ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




昨年、七刷まで出させて頂きました拙著「思いどおりに作曲ができる本」の改訂新版としてお届けさせていただきました、

「もっと!思いどおりに作曲ができる本」が、この度、版を重ねさせて頂くことになりました

 

紙の本が売れなくなっているという昨今、本当にありがたいお話でございます。

 

2010年2月に上梓させて頂きました「思いどおりに作曲ができる本」に関しましては、

僕のHPの中の「緑の歩み」に詳しいですが、

発売直前には、あまりの寝不足と溜まりに溜まった疲れに、生まれて初めて「気が遠のく」体験を致しました。

校正の為の赤いペンを持つ自分の手が、何メートルも先にあるような感覚

 

しかし、発売後にも修正箇所が沢山見つかりまして(すみません!)、

各方面の多くの方の助けを借りながら、版を重ねさせて頂くごとに修正されていきまして(いつだって最後だと思っていたのに・・・)

そして、もう「さすがに無いだろう」と、最後の最後だと思った七刷でも

「むむーっ、ここは」っという箇所が後から見つかったりもして。

 

・・・本の校正って、死ぬほど難しいです!!

 

そして、昨年の改訂新版「もっと!~」のお話を頂きました時は、担当編集者の方も代わり、

「今度こそ、完璧なものにしましょう」と言って頂き、新しい目で、細かな部分まで入念にチェックして頂き、

さあ、これでいよいよパーフェクトだろう、と思われたものの。

 

一箇所!

 

あったのです。

日本語の間違えが。

読めてしまうので、実は初版から、ずっと誰にも気づかれないままに残っていた一言、

・・・カタカナが、一文字、抜けていたのです。

編集者の方も

「すみません!私も、校正部の人間も見落としていました・・・」

勿論、僕なんて、10年も気付かなかったのですから(自分の本ですから、詳しくは読み返しませんけれども)。

 

これが分かった時は、膝の力が・・・。

(あちゃー。本は売れない時代だし、もうこれで、修正もできないまま終わりかな。。。やっちゃったなあ。。。

と思っていたのですが、

 

なんと、昨年末のクリスマスの日に、

「重版が決まりました」

との連絡が、出版社から。

 

ならば。

これで、ようやく

 

 

無印緑ちゃんの初版が2010年2月25日、

そして、今回のもっと!緑ちゃんの二刷が、2020年2月20日。

 

約10年の歳月が流れましたが、いよいよ、完成致しました。

 

完成・・・だと思います(笑)!

 

もしも、もしもですよ。

 

「川村さん、ここ・・・」という箇所を見つけて下さったら、たとえ、文字一文字、音符一個であっても、是非ともお知らせください。

 

心から尊敬いたします

(それだけ、細かく読んで頂けたということですものね。。。そしたら、もう、編集者、プロの校正、そして勿論、著者以上です)

 

 

多分ね、もう僕は、次の本を書くことは無いと思うんですよ。

だって、僕の思いは、この本に書きましたので。。。

そして、10年ずっと付き合って、向き合って、修正してきましたので(長らく、すみませんでした)。

 

とにもかくにも、10年にも渡るご愛顧、心から感謝いたします。

本当に、どうもありがとうございます。

 

これから、是非とも、どうぞよろしくお願い致します。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ケンとメリー... 梅味のものは... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。