中野京子の「花つむひとの部屋」

本と映画と音楽と。絵画の中の歴史と。

「怖いイエ」と「知るクスリ」?

2011年04月26日 | 朝日ベルばらkidsぷらざ
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画篇>」第61回の今日は「ドン・ファンとカサノヴァとダ・ポンテと」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2011/04/post-bbdc.html#more
 若き日のダ・ポンテを描いた「ドン・ジョヴァンニ~天才劇作家とモーツァルトの出会い」について書きました。

 映画の出来はさほどよろしからず、人物ははりぼて。驚いたのはCGの多用で(昨今の映画はどれもそうだとはいえるけれど)、室内の壁の蔵書までが全部そうだった。なんたるペラペラ感!

 黒澤明の小道具係は、「赤ひげ」のとき、開けもしない薬箱にも薬を入れておいたという有名なエピソードがあり、リアリティはそうしたところからも生まれていたのだなと改めて思う。

 さて、別の話。

 「覚え違いタイトル集」なるものをネットで見つけて、可笑しかった。「あんぜらすの鐘」が「アデランスの鐘」といった具合。以下、

「夜と霧」⇒「夜とキリン」
「神様のカルテ」⇒「カルテの神様」
「ハーメルンの笛吹き男」⇒「ハーメルンの音楽隊」
「どこでもない場所」⇒「とんでもない場所」
「誰がために鐘は鳴る」⇒「たんぼの中にタガメがいる」
「求めない」⇒「さがさない」
「悩む力」⇒「やめる力」etc.

 それで思い出しました。以前、ラジオで「怖い絵」についてお話したことがありました。すると翌日、書店で「怖いイエ」の注文があった由。

 もうひとつ、NHK「知る楽」に出演したあと、新聞に紹介が載りました。「らく」じゃなくて「くすり」になっていました!「楽」と「薬」は似た字ですもんね。


☆最新刊『中野京子と読み解く 名画の謎 ギリシャ神話篇』(文藝春秋)

 中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇
(画像をクリックするとアマゾンへゆきます)
文春「本の話」から、「自著を語る」(「謎が解けたら、絵画は最高のエンターテインメントになる」)はこちら

http://www.bunshun.co.jp/jicho/1104nakano/index.htm


☆「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」(光文社新書)
14刷中。NHKBSに出演番組がユーチュブで見られます♪⇒ http://www.youtube.com/watch?v=SX6wndSD6fA

名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)



☆「残酷な王と悲しみの王妃」(集英社) 2刷中。
 レンザブローで本書についてインタビューが載っています。お読みくださいね!⇒ http://renzaburo.jp/(「特設サイト」をクリックしてください)

残酷な王と悲しみの王妃

 
☆「『怖い絵』で人間を読む 」(NHK出版生活人新書) 7刷中。

「怖い絵」で人間を読む (生活人新書)

☆光文社新書「名画で読み解く ブルボン王朝12の物語」3刷中。

名画で読み解く ブルボン王朝 12の物語 (光文社新書 463) 


☆「怖い絵」16刷中。

怖い絵

☆「怖い絵2」、9刷中。

怖い絵2

☆「怖い絵3」 6刷中。

怖い絵3


☆「危険な世界史」(角川書店) 5刷中。
危険な世界史


「おとなのためのオペラ入門」(講談社+α文庫)
おとなのための「オペラ」入門 (講談社プラスアルファ文庫)

☆「恐怖と愛の映画102」(文春文庫)
 
 恐怖と愛の映画102 (文春文庫)

☆「歴史が語る 恋の嵐」(角川文庫)。「恋に死す」の文庫化版です。

歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「橋をめぐる物語」連載開始 | トップ | 「正義がなされた」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中々鋭い (真奈美)
2011-04-26 18:10:41
 マチガイでも案外本質をついていていておかしいこともありますね。ハーメルンの笛吹き男、連れ去った子供たちにも芸を仕込んでほんとに音楽隊になっているという展開もありかも。 まともに考えれば、『ブレーメンの音楽隊』とごっちゃになったのでしょうけど。
Unknown (真奈美さんへ(kyoko))
2011-04-28 17:09:31
 そういえば日本のタイトルは「ハーメルンのネズミ捕り男」とか、そういうのでしたよね。アンデルセンもそうですけど、グリムを知らない子がすごく増えてきています。

コメントを投稿

朝日ベルばらkidsぷらざ」カテゴリの最新記事