Radio workshop & everyday.

自灯明法灯明

「自らを灯(ともしび)とし、拠り所として、他を灯とすることなかれ。」

年末

2009年12月30日 | 日記
歳の暮れだから、そうかは分からないけど、昨夜会社の帰り道、見通しの悪いカーブで私の車線に突っ込んできた車がいた。

今朝は今朝で、私の車が来てるのが分かる筈なのに、またもや私の車線の真正面を走って来たアホな車がいた。

「テメー、死にてーのか
俺まで巻き添えにするなよなー」
と、怒鳴りたい気持だった。

ほんとに自分勝手なんだから。
運転する資格なんてね~よ~

コメント

まあ、良しとすべし

2009年12月29日 | 日記
昨年の暮れより少し低くは有ったが、ボーナスの支給が有りました。
この不況の折有りがたい事です。

明細はこれでもか、これでもかっと沢山の項目が並び、約1/4弱差し引かれていました。

それにも増して怒りが湧いてくるのが、税金は仕方ないにしても、健康保険、年金、雇用保険・・・

昔は無かったんだけど、ボーナスは給料とは別だから、ボーナスの出ない人は払わないと言う事だよね。

年金引かれた分は、ボーナスで払った分回数に入っているのかな。

健康保険も余計に払って負担額は同じ
どっか矛盾してない?

お上は取りやすい所から差っ引いて、やり方が卑怯だよ。

コメント

小野篁

2009年12月20日 | 日記
natsuko-sanの日記の小町を読んでて、小野篁と言う方を知った。
乗馬、弓術、剣術など武芸百般に、漢詩の分野では「日本の白楽天」と呼ばれたほどの逸材であったと言われている。

当時の嵯峨天皇から
「子子子子子子子子子子子子」を読めと命じられた篁は、「ねこのここねこししのこのこじし」(猫の子の子猫、獅子の子の子獅子)と読んで、 帝を笑わせ、驚かし、罪を免れたという。

また面白いのは
この世と冥界往来して、閻魔大王を補佐していたと言う話も残っている。

出典 Site 小野篁
ウィキペディア
コメント

偏頭痛

2009年12月18日 | 日記
PCに向かって、一日中CADで回路図を書いてると、姿勢が悪く成るのか右首筋と頭右半分が痛くなる。

体動かして仕事してるときは、そんなことは無いのに。

確かに、整骨院で上半身をマッサージを三日間程やって貰ったら痛まなく成り、良かったと思ってたのに。

整骨院も良いけど、そうたびたびは行けないもんね、料金高い。

コメント

忙しいです

2009年12月16日 | 日記
仕事をお探しの方には申し訳ないけど、最近ずーっと忙しい日々が続いています。
発注していた部品も少しづつ入荷しているし、何んとか行けるかな~

回路も理論的には行けるものを書く事が出来たし、後は組み立てをやっていかなければならない。

でもね~
いつも思うことだけど、個別にチェックをやって、大丈夫と思っても、電源のSWを入れるときの緊張感が走ります、他には例が無い(但し私の場合ですが)。

大分以前だけど、何をトチ狂ったのか、誤配線でSW入れて、パーンと音がして、一個 \37kの部品をパーにした事が有りました、上司が内緒でもみ消してくれました、ありがたやありがたや。






コメント