ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

いろとりどりの親子

2018-11-17 13:58:11 | あ行

 

人はみんな、違うのさ。

 

********************************

 

「いろとりどりの親子」70点★★★★

 

********************************

 

「普通」とはちょっと違う子を持つ、親と子のドキュメンタリー。

かつて自身も親子関係に苦悩した

ゲイの作家による、大ベストセラーが基。

 

といってもセクシャリティの問題だけじゃなく

実にさまざまな「違い」があることに驚きます。

 

10年で300以上の親子を取材した

原作者で語り部でもあるアンドリュー・ソロモン氏の案内で

映画は6組の親子を取り上げる。

 

自閉症の息子とのコミュニケーション法を探り

苦悩の日々を続けた両親が

あるきっかけでそれを見出した話や

 

ダウン症の子の可能性を示そうとした両親の努力と

それに応えた息子の話、

 

人生を謳歌する低身長のカップルなど

 

それぞれの親子のとてつもない苦労と困難に思いをはせつつ、

お互いを受け入れ、共存することで人は成り立つのだと

力強く、思わせてくれる。

 

一番、ハッとしたのは

犯罪を犯した息子の家族のエピソードだったなあ。

この視点は珍しいと思った。

 

 

ただね、こういう良作を前に、野暮を承知でいいますと

音楽使いなど、やや「いい話」を盛り上げすぎてる感もあり

ちょっと「善オーラ」がまぶしすぎるなあと。

案内役・ソロモン氏のお宅や暮らしぶりがあまりにリッチなのも

「ふうん」とか。

(心、せま!(苦笑)。実際、彼の父親は大会社の元会長。もともと超セレブらしい。しょうがないよね)

 

「ファミリーを持つことが“幸福”」という印象も

ちょっと型にはまった感があるなあとか

 

そんなふうに思うのは

ワシがひねくれてるからなんでしょうね、はい、ホント、すいません。

 

★11/17(土)から新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

「いろとりどりの親子」公式サイト

コメント

おかえり、ブルゴーニュへ

2018-11-17 12:45:26 | あ行

 

ブルゴーニュの畑の四季の

まあ美しいこと!

 

「おかえり、ブルゴーニュへ」70点★★★★

 

********************************

 

フランス・ブルゴーニュ。

ドメーヌ(ワイン生産者)の長男ジャン(ピオ・マルマイ)が

10年ぶりに実家に戻ってくる。

 

ジャンは10年前、家を飛び出してから音信不通だったが

父が病気だと知り、戻ってきたのだ。

 

ジャンはオーストラリアで自らのワイナリーを立ち上げていた。

 

家業を受け継ぐ妹(アナ・ジラルド)は久々の再会に大喜び。

別のドメーヌの婿養子になった弟(フランソワ・シビル)は

喜びながらも、複雑な感情をぶつける。

 

そんななか、父が他界。

 

兄妹は遺されたブドウ畑や家の相続に頭を悩ませることになる――。

 

********************************

 

 

ファミリー・ストーリーとしては軽めでまあ普通だけど、

ワイン知識欲が満たされるのが、たまりません。

 

ブルゴーニュの畑の四季をしっかり追っていて、

さらに収穫、除便率から糖度の計測、醸造まで、

まあソムリエ協会の教本のごとく(笑)、しっかり描かれている。

 

ワインに詳しくなくても

大地に根ざし、自然と対話しながら行われる

「農」という営みの豊かさを

いっぱいに吸い込めると思います。

 

監督は「猫が行方不明」(96年)「スパニッシュ・アパートメント」(01年)でファンの多い

セドリック・クラピッシュ。

この監督はストーリー展開も人物も

どこかもっさりしてるというか

 

プレス資料に書かれた映画評論家・川口敦子さんの

「野暮ったさすれすれの」という表現がピッタリで

 

ワシには、少々「もたっ」と「イラッ」としてしまうところがある(笑)

 

この映画も

畑を売るのか売らないのか、

兄貴がオーストラリアに残した彼女との仲はどうするのか、

いけどもいけども答えは出ず、堂々巡りでイラっとする。

 

まあそこが人間臭いと、人気でもあるのかな。

兄妹、家族って、ややこしくも、なんかいい、ってのはある。

 

 

「ブルゴーニュで会いましょう」(16年)って映画もあったけど

あちらのほうが「ドラマっぽい」エピソードが多かったので

なんか、その話と混ざってしまうのだった(笑)。

 

★11/17(土)からヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開。

「おかえり、ブルゴーニュへ」公式サイト

コメント

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー

2018-11-12 23:33:57 | あ行

 

最初は「ん??」って思ったんだけど

異様に残るんですよ、これが。

 

「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」72点★★★★

 

***********************************

 

田舎町の一軒屋で暮らす若い夫婦

夫(ケイシー・アフレック)と妻(ルーニー・マーラ)。

 

夫はこの家を気に入っているが

妻は引っ越しを希望している。

 

そんなある日、夫が事故で突然、他界してしまう。

あ然としながら、妻は病院で夫の遺体と対面する。

 

そして妻がその場を離れたあと

死んだはずの夫が、突然シーツを被った状態で起き上がった!

 

夫は自宅に戻り、妻を見守るが

妻は夫には気づかない――。

 

***********************************

 

ケイシー・アフレック×ルーニー・マーラ。

 

妻を想いゴーストになった男の長い長い時の旅。

 

最初、ちょっと怖いんです。

どういうジャンルの映画なのか、まったくわからないから。

ホラーなの?とすら思うような感じ。

 

で、少し進むとこれが

静謐な絵画のような、なんともいえない美しいトーンで

気の遠くなるような永遠に続く時間や、哀しみ、

崩壊を描いていくものだとわかる。

 

でも正直、最初は「???」と思いました。

途中、眠くもなりました。

実際、60点以下かと思いました(笑)。

 

 

しかし!ですね

 

見てから3ヶ月くらいたったいまでも、

ふとしたときに

この映像、この「感覚」を思い出してしまうんですよ。

 

愛する人とのマイホームだった

「その場所」に留め置かれ

 

愛する人が去っても、新しい家族がきても、

はたまた、時間を遡ったはるか昔の「その場所」になっても

彼はずっと、そこにいる。

 

シーツをかぶった姿で、

壁を延々とほじくる、その姿。

 

あなたは、どこに行くの?

 

この視覚体験が、頭から離れない。

 

なんなのだ!というくらい。

この「感覚」をふと思い出してしまう。

 

「アンダー・ザ・シルバーレイク」(18年)とともに

今年の「残る映画」ベストに入りますなあ。

 

この感覚に似ているなと思い出したのは

テレンス・マリック監督の「ツリー・オブ・ライフ」(11年)。そして

深田晃司監督の「さようなら」(15年)でした。

 

のこる、こういう体験って

映画の本当の醍醐味かもしれません。

 

★11/17(土)からシネクイントほか全国で公開。

「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」公式サイト

コメント

生きてるだけで、愛。

2018-11-07 23:20:42 | あ行

 

最初は「なんぼじゃ!」と思った。

でも気づいたら涙出てた。

 

「生きてるだけで、愛。」75点★★★★

 

**********************************

 

寧子(趣里)と津奈木(菅田将暉)は

同棲3年めのカップル。

 

メンタルに問題を抱える寧子は

うつ状態に入るとカオスと化した部屋の布団から出られず

ひたすら眠り続け、

起きられないのでバイトも続かない。

 

出版社に務める津奈木は

そんな寧子にどんなに理不尽を言われても、

罵倒されても

怒ることもなく、ひたすら寧子に寄り添っている。

 

ある日、寧子のもとに

津奈木の元カノだという安堂(仲里依紗)が訪ねてくる。

 

安堂も相当にヤバい感じを醸し出しているのだが

寧子は安堂に言われるがまま、

自立のために、強制的にアルバイトをすることになるのだが――?!

 

**********************************

 

生きてるだけで、ホント疲れる――

名言としかいいようがない

この時代の、この映画、という感じでした。

 

「腑抜けども、哀しみの愛を見せろ」(05年)でも知られ、

16年、ついに芥川賞作家となった本谷有希子氏が

06年に発表した同名小説の映画化です。

 

最初はうつ治療もしないメンヘラヒロイン・寧子が彼氏に迷惑かけまくる――という展開に

「なんぼじゃ!」と思った。

でも、気づいたら涙出てました。

 

「ブラックペアン」の趣里氏、うますぎます。

そして

「なんで、こんな女と一緒にいるんだろう? 」な菅田将暉氏の、

受け身で聞き役に徹する芝居もうますぎます。

 

そして「なんぼじゃ!」のもとは、

リアルすぎるヒロインへの拒絶反応だったのかもと思う。

なんでこんなに寝られるの、というくらい寝まくり、

学校にもバイトにも遅刻し、

もうどうでもいいやーな時代を

間違いなく、自分も過ごしているんですよね。

しかも誰もが周囲に

あるいは自分自身に「うつ」を抱える時代ですから。

 

それにキャラの造作もだけど

寧子の部屋の

布団の匂いがしてくるような、カオス具合もリアルすぎて(苦笑)

「太陽の塔」の関根光才監督、すげえなと思いました。

 

なぜ、津奈木はこんなにも寛容なのか?

この状況を寧子はどうやって、前に進めるのか?

見届けていただきたいす。

 

発売中の「AERA」で

菅田将暉さんにインタビューをさせていただきました。

 

AERAdotでも後に配信されると思います。

映画と併せてご一読いただければ!

 

★11/9(金)から全国で公開。

「生きてるだけで、愛。」公式サイト

コメント

ヴェノム

2018-10-29 23:48:24 | あ行

 

いや、こんな(失礼!)ビジュアルですけどね、

意外にドラマ派&ライトタッチで見やすいのだ!

 

「ヴェノム」70点★★★★

 

**********************************

 

正義感溢れるジャーナリスト、エディ(トム・ハーディ)は

恋人のアン(ミシェル・ウィリアムズ)とラブラブ、

仕事も波に乗っていた。

 

が、彼は医学分野に貢献する<ライフ財団>を取材中、

同財団が「人体実験で死者を出している」との情報を掴む。

 

エディは取材中に若きトップ(リズ・アーメッド)を問い詰めるが

取材は中断され、エディは会社をクビになってしまう。

 

恋人アンにも去られ、自暴自棄になっていたエディに

ライフ財団の科学者ドーラ(ジェニー・スレート)がコンタクトを取ってくる。

「あなたが掴んだことは、全て真実。ここでは恐ろしいことが行われている」

――いったい、何が行われているのか?

 

そして

それを突き止めようとしたエディは

“あるもの”と接触してしまい――?

 

**********************************!

 

マーベル史上“最も残虐な”ダークヒーローの誕生。

 

ビジュアルはド級に怖いけど、

意外にシビアすぎず、見やすかったのが驚きでした。

 

「あるもの」によって異変が起こる前の

主人公エディのドラマ部分の比重が大きく、

恋人役のミシェル・ウィリアムズ、

女性科学者ドーラ役のジェニー・スレート(「gifted/ギフテッド」のあの先生!)と、

ま~女優センスが抜群!(笑)なので

女子的にもOKだよなーと思います。

 

 

ただ

中盤までのドラマの物量に比べ、

バトルが想像よりあっさりめで、しかも文字通りグチャグチャなあたり(笑)

微妙なアンバランスさは感じたかな。

 

それでも

昨今、アメコミ原作の映画世界にも政治ネタとか人道的見地とか(まあ、当たり前なんだけどね・・・)、

過剰なポリティカル・コレクトネスやら

コンプライアンス系が入り込み、若干の面倒さを感じてもいたんで、

ワシ的にはこのストレートさ、意外に楽しめました。

 

それに現実にはもっともっと、

目を背けたくなるようなグロいネタが満載だもんね・・・・・・。

 

★11/2(金)から全国で公開。

「ヴェノム」公式サイト

コメント