Radio workshop & everyday.

自灯明法灯明

「自らを灯(ともしび)とし、拠り所として、他を灯とすることなかれ。」

これは昨日と明日の間の出来事でした。

2008年12月30日 | 日記
今日は意外と暖かくて、外へ出ると年の瀬らしく風が冷たく感じました。

従兄弟のうちへ遅まきのお歳暮を持って行きました。
さすがに阿蘇は寒くて、一時も外では立ち話もまま成りません。

叔母さんからは新米を20K位有るかな、いただき感謝です。

会社の上司へは寶焼酎4ℓ入りをお歳暮です、さて何日持つのやら、なにせ大酒のみですから。

明日は残りの片付け物をしないと、散らかってだらしの無い部屋でお正月と成るので頑張らねば。




これは阿蘇の湯の谷温泉の別荘のすぐそばから山肌を突き破り土砂噴出と共に、突然水蒸気の噴出です、近くへは寄れません、ゴーと言う音と共に水蒸気を吹き上げ怖い感じです。
すぐそばの別荘の床からも水蒸気を噴出し、別荘の持ち主は生きた心地はしなかった事でしょうね。

コメント

ああ、おなかいっぱい。

2008年12月27日 | 日記
今日は忘年会でした。
鍋に中華にお寿司にお刺身にイカに串かつにサラダ。

去年より少し品数も減りました。

でも会社持ちでやっていただける事に感謝しなければ成りません。

明日日曜日も仕事です、今この時期忙しく仕事が出来る事にありがたく喜びを感じています。

コメント

仕事について考える

2008年12月20日 | 日記
仕事をしてるって、どんな状況なのでしょね。
身体を動かす、頭を使う等によって作業をこなす。

それではPCの前に座って事務処理をしたりする事、これも仕事ですね、しかし昔気質の方は、汗を流し身体を動かさないと、それは仕事をしているとは思わない方もたまにはいらっしゃる様です。

いつも気ぜわしく、効率よく、もっと早く済ませなさいとは上司の常套文句です。

段取りの時間も惜しんで始めたのは良いが、結局仕事の途中で考え込む事が多く成る。

まず指示された作業内容の把握と仕分けから始め、仕分けされた仕事の分類から、重複するもの、或いは重複可能な物等、作業を進める上での前後関係、それぞれの役割分担を決める。

ただ闇雲に、経験とカンに頼る作業は時として、間違いを起こしやすくなる。
勿論経験やカンを否定するものでは有りませんし、既に既定事実として培われた作業進行は大いに用いるべきと思います。

はっきり言って、旧態依然のやり方にこだわり続け居ると、会社や従業員が迷惑をこうむる事に成りやすい。

体を動かし汗を流し、遣り通した、ただそれだけに終わってしまっては、次にも同じ無駄な作業をするかも知れない。

作業を通して、無意味な作業を繰り返していなかったかどうか。
こうすれば次回はもっと早く安全に出来たのでは無かったか。
この様な話し合いも仕事の内では無いだろうか。

まあ親会社が、自分の会社を中心に各グループ会社が回っていると考えている限り改善は無いだろう。
いつも振り回され、失敗すると始末書、これでは提言する者は誰もいない。


コメント

気分が悪く成りました。

2008年12月19日 | 日記
ka・・なる方の日記に対するコメントを読ませて頂いていたら、気分が悪く成りました。

あのような事を書き込む事自体、神経が私には理解出来ない。
多分本人様は、それでも結構とおっしゃるでしょう。

冗談であることを祈ります。
コメント

さすが、イチロー。

2008年12月15日 | 日記
帰って来たよ、中三日かなり衰弱してました。
嫁さんが獣医さんへ連れいった。
点滴、レントゲン、薬、しめて5.5K円也。

犬猫の保険って無いのかね。
たまらんわ。

でも、猫と言えども我が家の家族、命には代えられない。

PIANAOさんの言う事が当たった。

この前も私にとって幸運な予言をして頂いた、二回連続で予言どうりに成りました。

ありがとう。
 


コメント