ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

2018年ベスト映画発表!

2018-12-29 23:13:53 | ぽつったー(ぽつおのつぶやき)

 

さあ、今年も押し迫ってまいりました!

年末恒例、

ぽつお番長的2018年ベスト映画を発表いたします~!

 

今年は劇映画(フィクション)部門とドキュメンタリー部門に分けてみました。

 

まずは劇映画(フィクション)部門から!

(1位)君の名前で僕を呼んで

(2位)ザ・スクエア 思いやりの聖域

(3位)シシリアン・ゴースト・ストーリー

(4位)スリー・ビルボード

(5位)ハッピーエンド

(6位)ラブレス

(7位)聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

(8位)若い女

(9位)心と体と

(10位)パティ・ケイク$

<次点>

バッド・ジーニアス

最初で最後のキス

ア・ゴースト・ストーリー

万引き家族

ナチュラルウーマン

母という名の女

きみの鳥はうたえる

生きてるだけで、愛。

悲しみに、こんにちは

ウインド・リバー

妻の愛、娘の時

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

 

続いてドキュメンタリー部門!

(1位)愛と法

(2位)祝福~オラとニコデムの家~

(3位)ゲッベルスと私

(4位)ぼけますから、よろしくお願いいします。

(5位)顔たち、ところどころ

(6位)ラッカは静かに虐殺されている

(7位)旅するダンボール

(8位)港町

(9位)フジコ・ヘミングの時間

(10位)ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ

 

いつもながら、思い返して「グッ」ときたものが上位でございます。

まあ

今年の1位は両部門ともに、スパッと決まってました(笑)

上位もほぼ迷いなく。

 

2018年の傾向は大きく3つに分かれ

1)胸キュン&イタリア映画、ゴースト映画が強かった!

2)イヤ~なんだけど、おもしろい、現代を映す映画がキタ!

3)邦画はパーソナルな問題から、大きく世を考えさせる良質なドキュメンタリー&劇映画が多かった!

 

てな感じです。

年末年始、映画選びのご参考にしていただければ幸いでございます。

 

今年も読んでいただき、ありがとうございました。

2019年もぽつお番長と映画たちを、どうぞよろしくお願いいたします!

コメント (7)

第90回アカデミー賞の関連作、続々公開!

2018-03-05 23:27:11 | ぽつったー(ぽつおのつぶやき)

アカデミー賞、今年も盛り上がりましたね~。

今年、嬉しかったのは
なんといっても、日本でいま見られる&もうすぐ公開!の作品が多かったこと。

公開がまだまだ先……だったりすると寂しいもんね。

今後も
3月~4月に公開が目白押し。

これから公開され
ワシ的におすすめ!なものを
公開日とともに羅列しておきます~


惜しくも受賞を逃していても
高クオリティは絶対担保。

ぜひ、ご覧になってくださいませ。


「君の名前で僕を呼んで」(4/27公開)


祝・脚色賞受賞!

いま現在、もっとも心掴まれてるのはこの映画!(笑)
胸キュン!賞決定。


さらに外国語映画賞にノミネートのこの2作。
「ザ・スクエア 思いやりの領域」(4/28公開)

「フレンチアルプスで起きたこと」監督による強烈な“現代風刺”!


「ラブレス」(4/7公開)

ロシアの奇才による、やはり強烈な現代への視線。


「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」(3/30公開)


主演女優賞をゆずったのは妥当だけど
ジャーナリストかくあるべき、と力もらえる作品。


「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」(5/4公開)



祝・助演女優賞!
でも主演のマーゴット・ロビーも、すごいですよ。


「モーリーズ・ゲーム」(5月公開)

アーロン・ソーキン、脚色賞ノミネート。

「女神の見えざる手」
また違く超えてくるジェシカ・チャスティン、見応えあり!



「ファントム・スレッド」(5/26公開)


祝・衣装デザイン賞!

もちろん衣装も
ダニエル・デイ=ルイスもいいけど
“素朴娘”ヴィッキー・クリープスの存在感が要でしょう

 

「レディ・バード」(6月公開)

 

受賞は逃したけど、フレッシュなこと間違いなしの作品。

それに今年のベストドレッサーは

間違いなくシアーシャ・ローナンちゃんでしょ! ピンクのドレス、超かわいかった!


そして
祝・主演男優賞&メイクアップ&スタイリング賞!
ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」(3/30公開)


歴史モノのお堅い系?と思いきや
裏で動いているのは「ダンケルクの戦い」でもあり
予想外にドラマチック。

ということで
この春~初夏の映画は、
ますます楽しみマシマシですよ~

コメント

2017年ベスト10!

2017-12-27 23:32:08 | ぽつったー(ぽつおのつぶやき)

年末恒例~
2017年ベスト10、発表いたします!

(1位)ありがとう、トニ・エルドマン
(2位)未来よ こんにちは
(3位)女神の見えざる手
(4位)マンチェスター・バイ・ザ・シー
(5位)否定と肯定
(6位)おとなの事情
(7位)希望のかなた
(8位)トトとふたりの姉
(9位)スウィート17モンスター
(10位)夜空はいつでも最高密度の青色だ

以下、
 ノクターナル・アニマルズ
 エル ELLE
 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
 ブレードランナー2049
 サーミの血
 三度目の殺人
 ザ・コンサルタント
 わたしは、ダニエル・ブレイク
 ギフテッド
 夜明けの祈り
 Ryuichi Sakamoto:CODA
 ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ


今年はドキュメンタリーもドラマも、洋画邦画も合わせて。
そしてワーストはナシにします。

いつもながら点数ではなく、
いま思い返しての印象と、衝撃&斬新さ、
そして
「もう一度観たい!」を大切にしました。

ぽつお番長的主演女優賞は
「未来よ こんにちは」「エル ELLE」のイザベル・ユペール!
主演男優賞は「ブレードランナー2049」のライアン・ゴズリングかなー。

2017年も
ベストでは書き切れないほど
いい映画にたくさん出合いました。
ぜひ過去ログ、ご参考いただければと思います~。

そして
今年も読んでいただき
本当にありがとうございました。
2018年もぼちぼち……いや、鋭意がんばります!ので
どうぞよろしくお願いいたします!
コメント (7)

2016年ベスト&ワースト映画、発表!

2016-12-30 01:42:52 | ぽつったー(ぽつおのつぶやき)

2016年ベスト&ワースト映画、発表!

今年も洋画邦画、分けさせていただきます~

まずは洋画ベスト10!(ドキュメンタリーには(ド)印です)

(1位)シング・ストリート 未来へのうた
(2位)さざなみ
(3位)これが私の人生設計
(4位)AMY/エイミー(ド)
(5位)奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ
(6位)グッバイ・サマー
(7位)裸足の季節
(8位)ヤング・アダルト・ニューヨーク
(9位)ディーパンの闘い
(10位)ルーム ROOM

(次点)ニューヨーク眺めのいい部屋売ります
    ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやってくる(ド)
    ブルックリン
    シリア・モナムール
    キャロル
    神様の思し召し
    人間の値打ち


いつもながら
いま振り返って「これ!」と思うもの、
2016年の記録として残しておきたいもの、を選びました。

今年は1位、6位、7位を始め
「若者胸キュン!」に響くものが多かった。
みずみずしさと、笑いに飢えてる自分。
老年モノもいい作品いっぱいあるんだけど
まあミドルエイジな自分の希望なのか、逃避なのか(笑)


続いて邦画ベスト10☆
(1位)永い言い訳
(2位)怒り
(3位)海よりもまだ深く
(4位)モヒカン故郷に帰る
(5位)FAKE(ド)
(6位)築地ワンダーランド(ド)
(7位)湯を沸かすほどの熱い愛
(8位)渕に立つ
(9位)団地
(10位)桜の樹の下で(ド)

シン・ゴジラ、君の名は。もよかったす!


続いてワースト。洋画邦画混じってます。


(1位)フィフス・ウェイヴ
(2位)ヘイル、シーザー!
(3位)アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲
(4位)追憶の森
(5位)聖杯たちの騎士
(6位)ヘイトフル・エイト
(7位)教授のおかしな妄想殺人
(8位)ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
(9位)アズミ・ハルコは行方不明
(10位)だれかの木琴

(次点)太陽
    フラワーショウ!

ワースト次点ってヘンだけど(笑)
いつもながら、期待値の高すぎたもの
別の意味で記憶に残ってるものが上位。
評を書かなかったものもあります。アシカラズ。


今年も1年、ご覧いただきまして
ありがとうございました。

「まだまだ観たりなかった・・・」と思う年末ですが
来年も、いい映画をできるかぎり、紹介していきたいと思っております。

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメント (2)   トラックバック (3)

第88回アカデミー賞 番長的おすすめ作品

2016-02-28 22:39:17 | ぽつったー(ぽつおのつぶやき)

いよいよ第88回アカデミー賞発表ですね。
今年は「おっ!いいね!」な作品多しです。

受賞予想じゃないですが
主要賞のなかで、今後公開されるおすすめ作品をあげてみます~。
今後のセレクトのご参考に。

<作品賞>

これは予備知識ナシでぜひ!
「ルーム ROOM」(4/8公開)



正義感に燃える、社会派ネタ。「完全なるチェックメイト」のリーヴ・シュレイバーが存在感あり。
「スポットライト 世紀のスクープ」(4/15公開)



ディカプリオも凄いけど、撮影がスゴイ!
「レヴェナント 蘇えりし者」(4/22公開)


<主演男優賞>

オスカーは上の方に譲ってほしいけど、エデイ・レッドメインの演技には震えます。
「リリーのすべて」(3/18公開)


<主演女優賞>

キャロルもいいけど、これはシャーロット・ランプリングに!
「さざなみ」(4/5公開)


さあ、祭です!
コメント (2)