Radio workshop & everyday.

自灯明法灯明

「自らを灯(ともしび)とし、拠り所として、他を灯とすることなかれ。」

始業点検の必要性

2007年09月29日 | 日記
関連会社の超ブルドーザーのエンジンが異音がするとの事で、うちに持ち込まれた。
エンジンを脱着し、下のオイルパンを取り外して、ビックリ。
エンジンオイルが減りすぎているのに気づかず、作業に使ったため、内部は焼き付いてバラバラに成っていた。
果たして部品交換だけで治るかな?
この前はヘッドをワンクラス上のサイズに
オーバーホールしたばかりで、ヘッドも焼き付いていたら、修復不可と成る。

毎日とは言わなくても始業点検はやりましょう、オイルの入って無い車で通勤は恐ろしい結果をもたらします。




コメント

9月13日の後日談

2007年09月26日 | 日記
言わんでも分かっとると言った本人が
フォークリフトを柱にぶつけてしまった。

今回は9月13日の日記に書いた件が有り
ぶつかると分かっていたが、わざと黙って
いた。
やはり何で言わんのーと言って来た、この前の時そんなのわかっとると言ったから
分かっている人には言わなくていいんだよね

この前言ったはずだよ、そんな事を言うと誰も何にも言わなく成るよと。

こんな人には、やはり苦い思いをしてもらった方が本人の為かも知れません。

コメント

一日だけの休日

2007年09月23日 | 日記
今日は部落内の清掃作業が有った。
いつもは午前と午後と有り、一日が潰れてしまう。
今回は半日で終わらせる試みが有り、実際やって見ると半日で終わった、場所によって大変な所も有るが、やれば出来ると言う事か。

空いた午後は母と兄の見舞いに行った、兄はだいぶ良くなって、今日は熱も無く気分が良いと言って、機嫌が良かった。
母は見舞いに行く毎に日増しに良くなっている、認知症があるので、いつも会話は頓珍漢である、でも頓珍漢でも話が出来ると言う事は嬉しい。

コメント

一族企業

2007年09月21日 | 日記
うちの会社は社長、専務、関連企業の重要ポストを一族が占めている。
最終決定件は社長だが、社長以下の人達が決定した事も、社長の一言でひっくり返ることが頻繁に起こる。

しかし社長に面と向かって誰も言わない。

いまだに夏の賞与が出ない、社長いわく
近い内に出す、だから皆首を長くして待っている。

家のローンの有る人は賞与の前借をしている。
支払いの有る人は大変である。
コメント

人様々

2007年09月19日 | 日記
いつだったか記憶に無いけど、こんな人も居るのだなと、再認識させられた事が有った。

朝の通勤の時、田んぼの真ん中の農免道路を通っていた時の事。

その道は途中で直角に左へ曲がっている、
その直角にさしかかる手前で、対向車も指しかかってきた。
それで私は対向車に道を譲るため手前で
停止していた、所が道を譲られた対向車は
曲がた所で車を止め、「ホラ、ホラ
行けるだろうと盛んに手招きします。
この道はやっとすれ違うことが出来る程
狭い道なのです。
この道幅で直角に曲がっている所なんぞ
すれ違い出来る筈が有りません。

このへたくそ、この位の道も行けんのか
と示威行動起こしたのかどうかは定かでは無い。
こんのなの初めて。

コメント