Radio workshop & everyday.

自灯明法灯明

「自らを灯(ともしび)とし、拠り所として、他を灯とすることなかれ。」

地球の悲鳴

2007年08月18日 | 日記
太陽系惑星の一つの星地球
この青い惑星は、唯一太陽との距離が幸運にも、この惑星に命をもたらした。

この惑星の生命は、この惑星の身を削り生命の維持に必要な酸素を消費し、引き換えに熱を蓄える炭酸ガスを放出する。

京都議定書は大国のエゴの上に反故される。
日本の偏西風の風上に有る国は、金儲けの
為に毒入りの食品を製造し、工場の煙突から排出される毒ガスは、遠く日本の山の植栽を枯れさせる、川は汚染物質で色がつき
悪臭を放つ。
元の状態に戻すには数百年の時間が必要だ
ろう、いや元には戻らないかも知れない。

地震は今迄発生の記録が無い地域に置いて地震を誘発する。

地球は病んでいる


コメント

あぶなかったー

2007年08月13日 | 日記
今朝は雨が降る予想なので、朝早くから親方の家のTVのアンテナを直しに行った。

途中から雨が降り始め、新建材の屋根なので、下りようとするとズル、ズル。
非常にヤバイ状況、意を決して靴を脱ぎ裸足で屋根の隅にしがみつきながら下りることが出来ました。

オオー怖

実は若いときもトタン屋根でアンテナを建てていたら、突然の夕立。
トタンは濡れると滑ります、しかもつかまる所も無し、従ってズルズル下へ滑って行き、最後は屋根の軒に腰掛けた様な形で
両手はトタンの軒の端をつかみかろうじて
止まったんです、がしかしどうにも動きようが無く、オーイ、オーイと助けを呼び
はしごをかけて貰い下りました。

あの時はもっと怖かった。



コメント

あおぞら

2007年08月07日 | 日記
決してタンゴの名曲じゃあ有りません。
昨日と今日続けて激しい夕立が来て
周りの世界を掃除してくれました。

遠くの山脈も裾野もくっきりと近くに
見えます。
そして空はコバルトブルーの世界が広がり
心が洗われた様な気分に成りました。


コメント

ど~ん、ど~ん

2007年08月05日 | 日記
威勢の良い花火の音が聞こえてきます。
時折仕掛け花火の音がする。
いつも我が家から、天地を揺るがすような
大玉の花火を見るだけです。

子供も独り立ちして、寂しい我が家が一時の花火の音と共に笑顔が満ちる。
コメント