風のたより

つれづれに

台風19号が残した多くの河川の決壊!!

2019-10-14 | 日常の記録


(写真はすべてネットよりお借りしました)


台風19号は各地に大きな爪痕を残し去って行きました。

この地方には大きな被害はなかったのですが、テレビから流れる被害地のニュースには
ただただ驚くばかりです。

千曲川の決壊!!のニュース写真に唖然でした。

島崎藤村の有名な詩「千曲川旅情の歌」に出てくるあの千曲川が、、、

堤防の決壊の為にあふれ出た水で浸水した民家、、、

なんと痛ましい光景でしょう。





決壊した場所から一気に流れ込む濁流!!!





あちこちの河川で決壊、決壊のニュースが続き心が痛みます。

今回の台風19号は、21の大きな河川と24ケ所の堤防の決壊を残して行ったようです。

想像以上に大きな被害でした。





被害なこんな場所にも、、、なんと新幹線車両センターも浸水!!!

これまでの台風でも、こんな光景はなかったですね。

これも長野県の千曲川が決壊した為に、JR東日本の長野新幹線車両センターも
浸水してしまった様子のようです。





こんなニュースを見ていると、なぜこうも今年は大型台風が多いんだろうと思います。

その一因は、やっぱり地球温暖化ということでしょうか??


それと、、、日本の国土の70%は山岳地帯と言われています。

しかもみな急峻な山並みの連なりです。

そこに大雨が降れば一気に山を駆け下った雨が、下流の河川を決壊に導いてしまうのかもしれません。

嫌な想像ですが、これからますますこんな被害が多くなるようで心配です。

山岳地帯が多い日本は、今後いったいどうなってしまうのでしょうか???

台風はもうたくさんです。

いまはただ、被害に会われた方々の一日も早い復興と、心の痛みが少しづつでも
薄らぎますようにとお祈りするばかりです。

コメント

スリスリちゃん、本領発揮!!

2019-10-11 | 



台風19号が近づきつつあるので、今日のウォーキングは午前中に、、、、


公園の野良ちゃんのモコモコちゃんとスリスリちゃんは、まるで申し合わせたように
交互に顔を見せてくれています。

今日はモコモコちゃんは不在でしたが、代わりにスリスリちゃんに出会えました。

いつもの場所からちょっと離れた木の下にいたので、周りの木々に紛れ見過ごすところでした。





”あら、スリスリちゃん、今日はここにいたの??”





声をかけると立ち上がり木の根元に来て、スリスリちゃんがなんとこの木にもスリスリ、、(笑)

これはスリスリというより自分の縄張りのマーキングかな??





木の匂いを嗅いでクンクン、、、





そのあとは私の所に近づいてきてスリスリが始まりました。

足元をスリスリしながら行ったり来たり、、、、





膝にぺったりとくっついてスリスリ、、、

なんて可愛いんでしょう!!!





しばらくスリスリは続きます、、、、

足元に来てスリスリ、、、、





頭をこすりつけて、、、、スリスリ、、、





この間に背中やお腹や尻尾をたくさん、たくさん、なでなでさせてもらいました。

代わりにちょっとだけおやつを、、、





やっぱり猫の柔らかな手触りには癒されますね。


猫を飼った人でないと分からない感触かもしれませんが、、、





ひとしきり遊んだ後は少し満足したのか、スリスリちゃんは自分から森に中に
戻って行きました。

”台風が来るんだって、雨がたくさん降っても大丈夫な所見つけてね!!”

森の中は隠れる場所がいっぱいあります。

きっと野良ちゃんはどんな時でも自分の居場所を上手に見つけることでしょう。





自然がいっぱいのこの公園に、大きなが被害がありませんように!!!

”モコモコちゃん、スリスリちゃん、台風に気をつけてね!!”

コメント

またまたカンナの葉の下から~~

2019-10-10 | 



なんだか最近すっかり猫ブログのようになってしまいましたが、、、、、


野良ちゃんの存在を知ってから、やっぱり気になりウォーキングはいつもの公園へ~~~


今日は途中の道のスリスリちゃんを探しましたが、帰りにも会えませんでした。

気持ちの良い日だったので、きっとどこかで秋の日を楽しんでいたのかな???


代わりにモコモコちゃんに会えました。

でも今日はなかなかカンナの葉の下から出てきません???





野良ちゃんでもご機嫌な日も気分がすぐれない日もきっとあるはず。

、、、と思っていたら、やっぱりノコノコと出てきてくれました。





”あ、良かった。また会えたね!!”

”うん、いつものおばさんが来たから出てきてあげたんだ。!!”

”あら、ありがとう。ご機嫌はどう?”





”この辺りがモコモコちゃんの縄張りで、今はカンナの葉の下がねぐらなの??”

カンナの葉の下から出てきたモコモコちゃんは、この大きな木の下がお気に入りのようで、
いつものようにに、ごろんとひっくり返って~~~





今日もモコモコちゃんは精一杯のパフォーマンスをして楽しませてくれました。

モコモコちゃんは野良ちゃんにしては丸々として可愛く健康そうです。





木漏れ日が眩しい!!





いつもの木の下にいるモコモコちゃんの姿は、もうすっかり板についています。

この後なぜかモコモコちゃんは、カンナの葉の下にまた戻って行きました。

”またね、良い日をね!!!”

コメント

カンナの葉っぱの下にいたモコモコちゃん!!

2019-10-07 | 



数日ぶりで、やっとモコモコモちゃんに出会いました。

いつもの所に行くと、どこからともなく出てきたモコモコちゃん!!

”あれ、どこから出てきたの???”

ひょっこり現れたモコモコちゃんは、近くの木の板で爪とぎを始めました。





その後は、大きな木の下で気持ちよさそうにゴロンゴロン~~~





お手てを伸ばして、、、ゴロン~~





あんよを伸ばして、、、ゴロン~~





気持ちよさそうに、ひとしきりゴロンゴロンが続きます。


ゴロンゴロンしながら元気だったことを知らせてくれているようです。

”良かった元気で!!”

”この前はいなかったけど、どこか遠くまでパトロール行ってたの?”





ちょっとだけおやつを食べた後、道を渡ってトコトコと、、、

どこへ行くのかと見ていると、、、、





道横の大きなカンナの葉っぱの下に入って行きました。

”あら、ここにいたの??!

以前居なかった時にも、ここにいたのでしょうか??





”これじゃ、わからないよ、モコモコちゃん!!”

それにしても猫ちゃんは、やっぱり上手に隠れ家を見つけるものですね。





本当は眠たかったところを私の姿を見て無理に出てきてくれたようで、ちょっと眠むたモード。

“ここにいるの分かったから、モコモコちゃん、ゆっくりお休み。また来るね!!”





カンナの葉っぱの下で、枯葉をお布団にして気持ちよさそうに寝てしまったモコモコちゃんです。

これでスリスリちゃんも、モコモコちゃんも元気でいることが分かり安心しました。





帰りに道、ここでは野鳩がつがいで気持ちよさそうお昼寝中という珍しい光景に遭遇!!

暑さの中にも爽やかな秋の風が渡る午後、そろそろ生き物みな夏の疲れが出る頃でしょうか???。

コメント (2)

日傘の中で、かくれんぼ!!

2019-10-03 | 



木曽川沿いの公園を歩いていると、いろんなお花に出会います。

紫の花をつけた背の高いお花が目に入りました。

アメジストセージです。

宝石のアメジストと同じ紫色で、大きく広がった姿は存在感がいっぱい、、、

アメジストセージの花言葉は「家族愛」とか。





この時期コスモスのお花もよく見かけます。

秋風に揺れるコスモスの花の姿は、どこか可憐で儚げです。





黄色いセイタカアワダチソウの花。

秋のこの時期、花粉症の人にとってはあまり嬉しくないお花ですが、、、





道沿いに群生して咲いている彼岸花。

今年は夏の暑さで例年よりちょっと遅い開花とか。





今日も野良ちゃんに会いに、、、

いつもの場所の木の下にスリスリちゃんがちょこんと座っていました。

私を見ると立ち上がり近寄ってきて周りをうろうろ、、、





”スリスリちゃん、元気だった?”

持っていた日傘を広げると、珍しそうに日傘の周りを一回り。





その後日傘の中を出たり入ったり、、、、

日傘の端をスリスリしたり、、、

”今日はかくれんぼ出来そうだね!!”





”いたいた!!”





日傘の中で遊んでいる姿を見ると、ふと野良時代のジジとキキの姿を思い出します。

二人も同じように、こうして傘の中で遊んでいたことがありました。





ひとしきりスリスリちゃんと遊んだ後、ちょっとおやつをあげて。

”次はモコモコちゃんの処にも行ってくるね、またね!”

”もう行っちゃうの??”

”うーん、帰りにまた寄るね!”





最初に出会った場所にモコモコちゃんがいるはずと行ったのですが、、、

なぜかこの日も外出中だったようで姿が見えませんでした。

同じ場所にずっといるはずもないし、、、テリトリーが広いのかも知れません。

でも必ずこの場所には来るはずです、また会える日もあるでしょう。





帰り道またスリスリちゃんのいる場所を通ると、先ほどの場所からちょっと入った森の木の下で
うずくまっているスリスリちゃんの姿がありました。

私の姿を見ても、もう出ては来ませんでした。

いつまでも甘えることもせず、ちゃんとわきまえているようで、なんだか不憫な気さえします。

この子はこうして自分のテリトリーの中で、しっかりと生きているのでしょう。

野良ちゃんでも生き方には個体差がありますね。

”スリスリちゃん、また来るね!!”

コメント