Radio workshop & everyday.

自灯明法灯明

「自らを灯(ともしび)とし、拠り所として、他を灯とすることなかれ。」

風力発電

2007年01月31日 | 日記
今の所普段の仕事が一段落ついたので、先週から風力発電の装置を作っている。

同じ会社のグループで農園があり、そこは山の中腹に位置し、冬は北風が容赦なく吹き付け、冬に塔の上で風をさえぎる物は何も有りません、そこで仕事すると思うとゾッとする所です。
でも先週からずーっと寒いなか組み立てをやっています。

ギア、プーリー、ベアリング等の部品以外は全て手作りでまかなっている。
但し、発電機は別。

80%近くは作り上げたので、後は羽根に帆布を取り付け、まずはテスト用に自動車のダイナモで実験することにしている。

羽根の回転直径が10m有り羽根の受風面積も結構広いので台風が心配。
増速器の回転比を大きく取らざるを得なかったために、この様に大がかりの装置となってしまった。

私としてはオランダ型の風車では無く、
プロペラ型の羽根で効率良く小型にしたかったのだけれど、グループ総帥の提案にはあながち無視する訳にもいきませんでした。

恐らく総帥は自分の所のお客に見せる観光目的に近い思いで提案されたようだ。
コメント

あ~あ

2007年01月30日 | 日記
表題通りに、あ~あで有る。
私の耳の補助をしている補聴器を無くしてしまった。
不便さもさる事ながら、高価な物で有っただけに、後悔がひっきりなしに訪れる。

これで二回目である、そのつど私の知人や同僚は一生懸命に探し回ってくれた。

一番印象に残っているのは、以前訪れた時公的機関の人達は、机椅子部屋の中の物全てを動かして、果てはゴミ箱の中までさらって探し回って頂きました。
ただ感謝です。

結局心当たり全てを探したが見つからなかった。
せめて保険の制度でも有れば助かるのだが。

再度購入するとすれば、かなり家計に影響が出る、嫁さんも買いたいものも余り買わずに節約している状況の中で、私だけ日々の生活に必要だからとは言いにくい。
コメント

早いもので

2007年01月25日 | 日記
早いもので、義父が亡くなってから明日で49日の法要を迎える。
お迎えの時は、妻、子供や孫に看取られて行った、早く行くのは残念で有ったろうけどせめてもの慰めに成ったろう。

所で歯は痛いが、そうそう時間も取りにくいので、明日は法要にかこ付けて歯医者にいってきま~す。

昨日のニュースで給食費の未払い22億円とは呆れてしまった、子供はきっちり給食を食べている

!!どこからその費用かが出てると思うてんねん、ええ加減にしいや~ !!


どれほど給食の係りの方が苦労しているのか分からんのかいな。
その子供は、きっちりおかわりしているんじゃないの。
こんな親を持った子供が間違った考えを当然なんて考えるように成るんだろうな。

給食費を払わなければ食べさせなければ良いんじゃないの、事前に通達すれば問題は無いし、その子供たちは弁当を持ってくれば済むことではないかな。

むろん払えないほど困っている家庭もあると思う、そういった家庭は申請して無料でも良いと思う。
一番悪質なのは高級乗用車を乗り回していながら払わない人達だ。
当然法的手段を講じて、最悪は差し押さえ等の手を打つべきだ。

!! ゴネ特は絶対許すまじ !!
コメント

痛い

2007年01月24日 | 日記
きのうから、歯が少し浮いたような感じがしてたら、今日に成ってひどい痛みに変わった。
ご飯も満足にかめなくて、奥歯を上から押さえると強烈な痛み成る。
まずは鎮痛剤を飲んで仕事をして、会社には今この様な状態なので、耐えられなくなったら歯科医へ行かせて下さいと断っておいた。

昼も用心しながら片方でかんでいたけど、狭い口の中であり、当たらないようにかむのは至難の技で、殆どかまない状態で食べ終わって暫くしたら、もうダメダメ。
歯科医へ直行と成った。

所見ではかぶせていた歯の根っこの先端が膿みを持っているとの事、冠を外して神経の穴(今は無い)の詰め物を取り去り歯根を消毒するそうである。
最悪は切開して膿みを取り去るしか無いそうだ。

あーあ、憂鬱、痛い
痛み止めは呑んだんだけどな~。

所で話は変わるけど、足跡が何ヶ月も同じ
で変わらないのは味気ないよね。
毎日とは言わないけど、変化が欲しい。
いつも同じだと頂いても有り難味が無いし
余り続くと嫌になってきて、済みませんが
足跡を拒否させて頂くかもしれません。
お気を悪くされないで下さい。


コメント

仕事と将来

2007年01月21日 | 日記
子供の頃大工さんが家の増築をしに来ていて、実に上手に手際よく材料を作っていく、それを見ていた私は、将来自分で家を建てて見たいと真剣に思っていた。
しかしあくまでも夢で終わった、でも物作りの喜びは今でも失ってはいない。

今の子供は夢が無いとよく言われる、その反面こういった仕事をやりたいと、夢を持って努力する子供も少なくない。

でも私は思う、勉学にしろ仕事にしても向き不向きがあると思う、いくら努力しても限界が有る場合もある、以前勤めていた会社は装置のメンテナンスが主業務だったが、やはり生まれつき備わっている能力と
その仕事に興味が有り、三度の飯より好きである事が、仕事の出来不出来に影響してくる、本人も楽しく仕事が出来るに違いない。
装置の同じ不良原因を突き止めるにしても
そうである人と、そうでない人の結果は歴然としていた。

早くから自分の将来を決めてしまうのは、
私は好きではない、好きなこと嫌いなこと
沢山経験をして決めるのが良いと思う。

子供の頃は社会生活をしていく上での教育を重点にした方が良いのでは無いでしょうか、もちろん三っ子の魂百までは言うまでも無い。







コメント