ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

よこがお

2019-07-31 23:53:59 | や行

筒井真理子氏の横顔、市川実日子氏の目の奥に

ギリギリの「淵」をたしかに見ました。

 

こわ。

 

 

「よこがお」75点★★★★

 

 

************************************

 

訪問看護師の市子(筒井真理子)は、

献身的で面倒見のよい女性。

 

周囲からの信頼も厚く

訪問先の娘でひきこもりがちな基子(市川実日子)の勉強も見てやるほどで

基子は市子をとても慕っていた。

 

市子には恋人(吹越満)がおり、

彼女は彼と彼の幼い連れ子と

つつましくも平和な家庭を築こうとしていた。

 

――が、そんな矢先、

ある事件が起こる。

 

そして市子は

すべてを失うほどに追い詰められていき――?!

 

************************************

 

 

深田晃司監督の新作。

 

期待どおり、見応えありました!

 

善き訪問看護師の人生が

ある出来事で一変するお話で

 

 

日常と地続きに起こる事件の

じわじわとくるイヤ〜な感じ。

不穏や緊迫感が

静かにノンストップに首をしめてくるような

 

「淵に立つ」(16年)に繋がる、深田ワールドの真骨頂!だと思います。

 

 

ヒロイン市子を演じる筒井真理子氏が

とにかく出ずっぱりで、迫真。

人の良さそうなその横顔が、一瞬で雑で下卑た感じになる

冒頭シーンの、豹変の見事さといったら!

 

あそこからタイトルをとったのだろうか?

と思うほど、印象が強かった。

まあ、すべては監督の計算のうち、と思いますが

 

筒井氏は

日本映画ではなかなか行かない場所に行かん、としている監督の要求に

きっとそれ以上をもって応えたのだろうなと思います。

 

 

明るい陽射しのなか、穏やかに、しかしズブズブと

人の内面をこれでもかとえぐっていくさまといい

なんだかフランス映画みたいなんですよね。

イザベル・ユペールがヒロインでもおかしくない感じ。

 

また、基子役・市川実日子氏の存在が

きっついんですわ(笑)。

 

基子は市子を慕っていながら、だんだんと攻撃性を見せていく。

 

一瞬、「市子が結婚して、一人だけ幸せになることが単にいやなのか?」とも思うんですが

その底に彼女への恋愛感情があるとわかる。

 

 

愛情が執着になり、愛憎になっていくさまが

実に自然でリアルで

 

このへんの描写には

かなりゾッとした。

 

さまざまなラストが予感でき、

しかし、そのどれにも当てはまらないエンディングを

もぐもぐと反芻するのでした。

 

AERAdot.に監督インタビューが掲載されています。

映画と併せてぜひ、もぐもぐと。

 

★7/26(金)から角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国で公開。

 

「よこがお」公式サイト

コメント

山懐に抱かれて

2019-04-29 23:15:58 | や行

牛乳、飲んでみたい。

 

*********************************

 

「山懐に抱かれて」70点★★★★

 

*********************************

 

岩手県で山地酪農を営む家族を24年間追ったドキュメンタリー。

製作のテレビ岩手による長期取材の映像は

実に貴重で実り多く

いまでいえば

まさに究極の「ポツンと一軒家」!

 

そして、ランプの灯りのもと

「暗い?夜になったら寝るんです!」とおっしゃる一家の主からして

リアル「北の国から」という趣でした。

 

始まりは、一家の主、吉塚公雄さんが

大学卒業後の1974年、岩手の田野畑村に移り住み、

「山地酪農」を始めたことに遡ります。

「山地酪農」とは山林を切り開き、シバを植えて

そこで牛がシバを食べ、搾乳のために牛舎に戻り、また山へ行くという酪農法。

 

自然のなかでのびのびと育ち

四季折々の自然の作物を食べる牛たちの牛乳は

春夏秋冬、食べるものによって味も違うのだそう。

 

実に素晴らしい方法ですが

実際、やるのはかなり大変。

 

吉塚さんは5男2女、7人の子どもたちを総動員し

みんなで酪農を行っている。

 

その様子を1994年から、テレビ岩手が追っていて

それをまとめたのがこの映画。

 

7人の子は、みな熱心に親の背中を追うんだけど

やはり、それぞれ思うところもある。

 

そんな彼らの成長を見続けて、まず思うのは

親に「習う、倣う」とはこういうことか、ということ。

 

それは「親が子を、自分の思い通りにする」ということではないんです。

同じ酪農を志しながら、違う道に進む子もいる。

結婚して、巣立っていく子もいる。

 

でも全員が間違いなく、同じレガシー、スピリットを共有している。

それが、すごい。

 

一家の主・公雄さんが試みを初めて40余年。

時代が移り、「安心」「自然のまま」なことの価値は、

その予言通りに、より必要とされるようになった。

そして、東日本大震災も、原発事故もあった。

 

そんな時の経過のなか

いま長男を筆頭に、三男は営業に、四男はチーズなど加工製品を作るようになった。

それぞれのキャラの違いと、適材適所具合もまたおもしろい。

 

映画を観れば

「山地酪農牛乳、絶対飲んでみたい!」と思うはず。

ただ、ネットで調べたら、ちょっとお高かったんですが

 

彼らのようなやり方を、きちんと後押しできる社会に

まだ日本が成熟していないのかなあ、と

まだまだこの先の展開も重要になりそうな気がするのです。

 

★4/27(土)からポレポレ東中野で公開。ほか全国順次公開。

「山懐に抱かれて」公式サイト

コメント

ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる

2019-03-22 23:13:31 | や行

手塚治虫、宮崎駿、高畑勲氏ら

日本の大巨匠たちにもリスペクトされるアニメーション作家の、いま。

 

*********************************

 

「ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる」71点★★★★

 

*********************************

 

「霧の中のハリネズミ」(75年)などで知られる

ロシアを代表するアニメーションの巨匠

ユーリー・ノルシュテイン氏。

 

彼が30年以上作り続けている

ロシアの文豪ゴーゴリの名作「外套」のアニメーションは

いまだ完成していない。

 

本作は

「ラピュタ阿佐ヶ谷」の主宰で

ノルシュテイン氏とも懇意である才谷遼氏が

自らカメラを携え、「なぜ、外套は完成しないのか?」

ロシアに飛んで直撃取材したドキュメンタリーです。

 

完成途中の《外套》の映像をはさみながら(これが、またすごい!)

77歳のノルシュテインの頭の中をのぞく

貴重な記録です。

 

なぜ、完成しないのか?の理由は

長年信頼していた撮影監督の死、自身の病気、

製作パートナーである妻の病気、資金の問題――そしてなにより、自身の気力の問題だ、と話す

ノルシュテイン氏。

 

しかし、ドキュメンタリーが捉える本人は

いかにもロシア叔父さん、的にお酒を飲みながら、意外に饒舌で、朗らか。

文豪たちの著作をひもとき、語られるその言葉は

哲学者との会話のように深淵。

 

「世の中は悪意に満ちており、おとなしい聖人にはいじわるなのだ」――

まさに「幸福なラザロ」(4/19公開)に通じるような、

巨匠の言葉に感じ入ります。

 

そして、なんとそのアニメーション制作の秘密も

公開してくれるんです!

 

まるで着せ替え人形のような、

細かいパーツを組み合わせる技にびっくり!

 

 

「みんなが、あなたを待っているんだ!」――酔っ払った才谷監督の切なる言葉に、

この探訪が、何かのきっかけになれば、という願いをヒシヒシと感じました。

 

★3/23(土)からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

「ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる」公式サイト

コメント

夜明け

2019-01-16 23:53:51 | や行


是枝裕和×西川美和氏の愛弟子の初監督作。

力作と思う。



「夜明け」71点★★★★



******************************

 

とある、郊外の田舎町。

朝、釣りをしにきた哲郎(小林薫)は

水際に倒れている青年(柳楽優弥)を見つける。

 

哲郎は青年を助け、自宅に連れ帰り、介抱する。

そして行く当てのなさそうな彼を、

哲郎は自身の経営する木工所で雇おうとする。

 

何しに来たのか、どこから来たのか
何もかもハッキリとしない青年をなぜ、そこまで?

そして青年には、何があったのか?


そこには、お互いの、ある過ちの過去があった――。



******************************


是枝裕和×西川美和氏が立ち上げた

制作者集団「分福」の新人、広瀬奈々子監督のデビュー作。


全てにおいて、もそもそ、モゾモゾ、はっきりしない青年(柳楽優弥)の
会話にならない遠慮や恐縮、
ときどき爆発する不安定さ。

観ていてかなりイラッとするんですけど(苦笑)

その「居かた」は
若者らしく、かなりリアル。



手持ちカメラの手ぶれ、
日暮れ、夜明け前など「暗さ」を生かした映像も

ドキュメンタリーとリリカルのはざまを切り取るようで、印象に残りました。

 


見ず知らずの青年の面倒を見るおっさん(小林薫)も

青年が働くことになる木工所の従業員たちも

優しすぎるほどにやさしく

青年は
やさしさ、にくるまれてはいる。

なのに、どうしても、それをそのままに受け入れられない。

 

そのモゾモゾ。

 

なぜ、おっさんがそこまで彼にやさしいのか。

そこには自身が息子を亡くした経験をしている、という背景があり

彼は青年に、亡き息子を投影するわけですね。

 

父と子のぶきっちょな関係、青年が犯した過ち……

核となるもの自体には微妙に既視感があり、話の甘さも気になりはする。

 

ただ、その描写の「空気」に「いま」があり、
目を離せずに見入ったのはたしかです。

 

そして、たまたまなのですが

昨日、試写で観た

スティーブ・カレル×ティモシー・シャラメ主演の「ビューティフル・ボーイ」(4月公開)

この映画にすごく通じるものを感じたのです。

やさしさに包まれているのに、そこに居られない青年。

なぜ、何が苦しいのか。

もがく若者をそのままに、なところが「いま」の叫びなのかもしれない。

 

★1/18(金)から新宿ピカデリーほか全国で公開。

「夜明け」公式サイト

コメント

YARN 人生を彩る糸

2017-12-02 23:13:58 | や行

「糸」という
題材もおもしろいよね。


*******************************


「YARN 人生を彩る糸」70点★★★★


*******************************


カナダ・モントリオール出身の
女性監督ウナ・ローレンツェンが

糸にまつわる
4人のアーティストを紡いだドキュメンタリー。


糸を編むことは、人生を編むことに似ている。

さらっとしているけど、そんな深読みもできる、
なかなかおもしろい作品でした。


デジタル時代だからこそ
いま
手仕事=“クラフト”がすごく注目されていて
そんな現状の的を射ている。


なかでも
アイスランドのニット・グラフィティ・アーティスト、
ティナがよかった。

ティナは街の街灯や壁を
ゲリラ的にニットで包む活動をしていて
彼女のカラフルで有機的なニットに包まれると
無機質な街が
本当にやわらかく感じてくる。

さらに
通りがかりの街の人が
彼女を手伝ったりしてくれる場面もあって

その様子が、とてもあったかいんです。


そのほか
子どもたちが登って遊べる
巨大なハンモック状のアートを作っている
堀内紀子さんという日本人女性も登場します。

「糸が揺れると、遠くにいる子の存在を感じられて、
知らない子同士でもつながれるんだ」という言葉、
なるほど~と感じました。

堀内さんの作品は
建築家の手塚貴晴さん、由比さん夫妻とコラボして
いまも楽しめるそうです。


★12/2(土)から渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

「YARN 人生を彩る糸」公式サイト
コメント