内藤やすお|演歌十八番
内藤やすおブログ






昨日『衆議院が解散』されました!  何故今のタイミングか? 大儀無き解散だ!とか色々と言われていますよね・・・『安倍総理」もここ一番の勝負と褌を締め直しているんでしょうが・・・





『衆議院解散』に先駆けて『小池都知事』の新党『希望の党』を立ち上げの記者会見を大代的にテレビで報道されましたよね! 後ろには『若狭氏』や『民進党』を離脱した議員など13人の現役議員を従えて、いよいよ念願の国政進出に、総理大臣になりたいとの本心も現したのか・・・?  いずれにしても『小池劇場第二幕』の幕開きですよね!



そして『民進党新代表の前原氏』の民進党解散含みの『希望の党』との連携発言・・・皆んな選挙に勝つために『小池百合子』の名前が欲しいのかなぁ~

巷間の噂では『小池都知事』も衆議院選に立候補するとかしないとか・・・じゃあ都民の期待に応えて都知事なってオリンピック・パラリンピックや豊洲市場移転問題など諸々の事はどうするのか? 取り様に寄っては都民への裏切り!  でもあの人はいつもの『したり顔・得意顔』でイケシャーシャーと言い逃れを・・・少なくとも自分で蒔いた種だけは刈り取ってからにして欲しいものだよね!





『希望の党』のPR動画をご覧になりましたか・・・・

小池党首を連想させる女性に追従する男達・・・そして既得権・隠蔽体質・進まぬ政治・組織の圧力と『しがらみのない政治』を標榜していますけれど、でも『小池新党』は何をしたいのか具体的な政策は見えて来ませんよね、全ては私が決めると宣う『小池女帝』の独裁政党になりかねない勢いの『希望の党』と思われてもね・・・・某テレビコメンテーターが『希望の党』を小池百合子の『欲望の党』と言っていましたけれど言い得て妙だよね!


またまた『小池百合子批判』の私です!  また『小池信者』に怒られちゃうなぁ~



コメント ( 69 ) | Trackback ( 0 )






箱根の仙石原はすっかり『秋色』に・・・・

今年は一週間ほど早く『いぶし銀に輝くススキの稲穂』が山一面に秋の日差しを浴びて私達を歓迎してくれました! これも普段からのオコナイが良いからなんでしょうね・・・



箱根の定宿『家具健保みやぎの保養所』からも仙石原は車で15分の所に在ります。



江戸時代には幕府の直轄地で馬草の生産地として『ススキ』を植えた事から今では日本一の『ススキの大草原』に・・・



更に車で15分。 大涌谷の煙も私達を大歓迎で硫黄の匂いの煙をモクモクと・・・未だに危険濃度が下がらずに山頂の『大涌谷神社』までの遊歩道は立ち入り禁止。 ここでも山はすでに秋色に・・・



今では箱根観光の定番になりつつあります日本一の大つり橋『三島スカイウォーク』までは大涌谷からも40分足らずで・・・まだ出来立てでカーナビでも検索出来ないほどですが、平日なのにもの凄い人出が・・・



ちょっと足を延ばして名刹・修善寺に・・・ここは初めて行きましたが一般の温泉客は殆どが素通り!



皆さん、修善寺のすぐ前の『竹林の小径』に・・・初秋を感じる秋風が竹の間を吹き抜けて一服の清涼剤に…誰です!  清涼剤にしてはこのオッサンが邪魔だなんて・・・



今回の箱根行のメンバーです。飲むだけ飲んで 食うだけ喰って 温泉に入るだけ入って さっさと寝て・・・





翌日の帰路には少し遠回りして『真鶴半島』へ、そして鴎と戯れたり・・・一袋100円の『カルビーのコーン』が鴎の大好物でいつの間にか船の周りに集まっては私達にサービスしてくれたりして・・・

のんびり、行き当たりばったりの旅も良いもんですよね。 今度はご一緒しませんか・・・

コメント ( 36 ) | Trackback ( 0 )






女将さん 今何とか言いなすったね、親子の名乗りがしたかったら堅気の姿で来いと言いなすったね・・・・!

ご存知『瞼の母』の名セリフですよね!  私も『演歌十八番コンサート』で良くやります。 少し長めの台詞を入れても『瞼の母ステージ』が約5分とチョット。 で、この続編を書いてみました!

タイトルは『水熊横丁の忠太郎』 

  一番   大金百両  胴巻きに

       母をた訪ねて  旅がらす

       出会ってみりぁ  水熊の

       大店町屋の  大女将

       ヤクザな息子にゃ  縁は無い

       ・・・・

       冷とうござんす  おっ母さん



  
 二番   五つの頃に  家を出て

       浮世の風に  さらされて

       この小雀は  生き抜いた

       今更親子の  ぬくもりに

       浸かる積りは  まつぴらさ

       ・・・・

       泣きとうござんす  おっ母さん


 
  三番   瞼とじれば  つれづれに

       優しい面影  おっ母さん

       スリハリ峠の  番場宿

       そこが俺らの  ふるさとよ

       達者で暮らして  おくんなせぇ

       ・・・・

       つれのうござんす  おっ母さん




水熊横丁の町屋の女将『お浜さん』が実の母親。 消えた忠太郎を荒川土手で『忠太郎~忠太郎~』と呼ぶ声を聴きながら、また股旅暮らしの忠太郎さんの切なくやるせないお話しを歌にしてみました! 

特報!
本日は『上野恩賜公園野外ステージ』で開催されます、『艶歌ミュージック秋祭り・上野歌謡コンサート』に出演します!私の手番は午後3時頃の予定でございます。


コメント ( 33 ) | Trackback ( 0 )




v

昨日は感動的な千秋楽でしたね・・・



何はともあれ総合優勝おめでとう! 『横綱・日馬富士』に大アッパレを・・・! 序盤では誰が優勝を予想したでしょうか! まさに横綱の意地・執念の土俵! 凄いの一言・・・



三横綱・の二大関の休場、その上人気力士の『宇良』までが怪我で休場! 前半戦には『横綱・日馬富士』の三連敗、カド番大関『豪栄道』の二連敗で、今場所はどうなる事かと皆ンなが心配していましたけれど・・・・


気が付けば『昨日の千秋楽』では、その心配された『横綱と大関』の二人が優勝を争う事に・・・一人横綱、一人大関の意地を見せつけられましたよね・・・・大アッパレ!ですよね!


そして今場所は若手力士の活躍が何と言っても土俵を盛り上げましたよね!  連日の満員御礼の幕が下がるのも分かりまいよね! 

  





『貴景勝』 『阿武咲』 『北勝富士』 『朝乃山』 『大栄翔』 『千代丸』 『千代の国』 『貴ノ岩』 『遠藤』上げ始めたらキリがない位ですわね・・・そして老骨に鞭打って頑張った『嘉風』 『琴奨菊』 幕下で頑張っている『豊ノ島』 皆んな今場所を盛り上げました!  アッパレ・アッパレ!



十両で惜しくも優勝を逃した『安美錦』にアッパレを上げたいですね、39歳史上最年長の幕内復帰はアッパレですよね



いつになく大盛り上がりの今場所でしたよね・・・・日本の国技『大相撲』は不滅です!


で・・・今日からまた二・三日『箱根・強羅みやぎの保養所』で私も休場です!












コメント ( 29 ) | Trackback ( 0 )






三省堂の辞書では『挽歌』とは・・・死んだ人を送るときに歌う歌と有りますが、今では一般的には『哀傷歌』と称され哀愁を歌う歌とされる様になりました!

厳しい都会に棲み健気に生きる小雀に哀愁を感じませんか・・・で『小雀挽歌』とのタイトルの歌をいてみました。




   一番  夜明けの空を  待ちきれず

       ねぐら飛び出す  小雀の

       羽を休める  枝も無い

       ひゅうひゅうひゅららと  木枯らしの
   
       都会の風に  さまよって

       すさんだ俺に  生き写し


   二番  朝の目覚めに  誘われて

       都会のはざま  せせらぎに

       陽だまり浴びて  水遊び

       ちゅんちゅんちちちと  歌声は

       秋から冬への  身支度か

       移ろう季節に  逆らわず




   三番  夕日が落ちれば  巣ごもりさ

       ひとりで戻れぬ  小雀は
   
       明日の命も  ままならぬ

       きらりきらきら  太陽に

       向かって強く  飛べるまで

       俺が守って  やりたいが


どうでしょうか 今まで書いた歌と色も違って良いと思いませんか・・・・?

コメント ( 30 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ