ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

世界で一番ゴッホを描いた男

2018-10-14 22:35:32 | さ行

 

ひゃ~、こんな人、こんな村、こんなビジネスがあるなんて

知らなかったなあ!

 

********************************

 

「世界で一番ゴッホを描いた男」70点★★★★

 

********************************

 

 

中国、広東州にある「油画村」というところで

ゴッホの複製画を20年間、描き続けている男性のドキュメンタリー。

 

贋作話か?と思うけど

これは完全に「複製画」というジャンルで売られている「商品」。

印刷でなく、油絵で描かれているところに価値があるんでしょうね。

 

彼は主に海外から注文を受け、

彼のほか、家族や弟子大勢が寝泊まりする工房で

月に700枚!も量産している!

 

下書きもなしに、キャンバスに絵の具を置いて描く

そのスピードとテクニックにも驚嘆だけど

そんな彼が取引先である画廊に招待され、

憧れのオランダに渡航するあたりから、物語は転調する。

 

さぞや高級画廊かと思っていた取引先は、しがないお土産屋。

しかも絵が彼らの売値の、8倍の値段で売られている、そのショック。

 

そして現地のゴッホ美術館で

本物の「ひまわり」と対面した彼に変化が・・・・・・?!

 

 

何事も、一心不乱に極めれば、そこに積み重なったものがある。

それを目の当たりにするおもしろさ。

 

 

ゴッホの墓の隣にあるテオの墓にも、ちゃんとお供えをする

主人公の心の正しさ。

どんなときも、家族や大勢で食卓を囲む様子も

いいなあと思いました。

 

★10/20(土)から新宿シネマカリテ、伏見ミリオン座ほか全国順次公開。

「世界で一番ゴッホを描いた男」公式サイト

コメント

世界が愛した料理人

2018-09-22 22:33:50 | さ行

 

すきやばし次郎さん、て

ホントに世界のレジェンドなんだなあと。

 

******************************

 

「世界が愛した料理人」68点★★★☆

 

******************************

 

 

スペイン史上最年少の三ツ星シェフ、エネコ・アチャ氏(40)と、

すきやばし次郎の小野二郎氏(92)。

二人の料理人を描くドキュメンタリー。

 

まず、緑豊かな自然のなか、

総ガラス張りのおしゃれレストランを運営する、

エネコ氏の仕事ぶりが紹介される。

 

スペインはバスク地方といえば、独立志向もあったりするほど

独自の料理やワインを持つ場所で

そんな土地の誇りを料理で表現する、若きシェフ、エネコ氏はカッコイイのです。

 

そして、一転。ニッポンはトーキョー、銀座。

ビル地下の小さな寿司店「すきやばし次郎」の小野二郎氏の仕事ぶりが紹介される。

 

この地下の店と

バスク地方の自然のなかのレストラン、

その環境、ロケーションの違いが

まず、めちゃくちゃ強烈(笑)。

 

でも

海外の料理人にとって、日本は本当に「宝庫」のようで

本作も基本はエネコ氏が、リスペクトする日本と次郎さんを訪ねて――という趣旨だと思う。

 

彼らにとって、なぜそこまで日本の料理が魅力的なのか?

その点は、いち日本人として、やっぱり嬉しいし

急逝に驚いたあのロブション氏も登場して、「日本愛」を語ってくれている。

 

なんですが、ドキュメンタリーとしては

対象への正面からのインタビューと、厨房の様子の繰り返しで

ドラマや映画的興奮には欠ける・・・んですよ。

 

それに、やっぱりどのレストランも料亭も

ワシにとっては「生涯、行く機会はないであろう」場所なんだよね。

それを超えても「見て楽しい」とまではちょっといかなかった。

 

いま料理界もファッション界も、一流を追うドキュメンタリー映画がとても多いんですが

自分がそれを手にできるかは別にして

「一流」のすごさを、映画として堪能できればそれはそれで楽しめるんですよ。

でも、そこまでいかないと

「自分には縁のない世界だなー」になってしまう。

 

そのさじ加減の難しさを思うのでありました。

 

それでも
エネコ氏が、バスクの海に沈めている

海中ワインセラーのチャコリには興味津々でしたけどね。

うー、飲んでみたい!!

 

★9/22(土)からYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開。

「世界が愛した料理人」公式サイト

コメント

セラヴィ!

2018-07-01 21:01:57 | さ行

 

予想以上におもしろかった(笑)

 

「セラヴィ!」72点★★★★

 

********************************

 

ウェディングプランナーのマックス(ジャン=ピエール・バクリ)は

この道30年のベテラン。

 

彼は17世紀の城を貸し切っての

ゴージャスな結婚式を仕切ることになる。

 

大勢のキッチンスタッフやウェイターを雇い

式の当日、朝から大忙しで準備が始まるが

しかし、次から次へとトラブルが起こる。

 

いったい、どうなっちゃうの?!

 

********************************

 

「最強のふたり」監督コンビによるコメディ。

 

ある場所での、ある一日の出来事が、

数人の視点で切り取られつつ、現在進行形でスピーディーにテンポ良く進んでいくという

厳密には違うかもしれないけど

「グランド・ホテル形式」とも言えるんじゃないかなあと思う。

三谷幸喜氏の「THE 有頂天ホテル」(←西田敏行さんのあのシーンに爆笑した!笑)を

ちょっと思い出したなあ。

 

 

舞台となるお城はまあゴージャスの極みで

しかし

起こるトラブルは、まさにこの世の厄災を集めたような(苦笑)

 

多国籍な従業員たちはどこか頼りなく

バンドヴォーカルは「オレさまオンステージ」を繰り広げ(苦笑)

メイン用の肉は腐り、バンドメンバーは倒れ

新郎の度を超えたスピーチに、さらに停電が――?!

 

 

いったい、どうなっちゃうの?(笑)

 

 

そして、やっぱり「最強の~」監督、

ただのドタバタでは終わらない。

 

従業員たちのダメさについにキレたマックスは、

しかし最後の最後で、彼らの思いがけないどんでんをくらうんです。

 

結局、自分が彼らを

「労働者」という型にはめていたことに気づく、という。

 

多国籍国家フランスの光と影、そして

我々にも無関係ではない雇用問題なども、この映画はほんのり示唆している。

 

なかなかでございます。

 

★7/6(金)から渋谷シネクイント、新宿シネマカリテほか全国で公開。

「セラヴィ!」公式サイト

コメント

死の谷間

2018-06-24 15:55:48 | さ行

 

おもしろ映画「コンプライアンス 服従の心理」(13年)の監督作です。

 

「死の谷間」69点★★★★

 

********************************

 

放射能に汚染され、壊滅した世界で

ただひとつ、汚染をまぬがれた「奇跡の谷」があった。

 

その谷でアン(マーゴット・ロビー)は

愛犬ともに、畑を耕し、たった一人で生き延びてきた。

 

ある日、谷に防護服を着た男が現れ、

アンは男を介抱してやる。

ジョン(キウェテル・イジュフォー)と名乗る男はやがて回復し、

アンとともに暮らしはじめる。

 

が、二人の慎み深くも親密な日々に

もう一人の生存者(クリス・パイン)が現れて――。

 

********************************

 

「コンプライアンス 服従の心理」のクレイグ・ゾベル監督の新作。

 

まったく状況は違うけど

なるほど心理的に密閉された空間での

人間の関係性を突き詰めるあたり、前作との共通点を感じます。

 

 

原作が書かれたのは1974年ですが

ここに描かれる無人の村のリアルさが、やはりいまの我々をゾッとさせる。

それは、チェルノブイリであり、福島の姿だから。

 

核汚染という地獄の状況を経て、誰もが疑心暗鬼な世界で

たった一人、生き延び、暮らす若い女性(マーゴット・ロビー)。

そこに現れる一人の男。

 

そして、二人めの男が現れる――

 

そりゃなにが起こるか

だいたい想像つきますわな(苦笑)。

 

実際、そうなんですけど

でも、意外にそうスルスルとはいかない。

 

まず最初の男ジョンは、まさに据え膳…なはずのアンと

なかなか深い関係を持ちたがらない。

教養か理性ゆえなのか? それとも――?の展開もおもしろかったし、

 

全体に描写が残酷やドロドロ方面にはいかず

乾いた感じで

慎み深さがあるのもいい。

 

もちろん、3人の関係には

常に緊張感と、残酷の予感があるんですけどね。

 

一度、ゼロになった世界では

人間の「肉体」「身体性」が大きく意味をなす。そして心を支える「信仰」も。

非常にシンプルな「世界のはじまり」が描かれていること、

 

そして

たった一人で畑を耕し、生き延びてきたアンのタフさを

マーゴット・ロビーのフィジカルの強さが裏打ちしている点が

よいなと思いました。

 

★6/23(土)から新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

「死の谷間」公式サイト

コメント

祝福~オラとニコデムの家~

2018-06-23 17:55:04 | さ行


「万引き家族」ともリンクする
響く! ドキュメンタリー。


***************************


「祝福~オラとニコデムの家~」79点★★★★


***************************

 

これは……心にカーン!と響くドキュメンタリー。

昨年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で大賞受賞ほか

各国の映画祭を席巻したというのも納得です。

 

 

主人公はポーランド・ワルシャワ郊外の街で、弟と父と暮らす

14歳の少女オラ。


弟のニコデムは自閉症で、父親はアルコール依存症。

母親は家を出ていて、別の男性と暮らし、どうやら赤ん坊がいるらしく

オラたち姉弟のことはおざなりだ。



なのでオラは学校に行きながら

弟の勉強をみてやり、父親の世話をし、家事もして

一人でがんばっている。

 

オラはカトリックで重要な儀式である聖体拝領を

ニコデムに受けさせようとしていて

一生懸命、その練習させるけれど、ニコデムはなかなか憶えられない。

 

オラは母親に戻ってきてほしいと願っているけれど

なかなかうまくいかない。

 


そんな彼女の日々を

カメラは、まるでそこにいないように、淡々と映し出すんです。


「え?これホントにドキュメンタリーなの?」

「どうやって撮ったの?」と驚くし、

しかもそのカメラの前で、次々とドラマが起こるのがすごい。

(特に母親の、あの展開ったら、もう……!

 

でも、何が起ころうとも、映画は何も声高にはせず、

世界の片隅にいる姉弟を、静かに見つめるだけ。

オラのいら立ちにも、献身にも、無言。

 

その様が、さまざまを背負い

まさに“淵に立つ”な少女の心に観客をダイブさせる。

で、いろいろを考えさせるんです。

 

 


それにこの姉弟は

環境には恵まれなかったけれど、ルックスには恵まれた(笑)。


無邪気な弟ニコデムはギュッとしてあげたくなるほど愛らしいし

(彼が発する言葉は、詩人のようだ!)

オラもすごくキュートな少女なんですよ。



でも、その表情は常に「への字口」の困り顔で、

まるで、さまざまな厄介事が重力となり

彼女を下から引っ張っているようで、胸が痛みます。




散らかった家の中にイラつくオラの姿にも、

「この状況をなんとかしたい!」という気持ちが表れている。

その様子は、昨年のベスト入りドキュメンタリー「トトとふたりの姉」を思い出させたし、

是枝監督の「万引き家族」にもリンクしている。


オラとニコデムに、平和と安息は訪れるのか?

ぜひ、ご覧になっていただればと思います!

 

そしてそして

おなじみ「AERA」にてアンナ・ザメツカ監督に

インタビューさせていただきました~。

美人!(笑)そして

「『万引き家族』はまだ観ていないけど『誰も知らない』は好きで参考にしたわ」と

おっしゃっていました。

 

AERAの記事は「子どもの視点から、社会をみる」テーマで

掲載はまだ少し先、7月になりますが

ぜひ、映画と併せて、ご覧いただければと思います~




★6/23(土)からユーロスペースほか全国順次公開。

「祝福~オラとニコデムの家~」公式サイト

コメント