おじしゃんのデジカメ奮闘記

越後柏崎に生息し、越後の四季折々の風景を写真で紹介

棚田の初雪

2008-11-30 06:25:06 | 棚田
今回の初雪は30cmほどの積雪だったそうですが、訪ねた時はご覧に状態。
したがってポイントまで車で行く事ができましたが、
雪で覆われるような積雪になった場合は・・・たぶん通行不能?・・・カンジキを履いて?

運が良ければ薄っすらと雪に覆われた景色に出会えるかも知れません。
そして、それが雪解けの春までの別れになるかも知れません。











初冬の峠

2008-11-29 05:30:28 | 棚田
峠の棚田にも初雪が降りました。
蒲生の棚田と違い斜面が広く、また棚田の前に障害となるものが無いため、
雪の消えるのが早いのか雪の量が少ないようです。
雪の白で覆い尽くされた棚田はどんなだろうと想像しながらシャッターを切りました。







雪と残り紅葉

2008-11-28 15:03:39 | 棚田
今日は朝からシトシトと秋雨。
20日に降った初雪も連日の雨ですっかり消えてしまったのではないでしょうか?

24日の棚田の景色・・・雪に残り紅葉が彩ます。
そう思いません?・・・またまた無理に思わせる・・・やはり無理でありますかな(笑)


           



            

蒲生の棚田

2008-11-28 05:20:47 | 棚田
初雪が降り雪景色へと変わった蒲生の棚田。
雪の棚田もなかなか素適な感じがいたします。そう思いません?・・・無理やり思わせる(笑)
来年の春まで冬眠に入る棚田です。










初冬の棚田の里

2008-11-27 05:15:06 | 棚田
11月20日、棚田の里に初雪が降りました。
地域によっては除雪車が初出動したとも聞いています。

初雪の棚田を訪ねてみたい・・・そんな気持ちでいっぱいでしたが、
あいにくの仕事・・・雪よ休みまで消えないでいてくれ・・・そんな願いでした(笑)
「雪よ消えないでいてくれ・・・」こんなこんな言葉を地元の人が聞いたら
さぞかし立腹するでしょうねぇ~

冬・・・そして、寒さは一番の嫌いですが、写真となると話は別! 
雪の中でも、寒くても訪ねてみたい・・・わがまま、気まぐれなおじしゃんであります(笑)
初雪が少し残る棚田の里の景色です。











晩秋の棚田

2008-11-26 15:34:26 | 棚田
今日は予報に反してお日様が顔を出す。青空も広がった。こんな日は気持ちが良い!
晴れた日の棚田を見ながらぶらぶら歩く・・・じょんのびだろうねぇ~♪

棚田を訪ねた日は生憎の秋雨。運よく雨は上がってくれたが、心なしか淋しさを漂わせる棚田。
何か越後人のイメージのようで好きになれないのであるが(笑)
やはりお日様の光を受けた元気な棚田がいい! こちらも何かしら元気をもらえるような気がする。

そんな棚田に逢いたいのであるが、なかなか上手くいかないものである。
今度訪ねる時は雪景色かな?


           


           

秋雨に霞む

2008-11-26 06:35:53 | 棚田
田んぼが「代かき」され、水が張られ、棚田もすっかり冬の準備ができたようです。

どうしてたんぼに水を張っておく?
それは、田んぼのひび割れを防ぎ、畦(田んぼ)が崩れるのを防止するためです。
水が無いと田んぼにひびが入り、水を入れたときひびから水が漏れ、田んぼが崩れるということです。

それに、水の持ちを良くするためでもあります。棚田の水源は、山沢の清水であり、限りがあります。
大切に使用したい「水」。田んぼという器を常に濡らしておく事によりひび割れを防止し、
水持ちを良くすることにあります。

そして、水を張っておくことにより、「雪消え」を早くすることにあります。
田舎に行くと決ったように家の後に池が有ると思います。
この池、屋根から落ちた雪を「早く消す」役目をしているそうです。これと同じですね。

先人達の知恵が受け継がれた棚田・・・日本の原風景ですね。





コメント (2)

秋雨の棚田

2008-11-25 05:57:22 | 棚田
この時期になると天候が不順になる。
雨に風がお供して吹き荒れる。たまに青空が見えたと思うと、あっという間に鉛色の空に変身。

秋雨の中、「もしや止んでくれるのでは・・・」と期待して星峠の棚田へ。
願いが通じたのか雨は上がりましたが、だぁ~れも居ません。
こんな時期、それも雨降りに・・・変わっているおじしゃんだけか?

ポツポツあたり始めたので早々に切り上げる。
でも、収穫あり! 新しい撮影ポイントをゲット!・・・・おじしゃんにとっては(笑)





コメント (2)

初雪の米山

2008-11-24 05:43:53 | 風景
妙に冷え込むと思ったら、米山さんが真っ白に。
いよいよ我が地にも冬将軍が到来のようであります。
山間部は除雪車が初出動した所もあるようですが、
原発の街の本格的な冬はもう少し先になるでしょう。

仕事場からの米山です。










晩秋の不動滝

2008-11-23 06:12:06 | 
妙高高原を訪ねると決ったように寄って来る所のひとつが、関温泉の近くある“不動滝”。
紅葉の時期は残念ながら訪ねられなかったが、晩秋の滝景色はと思い立ち寄ってみました。

この不動滝は関温泉から赤倉温泉へ抜ける道路上から見れる・・・
車から降りて「はい、滝!」のため、歩くことが苦手な人にむいているかも(笑)

しかし、このように一気に流れ落ちる滝の撮り方、難しいですねぇ~
何回撮っても、いっつも同じ表情。
撮った写真を見ては毎回考えさせられるのですが、今回も・・・・

               



               



不動滝からの帰り道、こんな風景に出会いました。
これが美味しい“たくあん”の原形ですよネ。
それにしても何とスマートな・・・ついついいろいろな想像を(笑)