内藤やすお|演歌十八番
内藤やすおブログ






秩父の羊山公園の一面の芝桜です。

今、秩父にある羊山公園の芝桜が見頃です。東京から関越道を車で1時間と少しライン下りで有名な長瀞の少し先、古い家並みの秩父街道を進むと羊山公園がすぐそこにあります。
ここは今、一面の芝桜が満開です。

朝早くから車を飛ばして行って来ました。運よく・・・?あるいは余震が収まらないせいか車も少なく高速道路もガラアキ、この時期の芝桜見物で渋滞する羊山公園の駐車場も並ぶ事なくゆっくり満開の芝桜を見て来ました。 途中に携帯で仕事の連絡が入り昼食もせずに事務所に戻って来ました。濃いピンク、薄いピンク、真っ白と色分けされた芝桜が小高い丘一面に咲いているのは見事です。一見の価値あります。

この日は入場無料。入口の募金箱だけ。義援金として入場料相当分を募金・・・募金後その箱を見たら、義援金どころかこの芝桜の管理費への寄付の募金箱でした。マッ。イイカ!



七枝八枝 花は咲けども 山吹の 実の(蓑)ひとつだに 無きぞ悲しき

後拾遺集にある歌です。 この歌を有名にしたのは『太田道灌』です。 ある日、道灌さんが鷹狩りに行った際急なにわか雨で近くの農家で『蓑』を狩りに立ち寄った時、うら若き少女が黙って『山吹の花の一輪』を差し出した事からこの歌が今でも脚光わを浴びさせております。私の歌もこの様な洒落た故事で一躍脚光を・・・そりゃないぜ!! ハハハハ。

さて、今月も今日で終わり。明日からは新緑の五月。巷はゴールデンウイーク。皆さまどんどん出かけましょう、観光地へ行きましょう。外食で美味しいものを戴きましょう。お買い物もいたしましょう。 そろそろ自粛ムードから以前の様な元気な活気ある生活に戻りましょう。
日本の経済の六割は消費によって支えられているのです。

・・・・とは言え、私の様な手元不如意のご同輩諸氏には、そうそうお金も使えませんよね。そんなご同輩諸兄に朗報です。明日から私のインターネット動画サイトのユーストリーム『わんさか歌謡ネット』の第五回目の更新で配信いたします。
ゲスト歌手の『渡辺勝彦さん』の愉快なおしゃべりと歌『流れて津軽』は絶品中の絶品。
また、この回からのシリーズ『内藤やすおの、この歌に挑戦・艶歌十番勝負』が始まります。ゴールデンウイークも会社や自宅に、と言う方は是非この『わんさか歌謡ネット』でお楽しみ下さい。

では皆さま、パソコン、携帯画面でまたお会いいたしましょう。


コメント ( 19 ) | Trackback ( 0 )






木場、レインボウFM局の『思い出歌謡うた物語』

毎週、月曜日から金曜日までの午前10時から12時までの歌謡曲中心の生放送の番組に昨日はゲストとして出演をして参りました。水曜日の担当パーソナリティは『すずき円香』さん、2時間にも及ぶ生放送をひとりで楽しいおしゃべりやゲストを相手に番組を盛り上げております。少し小柄ですがとてもメリハリのあるトークとウイットに富んだ話題での進行は小気味の良いほどでした。 後半の1時間が私の出番でした。初対面です。しかも番組の途中からの私の出番、詳しい打ち合わせをする間もないうちにスタジオのマイクの前です。さすが生放送に慣れるれている『すずき円香』さんです、私のプロフィールとCDを見て頭の中で番組の構成が瞬時に出来たらしく本番突入。このスタジオはサテライトのガラス張り、外には沢山の『円香フアン』がいて、『円香さん』放送をしながら外のフアンの方たちにも手を振ったり挨拶を交わしたりと、気配りも忘れておりません。

私のオリジナル曲を4 曲と私の推薦曲として『日高まさと』さんの『これも人生』と尊敬する『鏡五郎』さんの『北へ流れて』をそれぞれ私との関わりや曲の想いを話しながらの楽しい1時間でした。

『すずき円香』さんあの有名な『荒木とよひさ先生』の4番弟子だそうで、とても素敵な歌を歌っております。新曲『春ふたつ』で頑張っています。勿論、作詩は『荒木とよひさ先生』 作曲は『弦哲也先生』です。 ピリッとしたいい女でした。

・・・・テレビ出演の話が飛び込んで来ました。まさにエッ! ウッソー・・・マジッスカです。ご存知ですか、『うたなび』と言うテレビ番組。北海道文化放送、東日本放送、とちぎテレビ、群馬テレビ、TOYYO・MX、チューリップテレビ、中部日本放送、岐阜放送、KBS京都、テレビ和歌山、テレビ新広島。そしてスカパーで全国放送の歌謡ポップスチャンネルに私が出演します。5月29日のTOKYO・MXの朝5時からを皮切りに丸々一週間各局で放送されます。
放送される曲は『ちょいワルおやじのセレナーデ』のプロモーションビデオです。

また今月の30日には以前に収録をした千葉テレビの『歌の散歩道』で『そりゃないぜセニョリータ』が放送されます。午前10時からの30分番組の中での出番です。

生のステージが少ない『その他大勢・大部屋歌手』の私にはまたとない絶好のプロモーションです。 お時間のある方、是非ご覧ください。


コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )






不動明王の御真言。

以前にも書いたと思いますが、昭和20年10月8日生まれ(酉歳)の私の守り本尊であります『不動明王』の御真言です。梵語のまま、そして発音も何やらオマジナイの様な私には意味不明・・・昨日、今年の節分に豆撒きに招かれた門前仲町にある『成田山・東京別院深川不動堂』のお護摩修行に行って参りました。

平日、そして肌寒い雨らも拘わらず多くの参拝客がいのには、ちょっと驚きでした。
護摩炊きの本堂も新しく新設・移転されたばかりで、いつもの護摩修行に合わせてのお坊さんの読経、そして法螺の音と大音響の太鼓や鐘の響きも、私には何故か身が引き締まる気がしました。

『不動明王』は悪魔を降伏させる為にあの様な恐ろしい顔をしているのだそうです。本当は人々を救済する厳しくも優しい慈悲に満ちた仏様なのです。

僅かばかりのお賽銭を払って不動明王に、東北大震災の被災者のご冥福と復興の祈願、原発の余震の収束、私自身の心願成就、家内安全、ボケ封じ、商売繁盛、交通安全、八方除け、他力本願、歌のヒット祈願・・・・せっかくだから思いつくままお願いをして来ました。



阿修羅像です。

『松原のぶえさん』の新曲で大ヒット中の『阿修羅海峡』に出てくる仏様『阿修羅像』です。奈良の『興福寺』に国宝として安置されています。

他の仏像と違って、顔も不動明王のように厳しく無くとても優しそうに見えますが本当は『戦いの神』なのです。解説書によると、もう一方の戦いの神『帝釈天』と宿命的な戦いを続け、常に負け戦の連続だったそうです。『修羅場をくぐる』との言葉の語源でもある様に戦い・争いの絶えない状況にあって、この『阿修羅像』当時の人々の心の平安をもたらすために建立されたそうです。

三つの顔と六つの腕・三面六臂のこの阿修羅像・・・・松原のぶえさん、どのような思いで新曲の『阿修羅海峡』を歌われているのか機会があれば聞いてみたいです。

何やら、宗教家みたいなコメントになっちゃいました・・・まっ。たまにはいいか。合掌。


コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )






かつしかエフエム『 歌謡大行進 』

昨日は、かつしかエフエムで毎週火曜日の午後6時からの1時間番組『歌謡大行進』に出演して来ました。急遽、今週からしばらくの間、私がパーソナリティとして月一でお手伝いさせて頂く事になりました。何で私がと思いつつスタジオに入り短い打ち合わせの後に早速本番、しかも生放送です。収録と違い取り直しや放送禁止用語、イイカゲンな嘘八百も気にしなくてはいけません。ここは、腹を決めてぶっつけ本番、なんとか冷や汗の1時間の生放送でした。

この番組のスポンサーでもありメーンパーソナリティの『松田 理さん』錦糸町の駅近くでカラオケ喫茶を経営しながらラジオ番組の構成とディレクター、パーソナリティとひとりで何役もこなしております。さすが慣れたもので番組の進行、おしゃべりにもスムーズ、プロ顔負けの仕切り屋さんです。

かつしかエフエム局の視聴可能範囲も、葛飾区にとどまらず近隣の各区や千葉・埼玉の方までの広い範囲に流れております。また、昨今はインターネットで日本全国で聞く事が出来るようになっております。歌のステージ活動の少ない私にはもってこいのプロモーションの媒体です。しかも番組パーソナリティです。有難い事でございます。

この日の歌のゲスト、ロックポップの二人組の『ノン ダックさん』です。
二人でユニットを組んでまだ2年とちょっと、ご自身で作詩、作曲、編曲をした曲でビックな明日を夢見て頑張っております。ライブハウスを中心に路上でのライブも盛んにやっております。近くにはJR高田馬場でも路上ライブを始めると言っていました。冷やかしでも結構です聴きに言ってやって下さい。ひょっとして前歌で私が『ちょいワルおやじのセレナーデ』を歌っているかも知れませんから・・・

歌謡大行進と言う番組のタイトル。私も歌謡曲、演歌中心の番組と張り切ってスタジオに入りましたが・・・ゲストのこの若さ溢れるピンピンのロックユニットの二人、話をして行くうちに感じたのはロックも演歌も同じ音楽、感性。私も若返りこの二人に交じってのオヤジギャグの連発や危ないスレスレ?のシモネタでの楽しい1時間でした。

番組の中で私のユーストリーム『わんさか歌謡ネット』のピーアールもたっぷりしちゃいました。またこの放送の前の番組の歌手・声優の『領家サイカさん』とも知り合いにも慣れました。彼女、早速、私の番組にも出演したいとの事嬉しいじゃありませんか。いずれ『わんさか歌謡ネット』でご紹介出来ると思います。 乞う・ご期待‼


コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )






国会中継。

午前10時から午後の5時まで、NHKで昨日も国会中継を放送していました。
『参議院予算委員会』の模様を長時間にわたっての予算委員の国会議員、仕事とは言えご苦労様。
 と言いたいのですが・・・・

この国会中継。質議の内容は東北大震災の政府の対応についてでした。勿論、そのための国会審議なのでしょうが、野党の議員の口を揃えてのこの度の新債の政府・とりわけ『菅直人総理大臣』の対応の悪さ責任の追及でした。 

そこで私の感想です。

追及する野党の菅総理への対応の遅さも分かりますが、今この時期に責任追及、総理退陣の要求に何日も貴重な時間を使う時間があるのなら被災地の方達が今、今日、明日にでも手を差し伸べて貰いたい事柄があるはずでしょう。が、震災直後からの総理、政府の動きの不備をメモを見ながらの重箱の隅を突くような激しい、そして激しい聞くに堪えな野次。二言目には『大問題だ』『言語道断だ』『退陣だ』・・・・・ 私は今こそ国会議員は与野党の区別なく現に今、被災地ゃ福島原発の救援・収束の具体的な議論をすべきだと、刻一刻と変化しつつある大事時間を何日もこの様な責任追及で費やすのは、如何かと思いつつひがな一日『国会中継』を見ていました。

菅さんの責任論は収束のメドが着いてからじっくり検証してからでも遅くは無いのでは。あるいは菅さんに変わって明日からでも全て納得のゆくスーパー政治家がいれば話は別です。



拝啓、菅総理大臣様。 貴方様にもっとシッカリして頂きたい。 野党の議員は退陣を要求するのは分かりますが、身内の党からも退陣すべきとの声が出て来ています。

民社党の元代表の『小沢一郎』や元総理大臣の『鳩山由紀夫』この二人何で今、反現政府反菅で動き出してくるのでしょうね。恐らく復権を目論んでいるのでしょうが・・・口汚く批判をさせて頂ければまさに『火事場泥棒』いい加減おとなしくしていてくれ! と言いたい。

国難の時です。今はとに角、国会議員が一丸となって事態の収束・国の安全・安心に邁進すべきだと思いますが・・・ノンポリ歌手の『国会中継の感想』でした。


コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ