内藤やすお|演歌十八番
内藤やすおブログ






28日の両国国技館は、大相撲夏場所の千秋楽とあってチケットを持たないもの凄い人達で埋まっていました! 



『稀勢の里』の横綱誕生の相撲人気への貢献度の大きさを知らされた思いの国技館界隈でした。 この日は私の歌仲間の『NOBBYさんのカラオケ大会』のゲストと言う事で暫らく振りに両国へ・・・その変わり様には目を見張るものが有って改めて『相撲人気の凄さ』を知らされた思いでした!



林立する力士の幟の周りにはチケットを持たない人の『力士の出待ち』でカメラを片手の人で大混雑、力士は力士でお客さんとのツーショットやら『赤ちゃん抱っこ』の大サービスを・・・



元関脇の『琴錦・現朝日山親方』です。 国技館の切符切りには往年の人気力士達が笑顔で、『相撲協会』の刷新・サービス向上の熱の入れ様もわかりますよね! 朝日山親方の嫌な顔せず笑顔でカメラに・・・!



両国駅前もちゃんこ料理やお土産屋さん等が出来て、イメージも一新、まさに相撲駅。本物の土俵まで出来ていました!たまたま千秋楽で『ちゃんこ料理・霧島』も予約待ちの人で入れませんでしたが、相撲の無ない日にも一度行こうと思います!



この頃はまだ小学校年少組でした。『栃若時代』で相撲が唯一の遊びだった思い出が・・・・



・・・で、その思い出の再現を、約65年振りに、いい70過ぎのオヤジが二人して! 今の人気横綱は、今場所怪我で途中休場した『稀勢の里』ですが、白鵬も黙っては居ませんでした六場所振りの優勝を・・・





やはり名横綱ですよね!  この分だと40回は優勝が出来そうですよね!  白稀時代到来ですよね・・・


それにしても様変わりの激しい両国駅界隈でした!


コメント ( 44 ) | Trackback ( 0 )






なんと200人を超す実力者揃いの出場者のカラオケ大会で、両国国技館の江戸東京博物館の会場は熱気ムンムンでしたでした!

『母の鞄』でヒットを飛ばしている歌手の『NOBBYさん主催』のカラオケ大会・17のゲストで歌って来ました!



このカラオケ大会のゲスト出演は昨年に続いて二回目、今年は私の歌の添え舞いでお馴染みになった『藤間まい師匠』も応援でステージを盛り上げてくれました! 歌と踊りの『古来稀なり』もテレ玉や栃木テレビの『ロイ白川の心の演歌』でも一度放送されたせいか、お客さんや出場者の皆さんも知っている人が結構いたのには嬉しく思いました。 やはり『歌好き』なのですよね、ローカルの歌番組もチェックしてたいるのですね!





主催者の『ノビー・NOBBYさん』でございます。 初めての出会いは今から11前、私の初舞台の中野サンプラザでの歌謡ショーでご一緒に、その後はラジオ番組の収録で築地のスタジオで、そして私の定期ライブにも一度ゲストに来て貰った事も・・・

若い頃にアメリカで活躍中に付けたラジオネームが『NOBBY』の由来です。 『母の鞄』一本で苦節6年! この歌を歌う人もジワジワと増えて大ヒットにまで・・・・



カラオケ大会などでは『紋付に袴スタイル』や『着物スタイル』は目立つものですよね。 殆どの出演者がジャケットスタイルですからね! そして顔も念入りにドーランで白髪や眉毛も黒く若々しく・・・いかにもベテラン歌手気取りで笑顔に目力なども計算しちゃって・・・デビュー以来10年、最近はステージも慣れてきたせいか大汗も小汗に!



このカラオケ大会の審査委員長の『岩上峰山先生』のアレンジの歌『酒よ今夜も』も久し振りに歌いました! お客さん採点しないで下さいよ・・・えっ! あれでも歌手かいって目で!





コメント ( 36 ) | Trackback ( 0 )






昨年の今頃 東京の若者へのアンケートで『嫌われるジジイ』で前都知事の『舛添要一氏』に次いで第二位になったのが、この『森喜朗氏』でございます。  まっ、嫌われるジジイは私『内藤やすお』も同様では有りますがね・・・!

トカク総理大臣や、大企業のトップで言う事もハッキリと言う人は、外見からして偉そうで若い人達からは嫌われるのが世の習い・・・『石原慎太郎』 『濱渦武生』 小池都知事に都庁のドン頭の黒いネズミとも言われた『内田茂』 『自民幹事長・二階俊博』 古くは『鳩山由紀夫』に『菅直人』に『小沢一郎』 日銀の『黒田総裁』 元モンゴル人横綱『朝青龍』 皆んな『嫌なジジイ』と・・・

前書きはさておき・・・



この『森喜朗』が本を出しました。 タイトルは『遺書』サブタイトルに『東京五輪への覚悟』 来るべき2020年の『東京オリンピック組織委員会会長』としての『JOC 』や『東京都知事』との確執・内幕を赤裸々に描き明かした本です!

癌の宣告を受け、死の恐怖と闘いながら残された命を東京オリンピックの準備に捧げる覚悟を・・・興味深いのはこの本に書かれている死との闘いより『小池都知事』との戦い 『JOC』との闘いです。


4月21日に『幻冬社』から発売早々に売り切れ完売・・・予約し直してやっと手に入りました・・・

この本『嫌われるジジイ』の割には凄い人気ですよね!  私が一番面白く納得したのは第五章の『小池流』見直しとは何だったのか・・・、小池流の敵を作って都民に面白可笑しく敵をあざ笑う政治的パフォーマンスや無責任な見直しをやめて欲しいとの章でした!

東京オリンビック・パラリンピック組織委員会会長・森喜朗著 『遺書・東京五輪への覚悟』 幻冬舎より 一冊1500円    


特報!
本日は両国国技館に有る『大江戸博物館』での『ノビーさん主催のカラオケ大会』のゲストで歌って来ます! 私の出番は大トリの午後7時頃でございます!

コメント ( 48 ) | Trackback ( 0 )






『前川喜平さん』・・・・東大を優秀な成績で卒業して文部科学省官僚のトップの『事務次官』にまで登りつめた人でございます!  



こちらはご存知『籠池先生』でございます!  前川氏は『加計学園』で、籠池氏は『森友学園』でマスコミの寵児に・・・寵児と言うのは当たりませんでしょうけれども『安倍総理』にたいする忖度問題でテレビや新聞・雑誌で『これは総理のご意向です・・・』との文書の『本物か偽物か』の議論の主役に・・・お忙しい事ですよね!

敬愛すべき民進党は、『前・文科省事務次官の前川氏』を国会での参考人招致へと躍起に 片や官邸はこれは『怪文書』だと・・・早くも『泥仕合』の態を・・・そしてマスコミも『読売新聞vs朝日新聞』 『文藝春秋vs週刊新潮』 そして『官邸vs民進党』 『本物vs偽物』  良く聴いているとテレビ局のコメンターの意見・解説にも総理のご意向に対立意見が
・・・

暫らくは野党にとって『国会論戦・安倍おろし』の格好のネタになるんでしょうが、『忖度』がまたまた話題に・・・『忖度』とは、人の心をおしはかる事と辞書に有りますが,推し測る事が上手い官僚の中には『前事務次官』が文部官僚の違法な『天下り』で引責辞任した意趣返しだと、『前川氏』の心を推し量っての事が発端だと『廊下話し』も・・・・



それにしても東大卒のエリート官僚が『売春・援助交際の巣窟の出会い系バー』のご常連とはなぁ~ 幾ら法律に触れる事はしていないと言っても『若い娘さんの尻』ぐらいはナデナデしたんじゃないのかなぁ~ 金の力で・・・ 『籠池先生』もお仲間が出来て心強いでしょうね! お二方ともご自愛くだされ・・・!

コメント ( 53 ) | Trackback ( 0 )







米粒みたいに小さく写っているのが私です!

『平和観音像』といって 大谷石で有名な栃木県の『大谷寺』の山門前に建っております!   全長88尺8寸8分『八並びの末広がり』 全体が大谷石で彫られています!







日本屈指の岩窟石仏と日本最古の人骨展示で有名な『大谷寺』です。『ロイ白川の心の演歌』のテレビ収録のついでに見学に立ち寄りました。 皆様の家内安全と北の脅威からの安心と豊洲市場のー安全と安心と私の金運を祈願して参りました・・・合掌!



東京駅前の『丸ビルの地下』を幾つも広げた地下空間・・・・全体が大谷石。 圧倒されますが、暗くて、その巨大さと迫力をご紹介出来ないのが残念です!  寄り道のホントの目的はここ『大谷資料館』です。 この日の宇都宮は夏日で気温も28度越えでしたが地下空間は摂氏8度 天然の冷蔵庫です!



巨大な地下空間にの中には幾つも大谷石で削られたイベントステージも有って、ロックやクラシックのミーコンサートも良く行われている様です。 今度はここで私の演歌のショーでもやってみようかと・・・・誰です! それでなくても穴の中はヒエビエと寒いのに、だなんて・・・



大谷資料館の周りも巨大な大谷石が剥き出しで・・・結構な見応えが有りました! 意外と栃木県観光の『穴場』なんですね!


コメント ( 30 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ