四方源太郎日記(京都府議会議員・綾部市選挙区)

活気と賑わいのある「綾部市」を目指して!

二ノ湯候補、綾部で街宣

2016年06月30日 | 政治活動

 午後から、二ノ湯さとし候補街宣車と共に綾部入り。

 舞鶴から受けて、3時間半、山崎善也市長安藤和明議長、種清喜之市議、松本幸子市議同乗、先導していただいて、綾部市内を街宣した。何ヵ所かでスポット演説もさせていただいた。

 山崎市長「綾部に吹く良い風を形にするには、国での発言力のある政治家が必要。総務副大臣も務められ、総務省としっかり話をしてもらえる二ノ湯候補は綾部にとっても不可欠な政治家だ」二ノ湯候補への支援を訴えられた。

 綾部においては、山崎市長は唯一、二ノ湯候補を推薦し、応援していただいています。

 二ノ湯候補には、自民党綾部支部事務所にも立ち寄っていただき、事務所番、電話当番の方々を激励していただきました。

 最後の最後までのご支援を二ノ湯さとしによろしくお願いします。

コメント

二ノ湯さとし個人演説会に320名!

2016年06月29日 | 政治活動

 今日明日、参議院選挙二ノ湯さとし候補綾部入りし、演説会と街頭宣伝を行います。

 まずは29日の個人演説会皆さんのご協力のおかげで、なんとか320名ほどの方々に市民センターに集まっていただくことができた。

 公明党京都府本部山口勝幹事長(府議)にもお越しいただき、二ノ湯候補を自公で共に応援するという力強いご挨拶もいただいた。公明党比例代表熊野せいし候補への支援のお願いもされた。

 初めての試みで自民党比例代表候補の陣営にも声をかけさせていただいて、水おち敏栄候補を応援しておられる京都府遺族会吉里年和副会長足立としゆき候補を応援しておられる綾部建設業協会青松高成会長自見はなこ候補を支援しておられる京都府医師連盟畑雅之理事増山としかず候補を応援しておられる全国商工会連合会乾敏一専務理事小川かつみ候補を支援しておられる京都府理学療法士会並河茂会長など、京都市内や東京からも応援弁士の方にお越しいただいた。

 

 私からは「今、綾部市には良い話がたくさんあるが、国に特区申請を認めてもらうことなど、国からの協力が不可欠であり、総務副大臣を務めた二ノ湯候補の力を必要としている」ことと、「前回6年前には北部では綾部だけが二ノ湯候補が民主党候補に敗れており、綾部では全く油断できない。前回、二ノ湯候補は民主党候補に7万票の差をつけられて2位に甘んじている。6年前は6人が立候補し、民主党は2人出していた。合わせると16万票負けており、みんなの党の候補も12万票取っている。二ノ湯候補は相当追い上げなければトップをとるのは苦しいし、油断すれば共産党に追いつかれる」ということを訴えた。

コメント

山根敏子さんの葬儀

2016年06月28日 | 一般

 火曜日の午前中、山根敏子さん葬儀に参列した。

 山根さんには最初の落選した選挙でも大変お世話になり、落選後、自民党綾部支部を立て直す際には、創設した「支部党友」10名ほどの仲間の皆さんも引き連れて、すぐに登録していただいた。

 「寄らなアカンで」とその仲間の皆さんとの交流会も何度も企画していただき、どなたかのお宅や自民党事務所、うちの家などで開催していただいた。

 「自民党で国会議事堂に旅行に連れて行って欲しい」という山根さんのリクエストもあり、これまでに2度「東京ツアー」を実行した。いろいろと企画を提案し、実行していただき、落選中の私を支えていただき、当選させた後もずっとお支えいただいた。

 昨年秋入院されたとお聞きし、年末、病院にお見舞いに行った。ベッドからも起き上がっておられて、比較的元気そうだったので安心した。「あたたかくなったら戻るから。そしたら自民党の党員にもなるから」とおっしゃっていて、またお元気になられるのを楽しみにしていた。

 事実、今春には自宅に戻られ、元気そうにしておられると聞いていたので、しばらく療養されたら、元のように一緒にお酒を飲むことや旅行に行くことはできなくても、お話したり、集会に出てきてもらうことはできるようになるのだろうと思っていたのに、大変残念な訃報をお聞きすることになった。

 年末にお見舞いに行ったとき、病室を出ようとして振り向いたら、ベッドのカーテンの中で、山根さんがわんわんと大きな声を上げて泣いておられた。

 いつも強く明るい方だったので、泣き声を聞くのは初めてで、その泣き声が最後の声になってしまった。

 葬儀では最愛のご家族に見守られ、満足して旅立って逝かれたことだと思う。心からのご冥福をお祈り申し上げます。ありがとうございました。

 

 夜は綾部商工会議所(塩田展康会頭)議員総会懇親会に出席し、乾杯の発声をさせていただき、終了後、遅れて、綾部小学校での「6年生夏のつどい実行委員会」に出席した。

コメント

6年前は綾部だけが北部で敗北

2016年06月25日 | 政治活動

 土曜日は午前中、自民党綾部支部事務所に寄って、激励訪問に来てもらっていた谷垣事務所の水上秘書や事務所当番の皆さん情報交換

 午後は、中丹PTA連絡協議会主催「みんなでコラボIN中丹」に出席。

 講演では日本料理アカデミー役員平八茶屋(左京区)園部晋吾さん「和食と食育」について話をされた。

 「和食」ユネスコ世界文化遺産に登録されたということは知っていたが、その裏にある「和食」の危機=日本文化の危機=日本の危機」ということを日本料理の職人さん方が考えられているということを改めて知った。

 夜はNEXT(今川信吾代表)総会に出席。今年度も様々な事業を行っていくことを確認した後、懇親会を行った。

 

 日曜日は午前中、綾部市囲碁連盟(四方八洲男会長)主催「第16回綾部市囲碁大会」開会式に出席した。

 

 NHKのテレビ討論では、共産党藤野政策委員長「防衛費は人殺しのための予算」と発言し、番組中には謝罪しなかったものの、その後すぐに謝罪したが、これは本音を吐露しただけのことだろう。

 安全保障=戦争としか捉えられない単純な思考ではそうなってしまうにもやむを得ない。

 元々、戦前にソ連共産党の日本支部として作られ、ソ連から工作員と資金を送り込まれて反日勢力の拠点として活動してきた日本共産党であるので、日本政府は常に敵であり、自衛隊も日本を守る邪魔なものであるという考えが思想の根底にあるのだろうから、その本音をしっかり主張したら良いと思う。

 すぐに謝罪するなんてガッカリだ。

 

 綾部では、629日(水)19時から、市民センターにおいて、二ノ湯さとし候補の個人演説会を開催する。ぜひ多数の皆様のお越しをお待ち申し上げております。1人でも多くご来場いただくことが綾部の存在感を高めることにつながり、たしかな勝利にもつながります。ご協力よろしくお願いします。

 6年前、京都府北部の市町では唯一、綾部市だけが二ノ湯候補が民主党候補に負けています。

 今度こそは綾部市での勝利を!目指して取り組んでいます。

コメント

イギリスのEU離脱

2016年06月24日 | 政治活動

 イギリスの「EU離脱」という国民投票の結果が出た。安倍総理サミットで予言のように述べていた「リーマンショック前の状況とよく似ている」という言葉が現実になるのではないかという恐れがある。

 綾部市にとっても、アベノミクスでデフレを脱し、高速道路の完成で企業誘致が進みつつある今、世界経済の停滞、退潮は他人事ではない。

 たしかに株価が上がるだけでは、日本の一地方にとって直接の恩恵は少ないかもしれない。

 しかし、それさえも上がらなければ、上昇するきっかけすらつかめない。

 夜のテレビの党首討論では、共産党の委員長と民進党の党首が手を携え、同じことを言っていたのが印象的だった。あなた方が経済対策を語ることができるのか?と思う。

 

 19時から、二之湯綾部選対会議を開催。29日の演説会に一人でも多くの方に来ていただくことが、綾部での勝利につながる。

 6年前、北部の自治体で、綾部だけが負けた。今度は勝たなければならない。

 

 20時すぎからは、綾部薬剤師会例会に出席し、選挙のことも含め、いろいろとお話やお願いをさせていただいた。

コメント

綾部での個人演説会は6月29日(水)

2016年06月23日 | 政治活動

 選挙戦二日目。候補者や選挙カーは京都市内や南部を回っているため、北部には選挙のムードが届いてこないが、なんとか浸透させていきたい。

 629日(水)19時から、市民センターでは、綾部での「二ノ湯さとし個人演説会」があるため、しっかりと宣伝に努めていかなければならない。

 

 また、71日(金)の夕方545には四条河原町今井絵理子候補(歌手・SPEED)が来て、自民党府連青年局と連動して街頭でのトークセッションも行われる。

 お近くの方、また興味を持っていただける方は、ぜひご参加お願いします。

コメント

参院選公示

2016年06月22日 | 政治活動

 622日(水)参議院議員選挙が公示された。

 自民党京都府選挙区では現職二ノ湯さとし参議院議員公認し、7月10日に勝利を勝ち取るために戦うことになる。

 

 綾部選対(安藤和明選対本部長)幹事長として、綾部での得票増を目指して取り組んでいく。

 6年前の参院選私は落選中であったが、北部の市では唯一、綾部市だけが民主党候補に負けている。今度は何とか綾部でも上回りたい。

 1週間後629日(水)19から、市民センター(綾部市並松町)中央ホールにて、二ノ湯さとし候補の個人演説会を開催します。応援弁士西田昌司参議院議員、山崎善也市長、府会議員四方源太郎ほか。

 綾部市の追い風を形にするためには、国に対して綾部の存在感をしっかりと示さなければなりません。私にとって、国政選挙の意義は綾部の存在感を示すことです。それが「政治力」です。「政治力」なくして、綾部の課題は実現しません。

 「演説会の動員数」や「綾部での得票数」、まさに「数こそ力」、「数こそが政治力」です。

 演説会に足を運んでいただくことが、綾部の未来を明るくする第一歩です。そういうことを私もしっかりと訴えたいと思っていますので、ぜひ一人でも多くお誘い合わせの上、629日(水)19時から、市民センターにお越しください!よろしくお願いします。

 

 今朝は7時から、市会議員の皆さんと共に、朝の挨拶。府道沿いで手を振って、自民党への支持支援を訴えました。

 

 午前中は皆さんが選挙ポスター貼りに回っていただき、午後は来客自民党事務所では電話作戦もお世話になっています。

 夜は正暦寺での夏祭りの打ち合わせのため、若手のメンバーで集まった。

コメント

一般質問に登壇

2016年06月21日 | 京都府議会

 午後から一般質問4番目に登壇した。

 

 綾部駅前に開発予定北部リサーチパークの推進、同じく駅北にある府北部産業技術センター・綾部新築を含む強化を強く要望し、山田知事からは「北部産業技術支援センター・綾部の今後について、年度内には計画を策定したい」との前向きな答弁があった。

 北陸新幹線敦賀以西ルートで、JR西日本案では「芦生の森」にトンネルを通すことになり、由良川源流付近に穴を掘るのは危険と指摘したら、東川建設交通部長「おっしゃる通りであり、国にはその懸念を伝えている」という答弁だった。

 上林地域の停電対策および避難路整備については、小林危機管理監「関電にはさらなる停電対策の強化を求めている。避難路整備の特別枠は知事からも経済産業副大臣に先日強く要望し、副大臣からも前向きに予算維持をする旨の発言があった」という答弁だった。

 奥上林の古屋と南丹市美山町を結ぶ綾部美山線(洞峠)のトンネル化の強い要望が地元からあるが、この実現には避難路特別枠予算が重要だと思っている。もう一桁、予算を増やしてもらわなくてはならない。

 

 本会議終了後、建設交通部東川直正部長退任挨拶自民党議員団に来られた。次は国交省近畿地方整備局道路部長になられるとのこと。

 新天地でのますますのご活躍をお祈りいたします。

コメント

公舎会の「村長」に

2016年06月20日 | 京都府議会

 朝から京都へ。11時半から、土地改良議連総会に出席。綾部市でも綾部用水の長寿命化などの事業を行っていただくことになっている。農村基盤の整備のためにも、国に働きかけてできるだけたくさんの予算を確保することが重要だ。

 

 午後は一般質問22日から参院選で休会となるため、3日の予定を2日に短縮しての開催となり、7人が登壇

 夜は毎議会恒例の公舎会に出席。役員改選があり、公舎会の代表である「村長」に就任することになり、補佐役の「助役」には宮津市・与謝郡本田太郎府議に就いてもらうことになった。

コメント

乙訓と綾部の友情を深める会

2016年06月19日 | イベント参加

 日曜日は、朝から雨

 向日市磯野勝府議事務所松本みゆきちゃん綾部後藤光くんJCの活動を通してつながり、その関係者に呼び掛けて、「乙訓と綾部の友情を深める会」綾部のふれあい牧場で行われた。

 「どういうつながりで今日ここに来ているのか、わからない」とおっしゃる方が続出だったが、結果としては、楽しい会になったので良かった。

コメント

京都トレーニングセンターと府電気工事業青年部

2016年06月18日 | 政治活動

 18日(土)は午前中、京丹波町丹波自然運動公園に新しくできた京都トレーニングセンター竣工式に出席。京都府内では最大の木造公共建造物だそうだ。

 合宿などをするにも良くなった。宿泊所や食堂、浴室も新しくきれいになった。

 

 内覧会後は、そのまま福知山に向かい、13時から、参院選全国比例に立候補予定増山としかず氏(元経産省・全国商工会連合会推薦)政経セミナーに出席した。

 府議会からは巽昭副議長、井上重典府議(福知山市)、池田正義府議(舞鶴市)も出席されていた。

 

 綾部に戻って、夕方は約1時間、安藤和明支部長、大槻俊昭副支部長と共に自民党車で街頭宣伝

 マツモト前、駅前フレサ前、青野町業務スーパー前、アスパ前演説を行った。

 

 夜は京都府電気工事工業組合青年部総会懇親会に出席。

 電気工事業青年部の皆さんには、自民党青年局の事業にもご協力いただいており、今日は荒巻隆三青年局長、藤山裕紀子常任幹事と共に出席させていただいた。

 隣りに座っておられた管工事組合青年部の役員さんとも話をして、自民党青年局と懇談会してみようと思ってもらえるなら、いつでも青年局の府市議に声かけますのでとお誘いした。

 自民党青年局では様々な団体の若手の方々とも積極的に交流していきたいと考えています。

コメント

朝立ち始まる!

2016年06月17日 | 政治活動

 17日(金)自民党車が回ってきていたので、朝7時から市議や自民党役員の皆さんと一緒に、鳥ヶ坪交差点で朝立ち

 事務所に戻ると、午前中は次々と来客あり。昼は淳六伯父打ち合わせ兼ねて昼食

 夕方から、あやべ福祉フロンティアの総会に向けた会計監査を受け、19時からはサポステについての経緯や現況の説明会会員、職員、ボランティアの皆さんに対して行う。

 その後、21時から総会に向けた理事会23時過ぎまでかかって終了。

コメント

四方源太郎後援会拡大役員会

2016年06月16日 | 政治活動

 朝、自民党比例代表の看板設置に立ち会った後、府議会へ。今日も代表質問があり、城陽市選出園崎弘道府議登壇された。パネルも使っての代表質問初登壇だった。

 17時前ギリギリまでかかり、急いで綾部へ戻り、四方源太郎後援会(鹿子木旦夫会長)拡大役員会&府政報告会に出席した。雨の中であったが、100名を超える方々にお集まりいただいた。

 二之湯さとし参議院議員へ推薦についても決議していただき、629日(水)19から綾部市民センターでの個人演説会への参加動員についても、高橋輝幹事長からお願いしていただいた。最後は安藤和明副会長(自民党綾部支部長)閉会挨拶で締めくくった。

コメント

臨戦態勢

2016年06月15日 | 一般

 朝は6時前に家を出て京都へ。7時半から、府・市議有志による毎月の朝の勉強会に参加。

 11時45分から地域創生に関する特別委員会正副委員長会

 午後は代表質問山科区選出菅谷寛志府議福知山市選出井上重典府議登壇された。

 菅谷府議文化庁の京都移転に関して、「土地提供は理解できるが、引っ越し費用まで負担しろとは国は何を考えているのか?」と強く批判され、たしかになるほどなと思った。

 夜は二之湯さとし綾部選対選対本部会議に出席。各部の準備作業も進んできて、臨戦態勢が整ってきた。

コメント

土木事務所との意見交換会

2016年06月14日 | 一般

 14日(火)は10時から、綾部交通安全協会総会(浅巻武之会長)に出席し、挨拶させていただいた。

 

 午後は「げんたろう新聞」のラベル貼り作業。毎月、たくさんの方々にお手伝いにお越しいただいている。ありがとうございます。

 16時からは、中丹東土木事務所小林暢彦所長以下、幹部の皆さんにお願いして、市議会の民政会、創政会、公明の皆さんとの28年度箇所決定の説明会を行った。

 総合庁舎で約2時間、情報交換、意見交換した後、場所を改めて交流会も行った。初めての試みだったが、有意義な場になったので、また企画していきたい。

コメント