Radio workshop & everyday.

自灯明法灯明

「自らを灯(ともしび)とし、拠り所として、他を灯とすることなかれ。」

2006---->2007

2006年12月31日 | 日記
あと15分程で猪ですな~、
私も還暦の歳を迎えます。
なんと60年も生きて来た訳です、チョコチョコとあっちが痛い、こっちが痛い等と言いながら、なんとか生きながらえて来ました。

戦後第一次団塊の世代の私にも、年金の申請書類が送られて来ました、恐らく働かなければ生活は出来ないと思われます。

私自身は働いた方が自分の体調維持において良いと思われる、しかし体がいつまで持つか心配では有ります。

年の暮れ 子供と話す
妻の顔 笑い絶えずに
喜びあふれ


コメント

年末のご挨拶

2006年12月24日 | 日記
今日はしょっちゅう世話に成っている訳では無いが、無人の生家を守ってくれている従兄弟の家と叔母さんの家へ、ささやかな感謝の心をこめてお歳暮を持っていった。
故郷は少しづつ変わり、また人の心も移り行く、そして自分がそれ相応に歳を経て行くのは余り感じず、親しい人たちの年老いて行く事のみ感じる今日であった。

わが歳はおぼえもせずに人に問い
 
  親しき人のしわを数へむ
コメント

季節はずれ

2006年12月23日 | 日記
一昨日まで咲いていた鉄砲ゆりが、昨日の一段と冷え込んだ朝、哀れなるかな首を落とし枯れてしまった。
私もまさかこんな12月に自宅の庭の露地で、ゆりが咲いているなんて思いもよらなかった。
今年は冬の声を聞いても季節はずれの雨に見まわれ、ゆりも季節を勘違いしたのでしょうか。


コメント

御用の筋 

2006年12月14日 | 日記
今日御用の筋から、かみさんに電話があった。
事情を聞きたいので、ご主人のおられる日曜日に連絡を差し上げるとの事であった。

なぬー、わしは用なんかない、まして事情聴取を受けるような事は何もしておらん。

よくよく話を聞いて見ると、今の会社に入る前の会社の社長が、詐欺容疑で逮捕されたので、当時従業員であった私に話を聞きたいと言う事らしい。

思い出せば、給与未払い八ヶ月等と、嫌な思い出したくない過ぎし日の日々である。
幸い国の立替払いで9割は貰った。

何で未払いでそんなに長く居たかって?
国の融資が下りると、我々を騙していたのである。

うそつきと予告編の天才で、後で分かった事だが、今まで次々と人をだまし、電気屋をだまし一家離散へ追いやったり、営業マンをだまし品物を納品させ、品物は質屋や金券ショップへ売りさばく、営業マンは回収が出来なくなり、今まで首となったひとは一人や二人では無いらしい。

当の私も大金の金子を貸し未だ未回収、
その当時は何にも知らなかった、後で話を聞いたが後の祭り。
他にも犠牲者はかなりいると聞いている。

ダメ押し
その社長の名前の姓名判断をして見た所
なんと、犯罪を犯す可能性が高いとの解説があった。


コメント

心労

2006年12月12日 | 日記
今朝嫁さんが倒れてしまった。
一昨日来の出来事から心身共に疲れ果ててしまったようです。

今朝早く嫁さんの体が震え、体がだるいと訴え救急車を呼ぼうかと思ったが、チョッと大げさに成る気がして、急ぎ車に乗せ
救急外来に連れて行った。
結果は、自律神経失調症との事であった。

特定の部位の疾患ではなく、体全体があちらこちら痛み、痺れ等色んな症状が出るとの事でした、しばらくしたら落ち着きを取り戻し、自分で歩ける様になり、まずは一安心でした。
コメント