ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

ともしび

2019-02-01 23:13:57 | た行

シャーロット・ランプリング主演。

そりゃ、観るしかない!と行くと衝撃かも。

 

「ともしび」72点★★★★

 

**********************************

 

ベルギーの小さな街に暮らす

初老の女性アンナ(シャーロット・ランプリング)。

 

いつものように夫と静かな夕食を囲んだ翌朝、

二人はある場所へ向かう。

そして、そのまま夫は帰ってこなかった。

 

ひとり家に帰ったアンナは

飼い犬に餌をやり、演技クラスに通い、プールで泳ぎ、

淡々と普段の生活を続ける。

 

が、その日常に生じた、かすかなひびわれは

じわじわと、彼女を侵食してゆく――。

 

**********************************

 

シャーロット・ランプリング主演。

老境にさしかかった女性の心象を描く点で

「まぼろし」(00年)、「さざなみ」(15年)の系譜につらなる、というのは

確かにそうなんだけど

そりゃ観るしかない!と、いさんで行くとけっこう衝撃かもしれない。

 

1982年生まれのアンドレア・パラオロ監督のアプローチは

かなり実験的というか、野心的なんです。

ギョッとさせる冒頭からして、挑戦的だしね。

 

老夫婦の夫が、ある朝どこぞに行き、そのままいなくなる。

その後は彼女一人の暮らしが淡々と続く。

 

なぜそうなったのか、なにがあったのか

なにひとつ説明されない。

 

セリフもほぼなく、究極にそぎ落とされ

そのなかで、身ひとつをさらしているのが

シャーロット・ランプリングなんです。

 

まあ、なにがあったか、おおよその見当はついてきます。

夫はどうやら何かの罪で収監されたらしい。

そのことで彼女は息子家族たちにも拒絶され、孤立していく。

さらに彼女のまわりからは

プールの会員権が消え、犬が消え、あらゆるものが失われてゆく。

 

枯れる花、プールの更衣室、浜に打ち上げられたクジラ――など

老いと若さの比較や、死のイメージも繰り返される。

 

意地悪いほどに突きつけられる「現実」のなかを

語らず、硬質な表情のまま、感情を見せず、ひとり歩く彼女の全身に

人生や老いなど、誰もに共振するテーマが映り込む。

それがひんやりと、静かに響くんです。

 

実際に肉体をさらすシーンも、ハッとさせて忘れがたく

なんだか全体的に

彼女の身体パフォーマンスアートを観たような感覚にもなりました。

 

シャーロット・ランプリングとイザベル・ユペールは

ワシにとって、もはや生きるための勇気であり、希望であり指針なんで、マジで(笑)

 

★2/2(土)からシネスイッチ銀座ほか全国順次公開。

「ともしび」公式サイト

コメント

天才作家の妻 40年目の真実

2019-01-22 23:17:59 | た行

祝!グレン・クローズ、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞受賞!

 

「天才作家の妻 40年目の真実」71点★★★★

 

******************************

 

現代文学の巨匠・作家ジョゼフ(ジョナサン・プライス)は

その朝、1本の電話を受け取る。

それは「ノーベル文学賞受賞」の知らせだった。

 

40年、苦節をともにしてきた妻ジョーン(グレン・クローズ)と

手を取って大喜び――!だったが

しかし、どこかジョーンの様子がおかしい。

 

そこには夫が隠してきた、ある「秘密」があった――。

 

******************************

 

夫の「秘密」にまつわるミステリーかなと思うんですが

間に挟まる、妻ジョーンの回想シーンで

意外と、早々にネタがあがります。

 

事の発端は1958年。まだまだ女性作家は活躍できない時代。

そんな時代に夫は、教授として教え子だったジョーンに出会う。

ジョーンは、文才ある優秀な学生だったんですね。

で、二人は恋に落ち、結婚する。

で、その後、夫は妻の「支え」あって人気作家となるわけですが、

その「支え」って、いったい?――という。

 

ノーベル賞、という題材は特殊だけれど

長年のパートナー間には多かれ少なかれこういうことはあるよね、という

妙に共感できる話なんです。

 

夫婦間のパワーバランスというのでしょうかね、

「片方が片方を喰った」とか「犠牲になっている」という思いが

こういう状況を引き起こしているわけで。

 

では、ズバリ、妻は夫のゴーストライターだったのか?ってことなんですが

いやいや、

ノーベル賞という最高名誉を前に、妻の感覚も歪められているのかもしれない。

その真実こそが、最大の「秘密」というわけです。

 

「ノーベル賞、取っちゃった~!」とベッドで飛び跳ねる

無邪気な夫、ジョナサン・プライスも名演ですが

やっぱりグレン・クローズの芝居が圧巻。

夫が賞賛を浴びる横で「なんか、モヤモヤ!」という

心境の露出が見事であります。

せっかくのハレの旅行や食事なのに

夫「どうしたの?機嫌悪いの?(無邪気)」

妻「なんでもないわよ!(イライラ・・・)」みたいなの、これもあるよねえ!(笑)

 

そして

回想シーンで若き日の彼女を演じるアニー・スタークにも注目。

美人すぎるなあ、でもグレン・クローズも昔はこんなニュアンスもあったなあ

とか思いながら観ていたら

なんとグレン・クローズの実のお嬢さんなんですよ!

ううむ、これぞ、年輪。

 

映画com.さんにもレビュー、書いてます~

★1/26(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開。

「天才作家の妻 40年目の真実」公式サイト

 

コメント

旅するダンボール

2018-12-08 11:52:54 | た行

 

財布は知っていたが、こんなにオモロイ人とは知らなかった。

もっとコジャレた人かと思ってたのだ(笑)

 

**********************************

 

「旅するダンボール」74点★★★★

 

 **********************************

 

世界中の街角でダンボールを拾い、

それから財布を作るアーティスト・島津冬樹氏のドキュメンタリー。

 

彼の財布は、これまでも

東京・国立新美術館のミュージアムショップで見かけたことがあったんですが

作り手がこんなにオモロイ人とだは映画を観るまで知らなかった。

もっと「コンセプトありき」な、スカしてコジャレた人かと思ってたのだ(笑)

 

捨てられたものを「価値ある」ものに変えていくその活動は

現代の環境問題や、サステイナビリティ(持続可能性)のさらに先を行く

アップサイクルな時代にめちゃくちゃフィットしたわけですが

映画を観ると、なにより島津氏のまっすぐな「ダンボール愛!」に

笑ってしまうんですねえ。

 

 

美大生時代、ダンボール愛に目覚め、

一度は難関の大手広告代理店に就職するも

3年で会社を辞め、ダンボールアーティストとして活動を始める。

 

かつての上司や先輩が語る、

会社での彼の様子にも笑ってしまうし

 

その憎めないキャラに

共感と親しみの笑いが込み上げてきて

「ああ、この人を知ってよかったなあ!」と思いました。

 

あるダンボールのルーツと作者を探す旅が

映画の主軸でもあって

クライマックスに思わぬドラマも待っている。

これぞドキュメンタリーのおもしろさ!とも感じました。

 

「AERA」12/10号で島津さんのワークショップに潜入取材しています。

AERAdotにもアップされると思いますので、映画と併せてご覧ください~

 

そして、昨日、島津さんの著書が届きました!

『段ボールはたからもの』(柏書房)

おもしろそう!早速読ませていただきますー

 

★12/7(金)からYEBISU GARDEN CINEMA、新宿ピカデリーほか全国順次公開。

「旅するダンボール」公式サイト

コメント

テルマ

2018-10-20 14:39:05 | た行

 

やっぱこの冒頭、衝撃的だよね。

 

「テルマ」70点★★★★

 

************************************

 

ノルウェー、オスロの大学に通うため

一人暮らしをはじめたテルマ(エイリー・ハーボー)。

 

引っ込み思案でなかなか友達はできないが

両親のもとを離れての大学生活をドキドキ満喫していた。

 

そんなある日、テルマに異変が起こる。

図書館で勉強をしていたとき

窓の外に真っ黒な鳥の群が飛び立ち、突然、発作に襲われたのだ。

 

助けてくれたのは、同級生のアンニャ(アヤ・ウィルキンス)だった。

 

大人びたアンニャと友達になったテルマは

彼女のアパートに遊びに行くようになるのだが――?

 

************************************

 

ラース・フォン・トリアー監督の甥っ子で

「母の残像」(16年)ヨアキム・トリアー監督の作品。

 

はい、たしかに、ラース・フォン・トリアーの遺伝子、ありますね。

 

まず冒頭、

凍てつく北欧の森に、狩りにきた幼い娘と父のシーン、

「一体、なに?!」とめちゃくちゃ惹きつけられるオープニング。

 

 

無垢な少女に、異常に過干渉な両親、発作、ワケありっぽい過去、

そして少女の「目覚め」――と、ドキドキ素材が満載。

 

得体のしれない「力」の存在を、

音と空気の不穏な振動で感じさせる演出、

蛇、カラス・・・・・・などの暗示の不気味さがうまく

 

ヒロインも音楽もひんやり冷たく、

美しい北欧ホラーです。

 

 

欲をいえば、「芯」がちょっと弱いというか

結局は「抑圧からの解放」というところにオチるのかなあと思うと

あと一押し、ほしかった気もするけど

意外とラストの解釈もさまざまで、あとに残る。

 

異次元に閉じ込められる、的な感覚をプールの底で表現したシーンとか

新しい映像表現にも驚かされました。

いやあ、あのシーン、ホントに残るわあ・・・・・・。

 

★10/20(土)からYEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで公開。

「テルマ」公式サイト

コメント

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

2018-10-04 00:46:07 | た行

 

フェルメール絵画のような光に照らされる

ヴィキャンデルの美しさよ!

 

 

「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」69点★★★☆

 

************************************

 

17世紀オランダ。

レンブラントやフェルメールが輩出され、アート黄金期だった時代。

 

孤児出身の美しい娘ソフィア(アリシア・ヴィキャンデル)は

歳の離れた富豪の夫(クリストフ・ヴァルツ)に嫁ぐ。

 

夫に愛され、安定した生活を手に入れたソフィアだが

子に恵まれないことに、不安と悩みを抱えている。

 

そんなとき、夫が「肖像画を描いてもらおう」と言い出し、

若い画家(デイン・デハーン)を連れてくる。

 

年齢も近い二人は

次第に意気投合するが――?!

 

************************************

 

「フェルメール絵画の世界を小説にしたい」と思った作家の原作がもと。

まさにそのものです。

 

これぞコスチュームプレイの恍惚!

窓辺も差し込む光と影、繊細な衣装と美術、

アリシア・ヴィキャンデルの横顔・・・・・・

すべてが

フェルメール絵画そのままに美しく、堪能できます。

 

プラス、

17世紀にオランダで流行った「チューリップ投資」という史実が混じっていて

そんなの知らなかった!と

状況設定は新味があっておもしろいんです。

ただ、それ以外の部分は、かなり陳腐(苦笑)。

 

不妊に悩む若妻が、若い画家と出会い、

不倫の末に、ある企みを思いつく・・・・・・って展開ですからねえ。

 

ただ、ドロドロっぽいんですが

実は心根の曲がった人物はおらず、

みなそれなりの善意を持っている、という設計になっている。

ゆえに

わずかなあんばいでドロドロを回避しているところが、まだ救われるかなと思います。

 

歳の離れた夫役クリストフ・ヴァルツも

哀愁を感じさせて、いつもながら味わい深く。

 

 

しかし

あまりに愚かで単純な誤解が

いくつも積み重なるストーリーというのは

やっぱりイラっとするし、スパイス的に物足りないんですよねえ。

 

それに時代が時代とはいえ、

結局、子なし=不幸、子あり=繁栄と幸せとなる展開も

どうなんだろうね~とか、すねてみたりして(笑)。

 

★10/6(土)から公開。

「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」公式サイト

コメント