卍の城物語

弘前・津軽地方の美味しいお店と素晴らしい温泉を紹介するブログです

松川温泉 松楓荘

2012-01-18 00:20:32 | 温泉(岩手県)
津軽SA(下り)へ初めて行った。
自分の家の一番近所のICは大鰐・弘前で、青森市方面へ行くとしても家からは逆方向になるから青森方面へ利用する事はない。
もちろん岩手や宮城の帰りは大鰐・弘前で下りるので、大鰐と黒石の間にある津軽SAを通ることすらなかったが、日曜日の松川温泉の帰りに暇だったから立寄った。
ま、別になんのことはない小さなSAだが、暇だったからラーメン食べたが家で作れるレベルでした・・・。
ちなみにファミリマートは上りにしかないのね・・・。ま、どうでもいい話。


「松川温泉郷」巡りの最後は「松楓荘(しょうふうそう)」です。

場所は、松川温泉の三軒の旅館のうち一番手前にある。
県道212号線沿いに看板があるので左折し、100mほど下ったところにある。


秘湯を守る会の旅館だが、ここも他の二軒と同様に日帰りを受け付けている。

三軒のうちの一番古い宿で、渓谷沿いにある。

余談だが、三軒のうちのどちらかに宿泊すると他の二軒に無料入浴出来るそうである。


外観はかなり鄙びた感じ。秘湯って感じ。
玄関入っても鄙びた感じ。
看板猫がお出迎え。泣き声が館内に響いてかなりうるさい・・・。

支払いを済ませると、温泉玉子orヤクルトの引換券がもらえる。
何の券だかよくわからなかったのですぐ捨ててしまいました・・・。


浴場は、男女別内湯、混浴露天風呂、女性露天風呂、洞窟露天風呂とある。


まず内湯。
浴槽が1つあり、男湯と女湯の境に巨岩がドーン!!と置いてある。とんでもないところに浴場を作ったもんである。

カランはないが、洗い場は仕切られていて、左右に掛け湯(別源泉?)の桶がある。

お湯は乳白色で、微かに酸味、硫化水素臭と硫黄臭がする。

浴槽は44度の10人ほどのサイズ。かなり深い。

源泉に直接加水しての掛け流しになっている。
湯量も多くドバドバ掛け流しされているが、造りが悪いのか、すぐ廃湯されるのがちょっと残念。

しかし、この内湯のお湯は三軒の全ての浴槽で一番濃かった!

湯気がモウモウと立ち煙り、かなり幻想的な空間であった。


続いて混浴露天風呂。

脱衣場は男女別。
洗い場はない。



お湯は青み掛かった透明で、弱酸味、硫化水素臭と弱硫黄臭。

浴槽は43度の10人強サイズ。

源泉掛け流しと、おなじみの蒸気パイプが浴槽へ。


ラッキーな事に貸切状態だったので、ゆったりと湯浴み。

松川渓流沿いにあるので、川のせせらぎを聞きながら、そして眺めながら(浸かりながらは観れないが)の入浴は最高です。

それにしてもお湯が少し薄いのが残念でした。


最後は名物の洞窟露天風呂へ。

まず旅館の玄関を通ってから少し進んだら左側に入り口があるのでそこで履物を借りて(今の季節だと長靴が用意されている)、外に出てつり橋を渡って階段を下るとあります。

脱衣スペースは非常に狭いので、混んでる時は厳しい。

洗い場はない。

洞窟を掘りぬいて造られた浴槽は45度の10人サイズ。

お湯は青み掛かった透明で、微かに酸味、硫化水素臭と弱硫黄臭。

ここは源泉に直接加水していた。


ここも運良く貸切状態だったので、ゆったりと浸かりました。

女性にとってはここの混浴は大変厳しいと思います。特に脱衣は。
ここだけ女性専用時間があるので利用した方が無難でしょう。


洞窟なので、湯気が篭ってか少しばかり外気温は低くなっています。

しかしここもお湯が透明な感じで薄かったのが非常に残念でした・・・。


ここは浴場全て同じ源泉(源泉は2本あるうちの温泉利用は1本のみ)を使用しているが、印象は全く違ったものになっていた。
内湯は大変素晴らしかったが、2つの露天はお湯が薄かったので期待とは外れた。


松川温泉を三軒巡るにあたり、一応事前調査して評価の低い順から廻ったが、事前の情報とは違っていたのが事実。
やはり温泉は生き物なので、その日その時間によって大きく顔を変えるので、あまり事前情報はあてにならないと思っていいかも。
お湯のコンディションの良し悪しはその日訪れた時の運次第です。

松川温泉の三軒の宿はどこも甲乙付け難く、どこも素晴らしかったです。

三軒も入ったが、浴後の体の硫黄臭はふわりと香る程度のこびり付きだったのが嬉しい誤算です。

 

オススメ度(温泉評価)・☆☆☆☆


泉質・単純硫黄泉
泉温・61.6度(加水あり)
効能・神経痛、リウマチ、皮膚炎、糖尿病、婦人病、アトピー、高血圧症など

料金・500円
備品・シャンプー、石鹸
施設・宿泊、売店、食事処広間

住所・岩手県八幡平市松尾寄木1-41
電話・0195-78-2245
立寄時間・8:00~20:00
定休日・なし
コメント   この記事についてブログを書く
« 松川温泉 峡雲荘 | トップ | 麺や 城 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

温泉(岩手県)」カテゴリの最新記事