レーヌスのさざめき

レーヌスとはライン河のラテン名。ドイツ文化とローマ史の好きな筆者が、マンガや歴史や読書などシュミ語りします。

ご長寿マンガ家?

2017-04-29 11:06:30 | マンガ
 ブログの更新なんて義務じゃないからいくら開けたっていいんだーーとはいえ、1週間超だとなんとなく気がひけるので一言二言書こう。

 先日mixiで紹介されていた記事二つ。

 一つ目は、「連載40年、全62巻。少女マンガの名作『王家の紋章』で自宅にいながら大冒険へ」という題がつけられたもの。
 これを目にして、--終わったのか?と思うのは私だけではなかろう。タイトルをつけた人間の責任である。本文は正しく「既刊62巻」と書いてあるし、和久井さんによる真っ当な紹介である。だからといって読む気にはならないけどね。

 もう一つは、「ご長寿マンガ家」ランキング。上位3人は
1位 藤子不二雄A
2位 楳図かずお
3位 さいとう・たかを
 という結果になった。これは単に投票数の順位であって、必ずしも高齢の順ではない。理代子さんが細川さんよりも上になっているくらいだし。
 それにしても、『ベルばら』の紹介でマーガレットコミックスのあの表紙を出されるとやめろ~~!と言いたくなる。この絵では単にお姫様の話にしか見えない。同様の恥ずかしさは『エロイカ~』にもあてはまる。
 ・・・そこへいくと、『王家の紋章』は1巻でもまったく違和感がないのはすごいぞ。あと『ガラスの仮面』ね。読者の寿命も心配されているという共通点がある。

 ついでに。
 
 今月買ったコミックスの新刊は、『北斎のむすめ。』1巻 『ちはるさんの娘』3巻 だけだった。あ、~の娘が偶然に共通している。前者はいちおう歴史もの。娘も絵描きであったのは史実。「史実をもとにしたフィクションであり、史実とは異なる箇所があります」って、実録をうたっているわけでもないのにこんな注意書きが必要なほど読者がバカなのかクレーマーに神経質なのか。
 
 『ヘタリアAxis Powers歴史読本  ヘタリア的世界遺産Ⅲ フランス革命から21世紀まで』も売り場はコミックスと同じだった。
 亀さんの『世界史の問題児たち』は「サブカルチャー」だった。歴史の棚のほうが適切だと思うんだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エノーラ・ホームズ

2017-04-20 09:39:01 | 
ナンシー・スプリンガー『エノーラ・ホームズの事件簿』

 私は二次創作というものが好きであり、ホームズ・パスティーシュにも関心があるので以下の本を入手した。
「シャーロック・ホームズ・イレギュラーズ 未公表事件カタログ」

「ジュブナイル」に分類されている『エノーラ・ホームズ』を知った。
「エノーラ・ホームズの事件簿」
 ホームズの身内に関しては兄マイクロフト以外は判明していないが、この作品では、母が高齢出産した年の離れた妹を設定している。エノーラの14才の誕生日に母ユードリアが姿を消す。急ぎ戻ってきた兄たちは、使用人のほとんどいない屋敷、レディ教育をまるで受けていない妹の状態に驚愕する。ユードリアは婦人参政権論者の変わり者(当時としては)で、その点保守的な息子たちとはそりが合わなかった。夫の死後領地の管理をしていた。家庭教師の費用、馬車の費用等々、マイクロフトから金を送らせていたが、それらを着服ーーしかしエノーラの考えでは、領地管理をしていたのは母なので母にも受け取る権利はあるーーしていたことになる。ともかくマイクロフトはエノーラを寄宿学校へやろうとするが、閉じ込められることを拒否するエノーラも家出してロンドンに行く。母は暗号が得意で、それによってエノーラの資金も用意してあった。兄たちの追跡をかわしながら、「人探し屋」を始めるのだった。
 「ルルル文庫」という少女向けのレーベルながら、ロンドンの繁栄の影の貧困とか、女性たちの不自由さとか、ある意味では原作よりもシビアな要素がある。ファッションの描写に気を配っているあたりは少女マンガっぽくもある。
 2007~09に5巻まで出た。そのあとがきに、6巻で終わりでもう原書原稿は手元にあると書いてあるーーのに、その6巻は邦訳が出なかった模様。訳書が少し出ただけならまだしも、あと1冊なのに途絶えたというのは悔しさが増す。いまからでもなんとかならないものだろうか。
 直接に登場していない母の行方は不明なままだし、21歳の成人まで14才の少女が切れ者の兄たちをまききれるのも無理があるし、なにか譲歩し合うことが必然だろうけど、どういうふうに結末をつけたのだろうかと気になる。

 それにしても、ライトノベルも私は視野にある程度入れているし、小学館ならば目に入りやすいし、ホームズものとなると注目していてよさそうなのに、私がこれの存在を知らなかったのは我ながら不可解である。


北原尚彦『ホームズ連盟の事件簿』『ホームズ連盟の冒険』『シャーロック・ホームズの蒐集』
 これらはふつうにまだたぶん買えるくらいの本。前者二つは脇役たちのスピンオフ。『蒐集』は「語られざる事件」(原作中に○○の事件と名前だけ挙がっていて作品にはなっていないもの)を扱った正統派。
 ワトスンがホームズに誘われて出ている間に、妻メアリを昔の雇い主が訪ねてきて心配事をうちあける、それでメアリが探りに行って・・・という話で、「タイビリウス屋敷」という名前に「ティベリウス」?と思ったらやはりそうだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『地球絶景紀行』の宣伝

2017-04-15 10:34:36 | ドイツ
「地球絶景紀行」

 このまえと同様、BS-TBSの『地球絶景紀行』(いまは水曜になっている)で次回ドイツなので宣伝。ドレスデンやマイセンはけっこう紹介されるけど、「ザクセン・スイス」はあまり機会がない。エルベ河畔といえばハンブルクは大都市でよく出てくる。
 「花とゆめ」初期に忠津陽子の『エルベの王冠』という未完の連載があったらしい。タイトルだけでもいかにも「ロマンチック」である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駄作 仔羊の頭 アイム・トラベリング~ ホームズの気晴らし

2017-04-13 09:51:39 | 
ジェシー・ケラーマン『駄作』  2014ハヤカワ文庫
 アメリカ産ミステリー。借りた本の巻末の広告で面白そうだと思ったので。
 アーサーは、過去に1冊の小説を出したきり売れず、大学で創作科の講師をしている。長年の親友ビルは売れっ子作家で、密かに嫉妬を感じている。そのビルが事故死した。アーサーは、ビルの未完の遺作を、結末を書き足して自分の名前で発表して大ヒットするが、意外な方向へと引きずりこまれていく。
 実は~~だった!が二転三転して、こっちももうなにが正しいのかわからんようになってくる。
「本書には奇想天外な展開があることを警告しておきます」と裏表紙にわざわざ書いてあるが、・・・確かに奇天烈である。怒りやしないけど。でも二人の作家の間にある屈折した友情は読みどころ。


フランシスコ・アヤラ『仔羊の頭』 現代企画室 2011年
 現代スペインの作家(ただしすでに故人)。内戦後にアルゼンチンにまず亡命し、その後あちこちへ居を移したあと帰国した人物。
 内戦に絡んだ短編集、とはいえ直接に戦争が出てくるいうわけではあまりなく、それを痛手としてひきずっている人々の鬱屈が描かれる。最も印象に残ったのは『帰還』、亡命していた主人公が叔母に手紙で頼まれて帰国する。自分の逃亡のあとで友人が裏切っていたことを知り、再会を恐れながら町をさまよい、そして裏切りの原因を考えてみる。悩みや怒りや恐れの入り混じった心理の変化が面白かった。
 ところでこの本、私の個人的な「スペインイヤー」のころに岩波文庫で出た『スペイン文学案内』に載っていたリストで存在は知っていたが、市内の図書館になく、市外・県内に広げてもなかった。ところが、私のメモした『子羊の頭』が誤りで、『仔羊の頭』が正しいということを発見、それで検索したらなんと県内どころか市内にある本だと判明した。なんて融通のきかない機能だろう。


サムエル・ビョルク『オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン』 ディスカバー・トゥエンティワン
 ノルウェー産ミステリー。
 ミア・クリューゲルは、有能な刑事であるが、ある事件ゆえに問題視され、本人も鬱屈を抱えていた。
 いっそ死のうと決めていたところで、幼い女の子たちへの猟奇な殺人事件の捜査に引き込まれる。
 ところでこの副題は、殺された女の子についていた「一人旅をしています」を意味する航空会社で使うタグからとっている。なんとかならんのかこのカタカナそのまま手抜き題!


ルネ・レウヴァン『シャーロック・ホームズの気晴らし』 国書刊行会
 フランスの作家によるパスティーシュ。正統派。
 シェイクスピア=フランシス・ベーコン説等文学・歴史の題材が多いことも興味を引く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナマ顔

2017-04-06 13:55:41 |   ことばや名前
「ナマ足」という言葉が出てきたころ、新聞の投書欄に、「素足」というまともな言葉があるのに「ナマ足」なんて不快な言葉だという内容の声があった。

 私は、「素足」は足袋やソックスを履いていない「足」で涼しさや清潔さをイメージするし、「ナマ」はタイツやストッキングで覆っていない「脚」でムキ出し、涼しいというより寒そう、のニュアンスを感じる。


「素顔」は通常、化粧しない顔を指す。「スッピン」という言葉は、私は嫌いである、品がないと感じる。しかし、「素顔」に好ましいニュアンスをこめて使いたいので区別してスッピンが出てきたのだろうか。とはいえ「スッピン」を使っていても非難の意図が常にあるとも言えない。「ナマ顔」という言い方は出てこないだろうか。

 今日は風が強く、喉の弱い私がマスクなしでいたら自殺行為だと感じる勢いだった。
 私は、マスクしない状態を「ナマ顔」と呼びたい。昨今、化粧なしをごまかす目的でマスクを乱用する女が増えているらしい。反対する気はさらさらない。すると彼女たちは(あくまでも私が想定した上記の用法)ナマ顔であってナマ顔ではないということになる。

 マスクはまだまだ手放せない。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月の恒例行事

2017-04-01 09:34:49 | 
 行事ではないが、地元図書館では4月の1週間が蔵書整理のため休館になる。まぁ、買った本で未読のものの手元にたっぷりあるから、図書館が閉まるからといって大量に借り出しておかなければならないというものではないけど。

 手元の未読本は、
・集英社文庫の「ポケットマスターピース」のトルストイとドストエフスキー
 デュッセツドルフのFさんの配偶者はロシア文学がお好きなようなのでお送りするという名目で購入。そのうち、注文したチェーホフ(1,2年前に出た忠孝文庫)も届くだろう。
・角川文庫の『犯罪者』上下 太田愛さんは『相棒』の『最後のアトリエ』で感動して以来注目している。
・アマゾンで中古で買ったホームズパスティーシュが複数。
 これだけでも1週間で読めない。

 最も気がかりなのは、「予約」した本が届いて「取り置き済み」状態で休みに突入してしまわないかということ。日曜の午前に図書館に行って、そのあと届いたら、「取り置き済み」で火曜日まで待つことになってしまうのはうっとうしいけど、それが1週間もになると最悪である。特に、市外の本はけっこう夕方にはいってくることがある。目下、市外から取り寄せ待ちが3冊もあるのだ。来週の水曜から休館で、たぶん火曜の午前に私は行く。今日明日の間に少しは届いてもらいたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読んだのか読んでないのかの記憶

2017-03-26 08:17:29 | 
 図書館の「新着図書」に集英社文庫の『いつか、君へ Girls』が出ていた。「ナツイチ政策委員会」が2012年に出した、ヤングアダルト向きのアンソロジーである。『いつか、君へ Boys』『いつか、君と Girls』『いつか、君と Boys』と言う具合に4冊出た。これまでも図書館にはあった本がまた入ってきた場合、この「新着図書」に書かれるのかどうかはなにで決まるのだろうかと不思議に思う。

 それはさておき、この本は三浦しをんの作品もはいっているので、私は買った可能性が高い。しかし記憶にない。まあ借りて読むならいいか、混んでいるわけではないし、と借りた。

 『てっぺん信号』by三浦しをん 
 高校生の江美利は、フランス人の祖母を持ち、しかしその子である父はまったくそれらしくない容姿をしており、それでもおフランスかぶれの洋画家であり、江美利はぱっとしない容姿をしている。かっこいい先輩に片想いしており、美少女の親友がいる。
 授業中に窓の外で目撃される謎のモールス信号を追って、風変わりなおばあさんと出会う。

『眠り姫の星』by今野緒雪(マリみての作者)
 ある種のSF。男だけになってしまった星から来た少年と、コールドスリープで100年眠っていた少女が出会う。

 これらは面白くて、ほかにおなじみの作品のある作家なので、読んだら覚えていそうなものなのに覚えがない。ではこの本、買ってはいなかったのか?と思ったのだ。しかし、

『宗像くんと万年筆事件』by中田永一 
 小学生女子が同級生の高価な万年筆を盗んだ濡れ衣を着せられて、貧乏のせいで臭いと嫌がられている宗像くんが名探偵のようにそれを助けてくれる話

ーーは、確実に読んだ記憶があるのだ。

 検索したところ、これはけっこう何度も収録されている短編である。しかし、ほかの本は私が手にしそうではまったくない。ではやはり、『いつか、君へ Girls』を私は5年前に買って読んだのだろう。それにしても、『てっぺん信号』『眠り姫の星』を忘れていたことは腑に落ちない。

 図書館で登録すれば「マイライブラリー」なんてものができるけど、単に、いま借りている本と予約中の本しか出てこない。貸し出し履歴くらい記録できればいいのに。

付記。このブログ内検索をしたら、12年夏の記事に
 「景品のハチスタンプをもらいたい気はないけど、三浦しをんと今野緒雪がいるので『いつか。君へ Girls』を購入。」と書かれていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ダッハウの仕立師』

2017-03-19 07:34:59 | 
メアリー・チェンバレン『ダッハウの仕立師』  早川書房
 1940年ロンドン。貧しい家庭の長女エイダは服飾店に勤めている。腕の良さ、センスの良さは認められており、いつか自分の店を持つ夢を持っている。エイダは偶然、オーストリア=ハンガリーの伯爵を名乗る男スタニスラフと知り合い交際する。彼はパリへの旅に誘い、戦争が始まりそうだと周囲は反対するが出かけてしまい、そして本当に戦争になって帰国が困難になる。スタニスラフに引きずられてベルギーに逃げるがそこで彼はいなくなり、エイダは女子修道会に助けを求めた。しかしベルギーもドイツに占領され、イギリス人のエイダも捕虜としてドイツに連れていかれた。しばらく老人介護の施設で働かされていたが、そこからダッハウ収容所付近に移され、所長の妻等のドレ スの仕立に使われる。


 ネタバレが嫌ならばここでやめましょう



 例えて言うならば『テス』。
 不幸の元凶の男を殺して死刑になるという点が共通。
 しかし、その男の外道ぶりはこちらのほうが上。裁判では、セクハラパワハラに加えて命の危険さえもある状況だったのにそれをわかってもらえず、ぬくぬくと利敵行為にはしっていたかのように決めつけられて、情状酌量もされずに嘘つきよばわりされてただの殺人犯扱いされてしまったということもエイダのほうが不幸。帰ってきたエイダが家に迎えられていたらこんなことにはならなかったろうに、母親も憎くてたまらない。
 

 戦争を背景にした、結末にあんまりだと叫びたくなった小説という点は『片手の郵便配達人』byグードルーン・パウゼヴァング を思い出す。主人公になんの罪もないということであちらはさらに理不尽だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大奥  明日も未解決 劉備徳子 伯爵との一夜のあとで アデライトの花

2017-03-13 10:17:23 | マンガ
『大奥』14巻
 13代家定編続行中。でも主役の半分は老中阿部正弘、でもこちらは病で死去して退場、とことん主君に心を砕いて、上様のほうでも正弘の身を案じていて、乗馬するほど元気になったのを見せて晴れ晴れと笑ってみせて・・・なんともうつくしい交流で泣かせる。
 カステラもらえてよかった。
 天璋院(男)が家定(女)の過去(父家慶に慰み者にされていた)を打ち明けられて言った「その地獄を生き抜いて上様がこの場におられるという事は侍が戦場でひどい手傷を負いながら合戦に勝ったのと何も違わない」は名セリフ。
 家定が懐妊という事態に、でも、本命カップルは子に恵まれないというこの作品のお約束そして史実があるので、これは成就しない。いまの最新号を買ったが、ものすごいノロケっぷりで、遠くない死別がいまから辛い。
 家茂=福姫は気立ても良さそうで、対する和宮がどういうキャラなのか期待する。
 某掲示板で、井伊直弼が実物に似せてあるという声を見たが、堀田も似ている。


桑田乃梨子『明日も未解決』
 吉元の級友の原田が事故で死んだ。しかしその幽霊がなにか言いたいことが残っていて成仏できなくて出てきている、しかし姿は見えない。霊の見える嵐柴、その嵐柴の世話焼き幼馴染の野中、オカルトな状態だけど妙にのんきな状態がしばらく続き、そしてちょっと切ない終わり。
 1回12P×14回でコミックス1冊、それで充分読ませる連載、そういう戦力はだいじだぞ!と、某J誌にも言いたい。


『劉備徳子は静かに暮らしたい』1巻  仲野えみこ  花とゆめコミックス
 ララ連載。ネットで知った。
 三国志の武将たちがなんでそろって日本人(高校生)に転生してるんだという根本的なツッコミは言ったらおしまい。
 魏・呉・蜀それぞれのボスが女子生徒で男どもを従えているというあたりいかにも少女マンガで、曹操が偉そうにしているのがそれらしい。学園ラブコメの常道で、元キャラもそれぞれに活かしてある、と思う。
 もうちっと、ごつい奴を出していいと思うね。


『伯爵との一夜のあとで』 山下友美 ジェシカ・ギルモア
 かつて花ゆめで描いていた山下さんの数冊目のハーレクインコミックス。
 ウェディング写真家のジェシカは、式場として使われた城で泊まるはめになり、歴史研究をしているという管理人の青年セブと一夜を過ごす。妊娠を知ってセブを訪ねると、彼は伯爵だった。
 双方とも誠実で謙虚なところが好ましい。


TONO『アデライトの花』1巻
 ホラー誌ネムキ(眠れぬ夜の奇妙な話)の掲載だけあって、なにかこわい。
 名家ハント家の息子キューブには、周囲の人間のほとんどが動物の姿で見える。彼には同母姉コロナと異母兄弟ピートがいる。ピートとその母アデライトは塔で暮らしている。実はキューブの父クラックは政略結婚の許嫁アデライトが決まっていたが、パイロープと恋をして結婚してしまい、その後嫁いできたアデライトは国に戻らずに第二夫人のような立場になっていた。アデライトは「花の病」に冒され、それが伝染していく。
  キューブの目にうつる動物の姿で描かれるので、そのおかしさ故に人間たちの悪意がよけい不気味に見える。
 キューブ(外見は幼少期のエキューみたい)の姉コロナは、療養先で知り合ったキャンベルと婚約する。美少女のコロナと不釣り合いにブサイクで、母からも妹からも蔑まれているキャンベルにはなんだかクラウディウスを連想してしまう。
 クラックの昔の話:跡取り息子だけど覇気がないと言われて孤独を感じて、野良犬を密かに飼っていたが、それがどんどん増えて、小屋の穴から出て近所のニワトリを襲っていたので、母が犬たちを処分した。「誰だってこぶしをにぎり締めて 涙をこらえて やりたくない事をやっている 残酷な事を! 残酷な事ができない人間はクズだ!冷酷な判断ができない人間が地獄を作るんだよ!」--ものすごく重い言葉。 
 ハント家のメイドのマージは、かわいいからそれで充分だと本人も両親も教育をおろそかにしていた、それが致命的な不幸のもとになる。
 美しさに惹かれるのは当然だけど、美醜にとらわれすぎることの愚かさ罪深さも繰り返し描いてみせる。
 つくづくあなどれないTONOさん。スローペースな連載で続刊の出るのはかなり先なのが辛い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「悲運のプリンス」

2017-03-09 06:48:51 | 歴史
 先日暗殺された某有名人を、ある番組で「悲運のプリンス」と書いていた。” 〟でくくっていたことからして、番組側でも似合わないと思っていたのだろう。

 「悲運のプリンス」、この言葉が似合う人物といえば?

 日本史では、古代史で有馬皇子、大津皇子の名前がまず出てくる。「プリンス」を厳密に使わなくてもいいのならば敦盛など平家の面々。南北朝時代だと大塔宮護良親王。
 額田王の周辺は少女マンガでやたらとポピュラーなので、有馬や大津もたびたび描かれている。源平合戦もわりにある。護良親王は、いまのところ『鬼国幻想』by市川ジュン くらいなものだろうか。
 これよりあとの時代だと、天皇やお公家さんの影が薄くなってしまう。詳しい人なら誰か念頭に浮かぶかもしれないけど。

 西洋史では、
・ライヒシュタット公 ナポレオンと皇女マリー・ルイーズの間の息子
  コバルトの『帝冠の恋』by須賀しのぶ がある。
・エドワード4世の息子たち
  リチャード3世に殺されたことになっている王子たち
・ルイ16世とマリー・アントワネットの息子ルイ・シャルル
  『ベルばら』には悲惨な死までは描かれていない。『踊る!アントワネット様』byにしうら染 では、救出されていた。
・ニコライ2世の一人息子アレクセイ
・フェリペ2世の長男ドン・カルロス  ただしシラーの作品は史実とは程遠く、実際には相当に暗愚であったらしい。
・フェリペ2世の異母弟ドン・フアン・デ・アウストリア
  河惣益巳『サラディナーサ』のほかになにか登場しているかは知らん。
・オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフの弟マクシミリアン
  主人公になった例は知らない。
・同息子ルドルフ
 母シシィがたびたび描かれるので脇での登場は多い。マイヤリンク事件は何度も映画になっている。 『天上の愛地上の恋』by加藤知子もある。
・プリンスというほどの身分ではないけど、チェーザレに敗れたファエンツァのアストール・マンフレディも中々。
・ チェーザレつながりで、ルクレチアの2度目の夫アルフォンソ・ダラゴーナ。
・ プリンスどころかファラオにまでなっていたけど、カエサリオンだって充分にその資格はある。スポットを当てた例は『ナイルのほとりの物語』by長岡良子の一話くらいしか知らん。
・ネロの異母弟ブリタニクス
 ラシーヌの悲劇がある。

 単にかわいそうなだけではヒーローにはなれない。多少なりと戦った、少なくとも自ら行動したのでないと、と私は思う。上記の例のうち、ルイ・シャルルはかわいそうすぎる。、
 主役を持ち上げるために敵役を不必要に貶めないということも、物語に厚みを持たせるために大切な要素であろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加