気まぐれ日記


カメラを持って、花を主とした写真を撮っています

朝の酔芙蓉

2006年08月31日 | はな

暑かった今年の夏もどうやら終わりを迎えることができそうな今日この頃です。私のブログも、夏ばてからの回復を迎える必要がありそうです。

最近私の住んでいる団地にある酔芙蓉が花をつけ始めました。今日はまだ朝の時間帯にとった酔芙蓉をご覧ください。まだきれいな純白の花びらが見られます。でも、夕刻頃までには、だんだんピンクに色づき、一日でしぼんでしまいます。なんと短い花の命なのでしょう。

コメント

砕氷艦「しらせ」

2006年08月26日 | 年中行事

今日海上自衛隊横須賀基地が一般公開されると言うことを教えてもらったので、行ってきました。

午前中は、それほどでもなかったのですが、お昼近くになってからは天候の回復もあってでしょうが、大変な人出となってきました。そのため、自衛艦の一般公開はなかなか進まなくなってしまいました。結局3時間くらいかかって三艦を拝見することができました。

今までニュース報道などではかなり目にしてはいた、砕氷艦「しらせ」の艦内を見ることができました。この「しらせ」はご存じの方も多いことと思いますが、我が国の南極観測の先達である南極探検家の白瀬矗(のぶ)中尉にちなむ命名です、と一般には言われています。

かつてお台場に係留されている「宗谷」も見たことがありますが、こちらは基準排水量3000トン強にたいし、一方の「しらせ」は基準排水量11,600トンと、4倍位も大きな砕氷艦です。当然いろんな設備がなされていますし、艦内もかなりゆったりとしているように思いました。

帰ってきて撮った写真を眺めてみましたが、余りご覧いただけるようなものはとっていませんでした。その中で、ほぼ全体が見えるもの一枚を下にあげておきます。そのうち取り替えるかもしれませんが、艦内の写真でも良いのかもしれません。

 

コメント

ウサギが亡くなりました

2006年08月20日 | その他

昨日もう4年半近く飼っている二羽のウサギのうち一羽が亡くなりました。このウサギは、1年半近く前から病気のため三週間に一度家内が病院へ連れて行っていました。

たまたま今回は外出から戻ったときすでにぐったりしていたようで、息子の車で近くの病院へ連れて行こうとしたとき、その病院の近くで鳴き声を発し、抱き上げたところで家内の腕の中で息を引き取ったようです。

何であれ、ペットの死に目にあうともう飼いたくない、というようになるようです。特に年取ってからでは、この次はペットか自分かどちらが先になくなるかわからないので、飼うのを躊躇するようです。

実は5年近く前にもウサギを亡くしています。そのときは、嘆き悲しみ大変でした。今回はまだ一羽がいるためか、十分看病したと感じているせいか、今のところは比較的穏やかです。

 

コメント

停電

2006年08月14日 | その他

今朝いつものようにTVを見ていたときです。今までにも時々ブレーカーが飛んで一部の部屋の電気が使えなくなることはありました。でも、今回は突然すべての電源が落ちたようで、何も動かなくなってしまいました。

この前はいつ停電になったのか、正確には記憶ありませんが、今すんでいる集合住宅のヒューズが古くなってしまったせいで切れてしまい、この住宅のみ停電したことはありました。

私のところの今朝の停電は、幸い10分あまりで復旧したようですが、それでもエレベータに閉じこめられた方もいたようです。復旧が早くよかったです。

でも、TV報道によりますと、今朝の停電は東京の広い範囲で、すでに一時間以上も停電したままのところがあるそうです。原因や、影響を受けている範囲は、今でも完全には把握されていないとか。

昼過ぎのTV報道で、ここからさほど離れていない旧江戸川にかかっている送電線を、クレーン線がショートさせてしまったためとのことです。でも、どうして橋の下を通過したからといって、クレーンを立ち上げる必要があったのでしょう。

これでは不注意による全くの人災です。そんなことで、100万人近くの人が被害を被ってしまいました。原因となった事故を起こした船員には、どのような処置がなされるのでしょうか。被害請求には、当然東電は応じるはずはないと思います。

コメント

夕焼け

2006年08月08日 | その他

今日は久しぶりに西の空が夕焼けで赤くなっているのを見ました。

私の部屋のベランダから見たので、この画面のすぐ右は建物の陰になって見ることはできません。昨年末の金星の写真と比べると、夏の夕方の太陽が沈む位置は、ずいぶん北になっているのがよくわかります。

何をお伝えしようとしているのか、自分でもよくわかりません。単にこんな風景もあるということでごらんいただければ、と思います。

コメント