内藤やすお|演歌十八番
内藤やすおブログ






6ケ月前のパソコンとの格闘画像です。

典型的なアナログ・メモログ中高年おやじでパソコンは別世界の物と決め付けていた私でした。
元々が機械音痴、いまだに携帯電話をはじめ卓上の電話、デジカメ、CDデッキの操作が上手く出来ません。使いこなせば便利この上ない事百も承知なのですが・・・出来ません。

パソコンの達人『西森 毅さん』の手ほどきを受けながら苦手なパソコンと向き合って気がつくと6ケ月経ちました。このブログも四苦八苦、五里霧中、独断偏見、支離滅裂のうちになんとか今日まで続きました。私としては奇跡に近い大事業です。

4月2日。3時間15分もかけてのこのブログの初投稿したのがまるで昨日のようです。
『モバイル・ログイン・コンテンツ―。
    ドメイン・モデムにプロセッサー。
       ウェブ・アイコン・オフツール
          インストールにプロパティ―。
             テンキ―・ガジェット・プロバイダー。
                アプリケーション・カスタマイズ。
                   XXX・・・・???・・・! ! !。
何の事かわっかりませぇえん。・・・・・機械類は敵だ! !・・・ と書かれております。

実は今でも同じで、パソコンの専門用語の意味ほとんど理解しておりません。進歩なし。

でもでも褒めてやって下さい。6ケ月も続いたのですよ。苦手なパソコンが、ブログが・・・
中指一本でパチパチとひらがな入力。私ローマ字はよく読めません。時間もかかかっています。
せっかく時間をかけての下書きも、操作のミスで一瞬のうちに全部パァー。なんどバソコンをぶち壊そうとした事か。パソコンにあたっても詮無い事とは知りつつも。

勧められてこのブログ3ケ月毎にまとめて本にしています。今日の投稿で第二巻と相成ります。
ブログなるもの自分の不甲斐なさ、浅はかさ、独断とと偏見など『勘定元帳』を人様にお見せしているようで恥ずかしい限りです。

元来が野次馬の私です。ノンポリです。主義主張もそんなにございません。
デジカメ片手にブログのネタ探しの毎日です。にわかブロガーです。

私のブログにコメントを頂く方も少しずつですが、増えてまいりました。とても有難い事です。
ハッ!と思うようなコメント、思わず笑いたくなるコメント、お叱りのコメント等などこのブログの続いている原動力になっております。改めて感謝を申し上げる次第でございます。

暫らくしますと第二巻の『内藤やすおのブロク演歌十八番』が出来てまいります。


コメント ( 29 ) | Trackback ( 0 )






熊本放送のラジオ番組『みすずのホットキット歌謡曲』の収録風景。

毎週日曜日の早朝5時15分から30分までの歌謡曲を中心に歌とおしゃべりの15分間の番組です。メーンパーソナリティの『桔梗みすずさん』と『村井健二さん』お二人とも熊本出身の歌手です。キャリアも相当長いと聞いております。そのせいでもないのでしょうが、スタジオでのトークとても慣れております。慣れているというより喫茶店などで親しい者同士の会話でマイクをまったく意識していない感じです。曲の流れている間のおしゃべり。とてもお耳に入れられません。このブログにも書けません。はっきりいって猥談です。それも熊本弁丸出しの・・・

この二人番組上だけの親しさだけではなく、つい最近デュエットで『愛をかさねて』と言う新曲まで出しました。

ここのところ、熊本づいております。この熊本放送の番組と熊本シティエフエムの『わんさか歌謡なび』と『松原のぶえと内藤やすおの元気はつらつ歌謡曲』と熊本で3つの歌謡番組に出させて頂いております。

嬉しかったお話しに『村井健二さん』が某スナックでお客さんが私の曲『そりゃないぜセニョリータ』をカラオケで歌っていたよ。と嬉しそうに言ってくれた事です。




茨城放送の『村井健二のひとり残されて』の収録です。

前の番組、熊本放送に引き続いての収録、茨城放送で毎週日曜日、午前10時30分から15分間の番組です。『村井健二さん』のヒット曲のタイトルそのままの『ひとり残されて』と言う歌謡番組です。熊本放送と同じく『桔梗みすずさん』とゲストを迎えての歌とおしゃべりの番組。

おしゃべりの中身、放送分も放送されていない分もご想像下さい。
この日は私と『西川ひとみさん』がゲストでした。偶然と言いますか『西川ひとみさん』も熊本出身、ラジオのベテラン、猥談、お助平なお話しお得意。真面目な私一人赤面。

『西川ひとみさん』これまた偶然に私の前に『元気はつらつ歌謡曲』の松原のぶえさんとしご一緒にパーソナリティをしていたそうです。西川ひとみさん『母恋たより』と言う新曲で頑張っております。

私はこの番組の10月の推薦曲として毎週『そりゃないぜセニョリータ』が流れます。
とにかく、トークが超愉快です。放送出来ないのが残念です


コメント ( 33 ) | Trackback ( 0 )






わんさか花子さん。

熊本シティエフエム放送で毎週月曜日午後6時から30分間の放送をしています
『わんさか歌謡なび』のメーンパーソナリティの『わんさか花子さん』です。前回のこのブログで番組収録の模様をアップした時に、もう一人のパーソナリティの『なび太郎さん』の写真しかご紹介出来なかった事に、こブログの仲間よりわんさか花子さんの可愛らしい顔も紹介せよ!!・・・との抗議がありました。

ネットで熊本シティエフエムを検索してみたら・・・ありました。わんさか花子さんの画像が。ちょっとピンボケ気味ですが、このブログをご覧の皆さまに紹介しちゃいます。

内緒ですが紹介ついでに『わんさか花子さんの正体』をバラしちゃいます。

わんさか花子さん、本名?は『高智穂さくら』 1983年7月16日熊本生まれ。
座右の銘に『無駄に過ごしたと思う日は、笑わなかった事』と言っております。どうりで番組の最中もケラケラと良く笑っております。特に私をネタにしている時は・・・ウワッハハハ。
お陰でとても楽しく、愉快な番組になっています。支離滅裂な私をカバーしてくれます。

番組の特徴も演歌が中心です。・・・花子さんあまり演歌は詳しくありません。若いせいか少し前の演歌も良く分かっておりません。懐メロなどは皆目ダメなようです。

花子さん。もう一人の花子さん(高智穂さくらさん)熊本シティエフエム局の花形パーソナリテイとして他の番組、スポーツ広場、科学のチカラ、校区のチカラなどで活躍中です。

とにかく明るく、聡明そうなお嬢さんです。

ついでに『なび太郎さん』本名は『永江太郎さん』31歳、熊本生まれ。今年の春まで東京の六本木ミッドタウン・タワーにあるUSENグループの株式会社ユーズミュージックと言う会社に勤めていましたが、家業の都合で故郷熊本にユータウン。稼業を手伝いなら前職の音楽・演歌の仕事を続けたいとこの熊本シティエフエム局での新番組『わんさか歌謡なび』を開始しました。

なにを隠そう・・・なび太郎さん。前の会社で演歌会と言う部門の担当もしており、私の楽曲
『ちょいワルおやじのセレナーデ・ひたすら人生』とことし発売した『そりゃないぜセニョリータ・男のとまり木』を世に出してくれた張本人でもあります。

わんさか花子。なび太郎。私の息子、娘と同世代です。これからも頼りにしております。
私の多少の失敗は、ワッハハハ・・・と笑い飛ばして軽く流して下さい。ではまた熊本で!!







コメント ( 34 ) | Trackback ( 0 )






熊本シティエフエム局。

ここの放送局で毎週月曜日、午後6時から30分間放送しております、『わんさか歌謡なび』の収録を昨日しました。

貧乏な私です。毎週、現地熊本まで行けません。したがって今回の収録は電話でと相成りました。
やはり、おしゃべりは相手の目を見ながら、そして呼吸を感じながらの掛け合いトークが遣りやすく聴いているリスナーに臨場感が伝わるのではないでしょうか。

アップした画像は以前放送局に行った時のものです。一緒に映っているのがこの番組のパーソナリティをしている『なび太郎さん』です。『わんさか花子さん』も可愛らしいお姿を・・・・と思いましたが今回はパス。そのうちに・・・乞うご期待!!!です。

ナ、ナ、ナント番組の私宛に嬉しいおハガキが来ていました。
『そりゃないぜセニョリータ』がとてもお気に入りでダンスを踊りたくなる明るい歌。とのお便りです。熊本市在住の『西島様』と言う方からです。嬉しいですね。セニョリータです

昨日の収録分の放送は9月27日と 10月4日です。



信越放送の収録の模様です。

ちょっと前の24日にいつもの築地にある東京録音での収録でした。
毎週土曜日朝6時から15分間の放送の『ときめき歌謡曲』と言う番組です。この番組にも私ちょくちょくゲストとして出させて頂いております。メーンパーソナリティの『相沢めぐみさん』『桜木レイさん』にいつもの『北川圭二さん』の愉快なおしゃべりに私も乱入しての収録でした。
この日はもう一人俳優さんの『菜月ひとみさん』も入っての楽しい時間でした。

放送日は10月9日です。信越地方の方お聴き逃しの無いように。

この番組収録後に『エフエム熱海湯河原局』の生放送『演歌十八番リクエスト/ゲスト』の出演のため、車を飛ばして一路熱海へ移動でした。

この模様は前後してしまいましたが25日のこのブログでご紹介しております。

すっかり秋ですね。朝晩の冷え込みも心地はいいですが、風邪などひかないでください。


コメント ( 27 ) | Trackback ( 0 )






エフエム熱海湯河原局の歌謡番組『演歌十八番・リクエスト&ゲスト』生出演。

毎週金曜日、午後6時30分から1時間、エフエム熱海湯河原局の人気歌謡番組のゲストとして出演してきました。この番組、私が歌手としてラジオに出演した初めての番組でもあります。
かれこれ5年前、私の出した『湯の町湯河原夢の街』を地元の熱海湯河原という事で番組あてに御案内状とCDを送ったところ、この番組のスポンサーであります『熱海国際フォーラム』より電話を頂いてご挨拶に熱海まで来たのが、そもそもの初ラジオ出演の始まりです。
言ってみれば、私の歌手デビュー、ラジオ出演の原点がこの『エフエム熱海湯河原局』なのです。

今日のメインゲストは『鏡 五郎さん』です。ここ1ケ月毎日私の『そりゃないぜセニョリータ』と鏡五郎さんの新曲『片恋しぐれ』がセットで放送されています。
そんな事もあってか、放送局から是非番組に鏡五郎さんをおゲストにお迎えしたいとのお話しがあり、昨日の鏡五郎さん出演となりました。

局の計らいで、後半のゲストとして私も出演し、鏡五郎さんとご一緒に番組ディスクジョッキーの『渡辺智浩さん』の名アシストで楽しく生放送が出来ました。

思えば5年前に何も分からずに、挨拶に来た日にいきなりのラジオ出演、緊張、緊張、で何をしゃべったのか、今でもよく覚えていません。恐らく汗びっしょり、頭真っ白だったでしょう

昨日は鏡五郎さんと渡辺智浩さんの助け船で何とかごまかす事が出来ました。



番組本番前の打ち合わせ風景です。

打ち合わせと言うより、近況報告を中心とした雑談会と言った方が当たっています。
ここでも鏡五郎さんさりげなく私をヨイショしてくれたり、皆を笑わせたり気遣って呉れました。

鏡五郎さんの左横から、エフエム熱海の取締役『山崎浩一さん』DJの『渡辺智浩さん』そしてこの番組のスポンサーの熱海国際フォーラムの社長であり作詞家『誠 太郎先生』です。

放送終了後、皆で熱海の旨い肴で一杯といきたかったのですが・・・お互い車を運転するので飲むのは次回と言う事で解散。五郎さん今日25日は三重県の鳥羽でのコンサートです。

私は仕事なし、鏡五郎さんのお師匠さんの『瀧 昇先生』のレッスンに行って来ます。



コメント ( 36 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ