気まぐれ日記


カメラを持って、花を主とした写真を撮っています

皇居乾通り一般公開

2018年12月07日 | 年中行事

今年も平成30年12月1日(土)から12月9日(日)までの9日間,秋季皇居乾通りが一般公開されています。

この乾通り一般公開は、平成26年4月の春季一般公開より、平成27年の春期と平成28年秋期をのぞき、例年春、秋の二度ずつ一般公開されています。

今年の秋季公開については、全く失念していたのですが、先日もう始まっている、とのお話を聞きました。

明日明後日は、ちょっと予定があり、天気は今一良くなかったのですが、今日思い切って出掛けてきました。

今までは朝一番に行列に加わり、並んで開門を待っていました。

でも、今日はお昼過ぎだったせいかどうかは良く分かりませんが、入門を待つ行列はありません。

荷物検査も、ボディチェックも終わり、すんなり乾通りに入ることが出来ました。

今年の都内の紅葉は余りきれいなところは見られません。

皇居もこの例にもれませんで、余りきれいな紅葉は、殆ど見ることは出来ませんでした。

乾通りで一番多く見られたのは「唐楓(トウカエデ)」です。

紅葉した部分や、まだ緑のままの所もあり、と言う状況です。

次は、「大楓(オオカエデ)」です。

更に「桜」も、紅葉を見ることがでします。

最後は、乾門に近づきそろそろ退出という頃に振り返ってみた、乾通りの見物の方々です。

これまで見てきた過去の公開時の人人人の状態に比べて、なんとなくゆったりした状態ではなかったでしょうか。

コメント

恵比寿ガーデンプレイス イルミネーション

2018年12月06日 | 年中行事

昨夜は、私の所属するアマチュア無線クラブの忘年会が、えびすガーデンプレイスでありました。

昨日は、例年になく暖かい日でした。

シーズンなので、この季節のガーデンプレイスでは、「Baccarat ETERNAL LIGHTS」を中心に、ライトアップされています。

当然ですが、クリスマスツリーも設置されています。

「Baccarat ETERNAL LIGHTS」は、フランスのバカラ社から恵比寿に届けられたシャンデリアです。

このシャンデリアは、高さ5m、幅3m、クリスタルパーツ総数8,472ピース、ライト総数250灯の、立派なものです。

適当に撮ってきた物です、ご覧下さい。

シャンデリアの反射も見ることが出来ます。

反射の映像の方が、きれいに見えます。

反射の方に露出が合っているのでしょうか。

コメント

WHITE KITTE

2018年12月03日 | 年中行事

今年も11月21日から12月25日にかけて、「日本郵便株式会社、JPビルマネジメント株式会社」主催のイベントが、丸ノ内のKITTEで実施されています。

このイベントの売りの一つが、本物のモミの木を使った、屋内では日本最大級の高さ約14.5mのクリスマスツリーです。

その上、色んなライトアッププログラムが用意されています。

今日は病院の帰り道だったため、開店時間11時の前に着いたため、一階に設置されているクリスマスツリーの写真のみしか撮ることが出来ませんでした。

後日、また出掛けられるかどうかは、未定です。

今日はクリスマスツリーのみご覧下さい。

コメント

青の洞窟 SHIBUYA

2018年12月01日 | 年中行事

2018年11月30日(金)から12月31日(月)までの期間、東京・渋谷でイルミネーションイベント「青の洞窟 SHIBUYA」が開催されます。

このイベントは、2014年の冬に東京・中目黒の目黒川沿いで初開催されたイルミネーションイベント「Nakameguro青の洞窟」が最初です。

2016年から会場を渋谷に移して、スケールアップして行われているのが、渋谷イルミネーションイベント「青の洞窟 SHIBUYA」です。

今日は新宿で忘年会があり、その帰路脚を伸ばして、代々木公園ケヤキ並木から渋谷公園通りへと行ってきました。

原宿で山手線を降り、代々木公園ケヤキ並木へと向かいます。

昨日スタートしたこのイベントですが、今日は結構な人出でした。

説明するような事はありませんので、適当にご覧下さい。

コメント

漏水騒動

2018年11月30日 | その他

一昨日、外出中に連絡があったと言うことですが、外出中なので当然ですが、連絡が付かなかったそうです。

と言うことで、昨日お昼過ぎに電話があり、下の階に漏水があるので調査したいとの申し出がありました。

昨日は排水系ではあり得ない、と調査員には言ったのですが、無視されました。

排水系をあちこち床をめくったり、風呂場を調べたりしていました。

昨日は結局は原因を見つけることは出来ず、引き上げていきました。

それは良いのですが、今朝、事前に何の連絡も無く、昨日の続きの調査させて貰いたい、と調査員がやってきました。

こちらの都合など全く無視したやりようには、かなり腹を立て、苦情を申しました。

今から八年前、トイレのリフレッシュをしたときに、気になったので記録を取っておいたのが下記です。

このカップラーと言って良いと思われる部品がこれです。

この部分から、水がポタポタとしたたり落ちていました。

この部分から漏水しているのが見て取ることが出来ました。

写真では水滴は見えませんが、床は確かに湿っているのが分かります。

とても手間取っていましたが、とりあえず交換作業が終わったので、一度通水するので、見て欲しいと言われた。

最初は、かなり激しいと言っても良いくらいの水が噴き上げていました。

この写真では、残念ながら噴き上げているほどにの水は、分かりません。

締め付けを強くし直して今一度チェックしたところ、漏水は見られませんでした。

漏水部分を見るため、石膏ボードが切り取られたので、補修作業が必要となります。

この作業は無料でやって呉れる、と作業員は言うのですが、本当かどうかは分かりません。

連絡があるとのことなので、暫くは様子見です。

コメント