内藤やすお|演歌十八番
内藤やすおブログ






アッパレ・アッパレ…!!

『逸ノ城』・・・ モンゴル出身、湊部屋、身長195センチ、体重199キロ、21歳 東前頭10枚目、愛称『モンスター』…兎に角アッパレ・アッパレ!!

大相撲の初土俵から五場所目で、横綱『鶴竜』と大関『稀勢の里』と『豪栄道』を破り九月場所13勝2敗で『準優勝』…まだ『髷』も結えないザンバラ頭で今場所は『逸ノ城』で始まり『逸ノ城』で終わらせた感の、彗星の如く現れた大物・怪物でまさにモンスター!来場所以降の活躍が楽しみな力士ですよね!近い将来の『大横綱』間違いなし…



渇っー! 渇っ・渇っ…!!

久し振りの『日本人横綱』と大相撲ファンから絶大な期待をされていた『稀勢の里』茨城県出身、田子の浦部屋、東大関、身長188センチ、体重172キロ

私も一時はこの大関に『日本人横綱』にと期待して応援していた一人でした…でしたは『過去形』いつも場所の序盤は勝のだけれど、なにしろ『ポカ』が多過ぎ、『マッタ』が多過ぎ…場所が終わって見ると『優勝候補』『日本人横綱候補』はどこ吹く風!恵まれた身体の割には『心臓』が細く虚弱なのか…『渇!渇・渇・渇』です!!



アッパレ・アッパレ…!!

『旭天鵬』モンゴル出身、友綱部屋、東前頭14枚目、身長190センチ、体重115 キロ、41歳…41歳です! 日本国籍獲得『日本名・旭天鵬勝』ちなみにモンゴル名は『ニャムジャウィーン・シェウェグニャム???』可愛くて綺麗な日本人妻を…
なんで『アッパレ・アッパレ!』かと言うと、幕内力士最高齢、昨年に73年振りの40歳勝ち越し記録…41歳の現在も記録更新中!通算出場日数1795日、歴代2位、これも記録更新中…『アッパレ・アッパレ!』ですね!



もう一人アッパレ・アッパレ!…

『若の里』青森県出身、田子浦部屋、東十両5枚目、身長184センチ、体重158キロ、38歳…旭天鵬とは同期入門、殊勲賞4回、敢闘賞4回、技能賞2回受賞…今年の五月場所で『大鵬』の持つ通算勝利数を872勝と歴代2位に…今も記録更新中!大関を目の前にして大怪我を…怪我を克服?しながら現役で活躍中、通算出場日数1613日…『アッパレ・アッパレ!』ですよね!



渇っー 渇っ・渇っ…!!

『遠藤』石川県出身、追手風部屋、西前頭筆頭、身長184センチ、体重143キロ、23歳、まだ『髷の大銀杏』も結べない位の『スピード出世』私と同じ『日大出身』今場所は『逸ノ城』の影に隠れて、生彩も無く黒星続き…『勝ち負けは時の運』とは相撲の世界には通じませんね!稽古不足、過剰人気が『渇!』の原因でしょうね…どだいテレビに出過ぎ、それもバラエティ番組に、ザッと挙げても『さんまカラクリテレビ』に『志村けんのだいじょうぶだ』に『徹子の部屋』そして『永谷園のテレビコマーシャル』『横綱白鵬』と並ぶ懸賞金を、一時は200本も『懸賞横綱』と言われています!ハングリー精神を取り戻し、死に物狂いの稽古で次回は『アッパレ!』を…



アッパレ・アッパレ…!!

なんてつたって『白鵬』モンゴル出身、宮城野部屋、第69代・東正横綱、身長192センチ、体重158キロ、日本国籍獲得・日本人より日本人らしい平成を角界を代表する『偉大な横綱』ですよね! 優勝回数…千代の富士と並ぶ31回史上2位タイ、大鵬のもつ歴代一位の32回は目の前に後優勝するか…凄い力士『アッパレ・アッパレ…!!』



『アッパレ! でも 渇っ! でも…』どちらでも良いのです、この人にも注目してやって下さい!


コメント ( 36 ) | Trackback ( 0 )






この時期『お彼岸』にはこの花『ヒガンバナ』ですよね、ちょうど見頃を迎えていました。

夏から秋へ…そんな晩夏を探しに武蔵野の面影を残す『神代植物公園』に行って来ました。晩夏・初秋の表現もピッタリの爽やかな空気のこの『植物園』は北新宿から甲州街道を20キロ足らず、三鷹や吉祥寺と言った繁華街のすぐ近くに有りますが、とても静かで緑に包まれた『武蔵野そのもの』って感じの自然を残した東京都民の憩いの場です。



『神代植物公園』は、こんな自然の雑木林に囲まれていて植物園にはその時々の草花で私の様な『花好き人間』の目を楽しませてくれております、『花好き』には悪い人は居ないって本当ですよね、私をご覧になって納得頂けましたでしょ!??



『秋の七草』の内の一つ…『萩』どちらかと言うと地味な花ですが、こうして群棲させてアーチ型の『萩のトンネル』になると見応えも充分…ちなみに『秋の七草』の簡単な覚え方を…『お好きな服は…』これです。『お・オミナエシ』『す・ススキ』『き・キキョウ』『な・ナデシコ』『ふ・フジバカマ』『く・クズ』『は・ハギ』と…一つ利巧になったでしょ!



シャクナゲが満開でした、この花は『萩』とは違い『赤』や『黄色』に『白』その上かなり大輪の花で、とても『派手』…地味な私とは正反対の花『シャクナゲ』です。



園内の広い芝生の真ん中に『ススキのお化け』みたいなデッカイ奴が…花の名はナンてったっけかなぁ…これも珍しいですよね、同じのが『茨城のひたちなか国立公園』にも有ったっけ!



お隣の『深大寺』では、実りの秋・収穫を間近に迎えて『稲』が頭を垂れておりました。まるで私の様に謙虚に『実るほど 頭をたれる 稲穂かな…』を実践していました!何故かここの『稲・米』は長野県の『木島平』と言う『コシヒカリの米所』から稲の苗を分けて貰って昔から育てているそうです。



上を見て見て!!すれ違った『オバサンの集団』に教えて貰いました『桜の花』です。十月に咲くから『十月桜』って言うのですって…葉っぱも無い殺風景の幹に『ポツン』と二輪…『オバサン達』も可愛いでしょ、可憐でしょ、私達みたいに…『納得』です!歳を取ったらこうでなきゃ…!



『ヒトスジシマカ』の騒動も終わらないのに今度は『セアカゴケ蜘蛛』ですって…『猛毒』サッキのオバサン達の毒なんて可愛いもの…この『植物園』のあるすぐ近く『三鷹』に出現しました…背中に赤い模様が有って『一円玉』位の大きさ…またイヤな奴が出没し始めたもんですよね、噛まれない様にご注意を!



本日の〆に…綺麗なお花を!花好きの割りにはこの花の名前忘れましたが、今の時期この花も道端によく咲いていますよね…誰デス、忘れちゃったのは『ボケの始まり』でしょう…なんて、トホホ!

アッ!思い出しました『芙蓉』って言います…ボケてなんかおりません!記憶力は良いんです!ただすぐに忘れてとっさに言葉が出ないだけ…ヤッパリ『ボケの始まり』でしょうか?


コメント ( 30 ) | Trackback ( 0 )






内藤やすおワールドの続きの動画です。

第20回演歌十八番のダイジェスト盤です。



島千代子さんに…



立川由紀子さんに…



相撲甚句の『大納川』さんに…



バラクーダのベートーベン鈴木さんに…



ご存知『泉ちどり』さん…

少しづつですが動画に編集しました!

下記の画像をクリックするとご覧頂けます!




コメント ( 27 ) | Trackback ( 0 )






『今日は彼岸の墓参り 線香の煙が目に沁みるぅ… 母の陽だまり母の胸 そろそろ俺も亡き母(はは)の齢…』名人・『渡辺勝彦さん』の歌声が聞こえて来ませんか…

21日、おりしも『お彼岸』の真っただ中、12月17日に『日本エンカフォン』から全国発売が決まった新曲『新橋駅裏路地の酒場(みせ) &母の陽だまり』の最終ボーカルのレコーディングに立ち会って来ました。 


『母の陽だまり』はその歌詞に有る様に、マサに『お彼岸の墓参り』に寄せる『亡き母』への想いを歌った歌で、お彼岸の最中のレコーディングはタイミングもぴったりで何故かヒットの予感も…

ちなみに『母の陽だまり』の一番の歌詞を…

小春日よりの縁側で 姉さん被りの割烹着
薫る桃の香 沈丁花 グミの実ひとつ口にして
膝を枕に 耳掃除 
今日は彼岸の墓参り 線香の煙が目に沁みる
母の陽だまり 母の胸
そろそろ俺も 亡き母(はは)の齢

もう一曲は『新橋駅裏路地の酒場』



こちらの歌詞も…

椅子が六つのカウンター そろそろ此処も立ち退きか
おやじ自慢のチェックのベスト
頑固ひとすじ 蝶ネクタイも どうやら年貢の納め時
俺の奢りだ飲んでくれ
新橋駅裏路地の酒場(みせ)



この新曲の『作曲の渡辺勝彦先生』『編曲の岩上峰山先生』と私です! 私だけは『先生』と呼ばれるにはもまだ遠く遥か彼方…



私と『渡辺勝彦さん』の間に方は今回の新曲の発売元の『日本エンカフォン』の『小野光喜社長』…レコーディング中はジッと目を閉じて歌に集中、日頃温厚に見える人ですが、やはりこの道50年にもなると違うものですね、一言一言に重みが有りました。滅多にレコーディングまでは立ち合わないそうですが、この日は特別に…それだけこの新曲への熱い期待が感じられました。

もう一人の若い方は『レコーディングミキサー』の『国府朋也さん』です。前回の音源カラオケの時が初対面ですが、物凄い『演歌人間』で少しの音のズレや聞き取りにくい所は聞き逃しません…身体中がミキサーって感じの人。プロ中のプロ!お若いのに『イイ味』出してる人です!



お彼岸とはお墓参りだけではなく『心に極楽浄土の想い』を呼び起こす縁起の良い日とされておるそうです。そんな最中の『悟りの境地』のベテラン『渡辺勝彦』のレコーディングでした。

渾身の新曲『新橋駅裏路地の酒場&母の陽だまり』『日本エンカフォン』より12月17日全国発売!乞うご期待!


コメント ( 42 ) | Trackback ( 0 )






私・『内藤やすお』のファンの皆さま、
そうでも無いと仰る皆さま…



先日の『第20回演歌十八番』の模様の中から私の夢のステージ?魅惑の歌声?の動画編集が出来ました!

下記の画像をクリックするとご覧になれます。では17分程お楽しみ下さい!



で、今日はこれから『新曲・新橋駅裏路地の酒場&母の陽だまり』の『渡辺勝彦さん』によるボーカルのレコーディングです!
どんな素晴らしい歌になるのか仕上がりが楽しみです!

コメント ( 40 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ