リフトアップ 石垣島 エコツアー OpenPlace2 

沖縄は石垣島から元報道カメラマンが送る、海・空・山、自然が大好きな方へ! ツアー参加は「リフトアップエコツアー」で検索!

凝灰岩の中の水晶

2018年05月28日 | 海が好き!

海岸トレッキングのツアーでお見せする物の一つに凝灰岩の中に埋もれた晶洞があります。晶洞と言うのは岩石の中に出来た空洞で、中に水晶などが出来ています。周囲の岩石と同じ鉱物、生成過程で出来た結晶が出来ているのを同質晶洞(Druse ドルーゼ)、違う場合は異質晶洞(Geodeジオード)と言います。

今回のは岩石は凝灰岩で晶洞の中はおらくこれは水晶なので、異質晶洞で良いのかな? 手前にデカい水晶一つ周囲に細かい水晶を張り巡らしたような構造です。掘り出して持って帰りたいけどその労力もさる事ながら、やはり自然のままにしておいて、ツアーに参加して頂いたお客様に見て頂きましょう。他にもメノウや鍾乳洞、風葬跡、海蝕洞、雨の化石など、海岸トレッキングではコースによって色んな面白い物が見れます。宣伝かい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだ2月なのに、ヤエヤマギョクシンカ咲き始めた?

2018年02月21日 | 海が好き!

海岸林が好きなヤエヤマギョクシンカ(アカネ科)が咲こうとしていました。もう少ししたら花びらが広がって満開!、と言った感じでしょうか。ただ過去のを知らべて見たら一番早くて4月の開花になってます。まさかこのまま4月ごろまで過ごすんでしょうか?

しばらく様子を見て、いつ開き切るか観察しましよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久し振りに北部に行って来ました

2018年01月18日 | 海が好き!

蝶の集団越冬を撮ろうと久しぶりに北部に行って来たんですが、あんまり良い天気だったので海の写真も撮っておきました。雨の多い石垣の冬に久し振りの晴れです。

牛さんが草をはみ、雲がのんびり流れる、こんな景色が何時までも続く石垣島であって欲しいんですが・・・、

★昨日今日と朝が早かったので昨夜はメチャ早く寝ました。おかげで掲載が遅れてしまいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またもユメゴンドウが

2017年10月18日 | 海が好き!

月曜日に座礁して苦労して沖に戻したユメゴンドウ(小さいクジラ)がまたも座礁してると言う事で連絡がありました。しかも聞いてみたら月曜日のあのあと夜の8時過ぎにも小さいマングローブで座礁して助けに行ってたとか。

今日は6頭だけでしたが、かなり潮が上がった場所で座礁していた数頭は、仕方ないので直ぐ横に穴を掘ってそこにブルーシートを置いて転がして10人くらいで持ち上げ沖まで運びました。この日の1回目がこれです。ただ殆どの人が1回やれば終わりだと思って帰ってしまいますが、実はここからが長いのです! 沖に戻してもパニックになってたり、何らかの理由があって殆どがまた戻って来てしまいます。それが何回も繰り返されるので暫く監視してないといけないんです。

そして今回も案の定、何度か戻って来てしまいましたが残っているのは4人ほど。この日の満潮の16時過ぎに最後に沖まで連れて行き取り敢えず終了。台風が近づいて来てるので人間も危ないのでこれ以上は出来ません。

これが3回目の時です。眼を瞑ってますが死んでる訳では無いですよ。浅い所に来るとなぜか平衡が保てなくてこんなんなっちゃいます。だから呼吸の穴が上に来るように支えてあげます。ただクジラやイルカも海の生き物なので魚と同じでずっと持ってると火傷しますから、時々場所を変えたり軍手はめてやります。呼吸が整って体力が回復してきたら沖に誘導して行きます。

ヒックリ返っちゃう時もあります。これも死んでる訳じゃありません。この子を沖まで移動させた時にこの子は良く鳴いてたので、別の1頭がスーと寄って来ました。。最初は全然見えてなかったのに何時の間にか近寄って来たのでこの子達の声もかなり遠くまで届いてるんだと分かりました。

はぁ~、明日は(正確には今日は)もう来ないと良いなぁ、海の中をかなり歩くのでもうクタクタです。

 

続報

今朝も1頭座礁し現在は沖に戻し、監視中。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満潮時のマングローブは

2017年10月16日 | 海が好き!

マングローブを見に行くと言うと、普通干潮時ですよね。そして誰もが一度は思う、満潮時ってどうなってるんだろう?呼吸は出来てるの?ってね。 と言う訳で今回は満潮時のまだ若い背の低いヤエヤマヒルギの画像を載せます。かなり天気悪いですね、真昼間なんですが。

 

この場所ではこんな感じで浅い所のはまだ頭が出てるんですが、ほんのチョッとズレると全部潮に浸かります。それこそそんな子達は息が出来てるの?と心配になりますよね。ではどうやって呼吸しているんでしょうか?それとも水が被ってる間は息してないの? インターネットなどで調べても「その為に根を高い所から出して満潮時でも呼吸出来るようにしてる」と言うのばかりで全部水に浸かってしまうヒルギの事は書いていません。う~む、

と言う訳で今のところ「こうじゃないかな?」と言われている範囲で説明しますと、

○ヒルギの仲間は根に結構隙間があり、そこに空気が含まれているのでこれを利用している。

○いくら海の中に生えていると言っても海岸沿いです。サンゴと同じで太陽光が海底まで届く程度の深さなので、どうやら水中で光合成をしている、そしてその光合成で出来た酸素で呼吸している、と言うのがほぼ正しいとされています。ヒルギの仲間は葉だけでなく全体で光合成するんですが、幹よりも根の部分に非常に多くの葉緑体を持っています。これが水に浸かる(普通に呼吸出来なくなる)部分により酸素を供給する為の工夫なんじゃないかとされています。

この2つはほぼ正しいようです。

あともう1つ、ここからはまだ推測ですがヒルギの仲間は水場にいますから根の部分に結構藻類が付いています。藻類ですから当然光合成します。この藻類達が作った酸素(エネルギーも?)を貰ってるんじゃないか?という考えです。これもサンゴと似てますね。ただ、かなり色んな方が研究してるんですが証明する事が難しく未だ推測の域を出ていません。

以上、間違っていたら遠慮なく訂正コメント下さい。オイラのブログは皆さん参加型です!

 

今日、名蔵湾にユメゴンドウ(一応クジラ)が14頭座礁してるから手伝いに来て!、と電話があり行って来ました。数頭にサメに襲われた跡があり、歯形やパックリ切れてる物、血が出てるのもいました。どうやらパニックになり逃げた結果が原因のようです。潮が上がるとともに死ぬような事は無くなったんですが、怯えているのかなかなか沖に出て行きません。出て行ったかと思うとまた戻って来て浅い所に来るとひっくり返ってしまいます。そうなると息が出来ないので背びれを持って呼吸の穴が上を向くように支えてあげます。そして落ち着くとまた沖へ。これを何時間も繰り返し、そろそろ良いだろうとなったのが5~6時間後。クタクタになりましたが何とかなって良かったです。ただ今のオイラは水中カメラが無いので画像が一枚も無いのが残念です(泣)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

でっかいエイ!

2017年08月18日 | 海が好き!

先日のスノーケルツアーの記事でエイの画像が無いのを気にかけて頂き、Mさんご夫婦がその時の画像を送って来てくれました(ありがとうございます)。これで見ても分かる通り、かなりデカいでしょ。画像はこれ一枚と言う事と、尾には画像でもチラッと写っていますが、ヒレがあります。そしてウィキぺディアのアカエイ科に出て来る画像がかなり近い気がしますが、何エイなのか書いてません。

さぁこれでエイに詳しい方、同定してコメント下さい! オイラのブログは読者参加型です(笑)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川平湾

2017年04月05日 | 海が好き!

仕事で久し振りに川平湾の公園側に行ってきました。暫く来ないうちに公園内も様変わりしてるし駐車場も増えてるし、何より外国人観光客が多いのに驚きました。日本語より圧倒的に外国語が聞こえて来ます。オイラが行ったのは公園の端からだったので、それでも人は少なかったんですがグラスボートがある方に近付くにつれて人が増え来ます。さすがミシュラン・3っ星。

潮が引くと向こうに見える島に歩いて渡る事が出来るルートがあります。オイラもツアーで時々行きますが脚が強い人なら外海に回り込んで一周したり、一周しなくてもここでしか見れないような風景や生き物なども見れたり結構面白いです。ただこの白い砂に石垣の暑さが加わるのでちゃんとした格好と準備で行かないと死にます(笑)。 甘く考えてると自然は優しく無いですよ。あと時々石垣に移住したばかりの人が知らずに泳いでいますが、川平湾は遊泳禁止です!なぜなら潮の流れが速くて危険だからです。

さぁ、川平観音様にお祈りして帰りましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末に見つけた洞窟内で、つづき、の後の本番

2017年01月09日 | 海が好き!

教育委員会に陶器の場所を案内したので本来のガイドの仕事に戻り、お客様をご案内しました。海岸沿いをトレッキングしながら石灰岩に出来るカルサイトを見て貰ったり鍾乳石を見て貰ったり、岩場を登ったり下りたり、と言うか色々説明するより今回のコースはこれが一番面白いんだと思います。海外ではコースタリングと言いますが、ハードなのだと歩いて登ってだけでなく、ライフジャケットやフェルトブーツをはいて、落ちて、泳いで、カヌーも入れたりして進みます。落ちると言うのは海にですよ。

今回はそこまでハードじゃないので普通に海岸トレッキングです。と言っても今回も岩場を登ったり下りたり、しがみ付きながらながら横移動したりしながら進みましたが、お客様は50代半ば。普通の人なら行けるコースです。中にはこんな短い岩のトンネルから海に出るような場所もあり飽きる事はありません。 海に入るのは苦手って方にも良いかも知れませんね。

そして何よりも、ず~とこんな絶景が見えてる事が最大の楽しみかも知れませんね。カメラを持って来ないと後悔しますよ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕陽とヒルギ

2016年12月28日 | 海が好き!

植樹したヤエヤマヒルギを月に何度か点検しに行くんですが、つい先月植えたものは台風後に植えたおかげで全て元気でした。この子達が来年の海藻シーズンや台風シーズンを乗り越えどこまで育つかは自然に任せるしかないんですが、少しでも力になる為に絡まったゴミや海草を外しに行くのです。

次の画像のは去年植樹したものです。海藻や台風でさんざん痛めつけられ、一時は葉が一枚も無くなりもう駄目かなと思ってたら翌月から次々と復活! ただ今になって良く見ると早くも枝が二股に伸びて来てます。やはり生長点がかなり痛めつけられたんでしょう。それでもこの生命力には驚きます。このまま上手く育つと良いなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹富島に沈む夕日

2016年11月18日 | 海が好き!

風景が続いてますが秋なので空がキレイなんです。竹富島と左奥に見えてるのは西表島ですよ。この日のウォーキングはバンナ公園内からエメラルドグリーンの見える展望台まで続く階段を上がって、展望台横から撮りました。誰でも行けるので観光客の方もぜひ歩いてみて下さい。この日は団体さんがいたので一段下で止めておきましたが、ここまでの行く途中も楽しめると思いますよ。

フリーのスマホ用アプリに「山旅ロガー」と言うのがあります。これはスマホに内臓のGPSと国土地理院などの地図を利用してガーミンのようなGPSとして使えるモノなんですが、これがあると山はもちろん、日常でもどれくらい移動したか歩きでも自転車でも距離や歩いた軌跡が分かるんです。車でも分かるんですが車の場合ちゃんと窓際に置いておかないと跳びます。 ただ距離と軌跡が分かるだけなんですが、これが楽しくて色んな所を歩いては距離を計って喜んでます(笑)。

何時も夕方が歩いたり走ったりする時間なので、しばらく夕方の画像が続きますよ~。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加