内藤やすお|演歌十八番
内藤やすおブログ






昨日に続いての『愚作』です。  

幾つ歳を重ねても亡き母のから叱られた思い出は心に染みるものですよね・・・


タイトルは『なぁ・・・おまえ』


一番   なぁ  おまえ


     いつまで  悔やんでいるんだと


     母が叱ってくれてる様な  


     潮騒酒場の  夜啼き鳥


     漁火  海鳴り  風の縄のれん


     寂しいもんだね  ひとり酒


     亡き母の面影  偲び酒





二番   なぁ  おまえ


     泣くな恨むな  男だろ


     母が叱ってくれてる様な 


     さいはて岬の  鴎唄


     波音  溜息  月の影法師


     淋しいもんだね  さすらう旅は


     亡き母への不孝を  詫びる夜



三番   なぁ  おまえ


     そこが我慢の  しどころと


     母が叱ってくれてる様な    


     窓から射し込む  月明り


     不器用  躓き  男の意地っ張り


     笑ってくれるな  お月さん


     亡き母の笑顔が  目に浮かぶ



この歳になると、叱ってくれた亡き母が恋しくなるものですね!






コメント ( 37 ) | Trackback ( 0 )






『ボケ防止』を兼ねて作詞をしてみました! どうしても『男』の歌になってしまいますけれど・・・

タイトルは『男の器』


一番    強い根っこに  太い節  天に向かって  伸びる竹

      
      そこに男の  姿を見たぞ  誠ひとすじ  男の器


      雨や嵐に  磨かれて  優しく強く  しなやかに



二番    人と競って  勝つよりも  お先にどうぞの  人生さ


      お前の時代は  もうすぐそこに  腹で辛抱  心で泣いて

      
      耐える男の  痩せ我慢  大きくするのさ  男の器



三番    渡る浮世の  裏表  馬鹿な奴だと  言われても


      たった一度の  人生だから  信じた道を  ただひたすらに

  
      歩く男の  心意気  損を承知の  男の器


こうしてドンドンと書いている内に、何とか物になる歌も出来ればと・・・

      





コメント ( 24 ) | Trackback ( 0 )






いつもラジオ番組の収録に行くスタジオのすぐ傍に『築地市場』が有ります。 そこにこんなプレートが壁にひっそりと埋め込まれていました!  

『原爆マグロ碑』です。 昭和32年3月1日、アメリカのビキニ環礁で行われた水爆実験で『第五福竜丸』が死の灰を浴び約2トンのマグロやサメが、築地に陸揚げされて大量の放射能が検出され、その『被爆マグロ・サメ』が築地市場の一角に埋められた事から、この『原爆マグロ塚』が設置されました! 今ではどこかに移転されてこのプレートだけですけれど・・・



築地市場内の何処に埋められたんでしょうね・・・? この『原爆マグロ』は一部の週刊誌で記事になった事が有りましたが、どうやらマスコミや市場関係者の間ではこの話はタブーになっている感がある様ですね!  



築地市場です。  開設以来80年経ちました! 野次馬の私です収録の帰りにチョクチョク行きます。  市場内は凄い『老朽化』で至る所から水漏れやコンクリートの鉄筋が錆びて剝き出しに、夜は鼠に野良猫、屋根には東京湾のカモメの大群そして糞、そして自動車の排気ガス・・・見た目不衛生極まりない状況でした!



築地の豊洲移転で延期ひょっとすると中止で現在の『築地市場再整備』の話しも、その時は改めて築地市場の地下汚染・水質汚染も当然調査をするのでしょうが・・・

もしも汚染が検出されたら、さて『小池都知事』どうする・・・・?

コメント ( 36 ) | Trackback ( 0 )






私の守り本尊は『不動明王』でございます! 
で・・・何十年振りかの『成田山・新勝寺』の護摩法要に参列して『ノーマクサンマンダー・・・』とご真言を唱えて参りました! 
初詣も節分の豆撒きも終わり人出も少ないと思っていましたが、やはり『成田山』ですよね、未だに大変な参拝客が・・・・



御本堂に続く境内の参道でパチリと一枚! 
この成田山での「水垢離修行』はあまり知られていませんが、不動明王の強いご利益が有るそうで一度私もふんどし一丁で、冷たい清らかな井戸水で不浄な心を清めて来たいと思っております!



『水垢離修行』は冷たく寒いので、魔除けの剣のお守りだけを・・・・



成田山は『あんこう鍋』の大洗に行く途中の参拝! 参拝ついでに『大洗・磯前神社』にも・・・・今年は私の生まれ年の『酉年』 境内にはデッカイ『鶏の絵馬』が・・・・絵になるでしょう! で、一枚パチリと!



『磯前神社』はその名の通り大洗の磯の前に・・・ここから見る日の出は絵葉書にもなっている様に『絵』になる名所です!

一日に二か所の参拝で、私の心も体も清らかになったでしょう・・・かな?

コメント ( 29 ) | Trackback ( 0 )






冬の鍋と言ったら『てっちり・河豚鍋』と『あんこう鍋』に限りますよね! 強風の吹き荒れる茨城県の大洗・平磯海岸に在る料理旅館に一泊して、本場の『あんこう鍋』を満喫して来ました!  さすがに本場だけに鍋に限らず『あんこう』のフルコースは今まで食べたことが無いほど珍しく美味しいものでした!



普段は穏やかな茨城の海ですが、旅館のご主人が言う様に珍しい程の大荒れ・大波・大迫力の太平洋でした! 日本海では珍しくはありませんが・・・ある意味ラッキーな光景ですよね! 東映の映画のオープニングの様な岩に砕け散る白い大飛沫は『あんこう鍋』とともにご馳走でした!



突然ですが・・・・私『鍋』にはウルサイのでございます!  『鍋奉行』を自認しています!  特に『フグ鍋』にはウルサイんです!
鍋の後の『オジヤ』は絶品ナンです。 鍋に残ったスープに割り下に加えた塩加減に、生卵の黄身と白身の程良い掻き回せ方はまさに『鍋奉行の奉行』たる名人級!  誰ですか! ただウルサイだけでもっと静かに食べたら・・・だなんて!



茨城の地酒を飲みながら『あんこう鍋』を夢中で食べている時は静かなモンですがね!  寒い時期には温まる『鍋』が良いですよね、『内藤鍋奉行』のオジヤを食べたい方はご連絡いただければ いつでもご一緒します。 但し、アンタの驕りです!


オマケ
大洗・平磯海岸の『波の花』です!





大洗・平磯海岸の夜明けです!



コメント ( 35 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ