ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

精神0

2020-04-29 12:55:58 | さ行

ジーっと粘るカメラに様々を気付かされる。

 

*****************************************

 

「精神0(ゼロ)」74点★★★★

 

*****************************************

 

 

想田和弘監督、観察映画の第9弾。

「精神」(08年)から12年、

引退を決めた精神科医・山本昌知医師を追うドキュメンタリーです。

 

「精神」は

岡山にある精神科診療所「こらーる岡山」にカメラを向け、

そこに集まる患者さんたちの素顔を映し、

世界各国で絶賛された作品。

 

12年前といえば、「うつ」もいまほど認知されておらず

精神科=タブーの空気がまだまだ強かった時代。

でも、この映画に出てくる患者さんたちの姿は

フツーだったり、いやすごく魅力的だったりもして

「彼らと自分って、なにか違うのか?」と考えさせられたし、

身近な人の病気に向き合う際にも、すごく勇気づけられた。

 

で、今回はその「精神」で患者さんたちに数々の「金言」を授けていた

山本昌知先生が82歳でいよいよ引退する、

というところからスタートします。

 

最初は診療風景なんですが、

いや、カメラが追うものはやっぱりこれになるでしょう。

それは

診療所に隣合う自宅で暮らす

山本先生とその奥さん・芳子さんの日常です。

 

山本先生が台所に立って、お菓子の箱を開け、お茶の支度をする。

そんなごくフツーの動作をカメラはじーっとみつめる。

それだけでも、なんなんでしょうね、不思議なほど

見入ってしまうんですよ。

 

なんたって80オーバーの山本先生と奥様ですから

あぶなっかしかったり、ハラハラしたり

完全に、実家の老親を見ている気分(笑)

 

中学から一緒、高校の同級生だという二人のやりとりは

時の流れによる、ある残酷さも内包しつつも

ほほえましく、あたたかくて

思わず、頬がゆるんでしまう。

 

そして

些細なこと含め、さまざまを気付かせてくれるんです。

 

お茶を急須で入れるのは難儀で、

ペットボトルになって行くんだなあ、とか。

夫婦ってこういうバランスなんだなあ、とか。

 

ずっと仕事一筋だった山本先生を支えてきた

奥さんの知られざる苦労も明かになり

山本先生が奥さんに笑いかける表情に

悔恨の情がにじむ場面など、なんとも切ない(泣)

 

カメラはじーっと、より粘り強く、静かに。

映るのは「やがて消えていくかもしれない」もの。

 

想田作品のなかでは

「港町」(18年)に近い感覚を持ちました。

 

それにしても。

うちの両親も山本夫妻と同じく高校の同級生なんですよ。

 

しかも妻が優秀で夫は出来がイマイチだった(奥さん談。笑)ってのも

まるっきりうちの両親と一緒(笑)

で、映画を観たあと、やっぱり

実家に電話をかけたのでした。

 

AERA「いま観るシネマ」で想田監督に

インタビューさせていただいております!

「港町」のインタビューから2年。

作品に、監督自身に起こった変化についてもお話くださっております。

ぜひ、映画と併せてご一読いただければ!

 

この取材後すぐに

配給である東風さんとの「仮設の映画館」の構想を知り

「まさに、それがほしかった!」とコーフンしました(笑)

詳しくはHPをご参照ください。

 

★5/2から「仮設の映画館」で全国一斉配信。以降、東京シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

「精神0」公式サイト

コメント

世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ

2020-03-28 01:11:45 | さ行

あのエミール・クストリッツァ監督が

元ウルグアイ大統領を写したドキュメンタリー。

 

***********************************

 

「世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ」70点★★★☆

 

***********************************

 

2012年の国連で素晴らしいスピーチをして

世界に注目された

元ウルグアイ大統領、ホセ・ヒムカ氏。

 

まったくもって無知ながら

ワシ、この大統領のことを知りませんでした。

 

その質素な暮らしぶりで

「世界でいちばん貧しい大統領」と紹介され

世界的に有名な方なんですね!

 

自分のお給料を貧困層のために、とすべて寄付し

真に人のために動く。

そんなムヒカ氏にクストリッツァ監督も魅了され

「ドキュメンタリーを撮りたい!」と参上したそう。

 

映画はムヒカ氏の人生、そして

2015年に任期満了で、大統領の座を辞するまでを追っていきます。

 

何も知らずに見はじめると

まず、丸っこくて、くしゃっとした笑顔のチャーミングなムヒカ氏が

画面に登場する。

 

それだけでも、ワクワクしてくるんですが

ムヒカ氏に対面している監督の、まあ存在感がハンパない(笑)

 

「マテ茶」という、苦そうなお茶をガシガシと漉しながら

お互いにタバコ(葉巻)をくゆらせながら見つめ合う

オヤジ2人のオーラの拮抗といったら!(笑)

 

そこにまず「オトナの了解」のもとのドキュメンタリーなんだな、

という印象がありました。

 

 

そして映画はムヒカ氏の人となりを追っていく。

 

発する言葉すべてが示唆に富む「名言」で

街を歩けば人々にめちゃくちゃ囲まれ

 

スマホを操作しながら

「まあ便利だけどさー。どうせなら、ワシらのような老人向けに

トイレをつけてほしいよね」とか(笑)

”愛されキャラ”ぶりがよくわかる。

 

しかし、その過去には

軍事政権下で貧困層のために活動し、10数年、投獄されていたこと、

 

さらに

活動家時代、大義のために犯罪も行なっていたこと――などが

明かになっていくんです。

 

そうした経験が、弱者にとことん寄り添う

いまの、ムヒカ氏をかたち作ったんだなあと。

 

さらにおもしろいのは

ムヒカ氏の妻にフォーカスが合っていく点なんですねえ。

 

二人の出会い、そして活動家としても歩みを同じくした歴史。

そして奥さん、

実は副大統領も務めているんですよ。

すげー。

 

そして、映画はやがて

夫婦の純粋な愛の物語になっていくんです。

 

これって

想田和弘監督の最新作「精神0」(5/2公開)と親和していて

すごく興味深かった。

(実は今日、想田監督に「AERA」にてインタビューさせていただきました!また続報します)

 

さらに。

ムヒカ氏について、ちょうど同タイミングで

もう一本、ドキュメンタリーがあるんです。

「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」(4/10公開)

 

こちらは若い日本の監督がムヒカ氏を追ったもので

2作の違いがまたおもしろい。

ぜひ、見比べてもらいたいです。

 

結論としては

「映画、そしてドキュメンタリーは、真に作り手を写すものなのだ」ということ。

 

そして、ムヒカ氏の言葉と生き方は

いまの世にものすごく響くのだ、ということです。

 

新型コロナで大変な時期ですが

こうした映画を観ることで「心のもちよう」を学ぶこともまた

救済になる、と思います。

 

無理なきように、ぜひ、映画を摂取してくださいませ。

 

★3/27(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

「世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ」公式サイト

コメント

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

2020-03-14 14:18:26 | さ行

グザヴィエ・ドラン監督、最新作。

 

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」68点★★★☆

 

***********************************

 

2006年のニューヨーク。

人気俳優のジョン・F・ドノヴァン(キット・ハリントン)が

29歳の若さでこの世を去った。

 

そのニュースに息を呑む人々のなかに

11歳のルパート(ジェイコブ・トレンブレイ)がいた。

彼はドノヴァンの大ファンだった。

 

10年後。

成長したルパート(ベン・シュネッツアー)は俳優となり、

ジャーナリスト(タンディ・ニュートン)の取材を受けている。

 

その内容は、

ドノヴァンの死に関わるもの。

 

ルパートには、誰にも知らない

ドノヴァンとの交流があったのだ――。

 

***********************************

 

スターと秘密の文通していた少年が

その想い出を語る、というお話。

 

ドラン監督自身が

「タイタニック」のディカプリオに憧れて

手紙を書いた経験から紡がれた話だそうです(カワイイ。笑)

 

思い入れが伝わる感じですが

 

しかし

意外と・・・・・・薄味。

こってり濃いめのコクありラテかと思って飲んだら、

あれ?薄い?デカフェ?みたいな?

 

おいしくない、というわけじゃないんだけど

ドランといえば、

やっぱり濃いめを期待してしまうんだよねー。

 

天才子役ジェイコブ・トレンブレイをはじめ

ナタリー・ポートマン、スーザン・サランドンと

役者は揃いすぎてるほどだし

(特にマネージャー役のキャシー・ベイツが、さすがの存在感!

 

テーマも

母親との関係、セクシュアリティについての苦悩や偽り、

他者を拒絶した行いが、やがて己に返ってきてしまう――など

いつもながらの題材だと感じるんですが

 

このところのドラン監督は、どうもそつなく平均点、という感じで

ファンとしては、正直、物足りない。

「Mommy/マミー」(15年)を超える

新しいドランを見せてほしい、と願うのでありました。

 

★3/13(金)から全国で公開。

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」公式サイト

コメント

ジュディ 虹の彼方に

2020-03-05 23:52:53 | さ行

祝・アカデミー賞主演女優賞受賞!

レネー・ゼルウィガー、いろいろ乗り越えたんだろうなあ・・・・・・(感慨)

 

「ジュディ 虹の彼方に」72点★★★★

 

******************************

 

1938年、17歳で「オズの魔法使い」の主演ドロシー役に抜擢され

スターになったジュディ・ガーランド。

 

しかし、1968年、

46歳のジュディ(レネー・ゼルヴィガー)は

映画出演もなくなり、幼い息子と娘を連れてステージでショーをこなし

生計を立てていた。

 

しかし

借金がかさみ、滞在先のホテルも追い出され

行く場所すらなくなってしまう。

 

そんな彼女にイギリスのクラブから

ショーの依頼が舞い込む。

 

生活と人生を立て直すため

単身、イギリスに向かったジョディだったが――?!

 

******************************

 

とにかく、レネー・ゼルウィガーが魂の熱演!

彼女といえば、「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズのイメージが強いですが

いや~、今回30キロくらい痩せたんではないだろうか?!

 

それに、確かに彼女は声が可愛いいから

この役はピッタリだったかもしれない。

さらに、スターの悲哀、という点でも

自身を重ねたのかな・・・・・・とか思ってしまう。

 

彼女自身、けっこう休養期間もあったり、紆余曲折あったようだから。

 

ということで

内容はちょと地味ではありますが

その熱演に圧されました。

 

誰もが知ってるあの「オーバー・ザ・レインボー」の歌でおなじみ

「オズの魔法使い」のドロシー役、ジュデイ・ガーランド。

17歳にしてスターとなった彼女は

しかし子役として消費され、すり減っていた。

 

映画は

そんな疲弊し切った40代の彼女が、亡くなる半年前に行った

ロンドン公演の期間にスポットを当て、

ショーの華やかさではなく、

自我に蓋をし、自分を押し殺してきたスターの悲哀を、

これまた押し殺した演出で描いている。

 

睡眠時間もない過密スケジュールや

厳しいダイエット・・・・・・あたりは、まあ想定内ではあるんですが

当然のごとく行われていたセクハラ、さらに

気つけ薬、と称して、薬漬けにされている様子は予想外にすさまじく、

こうやってスターが成り立っているんだ・・・・・・と

恐ろしさと悲しさに、ゾクッとしてしまう。

 

そんな世界を生き抜いてきたジョディの

どこにいても、どこか居心地の悪い、

大事にされていてもぶち壊したくなる所在のなさ、居場所のなさ、が

すごくうまく表現されていたと思う。

 

ロンドン公演でマネージャー(世話係)となる

若い女の子にとってしまう、微妙な距離感なども

同じく、ちゅうちゅう中年であるワシからみても

ものすごく細やかだなあと思うんですよ。

 

彼女の「一杯飲みませんか」を断り、

いちファンであるゲイカップルと

ささやかな交流をするシークエンスが非常に効いているなあと感じました。

 

華やかなステージシーンがなかなか出てこなくて

ややモヤるんですが

大丈夫、最後に盛り上がりますよ!!

 

★3/6(金)から全国で公開。

「ジュディ 虹の彼方に」公式サイト

コメント (2)

スキャンダル

2020-02-21 00:44:17 | さ行

いま、大事な話!

 

「スキャンダル」71点★★★★

 

***********************************

 

2016年、全米NO.1の放送局「FOXニュース」に

激震が走る。

 

FOXニュースの人気キャスターだった

グレッチェン(ニコール・キッドマン)が

CEOから性的関係を強要され、

拒否したために降格され、結局解雇されたと告発したのだ。

 

現キャスターのメーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)は

その告発を聞いて、動揺を隠せない。

彼女もまた、キャリアと引き換えに

数々のいやな経験をしてきたのだ。

 

「同じ思いをしている人は状況を変えるために、名乗り出てほしい」――

 

そう訴えるグレッチェンに

メーガンは

自身の地位を捨てられるか? 正義とはなにか?を自問し、迷う――。

 

***********************************

 

2016年、全米ニュースで視聴率No.1だったFOXニュース。

その女性キャスターが

TV局のCEOをセクハラで訴えた――!という

実話に基づく物語です。

 

まずは

シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー、と

主役級の女優たちが

題材の重要さに奮起されて参戦した、

その意義こそが素晴らしい!

 

キャスターという花形職業にあっても、

その命運を握るのは、上司のおっさん連中で

「有名になりたい? じゃあ、その見返りはわかってるよね?」と

当然のごとく、セクハラが行われていたわけで

しかも、拒んだ女性に、未来はなかったんですね。

 

だから、最初に告発をした

ニコール・キッドマン演じるグレッチェンは

「私も」と名乗り出てくれる女性がいることを期待して

勇気を出して、踏み出した。

 

でも、なかなか「私も」と言う人は現れないんです。

自分もそんなことをされてきた、ことを世間に知られる恥辱、屈辱もあるだろうし、

互いに競い合わされている、女同士の事情もある。

「あの人が降りたなら、私がその地位につけるかもしれない」って。

 

それに、自然と男子側=権力につくことを処世術に、

生き延びてきた女子もいるわけで。

 

そんななか、状況を動かすのは

「いまの状況を、下の世代につなげてはいけない」という思いなんですね。

素晴らしいな、と感じた。

 

ただ映画としては、少々地味で

正直なところ、

爽快な「巨悪をやっつけた感!」とは違うんです。

 

でも、これは大きな一歩。

 

いまの世の中は

同じ屈辱を味わいつつ、さまざまな理由で屈したり、

あるいは告発をつぶされた先人たちによって

少しずつ、開かれてきた道でもあるのだ、と思ったし

 

演じる女優たちもまた、

ハリウッドというシステムの中で同じ問題を共有しているのだろうと思うと

 

感慨深くもありました。

 

 

セクハラだけじゃなく、労働条件などにしても

「おかしい」と声をあげるには勇気もいるし、正直、うまくいくとは限らない。

でも、声をあげれば、きっと同じ人がいて

それが、後につながる可能性はある、と思えました。

 

そして

シャーリーズ・セロンを実在人物で全米に知られるメーガン・ケリーに作り上げた

カズ・ヒロさんがメイクアップ&スタイリングの

アカデミー賞を受賞してます!

 

当人であるメーガンさんはよく知らないのですが

「ロングショット」(19年)での好演も記憶に新しい

シャーリーズ・セロンの凛とした美しさ。

 

本作でもさらに

磨きかかりまくりでまぶしかったです。

 

★2/21(金)から全国で公開。

「スキャンダル」公式サイト

コメント (3)