と餡を足して2で割ったような感触です。こんな美味いの食べた事ない!

この格安コーナーの柿は4つ入りだったんですが、他の3個は普通の甘くて柔らかい柿でした。その後も同じような柿を何度か買っては見たんですが、これと同じ状態の超美味い柿には未だ巡り会っていません。あぁ、また食べたい~!

コメント

ガザミ、カマイ、ヒージャー、一度に全部食べた!

2017年03月22日 | 美味しいもの

先日、西表にお祝いで行ったらお土産にノコギリガザミ、カマイ(リュウキュウイノシシ)の肉、ヒージャー(ヤギ)汁と八重山三大ご馳走と言って良いかな?全部貰いました! カマイ肉に関しては本当は刺身で食って行けと言われたんですが、ウィルスと寄生虫が怖いので遠慮しておきました。ただ西表のカマイは内地のような豚との混血は皆無で、その為に生でも大丈夫だと言われています。ですので食べるかどうかは貴方次第。と言っても西表に行かないと刺身は食べられません。地元の人でもさばいた当日以外は食べません! ガザミは一匹まるまる頂いたんですが、画像を見てわかるとおり、ハサミだけでオイラの手と同じ大きさ! 割るのにハンマーがいりますが、中身の身の量は凄いです!

この中で一番美味いのはどれって?て思うでしょう。オイラ的にはカマイ肉とヒージャー汁がどっこいです。カマイも今回は焼いて食べましたが、すき焼きにするとさらに美味いし、ヒージャー汁は上手な人が作るとモツ鍋程度の臭みしかなく、ホルモンが柔らかくて凄い美味しいです! カマイ肉も下手な人が下処理すると毛がいっぱい残ってたりで最悪ですが、今回のはとっても美味しかったです。 最近ではヒージャーが沖縄県内でも観光客にも人気で物凄く高値で取引され、お店でも単価を上げざるをへないと新聞に出ていました。地元での人気店「一休」の駐車場も、地元ナンバーとレンタカーで今まで以上にいっぱいいっぱいになってます。オイラ的には困った話です。  

感謝を込めて、(お命)いただきました。
くれた方、ありがとうございました。

コメント

実は美容にも健康にも良い、青パパイアの凄さ

2016年09月09日 | 美味しいもの

パパイヤ(パパイア科)の雌花が実になって行く途中のがありました。 パパイアは雌雄異株で、雌花が受粉すると画像のようになって膨らんできます(あまり知られてないが、実は両性花もります!)。

雄花はやはり数が多く花は雌花より小さめで、プロペラのような感じで可愛いです。 雄花も雌花も匂いがとても良いので見かけたら自己責任で試してみて下さい。

これが雄花。大き目でこの花が一番最初の画の様になって行くんですね。

 

豊作です(笑)。 石垣島(沖縄県)ではご存知の通り青い内に野菜や漬物として食べます。 チャンプルーに入れてもおいしいし、サラダとしてもおいしいです。 実は果実の部分だけでなくパパイアはあらゆる所が役に立ちます。 

種はわさび代わり、汁は化粧品や消毒、火傷、日焼け、虫刺され、アトピーなど色んな事に使えます。肉を柔らかくする酵素も含まれ消化酵素として胃腸薬にもなるそうですが、この酵素の成分が物凄い効能があるようですよ 根も食べられると言う事で、多分花も茎も食べられると思います。ヤギやウサギなどはこの葉が大好きなんですが、パパイヤ茶と言うのもあります。ポリフェノール、食物繊維、癌予防、免疫力UP、疲労回復、糖尿病、美肌、脂肪を溶かすのでダイエットにも良いですね。 じゃぁ明日パパイヤを買って来て食べよう!と思った内地の方、果物として食べるよりも青い内に食べた方がこれらの成分が多いそうです!内地に青いいパパイア売ってるのかなぁ? 南の国の人々はそれを知っていたんでしょうか?!

コメント

家で育てたピーチパインが完熟です!

2016年06月22日 | 美味しいもの

熱研で貰って来たピーチパインの苗木(脇芽)を黒鉢に入れて育てていたんですが、先日花が咲いたのを紹介しましたね。 その時のがようやくオレンジに完熟したので収穫して食べました! 

内地の人がお店で並んでいるのを見るのは左のような青い物ですね。これでも十分甘いんです。 熟した物を出荷すると汁が出て来たり傷んで来るので青いまま出荷します。 ですからこう言うオレンジ色の完熟のは見る事は無いと思いますが、本当はこの状態のが一番甘いんです。 ただそれは生産地に行かないとなかなか食べられないでしょう。 だから石垣島に来てからパインを食べると皆さん「美味い、美味い」と言ってバクバク食べます。 以前親戚にオレンジに近いのを送ったらギリギリ腐らずに届きましたが、果汁が溢れ出して凄い甘い匂いが部屋中に漂っていました。物凄い甘かったので凄い喜ばれたけど。

ちょっと熟れ過ぎたかなと思ったんですが切ってみるとご覧の通りのキレイな果肉です! 半透明になってる部分が完熟の証拠!ココがメッチャ甘い! 食べてみるとオイラが育てたとは思えないくらい物凄く美味しくて感動しました! まぁ熱研がくれた苗木が良かったんでしょうけど。

パインってどうやって次を育てるかと言うと、下図のように果肉の頭の部分を切り落としたら2~3日乾かして、それをまた植えます。 せいぜい8月までに植えないと良くないとかで、農家の人達は出荷しと思ったら直ぐに植え付けだそうです。 パインは根より葉が大事で葉の部分が大きく広がり折れないように、肥料や農薬まき以外は殆ど畑に入らないようにして葉を折らないように気を付けるとの事。 

今回のパイン(果肉)がチョイ小さ目だったのは葉が折れたせいもありますが、次の苗木が欲しかったので頭の葉の成長を止めなかった事です。 果肉を大きくしたい場合は頭の葉に栄養を取られないように葉の中心(成長点)を傷つけて果肉に栄養が行くようにしないといけないんです。

もう一つは↓のように新しい葉が出て来て既にもう育って来てるのが分かりますか? これを大事に育てて行けばまた来年、新しい花が咲き実が付く訳です。 さらに果肉の下にも2つ脇芽が出てるのが分かりますか? これも使えるんですが、果肉を取る時に上手くやらないと駄目になるし、最初から諦めて既に育ってる本株の新芽に栄養を優先させる為には摘んじゃった方が良いと言う考えもあります。

こうやって見るとこの株に関しては次世代を最大4つ取れる訳です。 一応小さい脇芽も植えて見るけど、さてどうなるかな?  

コメント