日々かつおと舎弟こたろ風

かつおと小太朗&風の写真日記

くっつくふたり

2017-04-28 22:02:06 | 小太朗&風


かわい~(←親バカ)

いよいよゴールデンウイークですね
よいお休みをお過ごしください~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風3歳

2017-04-25 21:00:00 | 小太朗&風


-風たん3歳の誕生日。プレゼントのおもちゃをソッコー兄ちゃん(右)が横取り-



風 : これ、あたちの誕プレよね?



-横取りした兄ちゃんにご立腹の風たん(後ろ)-



「はい風たん、兄ちゃんからやっと奪い返しましたよ」
風 : なんかあっという間にお古になったわね……


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

なんてこったい

2017-04-24 20:20:55 | 肛門嚢炎

青天の霹靂です。
なんと風まで肛門嚢炎になってしまいました……。

3日ほど前から何だかおしりの左側がピンク色でしきりにお尻もなめていたため
危険だなと思っていたのですが……。
先週土曜日(4/22)の夜、ピンク色をしているところが少し腫れているように見え
食欲もちょっと落ちてきていたため、日曜日に病院へ行きました。

休日ということで病院は待合室に入りきれないほどの大混雑。
急遽スマホで検索して見つけた近くのペット可カフェで待つこと1時間半、やっと順番がきました。
風はキャリーでおとなしくしていたのですが、長時間の待機だったので少し分泌物が出てしまい
シーツが汚れていました(ごめんよ風たん…)。

破裂前だったため、小さく切開して中のものを出したのですが
この時点でもう大鳴き&大暴れ。
さらに右も溜まっているということで右側も絞り、最後に洗浄--となった段階で
風の怒りが大爆発し、総勢4人がかりだったにも関わらず首輪を外すほどの勢いで脱走。
「ちょっとこれは無理ですので、短い時間だけ眠ってもらって洗浄しましょう」と先生。
何分か眠らせて肛門嚢をきれいにしてもらいました。

恐怖と痛みで怒り爆発の風たん、逃げるときに指をガブッと噛まれて流血しました~。
恐ろしい猫の鳴き声と手を押さえながら治療室から出てきた飼い主……
待合室にいた人たちはさぞ怖い思いをされたことでしょう。
(地味に痛いですが牙で空いた穴があるだけで傷はたいしたことありません~)




怖い&痛い思いをさせてしまったので当分飼い主には近づいてくれないと思ったのですが
意外にも帰宅後そんなに時間かからずになでさせてくれました。
今日は遊びを催促するほど元気です






「痛くなくなってよかったね風たん」









-今思えばこの不思議な寝方もおしりが不調だったからなのかも-
(先週木曜日の夜)



-社長は相変わらず仕事のおジャマに勤しんでおります-



年齢も性別も体重も違う(肥満も原因の一つと言われている)コタと風が肛門嚢炎になったことで、
個人的には口から摂取しているものが影響しているのではないかと考えています。
それによって肛門嚢に溜まる分泌物が肛門腺から出にくい形状(液体状→ペースト状)に
変わったのではないかと。。
ただ、いくら肛門嚢炎を調べても原因として食べ物などが挙げられていることはありませんでした。
(原因として挙がっているのは体質か肥満、高齢化での筋肉の低下など)
一つだけ、獣医師さんが飼い主さんの質問に答えているネット上の質問箱みたいなところで
「自分の経験上、フードを替えて溜まりにくくなった事例をいくつかみている」
というのがありました。

コタが昨夏、発作のようなものを起こした後に食欲が落ちたので新しいフードを試しました。
それからはそのとき食べてくれたフードを主軸にしてあげています。
フードを替えたのが昨年7月中旬、コタが最初に肛門嚢炎になったのがその後の10月中旬、
2回目が今年1月頭、3回目は4月初旬、そして風が4月下旬。
コタも風もこれまで溜まったことがなかったことを考えると
この主軸にしたフードがどうにもアヤシイと思ってしまいます。
(前述の質問箱の飼い主さんも同じフードを混ぜてあげていました)

科学的な根拠がないのであくまでも“疑い”ですが
ちょっとフードを替えて様子をみてみようかと思います。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

同じコンビなのに

2017-04-21 20:17:52 | 小太朗&風


-ちょこねんと並ぶふたり-



-「よう、アイサツなしかよ」と因縁付けるふたり-


同じコンビなのに、どうしてこうも印象が違うのか……


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

また右の肛門嚢破裂

2017-04-17 20:12:10 | 肛門嚢炎


-出かける前、姿が見えないと思ったらちゃっかり風の後ろに隠れていたコタ-



先週水曜日(4/12)の夜、またまたまた肛門嚢(右側)が破裂したコタ。
今回は破裂前に引きこもることも
おしり付近をさわられて嫌がる素振りもなかったので
予想外の破裂でした。
おしりも毎日注意して見ていたのですが
見た目では全然わからなかったです。

幸い、穴はそんなに大きくはなくコタも元気だったので
先生にお話して今回は通院・洗浄なしで薬だけの処置となりました。

2月に肛門腺絞りに行ったとき、あまり溜まってなく問題もなかったので
左右それぞれ破裂→治癒したことで機能が正常に戻ったのかと思ったのですが……

再び右が破裂したことで、もう“たまたま”ということではなく
肛門腺が詰まりやすい体質になってしまったのだと考えた方がよさそうです。
コタは病院ギライなのでなるべくなら連れて行きたくなかったのですが、
今後は炎症を予防するため1カ月半ぐらいの間隔で
定期的に肛門腺絞りをしてもらおうと思います。

家でできれば一番いいのですが、、、やらせてくれないですね~。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜娘と道明寺

2017-04-11 21:37:01 | 小太朗&風


-今年も天気がイマイチで桜が満開のときにお花見ができませんでした-
(お花見ランチに行ったときはまだ2~3分咲きだった……)

「桜娘・風たんに桜の花びらをお届けできませんでしたので、代わりにこれを……」
風 : なによ、あたちは食べられないじゃない



風 : “桜娘と道明寺”とかベタなタイトルつけてブログに載せるつもりなんでしょ
「………(バレバレ)」


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コタ7歳

2017-04-03 22:31:15 | 小太朗&風


-4月1日で7歳になったコタ-



-その日の夜-
コタ : オレ7歳になったんだって?
「そうですよ~おめでとうコーちゃん!」



コタ : でも特に何もなかったな……。みんな出かけていなかったし……
「な、なにを言ってるんです、(慌てて)高級缶詰を買ってきたじゃないですか~~」











風 : スヤスヤ(あたちには関係ないわ……)










枝垂桜

開花は早かった東京ですが、その後はなかなか進まず。
まだ5分咲きぐらいで、場所によっては2~3分咲きといった感じです
(ザ・プリンス さくらタワー東京にて)


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

社長業を遂行

2017-03-31 19:35:00 | 小太朗&風


-徹夜作業をジャマするコタ社長-

「仕事のジャマをしてるだけなのにどうしてそんなイケメン顔なんですか」
コタ : ジャマはオレの仕事だから、キリリ










おまけ

-「シン・ゴジラ」第2形態“蒲田くん”ぽい風-


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

満室

2017-03-30 19:25:15 | 小太朗&風


大家さん(1階・コタ)と店子がそろうのは久しぶりです


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ペタンコでも警戒中

2017-03-28 21:57:27 | 小太朗&風


風 : もふもふしようとか怪しい動きをしたらすぐ逃げるわよ!
「えっ、飼い主を警戒中ですか」


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加