Radio workshop & everyday.

自灯明法灯明

「自らを灯(ともしび)とし、拠り所として、他を灯とすることなかれ。」

一年の三分の一は過ぎてしまった

2012年04月30日 | 日記

ボーットしている間に、もう四カ月も過ぎてしまった。

今年はあまりまじめに菜園の世話をしていない

あと、落花生といちょう芋の植え付けが残っている

アピオスは、一列に植えかえようと思っているうちに、アレレレーと

蔓が伸びてきてどう仕様も無くなったのでそのまま放置

どうも風邪ひいてからの後、体力が無くなり体を動かすのが億劫に成った

どうもいけません。

体を動かさないから余計に体力が無くなり、今度は気力さえ失せてしまい

スパイラルの負の連鎖に陥ってしまっているようだ。

今日は風邪を引いて以来運動に出かけて見た

なんとか負の連鎖を断ち切らなければいけない。

菜園も旨く行かない事ばかりではなく、玉ねぎはぐんぐん大きくなり少し小振り

では有ったが収穫しみそ汁にして見た、甘くて美味しい

ニンニクも芽が出て来て、今年は期待できる。

コメント

でんでらりゅうばでてくるばってん

2012年04月28日 | 日記

トヨタのCM、熊本県人として何となく分かりそうなCMだ

仲里依紗、彼女自身長崎の出身で得意とする長崎弁の様だ

「出ん出らりゅうば 出て来るばってん 出ん出られんけん 出ーて来んけん 来ん来られんけん 来られられんけん 来ーん来ん」

漢字に直すと分かりやすくなる

調べて見ると、長崎のわらべ歌だそうだ。

因みに熊本弁で歌ったとしたら、言葉が強すぎて雰囲気ぶち壊しのようだ

 

 

コメント (8)

誰も、何も無かったとは思っていない

2012年04月26日 | 日記

誰もが、あくまでも黒に近いグレーだと感じている。

無罪判決だったので、彼の人柄は清廉潔白とは誰も思わない

ただ、有罪に持って行くだけの証拠を、揃える事が出来なかっただけのこと

別件だが、国会議員の秘書は公設、私設を問わず人柄は宜しいとは言い難い

現場に居合わせて感じたことは

とにかく人の足元に付け込み、高利貸しも真っ青になる位の、あくどい事もやっている

国会議員と言う肩書きを、つまり虎の威を借るキツネとも言うべき者が、天の声と称して

国の方針を操り、甘い汁を吸い、高級料亭でニギニギを行う事は

断じて許す事は出来ない。

コメント (4)

yahoo Newsを読む

2012年04月24日 | 日記

今日yahoo のニュースを読む機会が有った

日本の物づくり、まだまだ捨てた物では無いことを知る

以下のサイトはその記事のコラムです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120424-00000001-president-bus_all

今から18年程前、会社の命により海外での生産設備の据え付けに加わった事が有る

現地での事前調査は生産設備を購入するユーザーに於いて始まり、設備据え付けに

関するものは全て当社で行った。

まず、設備の輸出に関して立ち塞がったのが、戦略物資管理と言うもの

中味は「ココム」(1993年廃止)に似た様な物で、お隣の国の様に何をしでかすか

分からないような国の指定が多い。

当時コンピューターは今の様な高性能でコンパクトでは無く、うちで組みこまれていたもの

は「ミニコン」と呼ばれていて、当時は制御機器としては高性能のもので

まずはメーカーに戦略物資に該当しないと言う照明を作って貰う事でしたが

なかなか、許可が降りず焦ることしばしばでした。

そして、測定装置で有る為に校正の「トレサビリティー」が必要です。

次は船便で送る為の手続き、装置のオーバーホール、梱包は仮梱包を行い

専門の梱包屋にお任せしました。

何もかも終わった時にはホッ

数カ月後現地に赴きセットアップを行いました。

電源事情は良く無く、停電、電圧降下は茶飯事、これでは装置が壊れます

社員はプライドが高く、トラバーユでスキルを磨き自分を高く売り込む事を生きがいと

とする風土の国、次に行った時には、もうその彼は居ない事が多い。

これでは、技術を教えること自体が損、日本人としての思考では気が狂って来ます。

彼等は、自分は装置を動かし生産を上げる事が仕事で有ると言う

しかし、安全装置の不具合で停止している装置を、安全装置を止めて動かす事を

何のためらいも無く実行する。

それでは、作業担当者が重大事故を起こしても良いのですかと言っても

私は動かすのが仕事だと、国民性が違うので口で言っても分からない。

仕事に付いて、この様にすれば楽で仕事が早くなると説明しても、自分の仕事は

時間内にこの仕事を済ませれば良い、早く終わっても他に仕事が無い、と来た。

この様な国では、人件費は安いかも知れないが、生産性、品質に置いての期待は

持てない。

次はお隣の国へも同じ様な進出が行われた。

この国の人間性はとても馴染めなかった、全ての事に対して監視の目を緩める事が出来

なかった。

驚くほど頭の良い人もいるが、狡猾な人間性を感じる事が多かった。

それは、始めて行った日に現地の駐在員の奥さんが、大豆は紙を丸めて色付けし

米には砂を混ぜて、増量している事が有ると教えられた事に起因するかもしれない。

現地調達の部品にしても、まるでおもちゃと同様の作りであり、目パチクリさせた。

このよう経験を踏まえて見ると、yahooのコラムは的を得た思考で有ると

私は思った次第だった。

 

 

 

コメント (2)

時はおのずと過ぎ元の姿にあらず

2012年04月23日 | 日記

この一週間程、冬眠した熊の如く籠り外界を余り見ず

嵐は過ぎ、人の暮らしに傷跡を残すを見る

自然は、菜園の野菜、草花等に、これ等しく慈悲を与える

プランターのクリスマスローズはうつ向きに可憐な花を開き

家族に潤いと安らぎを与え、育ててくれた感謝の念を表す

庭一面のハナニラの花はその姿を潜める

白き芝桜を中ほどに、ピンクと薄紫が取り巻き、その晴れやかなる姿未だ健やか成り

黄色の艶やかなチューリップはその姿を残してはいなかった

今日この日、うす曇りの庭を語る

 

コメント (4)