内藤やすお|演歌十八番
内藤やすおブログ






春一番の風に乗って熱海まで行って来ました!  

私のラジオ出演の原点ともいうべき『エフエム熱海湯河原』の演歌番組『艶歌十八番リクエスト&ゲスト』の生放送に出演して来ました ! 私がこの歌謡界にデビューしたのは足掛け12年前の60歳の時で初めて出したCD『湯の町湯河原夢の街』で、そのCDの発売前に『サンプル盤』をこの番組のスポンサーの『熱海国際フォーラムさん』に送ったのがキッカケでそれ以来のお付き合いとなりました! 番組ゲストの出演回数も私がダントツの一位に・・・・私の定期ライブもこの番組の『艶歌十八番』のパクリでも有ります!

写真に写っているダンディーなのは、この番組の名パーソナリティの『渡辺智浩さん』とその助手の女性です。 嬉しい事に番組の中で私の作詞した松原のぶえさんの『能登みれん』をフルで流してくれました!



今の時期の熱海と言ったら『梅園の梅』ですよね、今が盛りと咲き誇っていました。夕方から始まる生放送の前に行って来ました。 陽光の刺す春一番の風も高速道の小田原を過ぎて湯河原あたりからは雨が・・・そこは『晴れ男』の私、梅園に着いて車を降りる時には雨も上がり、人っ子一人いない『熱海の梅』を占領!



さすが熱海の売り物の『熱海梅園』  梅の開花も『早咲き・中咲き・遅咲き』と梅の花見の期間も長いんです! ネットでは開園も午後四時までと書かれていましたが 園内の売店やイベントが四時まででその後は500円の入園料も無料! これお勧めです。 ラジオの本番でも『熱海梅園の宣伝』ついでに言いましたが・・・・営業的には逆効果だったかもね!



梅園の真ん中には箱根の山からの清流も古風な日本式の橋、人工的ですけれど滝も・・・やはり梅の花には『和風』と『演歌』が似合いますよね!




どうです!  古風で演歌が似合うこのオッサンは・・・・誰です! プッツンといきなりブログ抹消した人は!


オマケ



このCDが記念すべき私のデビュー作『湯の町湯河原夢の街&還暦音頭』でござます! このCDを持っている人は余程の変人でしょうね・・・

コメント ( 45 ) | Trackback ( 0 )